シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 「シロアリ駆除は必要ないかも?」という考えは危険!その重要性とは

「シロアリ駆除は必要ないかも?」という考えは危険!その重要性とは

「シロアリ駆除は必要ないかも?」という考えは危険!その重要性とは

シロアリ被害を受けたなら、必ず駆除をおこなう必要があります。放置しているとどんどん被害が広がってしまい、家屋に大きな損害を受けてしまうからです。

もしシロアリ被害を疑うような状態であれば、まずは調査をしましょう。また、被害を受けていなくても、予防は必ずおこなうようにしてください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリ駆除は必要!その理由とは

今、起こっているシロアリ被害を止めるのが、シロアリ駆除の目的です。

シロアリの被害は、おそろしいものです。湿気が多く水分を含んでいる家の土台部分だけでなく、コンクリートや部屋の中にある家具なども被害にあうことがあります。

木材に由来しているものをメインになんでも食べるので、放置していると家屋がどんどんボロボロになってしまいます。そのため、すぐにシロアリ被害の調査と駆除が必要となるのです。

シロアリ被害で家屋がボロボロになってしまうと、さまざまなリスクが発生します。

シロアリ駆除を放置した場合のリスク

シロアリ駆除・予防

現在発生しているシロアリ被害を放置しておいても、勝手によくなることはありません。よくなるどころかシロアリ被害はどんどん進み、状況は悪化していきます。具体的にはどのようなリスクが出てくるのかチェックしてみましょう。

被害の進行で住宅が強度低下するリスク

庭などの地中にいるシロアリは蟻道(ぎどう)と呼ばれる侵入経路を伝って、柱や壁など建物の基礎にも被害をもたらしてきます。基礎に穴を開けるだけでなく、気づいたら大部分が食害されてしまっていることもあるのです。

こうなると、建物の強度に影響が出ます。いきなり倒壊することはなくとも、大きな地震によって一気に崩れてしまうおそれがあります。そのため、シロアリ被害の放置は、大切な我が家が侵されるだけでなく、人の命にもかかわることとも言えるのです。

費用のリスクも上がる

シロアリの被害が広がってしまうと、それだけ修繕する箇所も増えていきます。すると、駆除や加害部分の修理にかかる費用が、どんどん高くなってしまうのです。

このように、シロアリの被害への対応が遅れれば、被害はどんどん大きくなり家の強度、資産価値に悪影響を与え続けます。また、修繕箇所も広がり費用面から見てもいいことはありません。

シロアリ被害は早期発見が非常に大切。被害を疑うのであれば、まず調査だけでもしておくと、シロアリ被害にあっているかどうかがわかります。調査・見積りは無料という業者も多いので、一度依頼してみてはどうでしょうか?

弊社の無料相談窓口では、調査・見積り無料の業者の紹介をおこなっておりますので、気軽にご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

実際にあったシロアリ被害

「シロアリ被害を受けているような気がするけど、本当にそうかわからない……」という方もいるかと思います。そこで、実際にシロアリ被害がどのような場所で発生したのか見ていきましょう。

シロアリは暖かく湿った場所を好み、エサとなるものを探しに家屋にやってきて加害します。そのため、実際に被害を受けた場所としては以下のような場所があるのです。

・床下の土台に使われている木材の部分
・浴室まわりの壁や床下
・結露が発生している断熱材
・屋根裏の木でできた建材

このような場所の木材などがボロボロになっている場合、シロアリの被害にあっているおそれがあります。

また、築年数がたっている家屋の場合、シロアリの被害にあう確率が高くなるという傾向も出ています。

シロアリ被害と築年数の関係

シロアリ駆除・予防

2013年の国土交通省の調査によると、対象となった家屋の18.9%に床下のシロアリ被害が見られるという結果が出ています。さらに、築年数のたっている家だと、シロアリ被害にあいやすい傾向が出ているのです。

2017年に弊社に寄せられたご相談のデータを分析したところ、築年数が少ないお宅はシロアリ駆除のご相談が少ないという結果が出ました。築年数が5年以下のお客様からのご相談は、全体の数%にしか過ぎなかったのです。

