気になるマンション・アパートでのシロアリ駆除方法とその費用

マンションやアパートなどの賃貸物件でシロアリが発生した場合、駆除はどう行ったら良いのでしょうか?
また、オーナー様も、入居者の方も一番気になるのは責任の所在だと思います。お金が絡んでくる問題ですので、慎重に取り扱う必要があります。シロアリトラブルから家主と借主のトラブルにも発展しかねません。
今ページでは賃貸物件でシロアリ駆除する方法や、入居者の費用負担はどれほどになるのか、ということを解説していきます。

アパート・マンションなど賃貸物件

借家のシロアリ駆除費用は誰が払うのか

責任の所在をハッキリさせる前に、まずはシロアリが発生した原因を追求しなくてはいけません。原因を追求・特定することにより、責任がどこにあるのかも判明します。
たとえばゴキブリやダニなどは部屋を清潔に保っていないことで発生することが多く、駆除を行う場合は入居者に責任があり、駆除費用も入居者が負担することになります。しかし、上階や隣人の部屋が不潔であったり、建物自体に問題があり隙間から害獣などが住み着いて不衛生でゴキブリが発生したというケースであれば責任の所在はまた違ってきます。

シロアリの場合は原因追求も難しく、ゴキブリなどのケースにすべてあてはめることができるわけではありません。
基本的にシロアリは地面に住んでいる生き物ですから、自然発生と考えることが多く、家主が費用を負担し、シロアリ駆除を行うケースが多いです。
借家の管理者には入居者が安全に、快適に生活できる環境を提供し、それを維持していく義務があるからです。

ただし入居者が住宅の換気をしっかり行っていなかった・敷地内に不要なものが放置されており、住宅環境が劣悪だったという場合、入居者が費用を負担し、シロアリ駆除を行わなければいけないこともあります。

状況に合わせた対応も大切

小さな賃貸アパートなどで管理会社や不動産屋などを通さず、大家さんと入居者が個人で契約を交わしている場合は契約書もよく確認しましょう。たとえ自然発生であっても住宅のトラブルは借主が負担するという契約内容だった場合は状況が違ってきます。当然ながら入居者が契約内容に納得したうえで借りているとみなされ、負担しなければいけないこともあります。
しかし長らく付き合いのあった大家さんだけに負担させるのは後々の関係に影響する、という方もいらっしゃると思います。
長く住みたい場合や、ただでさえ憂鬱なシロアリトラブルにくわえ人間関係のトラブルまでに発展させたくないという方は、駆除や修繕費用の折半や何割かを負担するという譲歩を提案してみてはいかがでしょうか。

駆除費用の責任

大家さんや管理会社に相談するときのテクニック

実際にシロアリ発生の原因と責任の所在がどこにあるのか、となった場合、入居者の方はどうすれば良いのでしょう?
おそらく最初にシロアリの発生に気付くのは入居者です。羽アリが敷地内を飛来していたり、シロアリの糞や食べカス、蟻道を見つけてしまったときには写真に残しておきましょう。近年写真はほとんどデータですので記録しなくても日付や時間を残すことはできますが、メモなどに日付・時間・状況などを書き残しておくことは記憶やデータの整理にもなります。
シロアリは見ていて気持ちの良いものではありませんから、女性は生理的に嫌かもしれませんが、管理会社やオーナー様、大家さんとの交渉や話し合いの場や、法的な対処をとらなくてはいけないところまで至った場合には残した写真が有利に働くこともあります。

マンションでも安心できないシロアリの被害

マンションにお住まいの方のほとんどは、シロアリ被害について考えたことがないと思います。シロアリは地面に生息し、蟻道と呼ばれる通り道を造りながら建物に侵入します。多くのところでは、食害の対象は木材だといわれています。
しかし鉄骨やRC造であることがほとんどのマンションは、被害に遭うことはないという認識は間違いです。

マンションでもシロアリ被害に遭う可能性は大いにあり、必ずしも安心とは言えません。シロアリには視力、目が存在しません。何かに接触をすると、それに沿う形で蟻道を作っていきます。鉄骨やコンクリートでもぶつかれば、本能的にかじることがあります。やわらかい木材がかじりやすいというだけであり、木材と認識し食べるわけではないのです。実際に鉄骨や金属、RCでもシロアリ被害の事例はあります。

マンション

どこからシロアリが入ってくる?

マンションで、どこからシロアリは入ってくるのでしょう?
シロアリは、女王アリ、働きアリ、兵隊アリ、羽アリというカテゴリーが存在し、それぞれ形や大きさ、役割が違うといわれている虫です。羽アリはあまり高く飛べるわけではありませんが、地面に近い2階や3階にはたやすく侵入できます。他のシロアリも、よじ登って侵入してくるようで、マンションにおいてシロアリが発見されやすいのは1階~4階といわれています。

上のようにシロアリの侵入は外からが多いですが、他にもマンションがシロアリの被害に遭い、食害を進行させる要因は以下の通り、複数あります。

▼部屋の仕切りが存在する マンションはひとつの大きな部屋を1枚1枚壁の仕切りで区切っている状態と考えていただければ想像しやすいかと思いますが仕切りで部屋を区切ることにより、地面からシロアリ侵入しやすい隙間ができ、シロアリの食害を進めます。

▼壁の下のコンクリートが詰まっていない場合が多い 施工の問題ですが、壁の中、下はコンクリートをみっちり詰めているケースが少ないです。シロアリにとって都合の良い通り道。

▼戸建のような床下が存在しない 床下が存在しないことでシロアリに侵入されにくいと思いますが、これは意外とマンションの弱点と考えられます。床下の点検、湿気対策や消毒が行えなかったりするなど、シロアリ対策が難しいといわれる条件がそろっています。

例外的なところでは、マンションが建った土地にシロアリが元々住んでいたということもあります。
また、室内にはフローリングや畳・木材家具などもありますから、これらが食害に遭う可能性も十分あります。
実はマンションは、シロアリにとっては住みやすい環境であることがわかります。
発見が遅れがちな傾向も、マンションにとっては致命的問題です。

マンションでシロアリ駆除する方法は?

