24時間365日、日本全国
いつでも受付中!

0120-949-952

ベイト工法は置くだけ簡単シロアリ対策!毒餌を使った安全な駆除方法

2021/08/11
シロアリのベイト工法について!その効果や使い方をご紹介します

ベイト工法は、代表的なシロアリ駆除方法のひとつです。赤ちゃんやペットがいるご家庭でも安全に使用ができます。

なぜなら、ベイト工法で使用する薬剤は、人間が直接触れたり吸い込んでしまったりすることがないため、健康被害をおよぼす危険性がほとんどないです。

本記事では、ベイト剤の種類やベイト工法の効果、施工手順などを詳しくご紹介します。バリア工法と呼ばれる薬剤散布との違いについても解説しますので、参考にしてください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

ベイト工法の仕組みと効果

シロアリは個々で食事を用意するのではなく、コロニーと呼ばれる集団の大半を占める働きアリがエサを巣まで運んで仲間に分け与えます。

ベイト工法とは、このシロアリの習性を利用してベイト剤という毒エサをシロアリの活動エリアに設置し、シロアリ自身に毒エサを持ち帰らせて巣ごと根絶する駆除方法です。

ベイト剤に含まれるノバフルムロンなどの成分が、シロアリが成長のために繰り返す脱皮を阻害して死滅させます。なお、ベイト剤に含まれる毒性は脱皮をおこなう昆虫にのみ効果を発揮するため、人や昆虫以外のペットに対しては安全性が高いです。

ベイト工法はDIYも可能です

ベイト工法では、まずベイト剤を設置する場所を決め、必要なものを用意してベイト剤を設置し、定期的に点検をします。DIYの場合は作業のポイントやベイト剤の特徴を知ることが大切です。作業の流れと工程ごとのポイント、おすすめのベイト剤をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

作業の流れ

シロアリ駆除業者選びのポイント

(1)被害状況から設置場所を決める
効率よくシロアリを駆除するためには、シロアリの行動範囲を見極めてベイト剤を設置することが重要です。まずはシロアリ被害に遭っている場所や、シロアリの通路である蟻道(ぎどう)を見つけ出しましょう。

(2)必要なものを用意する
ベイト剤には、地中に埋めて使用するタイプや地面に置いたり柱などに固定したりして使用するタイプがあります。決定した設置場所に適したものを選んで購入してください。また、地中に埋める場合は穴を掘る道具、壁面や柱などに固定する場合は固定用のテープも必要です。

(3)ベイト剤を設置する
地面にそのまま置く場合や柱などに固定する場合は、決めてあったすべての場所に設置するだけです。地中に埋める場合は、建物から20~30センチメートル離れた場所に穴を掘ってベイト剤を設置し、そこから1~2メートル間隔で建物を囲うように複数設置しましょう。

(4)定期的に中を点検する
ときどきベイト剤の中身を見て、シロアリがかかっているかを確認します。半年ほどたってもシロアリの姿がかかっていない場合は、設置場所が行動範囲からずれている可能性があるので、場所を変更して再度様子を見てください。

ただし、あまりに頻繁にベイト剤を確認すると、シロアリが警戒してしまい駆除に失敗するおそれがあります。ベイト剤の点検は月に1度程度にしましょう。

【注意点】
  • 被害発生前の予防として設置する場合は、水回りや玄関付近、木製品や切り株の近くなど、シロアリの侵入経路になりやすい場所に設置してください。
  • フタつきのベイト剤を地中に埋める場合は、フタだけ地表に露出させて定期点検ができる状態にしておきましょう。

おすすめのベイト剤

ベイト剤には、毒エサのみをセットするタイプと誘引剤と毒エサの両方を使用するタイプがあります。通販サイトで簡単に購入できるおすすめのものを3つご紹介しますので、薬剤選びに迷っている場合は参考にしてください。