また、築年数別にシロアリのご相談内容を見ていくと、築35年までは築年数が少ないほど駆除より予防のご相談が多いという結果が出ています。

シロアリ被害を受けやすい家とは

シロアリはエサとして木材を食べます。そのため、シロアリ被害にあいやすいのは、自ずと木造の住宅になるのです。とくに地肌がむき出しになっている布基礎の場合、被害を受けやすくなってしまいます。日本で被害を出しているシロアリは、土の中から侵入してくるのもが多いからです。

ただし、地肌のむき出しになっていないベタ基礎や、鉄筋コンクリートの建物でも被害にあうおそれがあります。シロアリはコンクリートを破って侵入することもありますし、鉄筋コンクリートの家屋でも構造材に木を使用していることが多いからです。

そのため、「ベタ基礎・鉄筋コンクリートだから被害にあうはずない」と思わないようにしてください。

もしシロアリ被害だと思ったら

シロアリ被害を受けたような跡が見られる場合、すぐに駆除をおこなうようにしてください。放置していると、さきほどご紹介したようなリスクがどんどん大きくなってしまいます。

また、シロアリ被害は見えない部分で発生しており、判断しづらいこともあります。もし、判断が難しい場合は、以下のような兆候がないか、確認してみてください。

・壁を叩くと空洞音がする部分がある
・羽アリが発生した、もしくはその羽が落ちていた
・床がきしむ、ぶかぶかする
・木のクズが室内に落ちている
・蟻道がある

このような症状があるときは、一度業者に調査を依頼してみましょう。弊社では、24時間365日ご相談を承っておりますので、お好きなときにご連絡ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリは駆除だけでなく予防も大切

シロアリ被害は、建物に使われている素材の違い、マンション、戸建住宅などにかかわらず襲ってきます。どなたも被害にあう可能性があるので、シロアリ予防は必要です。

シロアリが発生したときに必要になる駆除とは違い、予防は被害前におこなう対策です。
シロアリ予防の目的としては

・シロアリを近づかせない
・シロアリを侵入させない
・シロアリを住ませない

この3点にあります。とにかく被害にあわない、原因を作らないということが重要です。

シロアリ予防をしないとコストが高くなることも

コスト面を考えると、シロアリ予防をおこなったほうが結果的にお得になることがあります。シロアリ予防をせずに被害にあって駆除をする場合、建物の修繕費がかかる、予防以上の薬剤が必要になる、ということもあります。

新築でも予防しないとシロアリ被害にあうかも

ウッドデッキ

先ほど、築年数が増えるほどシロアリ駆除が増えるということをご紹介しました。しかし、築年数が少なくても、シロアリ駆除のご相談は0ではないです。

また、シロアリ予防の効果は一般的に5年が期限だということも、築年数が5年以下だと駆除のご相談が少ない理由だと考えられます。そのため、新築時に予防をしっかりとしておかないと、被害にあう可能性が高くなるとも言えます。

新築時には、必ずシロアリ予防をしておくようにしましょう。

定期的なシロアリ点検と予防対策が必要

シロアリ防除の薬剤は通常、5年で効果が切れてしまいます。

現在のシロアリ防除に使用する薬剤は、時間の経過とともに薄れていきます。光や熱などによって徐々に分解されてしまうためです。徐々に分解していくこの薬剤が、「建材からシロアリを退けるくらいの量」が残っていられる期間が『5年』となります。

そのため、5年が経過した時点では薬剤は残っているものの、シロアリを防ぐ効果がないことも多く、建材や建物内への侵入を許してしまう危険性があるのです。再度シロアリを寄せ付けないためには新しい薬剤を散布する必要があります。

なお、効果が持続する5年間は、保証期間として定めている業者が多いです。そのため、期間内にシロアリが発生した場合は、無料で駆除してもらえることもあります。また、業者によっては薬剤の効果と保証期間が10年となっていることもあります。

このようにシロアリ予防には有効期限がありますので、定期的に点検と再度の予防処理を検討しましょう。このように定期的に予防をおこなうことで、シロアリから家を守っていけるのです。

弊社では、シロアリ予防に関するご相談も承っております。いつでも気軽にご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリ駆除や予防はどのようにおこなうか

