シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリ駆除・予防の必要性と重要性を解説します。

シロアリ駆除・予防の必要性と重要性を解説します。

シロアリ駆除・予防

家屋の安全を脅かすシロアリの駆除・予防は、どちらも非常に大切なものです。この記事では、そんなシロアリ駆除や予防の目的・重要性をご紹介。シロアリ駆除・予防の重要性を知ることで、今あなたがおこなうべき対処をしっかり確認しておきましょう。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリ駆除の重要性

シロアリ駆除の目的と、駆除を放置した場合に起こり得るリスクについて考えることで、シロアリ駆除の重要性が見えてきます。ここではそんなシロアリ駆除が必要なのかどうかについて、考えていきましょう。

シロアリ駆除の目的

シロアリ駆除・予防

今、起こっているシロアリ被害を止めるのが、シロアリ駆除の目的です。

シロアリという虫の被害は、おそろしいものです。湿気が多く水分を含んでいる家の土台部分だけでなく、コンクリートや部屋の中にある家具なども被害に遭うことがあります。

木材に由来しているものをメインになんでも食べるので、家屋での被害進行はすさまじいものがあります。そのため、シロアリ被害箇所や巣を見つけた、あるいはシロアリやシロアリの羽アリ自体を目にしたときに、シロアリの点検・駆除を一刻も早く依頼する必要があるでしょう。

また、すでにシロアリによる被害を受けていた方は薬剤でシロアリを追い払うために、シロアリ駆除という方法を選択することになります。

シロアリ駆除を放置した場合のリスク

現在発生しているシロアリ被害を放置しておいても、勝手によくなることはありません。よくなるどころかシロアリ被害はどんどん進み、状況は悪化していきます。

では、具体的にはどのようなリスクが出てくるのかチェックしてみましょう。

被害の進行で住宅が強度低下するリスク

庭などの地中にいるシロアリは蟻道と呼ばれる侵入経路を伝って、柱や壁など建物の基礎にも被害をもたらしてきます。基礎に穴を開けるだけでなく、気づいたら大部分が食害されてしまっていることもあります。

こうなると、建物の強度に関わってきます。倒壊まではいかなくとも、地震を機に一気に崩れてしまうこともあるようです。シロアリ被害の放置は、大切な我が家が侵されるだけでなく、人の命にも関わることなのです。

費用のリスクも上がる

シロアリの被害が広がってしまうと、それだけ修繕する箇所も増えていきます。すると、工事費用や駆除費用が余分にかかってくるのは容易に想像できるでしょう。

シロアリの被害への対策が遅れれば、被害はどんどん大きくなり家の強度、資産価値に悪影響を与え続けます。また、修繕箇所も広がり費用面からみてもいいことはありません。

シロアリ被害は早期発見が非常に大切。まずは一度、点検だけでもしておくと、シロアリ被害に遭っているかどうかが分かります。最近では点検・見積りまでは無料、なんて業者も多いので、不安であれば調査してもらうのもよいでしょう。

弊社の無料相談窓口では、お近くのシロアリ業者を最短即日ご紹介・現場に急行。もちろん調査・見積りは無料でおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

もしエリアや現場状況に応じて調査費用等がかかる場合は、必ず作業前に確認させていただきます。もちろん実際の駆除・予防作業まではキャンセルも可能ですので、まずは調査結果・見積りからじっくりご検討ください!

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリ予防の重要性

シロアリ被害は、建物に使われている素材の違い、マンション、戸建住宅などにかかわらず襲ってきます。どなたも被害に遭うおそれがあるので、まだ被害に遭っていない方でもシロアリ予防は必要です。

シロアリ予防の目的

シロアリ駆除・予防

シロアリが発生したときに必要になる駆除とは違い、予防は被害前におこなう対策です。
シロアリ予防の目的としては

・シロアリを近づかせない
・シロアリを侵入させない
・シロアリを住ませない

この3点にあります。とにかく被害に遭わない、原因を作らないということが重要です。建物の新旧にかかわらずシロアリ被害はみられますので、新築の家でもシロアリ予防は大切です。
このほかにも、シロアリ駆除の際にセットで予防をおこなうこともあります。

やって損はないシロアリ予防

住まいの目に見えない部分で進行してしまう被害は、なかなか自分で気づくことができません。被害を防ぐためにはシロアリ予防をおこなうと安心ですが、シロアリ予防のよさはそれだけではありません。