・シロアリの巣撃退

毒エサのみを使用するタイプです。薬剤の効果はおよそ1年間持続します。有効成分が水に溶けないようになっているので、地中に埋めても土を汚染する心配はありません。

・シロアリハンター

毒エサのみを使用するタイプです。薬剤の効果が最長で2年間持続するので、ベイト剤を交換する手間が少なくて済む場合があります。

・エクステラステーション

先に誘引剤でシロアリを寄せつけてから毒エサを使用するタイプです。毒エサは別売りなので、忘れずセットで購入しましょう。

どの薬剤も簡単に購入ができるので、誰でも使用は可能です。しかし、適切な場所に設置しなければ駆除効果を得ることはできません。

また、誘引剤を使用するタイプは業者が使うことも多いですが、シロアリを効率よく駆除するためにはベイト剤を入れるタイミングなども重要です。成功させる自信のない方はプロの駆除業者に依頼しましょう。

弊社にご相談いただければ、お住まいの場所や被害状況に合わせておすすめの業者をご紹介します。お気軽にお問い合わせください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

薬剤を散布するバリア工法との違い

シロアリ駆除の方法にはベイト工法の他にも、床下に薬剤を散布するバリア工法があります。木材に穴を開けて薬剤を注入したり、木材の表面や土壌に薬剤をまいたりする方法です。

どちらも業者が採用している適切なシロアリ駆除方法ですが、被害状況や家庭環境などによって適した施工方法は異なります。2つの工法の特徴とどのような方におすすめであるかを比較してご紹介しますので参考にしてください。

ベイト工法 バリア工法
効果
  • 毒エサは遅効性なので、効果が出るまでに時間がかかる
  • シロアリの習性を利用しているので、コロニーを丸ごと駆除できる可能性が高い
  • 即効性のある薬剤もあるので、薬剤の種類を選べば早くシロアリを駆除できる
  • 地中や巣の奥に薬剤を散布するわけではないので、巣に身を潜めている個体は駆除できないおそれがある
安全性
  • 人体への影響がないことはもちろん、環境にも配慮されている
  • 人体への影響も少なく、環境にも配慮した薬剤が多い
  • 薬剤が揮発する可能性があるので、化学物質に敏感な方、アレルギー体質の方などは健康被害が出るおそれがある
費用相場 1メートルあたり4,618円
(別途管理費がかかる場合もあります)
1平方メートルあたり2,198円
こんな人に
おすすめ
ご家庭に以下のような方がいる
  • 小さなお子さん
  • ペット
  • 妊婦さん
  • 化学物質に敏感
  • アレルギー体質
  • とにかく早くシロアリを駆除したい
  • なるべく費用を抑えたい
  • 何度も業者が出入りするのが嫌
  • 敷地全面がコンクリートやタイルになっている

※掲載料金はシロアリ駆除業者5社のホームページで提示されている金額の平均値を算出したものです。

昔からシロアリ駆除の現場で広く採用されてきた『バリア工法』も安全性の高い『ベイト工法』も、正しいシロアリ駆除工法であることに間違いはありません。ご家庭の環境やライフスタイルなどを考慮して、自分が適切だと思うほうを選択しましょう。

まとめ

ベイト工法は、働きアリがコロニー全体の食事を担うシロアリの習性を利用した駆除方法です。効果が出るまでに時間はかかりますが、巣の奥に潜む個体まで根絶できる可能性があります。

特別難しい作業でもないので、DIYに挑戦することも可能です。しかし、設置場所が適切でなければ十分な効果は発揮されません。シロアリの発生場所や行動範囲をよく調べる必要があるので、難しい場合は業者に依頼しましょう。

また、業者に依頼する場合、少し安くシロアリを駆除したいのであれば、バリア工法もおすすめです。ご家庭の状況に応じて適した方法でシロアリを駆除してください。

業者を選ぶ際は、無料で調査や見積りをしてくれるところがおすすめです。弊社では、調査や見積りが無料の業者はもちろん、本契約をするまでキャンセル料もかからない業者をご紹介できますので、ぜひご利用ください。

お近くのシロアリ駆除業者をすぐにご紹介!

現在、 お電話がつな
がりやすくなっております。

シロアリ駆除のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談