通常、新築時には以下のようなシロアリ予防処理をおこないます。

予防方法 シロアリの予防手順
土壌処理 シロアリは床下の土壌から侵入してくることが多いです。住宅の基礎部分や、土台、床を支える束石周りなどの蟻道が作られそうな場所、床下の地面に薬剤を散布します。
木材処理 住宅に使用される木材に小さな穴を開け薬剤を注入して浸透させ、効果を持続させるために木栓などで蓋をします。また、木材に土壌処理と同じように薬剤を散布することもあります。
建築後の薬剤散布 玄関・浴室・トイレ・洗面所などの床にも木材処理同様小さな穴を開け、薬剤を注入、木栓で蓋をします。被害にあいやすくシロアリに侵入されるおそれもある浴室のタイルや壁の中にも同様の処理をおこないます。

そして、薬剤の効果が切れるころ、また同じような処理をおこなっていくのです。シロアリの駆除をおこなう際も、上のような方法と同じ方法で薬剤を散布して駆除をおこないます。

また、駆除の際は「ベイト工法」と言われる方法で対処することもあります。ベイト工法は、遅効性の毒エサをシロアリに食べさせ、巣全体の駆除をおこなうという方法です。薬剤の散布より時間がかかりますが、安全性の高い方法です。

シロアリの駆除や予防は自分でおこなえるのか

シロアリによる被害

中には、「自分でシロアリ駆除や予防はできないの?」と思う方もしるかもしれません。結論から言うと、自分で駆除をおこなうこともできます。実際に、シロアリ駆除や予防に使用する薬剤には市販されているものもあります。

ただ、市販されている薬剤には効果が限定的なものもあるのです。被害状況が把握できていて、かつ規模が小さい場合は、そのような薬剤でも大丈夫かもしれません。しかし、大規模なシロアリの駆除や予防をする場合は、業者と同じような薬剤に加え、それをまく道具などが必要なのです。

しかも、施工方法をしっかり熟知していないと、うまくいかないこともあります。薬剤や道具をそろえるのにも費用はかかるので、うまくいかないとまるまる無駄になってしまいます。

もし、自分での駆除や予防を検討するのであれば、そのようなことは頭に入れておきましょう。不安があるのであれば、業者に任せましょう。

業者にシロアリ駆除や予防を依頼するなら知っておきたいこと

業者にシロアリ駆除や予防を依頼する場合、費用の相場を把握したうえで、納得のいく業者選びをしましょう。シロアリ駆除や予防にかかる費用、施工の内容、保証などが業者によって違うことがあるからです。

ただ、実際にかかる費用や駆除・予防の内容は状況によって変わります。見積りは無料の業者が多いため、複数の業者から取って比較し、どこがいいか総合的に判断しましょう。

弊社でも見積りが無料の業者をご紹介しております。業者を比較する際はぜひご検討ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

まとめ

シロアリの駆除や予防はシロアリの被害を食い止めるためにおこないます。その方法は状況によって変わるので適切に処置しましょう。

・シロアリ被害が出ているときは駆除する
・5年ごとのシロアリ予防で被害を未然に防ぐ
・定期的な点検や予防もおこなう

すべての作業は自分でおこなうこともできますが、確実に駆除したい・予防したいのであれば業者を利用するのがやはりおすすめです。まずはプロの調査でシロアリの有無や被害状況だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。シロアリ被害の有無がはっきりするだけでも安心しますし、今後の行動もとりやすくなりますよ。

もしシロアリの駆除や予防をお考えなら、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では、シロアリの駆除や予防をおこなうプロの業者を数多くご紹介しています。調査・見積り無料の業者とも多数提携中です。見積り・調査後のキャンセルも可能ですので、費用面が不安な方もじっくりご検討いただけます。

電話・メール窓口は24時間年中無休で受付対応しております、最短で即日のご紹介も可能です。被害にあっていないか不安に思う方は、一度無料のシロアリ調査だけでもご検討されてみてはいかがでしょうか。

エリア・現場状況によっては調査費用が発生することもありますが、その際は作業前にお伝えしますのでご安心ください。まずは無料の相談窓口から、お電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの駆除・予防対策はシロアリ110番にお任せください
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...