よく質問が出るコスト面を考えると、シロアリ予防をおこなったほうが結果的にお得になることがあります。シロアリ予防をせずに被害に遭って駆除をする場合は、予防だけだったら必要のない修繕費がかかる、予防以上の薬剤が必要になる、ということが出てきます。
長い目でみれば予防をしておいたほうがよいですし、損にはならないということを覚えておきましょう。

定期的なシロアリ点検も必要

予防とあわせて、定期的な点検や調査をする必要もあります。シロアリ被害の多くは床下から起こるため、たとえ屋内にいないと思っても被害が進んでいることがあるので、調査を怠ると被害に気づくのが遅れてしまうことがあるからです。

そのため、業者による定期的な点検と調査をすると安心です。日本には建物に被害を与える生き物、シロアリが数種類存在するので、長期に渡って予防も点検もしないというのは危険です。

シロアリ点検・調査はシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリの予防は5年ごとが目安

シロアリ防除の薬剤は通常、5年で効果が切れてしまいます。そのため、一度の施工で終わりにするのではなく5年に1回の頻度で定期的に点検・予防していきましょう。

「家を建てたときに予防したから」「何年か前にシロアリ予防をしてもらったから」と安心している方は要注意です。

何年前に予防の施工をしたのか、具体的に思い返してみてください。そして、5年以上前だった場合は、早めにシロアリ防除の薬剤を施工し直しましょう。

なぜ5年が目安といわれているのか?

通常の薬剤の効果は、時間の経過とともに薄れていきます。これはシロアリ防除に使用する薬剤も同様です。シロアリ防除の薬剤は、光や熱などによって分解されてしまうため、常にシロアリを寄せ付けないためには定期的に新しい薬剤を散布する必要があるのです。

そうはいっても「5年経ったからといって、急に効果がなくなるわけではないだろう」と思う方もいるでしょう。

しかしシロアリ防除の薬剤は、施工した瞬間から徐々に分解されていきます。徐々に分解していくこの薬剤が、「建材からシロアリを退けるくらいの量」が残っていられる期間がいわゆる『5年』なのです。

そのため、5年が経過した時点では薬剤は残っているものの、シロアリを防ぐ効果がないことも多く、建材や建物内への侵入を許してしまう危険性が高いのです。

シロアリ予防を怠ると、シロアリが侵入してきてしまいます。たとえば柱から空洞音がする、床がきしむとなどの症状がでていたら、シロアリの被害を疑ってみてもよいでしょう。

新築住宅におけるシロアリ予防方法

新築時におこなっておきたいシロアリ予防はおもに以下の3つです。

予防方法 シロアリの予防手順
土壌処理 シロアリは床下の土壌から侵入してくることが多いです。住宅の基礎部分や、土台、床を支える束石周りなどの蟻道が作られそうな場所、床下の地面に薬剤を散布します。
木材処理 住宅に使用される木材に小さな穴を開け薬剤を注入して浸透させます。薬剤の効果を持続させるために木栓などで蓋をします。
建築後の薬剤散布 玄関・浴室・トイレ・洗面所などの床にも木材処理同様小さな穴を開け、薬剤を注入、木栓で蓋をします。被害に遭いやすくシロアリに侵入されるおそれもある浴室のタイルや壁の中にも同様の処理をおこないます。

まとめ:シロアリ駆除・予防は被害を最小限におさえるために必要

シロアリの防除はシロアリの被害を食い止めるためにおこないます。その方法は状況によって変わるので適切に処置しましょう。

・シロアリ被害が出ているときは駆除する
・5年ごとのシロアリ予防で被害を未然に防ぐ
・予防とあわせて定期点検もおこなう

すべての作業は自分でおこなうこともできますが、確実に駆除したい・予防したいのであれば業者を利用するのがやはりおすすめです。まずはプロの調査でシロアリの有無や被害状況だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。シロアリ被害の有無がはっきりするだけでも安心しますし、今後の行動もとりやすくなりますよ。

もしシロアリの駆除や予防をお考えなら、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では、シロアリの駆除などをおこなうプロの業者を数多くご紹介。調査・見積り無料の業者とも多数提携中です。見積り・調査後のキャンセルも可能ですので、費用面が不安な方もじっくりご検討いただけます。

電話・メール窓口は24時間年中無休で受付対応しておりますので、最短即日のご紹介も可能です。被害に遭っていないか不安に思う方は、一度無料のシロアリ調査だけでもご検討されてみてはいかがでしょうか。

エリア・現場状況によっては調査費用が発生することもありますが、その際は作業前にお伝えしますのでご安心ください。もちろんキャンセルも可能です。まずは無料の相談窓口から、お電話やメールにてお気軽にお問い合わせください!

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの駆除・予防対策はシロアリ110番にお任せください
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...