沖縄県対応の弊社加盟店のご紹介

沖縄むつみ消毒有限会社
沖縄むつみ消毒有限会社は、沖縄県でシロアリのお困りごとを解決している会社です。シロアリは湿気の多い場所で多く発生するというのは有名ですが、シロアリが発生する原因はそれだけではありません。最近の住宅は夏は涼しく冬は暖かいといったように断熱材の機能が高くなっており、それに加えて床暖房まで備わっていることも多く、床下はシロアリにとって一年中快適に過ごせる場所となっています。これは私たちがそのような環境をつくりだしているとも言えます。その結果として季節外れのシロアリ被害が多くなってきている傾向にあります。また、シロアリが生息する場所は床下だけとは限りません。庭にある植樹や古くなった木材のデッキなどにも生息する可能性があるので、こまめに植樹の手入れやいらなくなった木材などを放置しないように心掛けることもシロアリ被害を発生させないために必要なことです。もし、被害に遭われてしまったときには早急に対処することが重要になります。沖縄むつみ消毒有限会社では、さまざまなシロアリ被害にも対応してくれます。
海邦しろあり
沖縄県は、海に囲まれている事もあり、湿気も多いのではないかと思います。湿度が高いと起きてしまうのがシロアリによる被害です。シロアリによってもたらされる被害は想像以上にひどいです。知らず知らずの間にシロアリが至る所で繁殖し、最悪の場合、家が倒壊してしまうケースもあります。何故そんな事が起きてしまうのかというと、シロアリが家の床下の支え、柱といった主な支えとなる木材をかじってしまうからです。シロアリは、光を嫌うので主に地中から床下や屋根裏に侵入し、徐々に繁殖しあらゆる場所の木材を削ります。そういった被害を避けるために、海邦しろありといったシロアリ駆除を業者が存在します。海邦しろありは、沖縄県でシロアリの駆除を行っています。お客様のご家庭を守るため、日々出動してくれて、熱意を持って対応してくれます。
株式会社サンライフ
株式会社サンライフは、沖縄の那覇を中心にシロアリ駆除のサービスを提供している会社です。沖縄にお住まいの方は、シロアリに関する質問や悩みがあれば、株式会社サンライフも非常に頼りがいのある会社の一つです。スタッフは、より高い技術を身に着けるために日々精進しています。シロアリは木材だけでなく、他にも柔らかい金属やプラスチックなども食します。ですので、あらゆる場所に発生する可能性があります。そして、シロアリは1回の産卵で20~30個の卵を産むと言われています。たった数匹に侵入されただけでも。放置をすれば後々凄まじい数のシロアリになるのです。ですから、飛んでるシロアリを1匹でも発見したらすぐさま対処が必要になります。シロアリの被害はやがて物件を倒壊させる恐れがあります。株式会社サンライフなら、それらに対して的確な対処が出来ますので、いざという時に頼りになると言えます。
について

沖縄県の住宅のシロアリ被害状況は?沖縄県にはどんなシロアリがいる?害を与えるシロアリの種類や発生時期について

沖縄県では一戸建て住宅の割合が半分以下で、高層・中層の共同住宅が増加を続けており、共同住宅の9割以上が鉄筋コンクリート造になっています。その結果、木造住宅の割合は平成25年度で4.5%しかありません。次に低い東京都でも4割程度ですから、全国的に見ても飛び抜けて低いのが特徴です。これは台風が多いという気候風土の影響と考えられます。日本で建物に被害を与えるシロアリには4種類ありますが、沖縄県にはその全種類が生息しています。特に被害が大きいと言われるのがイエシロアリで、湿った木だけでなく乾燥した木も食害し、多いときには100万匹ものコロニーを作ります。もともと熱帯の虫で、本土では6~7月が繁殖期になりますが、温暖な沖縄県では4月頃に羽アリが飛びます。このほか奄美以南にのみ生息するダイコクシロアリや、輸入木材に付着して侵入するアメリカカンザイシロアリなどの被害も見られます。これらはコンクリートの壁を食害することもあるので、木造でないからといって安心することはできません。コンクリートは餌にはなりませんが、餌になる木材にたどりつくために邪魔であれば、穴を開けてしまいます。沖縄県では昔からシロアリの被害を防ぐために、さまざまな方法が考えられてきました。たとえば家の周囲に餌となる木材を埋めて、住宅の床下には巣を作らないように仕向ける方法です。また木材を海水に漬けて虫の嫌うミネラルを吸収させ、乾燥させてから建材として使う方法もあります。こうした伝統的な防除法のおかげて、数々の歴史的建造物が被害を免れてきました。しかし現在の住宅では、このような対策を講じるわけにはいかないので、定期的な点検と適切な駆除が必要になります。キッチンやバスルームなどの水廻り、床や畳の凹みなどは、特にチェックを要する箇所です。シロアリの侵入を防ぐ予防剤と、侵入した害虫を退治する駆除剤を組み合わせることで、効果的な駆除が期待できます。

シロアリ110番の沖縄県地域における対応エリアについて

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 石垣市
  • 浦添市
  • 名護市
  • 糸満市
  • 沖縄市
  • 豊見城市
  • うるま市
  • 宮古島市
  • 南城市

沖縄県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016/09/26
    エリア
    沖縄県沖縄市
    参考金額
    83,333円

    築30年、建坪30坪未満のコンクリート2階建ての戸建住宅での駆除のご依頼をいただきました。シロアリは1階の和室で発生したとのことでした。まずは現地無料見積りをご希望されておりました。

  • 受付日
    2016/06/23
    エリア
    沖縄県うるま市
    参考金額
    101,852円

    玄関で発生しているので、無料調査希望のお客様よりご連絡をいただきました。築18年くらいの鉄筋コンクリートの戸建住宅で建坪は87.12平方メートルあるとのことでした。床下点検口は畳があるとのことでした。

  • 受付日
    2016/05/24
    エリア
    沖縄県豊見城市
    参考金額
    87,963円

    玄関にシロアリが発生したため駆除のご相談をいただきました。鉄筋1階建てで、床下点検口はあるとのこと。見積りを希望されており、折り返しの日時をご指定いただきました。

  • 受付日
    2016/05/13
    エリア
    沖縄県糸満市
    参考金額
    88,000円

    シロアリの予防のために対策をしたいと相談がありました。築年数13年で建坪28坪の鉄筋コンクリートの戸建で床下点検口はありとのことでした。シロアリは確認できていませんがシロアリの調査と予防を希望されました。

  • 受付日
    2016/03/23
    エリア
    沖縄県うるま市
    参考金額
    115,741円

    今家を建築しているのでシロアリ予防の相談をご希望されておりました。鉄筋コンクリートの戸建住宅で89平方メートルとのことでした。折り返しの日程にご希望がありましたのでご指定いただきました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み