24時間365日、日本全国
いつでも受付中!

0120-949-952

シロアリ対策とリフォームはセットがお得!大規模な工事は構造に注意

2021/08/11
シロアリがいなくなって終わりではない!リフォームや修繕も忘れずに

家が劣化してリフォームを検討している方は、まずは劣化の原因がシロアリ被害かどうか調査しましょう。そして、シロアリ被害に遭っていることが判明した場合は、徹底的に駆除したうえでリフォームをおこなってください。

建材は、単なる経年劣化であれば新しいものに交換するだけで再び頑丈になります。しかし、シロアリ被害に遭っていた場合は、シロアリを駆除しない限り根本的な問題解決になりません。

リフォーム後にシロアリ被害ですぐ家が傷むことがないように、シロアリ被害にあった場合の症状や対処法などをご紹介します。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

リフォームの前にシロアリ被害をチェック

どんなに頑丈に建てられた建物でも、月日とともに劣化は進みます。しかし、経年劣化とは別にシロアリが建材を食害して傷んでいる可能性もあるのです。

リフォームは、家をきれいにしたり頑丈にしたりするだけでなく、シロアリの駆除や予防をおこなうチャンスでもあります。リフォームを検討する際は、シロアリ被害に遭っている場所がないかどうかも確認しておきましょう。

シロアリ被害箇所に出る症状

シロアリ被害箇所に出る症状

シロアリは木材を好んで食害する害虫です。日本で多くの被害を出している土壌性シロアリは、湿った木材や腐った木材を好むため、床下や水回りなどの湿気のある場所がよく被害に遭います。

わずかな被害は気付きにくいこともありますが、シロアリの被害に遭うと以下のような症状があらわれます。少し注目して観察したり行動したりするだけで判断できるので、気になる場所をチェックしてみましょう。

  • 床が沈む
  • 畳を歩くとフワフワする
  • 壁や柱をノックすると空洞音が聞こえる
  • 小さな土の粉のようなものが固まって落ちている

該当する症状がある場合は、シロアリの痕跡や巣がないか調査する必要があります。被害範囲が広かったり巣が作られていたりした場合は、自分でシロアリを駆除することが非常に困難です。プロによる駆除が必要かどうかを判断するためにも、まずは詳しい調査をしましょう。

弊社にご相談いただければ、無料でシロアリ調査をおこなう業者をご紹介できます。調査の結果、プロによる駆除作業が必要な場合はそのまま駆除を依頼できるので、まずはお気軽にお電話ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

シロアリ対策とリフォームはまとめて依頼しよう

シロアリは、床下や壁の中などの人目に付かない場所に住み着きます。壁を変えたり床を張り替えたりするリフォームであれば普段見えない箇所までシロアリの調査ができるため、シロアリ対策をセットで依頼するのがおすすめです。

さらに、シロアリ駆除とリフォーム工事の両方を請け負っている業者に施工を依頼すれば、費用が安くなることもあります。両方の工事をまとめておこなうことでシロアリと建物の調査が一度で済むので、出張費を無駄に支払う必要がありません。

ただし、詳しい金額はシロアリの被害状況やリフォームの規模、選ぶ業者などによって大きく異なります。見積りをとって確認しましょう。

業者にリフォームを依頼する場合のポイント

シロアリ駆除施工は、一度おこなえば永続的に効果を発揮するものではありません。使用した薬剤の効果が切れれば、再びシロアリが侵入することがあるため、リフォームするうえで2つの注意点があるのです。

  • 床下の高さを低くしない
  • 出入りできる点検口を確保する

シロアリは床下から侵入するケースが多いので、シロアリが再発した場合、調査や駆除のために床下に潜って作業することがあります。

しかし、点検口がふさがっていたり床下に人の体が入るだけのスペースがなかったりすれば、適切な調査や駆除作業ができません。

さらに、狭くて通気の悪い床下は湿気がたまりやすくシロアリが好む環境です。シロアリが再発した際に巣を作って住み着かれるリスクも高いので、大規模なリフォームをおこなう場合は、上記の点に注意して構造を決めましょう。

コンクリートで覆うだけでは不十分

コンクリートで覆うだけでは不十分

床下のシロアリ対策について、「いっそコンクリートで木や土を覆ってしまえば大丈夫なのではないか」と考える方がいるかもしれません。しかし、木材や土を隠すだけでは対策として不十分です。

シロアリが住み着きやすいのは床下の土壌や木材ですが、それ以外の素材が使われている場所が侵入口になることもあります。リフォーム直後は頑丈なコンクリートも、経年劣化でひびが入れば隙間ができますし、シロアリはコンクリートをかじって穴をあけることもできるといわれているのです。

木材や土が表面に出ない状態にしたことで、油断してシロアリ対策をしなかった場合は、あとからでもシロアリ予防の工事をおこないましょう。

弊社では、シロアリの駆除はもちろん予防も請け負っている業者をご紹介できます。お住まいの地域などを考慮してすぐに駆け付けられる業者を厳選してご紹介しますので、いつでもご相談ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

お近くのシロアリ駆除業者をすぐにご紹介!

現在、 お電話がつな
がりやすくなっております。

シロアリ駆除のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談