不動産賃貸や中古物件等のシロアリ被害の修繕負担、近隣トラブルについて

シロアリにも二次被害があります

私たちの住居は敷地境界線によって、誰の土地なのかをハッキリさせているかと思います。しかし、シロアリには私たちの敷地境界線に関わらず、勝手に住み着いてしまう生きものです。このことから、シロアリ駆除の際には、しばしばご近所トラブルが起きてしまうことがありますので、十分な注意が必要になるでしょう。隣家からシロアリがやってきてしまうことや、隣家にシロアリの被害がうつってしまうことも十分にあり得るかと思います。特に近年では、中古物件や賃貸住宅で生活を送っている方も増えており、シロアリ駆除の「責任範囲」や「負担範囲」についてのトラブルも多く発生しています。このシロアリ被害においての、ご近所トラブルや集団トラブルについて、探っていきたいと思います。

以前にシロアリ被害発生したことを隠して、物件を売却してしまうというケースもあるようです。さらに、シロアリの防除がずさんに行わていた場合、被害の再発は安易に予想できます。このような場合、売り主が嘘をついていますので、シロアリ駆除に必要な費用は請求することが出来るようです。

購入した物件にシロアリが居たため、購入費用を返金を要求したいのですが

シロアリの被害の程度にもよりますが、一般的には、すぐに契約自体を取り消すことはできません。民法の規定では「瑕疵担保責任」というものがあり、「物件に一般の人では簡単に発見できないような欠陥(シロアリの被害など)があった場合、売り主が担保責任を負う必要がある」と決められています。つまり、シロアリ駆除や補修にかかった費用を請求することはできますが、家屋の安全性に問題が無いケースの多くは、当方からの契約解除は難しいでしょう。しかし、上記の「瑕疵担保責任」を売り主が履行していない場合や、シロアリが住み着いていることを売り主が知っていた場合、「債務不履行責任」によって契約の解除ができることがあります。

大家さんにシロアリの駆除を頼んだら、断られてしまった。そんな経験をした方も少なくないようです。しかし、シロアリの駆除は基本的に大家側が行うものですので、そのことを伝えしっかり駆除してもらいます。しかし、換気をしていない、庭やベランダに不用なものが放置してあるなど、発生原因が借り主あると判断された場合、自費でシロアリ駆除を行わなければならないというケースも存在します。

借家にシロアリがで場合、賃貸借契約をした家主の持分はどこまでなのでしょうか?

借家のシロアリ駆除や防除の費用について、家主と住人の間でトラブルが起きた際に考えておきたいのが、「家主の責任範囲」です。シロアリは地面に住んでいる生き物ですので、シロアリの駆除費用は、家主が行うケースが多いでと言われています。しかし、シロアリ予防については、「住人の任意」になりますので、家主が費用を負担しなくても良い場合が多くなります。もちろん、家主の「シロアリの駆除を放置していた」という、債務不履行が原因の損害についての賠償は家主が負う必要がありますが、一般的には、シロアリの駆除を行った後の費用の負担は、家主が負う必要はありません。

シロアリの発生原因をめぐるトラブルは、よくあることです。特に、庭に木材が放置してあったりなど庭の管理状態が悪いとあらぬ疑いを掛けられてしまうことがあります。隣人の方も当然素人ですので、疑わしい点があればすぐに疑ってしまうものなのです。

シロアリ駆除をしたら、隣家から苦情がきたのですが自分の家から隣にシロアリが移るというのはありうることなのでしょうか?

イメージとして「アリ」を想像される方は多いかと思いますが、シロアリの本質はアリではなく、ハチに近い生き物になります。具体的には、巣である、コロニーに定住をしていますので、違う場所に即座に移動をする可能性は低いと言えるでしょう。つまり、シロアリ駆除に驚いたシロアリが一時的に離散することはあっても、女王アリをきちんと駆除すれば、シロアリが増える危険性は低いとも言えます。そもそもシロアリは、地中を移動しますので侵入経路の特定はとても難しいのです。いくら隣家でシロアリが繁殖していようとも、シロアリの防除対策を怠っていた以上、シロアリ被害の費用は持ち主になるのです。

シロアリの被害から身を守るために必要な事

人間の生活スタイルは多種多様になり、持ち家や借家など、色々な住居の形があるでしょう。シロアリの生活スタイルも色々で、日本での被害が多い、ヤマトシロアリやイエシロアリは、元来、土の中に巣を作って生活を送っている種類になります。つまり、土地の下に元々住んでいたシロアリが、巣の上にできた餌場である、住居に住み着いてしまう可能性は少なくないのです。隣家にシロアリが住み着いていたとしても、敷地境界線を越えてきたシロアリによる住居の被害なのか、元々住居の土地で生活を送っていたシロアリによる住居の被害なのかは、誰にも分からないのです。つまり、シロアリ駆除は土地の持ち主の手で、自分の土地を守るために行うこと必要になるでしょう。ご家庭毎のシロアリの防除をして、住居の安全を守ることが重要になるのではないでしょうか。自分での対処が難しい場合、業者の力を借りるのも一つの方法ですので、ご検討されてはいかがでしょうか?

シロアリ駆除情報

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み