山口県対応の弊社加盟店のご紹介

高間しろあり工務店

高間しろあり工務店は、山口県に拠点を置くシロアリ対策が可能な業者で、シロアリの問題にお悩みの方々の為に活躍しています。山口県は九州を目の前にする本州最西端に位置しており、対馬海流の影響から、沿岸部を中心に比較的温暖な気候が特徴です。北は日本海、南は瀬戸内海に囲まれた山口県ですが、内陸部には比較的山間部も多く、他の中国地方同様にヤマトシロアリとイエシロアリが県内に混在する状況となっています。特に沿岸部のイエシロアリによる被害は激しい物が有り、一度イエシロアリにターゲットになると、シロアリ駆除を行った上で、その後継続した予防を行わないと、加害範囲が急速に広がることが多いです。高間しろあり工務店のようなしっかりした業者がこの地域にいることで、シロアリによる家屋の被害を最小限に留めることが出来るでしょう。

西日本防虫防除工事

西日本防虫防除工事では、各種のシロアリ駆除に対応できる体制となっています。山口県のようにシロアリが活発に出没している地域では、特に頼りになる存在です。シロアリが出没する地域では、新築時のシロアリ予防工事を行うのはもちろんのこと、駆除剤の薬効が切れはじめる5年程度を目安に、シロアリの調査を行なうことが必要です。幸にしてここでシロアリが出ていなければ、そのまま継続して調査を行なうだけで良いですし、もしシロアリの侵入が認められれば、駆除と、その後の予防を行う必要があります。そうしたことをまとめて依頼出来るのも西日本防虫防除工事の特徴です。まとめて依頼すれば、その住居のシロアリに対する弱点を改善したり、シロアリが出やすい場所を重点的に対処してもらうことも、不可能ではないでしょう。今後シロアリの事で困ったときに、皆様のお力になってくれる会社です。

有限会社アビックス

山口県の有限会社アビックスは、営業エリア内におけるシロアリ駆除、シロアリ予防を包括的に対応できる業者の1つです。山口県のようにシロアリの活動が活発な地域では、放置しておくといつの間にか家屋内にシロアリが侵入し、気がついた時には甚大な被害を被っているということも珍しくありません。シロアリ駆除を行う上で重要な部分として、シロアリの僅かな痕跡も見逃さないというものがあります。シロアリは基本的に、外気に体を晒さずに移動するのを好むため、殆どの場合は建材などの中にトンネルを掘り進みつつ生活していますが、どうしても必要があれば、蟻道という土などで出来ている特殊なトンネルを創りだして、移動することがあります。見た目は土の塊ですから見つけにくいことこの上ありませんが、これがあると分かれば、それはシロアリが居る何よりの証拠です。きちんとした知識を持っているアビックスであれば、それらによりシロアリ対策をスムーズに進めてくれるでしょう。
について

山口県の住宅のシロアリ被害状況は?山口県にはどんなシロアリがいる?害を与えるシロアリの種類や発生時期について

シロアリは、実はアリの仲間ではありません。ゴキブリと同じ祖先をもっています。木材を栄養源にしている昆虫です。一口にシロアリと言っても、種類がとても多く、日本でも22種程が確認されています。家などの建材を食べる害虫として知られていますが、落ち葉や枯れ木を食べる種もあり、全てが建材を食べるわけではありません。害になる種は、主に5種類で、中でも一般的に知られている種は、ヤマトシロアリとイエシロアリです。山口県では、その他に関門海峡の辺りに被害が多く出ているカンモンシロアリも生息しています。山口県内で多いのが、その中でもヤマトシロアリとカンモンシロアリの2種による被害です。2種とも多湿を好むので、床下などの常に湿っている木材中に被害が及びます。ヤマトは通常は4月から5月に羽アリとなり群飛します。発生時期は決まっておらず、女王アリは、個体数を減らさないため継続的に産卵し続けています。カンモンは、ヤマトに比べて、比較的乾燥に強いという特徴があります。その結果、被害範囲が床下から随分高い箇所にまで及ぶ場合があります。羽アリとなって群飛する時期も2月下旬から4月上旬と少し早くなっています。先に述べた通りに、女王アリは産卵し続けています。個体数が増えてくると、他所に移動するため群飛します。その姿が見られたり散在したはねを見つけた場合は、家に巣があると疑った方が良いでしょう。その場合は、早急に駆除する必要があります。予防剤を撒いたり、殺虫剤を使用したりと個人でできることもありますが、駆除にはやはり専門の知識を持った業者に依頼するのが最善です。今現在被害を受けていない場合は、予防をしておくのも良い方法です。床下の風通しをよくし、床下に木くずなど餌になるものを残さないようにしましょう。山口県では、木材建築が多く、シロアリが好む環境の住宅が多くあります。知らず知らずの内に、被害が進んでいることもあります。定期的に業者に依頼し、駆除や予防をする必要があるでしょう。

シロアリ110番の山口県地域における対応エリアについて

  • 下関市
  • 宇部市
  • 山口市
  • 萩市
  • 防府市
  • 下松市
  • 岩国市
  • 光市
  • 長門市
  • 柳井市
  • 美祢市
  • 周南市
  • 山陽小野田市

山口県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2017年09月10日
    エリア
    山口県下関市
    参考金額
    92,760円

    シロアリの調査をご希望のお客様でした。建物は木造戸建住宅で、2階建て、築13年で床下点検口はあって、畳の部屋もあるとのことでした。見積り希望日は最短日でご相談くださいました。

  • 受付日
    2017年09月02日
    エリア
    山口県大島郡周防大島町
    参考金額
    110,320円

    空き家でのシロアリ調査希望のご依頼をいただきました。おそらく床下にシロアリがいるというお話をお伺いしました。対象は、平成2年に建てられた木造戸建住宅で、建坪は62.7平方メートルということでした。床下点検口の有無はわからないが、床下収納があるというお伝えがありました。見積りが指定日でのご希望をいただきました。

  • 受付日
    2017年07月22日
    エリア
    山口県柳井市
    参考金額
    100,000円

    築25年の木造住宅にお住まいのお客様からシロアリ駆除のご依頼をいただきました。建坪は不明とのことで、1回の和室と浴室の入り口に発生しているとのことでした。床下点検口はあるということで、見積り日時はご相談して決めたいとのお話でした。

  • 受付日
    2017年06月19日
    エリア
    山口県宇部市
    参考金額
    106,919円

    自宅にシロアリが発生し駆除を希望されているお客様よりお問い合わせがありました。築年数30年以上の木造の戸建住宅にお住まいとのことで、天井や壁にて発生したとのことでした。見積り希望日に関しては要相談とのことでした。

  • 受付日
    2017年06月14日
    エリア
    山口県下関市
    参考金額
    89,408円

    築30年になる戸建住宅にお住まいのお客様から、シロアリが発生している疑いがあるので駆除と予防をしてほしいとのご依頼をいただきました。建坪は60平方メートルで、床下で発生しているとのことでした。床下点検口はあるとおっしゃいました。相見積りをとるような形になるということで、見積り希望日はご相談して決めたいとのお話でした。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み