シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > リフォームにおけるシロアリ対策と補修を解説します

リフォームにおけるシロアリ対策と補修を解説します

リフォームにおけるシロアリ対策と補修

シロアリによる被害が大きくなると、リフォームが必要になることもあります。しかし、やり方を間違えるとシロアリ被害が再発するケースもあります。リフォームを始める前に対策と補修についての知識を身につけ、安心できる素敵なリフォームにしましょう。
このページではリフォーム前に確認しておくべきポイントやリフォームで失敗してしまう例について解説しています。リフォームを検討している方の参考になればと思います。

リフォームとシロアリ駆除は同時に考える

シロアリ駆除

被害箇所の修繕とリフォームを同時におこなえば、効率もよく住宅環境もよくなります。しかし、リフォームしただけでは、再びシロアリによる食害を受ける恐れもあります。リフォームをおこなうときには下記のポイントに気をつけましょう。

シロアリ駆除後にリフォームをおこなう

リフォームや建築を専門としているハウスメーカーや工務店は、シロアリ駆除の専門家ではないので、シロアリについての知識が不足しているかもしれません。
そのため、シロアリ対策が不十分なままリフォームが開始されることもあります。

とくに、風呂場などの湿度の高い場所にはシロアリ被害が発生しやすいです。タイルのすき間が侵入口になりやすいようなので、タイル張りの風呂がある場合は、シロアリの調査をおこなったほうがよいでしょう。

シロアリ駆除が不十分なために起きるトラブル

・シロアリを駆除するために柱や床板を傷つける
・駆除しきれなかったシロアリにより被害が再発する
せっかくきれいにした家を傷つけないためにも、リフォーム前にはシロアリ駆除業者に相談して、調査と駆除を済ませておきましょう。

その際、シロアリ駆除とリフォームを取り扱う業者も沢山あります。そういった業者を利用することで、駆除からリフォーム後の予防までまとめて依頼できます。

間違ったリフォームはシロアリを呼ぶ原因になる

リフォームもやり方を間違えると、シロアリの発生原因を作ることがあります。とくに注意すべきポイントは、床下や家周りの環境変化です。環境が変われば、その土地の生態系も変わりますので、シロアリの行動が活発になることもあります。

床下の高さを変えてしまうと、土台と土壌の距離は短くなります。床下に十分なスペースが確保されていないと、風通しが悪く湿気が溜まりやすくなり、木材は腐食しやすくなるでしょう。

また、点検するためのスペースがなければ、調査がおこなえずシロアリの侵入に気付けないので、シロアリの発見が遅れる可能性が高くなります。

シロアリは土壌から家に侵入する昆虫であることを忘れてはいけません。床下の高さを変えるときは、点検できるだけのスペースと通気性を考えるようにしましょう。

簡単な補修なら安くリフォームできるかも

シロアリ駆除は徹底的におこないたいですが、リフォームまで大規模なものになると、費用が高額になってしまいます。もしシロアリ被害がきっかけでリフォームを考えている場合は、被害にあった小さい範囲の補修だけをおこなえば、安くリフォームできるかもしれません。

自分でできるシロアリ被害の補修

シロアリ被害が風呂場やキッチンのタイルが剥がれた程度であれば、自分でタイルを貼り直して補修し、パテでタイル同士のつなぎ目を埋めるだけです。細かい部分まですき間がないように丁寧に補修しましょう。

業者にリフォーム依頼するべきポイント

床の修理や土台となる木材の補修、建物の柱の補修はDIYではできません。建物の要となる部分は、素人がおこなう補修では危険なので、業者にリフォームを依頼しましょう。

また、シロアリの侵入口となるのは床下だけではありません。壁にヒビが入ったり穴が開いたりした場合も、シロアリの侵入口になります。ヒビをパテで補修するくらいなら自分でおこなってもよいかもしれませんが、パテ埋めではふさぎきれないような穴ができた場合は、業者に穴埋めを依頼しましょう。

シロアリが寄り付かない家を作るためには?

確認しておくべき内容

基本のシロアリ対策のほかにも
・屋根や天井裏全てを点検ができるようにする
・基礎を高く作る
・部屋を増やすなどの増築は、床下を点検ができる状態にしておく
・ユニットバスの床下を点検ができるようにする
・古い玄関などの落とし柱を基礎の上にあげる
・二重にならないように既設部分との間の基礎は気をつける
・地面に直接木を立てない
・浴室だった場所をそのままの構造で普通の部屋に使わない

などがシロアリ予防になります。

床の高さには特に注意が必要

広々とした解放感を得るために、「天井を高く、床を低くリフォームする」とお考えの方は多いかと思います。しかし、シロアリ対策のためには床は低くし過ぎてはいけません。

床下空間を少なくする工事を安易にしてしまうと、シロアリが好きな環境を作ってしまうどころか、他の腐朽菌を繁殖させてしまうことに繋がります。シロアリは床下から侵入することが多いので、広い空間が欲しい場合は、天井を高くするほうが比較的安全かもしれません。

シロアリが発生しやすい環境は湿度が高く暗い場所です。人が入れなくなると、定期的な床下チェックができなくなるため、シロアリやカビ被害を未然に確認できず、大発生してからわかる状態になります。人が潜れるぐらいのスペースがあればベストですが、それができなくとも、せめて風は通るようにしておきましょう。

また、板やタイルなどで密閉することも絶対に避けましょう。どうしても床を低くするのであれば、防蟻シート・防湿木炭・床下換気扇など湿気を逃がしてくれるものを用意して補強と対策をおこないましょう。

コンクリートで構造を覆い過ぎない

いっそコンクリートで木や土を覆ってしまえば大丈夫なのではないか?と考える人もいるでしょうが、あまり意味がありません。ベタ基礎は確かにシロアリの侵入はされにくいですが、コンクリートも時間とともに収縮するので侵入が不可能ではないのです。むしろシロアリからしたらとても住みやすい環境になりかねません。外敵からは守られ、温度と湿度も保ってくれるとなったら快適空間です。

シロアリ予防と点検も忘れずに

いくらシロアリに強い家にリフォームしたとしても、100%被害にあわないとはいい切れません。シロアリを予防するためには、定期的な調査と予防施工は欠かせません。
予防施工は保証が切れる5年を目安に薬剤散布をおこない、床鳴りするなど何か怪しいことがあれば調査してもらうのがおすすめです。

まとめ:リフォームするときもシロアリ対策は忘れずに

シロアリの被害を再発させないためには、きちんとした対策が重要です。

・リフォーム前にシロアリを駆除する
・間違った方法でリフォームしない
・床下の環境には注意する
・定期的な予防と点検も忘れずに

上記のポイント守りつつ、シロアリから家を守りましょう。
シロアリ駆除・予防・点検については、シロアリ駆除業者に依頼するのがおすすめです。

弊社がご紹介する業者には、信頼できるシロアリ駆除業者がそろっています。お悩みの際はぜひご相談ください。

弊社がご紹介する業者には、信頼できるシロアリ駆除業者がそろっています。お悩みの際はぜひご相談ください。

【関連記事】
シロアリ駆除のDIYに使う薬剤と床下調査から予防までの手順・費用

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...