マンションであっても、シロアリ駆除の方法は戸建住宅の場合と基本的に同じです。
薬剤を注入し、シロアリを駆除・木材の消毒を行います。床やタイルに薬剤を注入するため小さな穴を開ける場合もありますので、管理者と入居者の間で施工の仕方をよく確認することが大切です。
被害が大きい場合、床や壁を剥がすこともあります。柱などが食害に遭っていた場合は大規模なリフォームを余儀なくされてしまうこともあります。
それほど被害が大きくなくても、巣が大きく広がっていたり、巣が分布しているという状態であれば戸建住宅の場合よりも長期的な駆除になる可能性も考えられますのでマンションのシロアリ駆除や対策は戸建住宅の場合よりも厄介といって良いかもしれません。

気をつけるポイント

シロアリ駆除をお考えのアパート・マンションの管理者様が気を付けるポイント

シロアリ対策するうえで気を付けるべきことと、シロアリ駆除を行ううえで注意・配慮するべきことを以下にまとめました。

▼シロアリ対策で気を付けること
1.建物周辺に木材・ダンボールがないか
基本的なことですが、マンション周辺にシロアリが好む木材があるとシロアリは集まってきます。建設の際に使用した木材にももちろんシロアリは集まりますし、断熱材でよく使用される発泡スチロール、ダンボールなどが落ちていたり残っていたりしていないかよく確認しましょう。シロアリが生息していない場所でも、シロアリが生息可能だったり営巣できると集まってきますので気をつけましょう。

2.建物内の湿気がたまっていないか
各部屋の浴室、キッチン、洗面所などの水回りの湿気対策は大丈夫でしょうか?湿気で劣化した木材や住宅素材はシロアリにとっての大好物です。湿気対策が十分でない場合、それぞれに換気扇などを設置、窓の取り付けなどを検討しましょう。しっかりと建物内の換気を行うことはシロアリだけではなく、その他の住宅トラブル回避にも役立つはずです。

3.雨漏りや亀裂などは早めに修理する
雨漏りは建物内に湿気を発生させ、住宅素材を劣化、腐らせます。カビが発生したり、傷んで柔らかくなった住宅素材はシロアリの食害を急激に進行させる要因となる危険があります。マンション内で専有スペース、共有スペース問わず雨漏りがあった場合は、放置せずすぐに修理を行いましょう。
また、シロアリの侵入を許すコンクリートなどの亀裂や隙間は発見次第すぐに補修することをおすすめします。

4.1階は特に注意する
戸建住宅と同じように、地面に面している1階は戸建住宅と似た被害に遭う可能性が十分に考えられます。マンションのシロアリ被害で最も被害が大きいのは1階部分ですので、特に注意が必要な場所として、警戒しましょう。
▼シロアリ駆除するうえで注意・配慮すること
1.住民の方への対応は迅速に行う
シロアリの被害を大きくしないためには早期発見・早期駆除・対策が基本ですが、住民の方からのクレームについても同様です。信頼を失ってしまうと退去者が続出し、空き部屋を増やしてしまう事態になりかねません。速やかにシロアリ駆除業者に調査を依頼し、住民の方へ説明責任を果たしましょう。質問などがあってもしっかり回答できるよう、専門家の方に同席してもらうことをおすすめします。

2.シロアリ駆除には万全の安全対策を
戸建住宅と違い、マンションにはあらゆる年齢層の方が住んでいます。赤ちゃん、小さなお子様、ご年配の方。ペット可のマンションであれば、犬や猫などもいるでしょう。
シロアリ駆除の薬剤を使用する際には十分注意を払って、より安全性の高いものを選択していく必要があります。

3.責任の所在・駆除費用はどこが負担するのかを明確にする
シロアリ発生の原因を特定し、責任の所在をはっきりさせたあと、シロアリ駆除費用はどこが負担するのかを明確にしなければいけません。ケースによっては発生原因となった部屋の借主、つまり専有者が全額負担することもありますが、お金が絡みますので慎重に行わなくてはいけません。金額の範囲も様々ですので、まずは特定させましょう。

4.建物の価値を下げないための工夫と対策
マンションのオーナー様にとって、シロアリ発生は建物の資産価値を下げてしまうリスクがあります。家賃を大幅に下げなくてはいけなくなる事態も十分あり得ることです。シロアリを発見した場合は速やかにシロアリ駆除業者に連絡をし、被害を広げないことが大切です。

シロアリが出たときに住人がすること

入居者の方がマンションの周辺で羽アリが飛来しているのを見た、室内でシロアリの気配を感じた、食害箇所を発見してしまったという場合は、まず管理会社やオーナー様、大家さんに連絡・相談をしましょう。
くれぐれもご自分で直接シロアリ駆除業者に連絡をして勝手に施工を進めることのないようにしてください。
重ねての説明になりますが賃貸物件の場合はまず、原因の特定、調査から慎重に行う必要があります。宅内にシロアリが発生した場合や羽アリが飛来しているなどの緊急時は掃除機で吸うなどの応急処置を施してください。

1.大家さん、オーナー様、管理会社に連絡する
2.発生時の状況や日時を写真やメモなどで記録する
どちらも忘れずに行ってください。

すぐにシロアリ被害を解決するならプロの業者によるシロアリ駆除がオススメ

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み