24時間365日、日本全国
いつでも受付中!

0120-949-952

シロアリ駆除方法【DIYならベイト工法がおすすめ】手軽に安く巣ごと撃退!

2021/08/11
シロアリ駆除方法【DIYならベイト工法がおすすめ】手軽に安く巣ごと撃退!

家にシロアリが発生してしまったら、一刻も早く駆除してしまおうと考えます。しかし、シロアリ駆除の方法はひとつではありません。

おもな駆除方法は毒エサを使ったベイト工法と液剤を使ったバリア工法の2種類で、それぞれ施工方法や作業の難易度が異なります。

ベイト工法は設置するだけなので比較的簡単ですが、バリア工法は床下に潜って薬剤をまく必要があり、健康被害が出る危険性もある難易度の高い駆除方法なのです。

また、上記のような大がかりな方法以外にも、一時的な応急処置となるシロアリ退治の方法があるので、併せてご紹介します。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

DIYにおすすめ!ベイト工法

ベイト工法とは、シロアリにベイト剤と呼ばれる毒エサを食べさせて駆除する方法です。ベイト剤を地中に埋めたり壁や柱に固定したりしてシロアリが食いつくのを待ちます。

メリット デメリット
  • 巣にいるシロアリもまとめて駆除できる
  • 初心者でも手軽に実行できる
  • 人やペットへの影響がほとんどなく安全
  • 環境に優しい
  • ベイト剤を交換すれば長く使用可能で予防にもなる
  • 建物への直接的な影響がない
  • 基本的に無臭
  • 駆除できるまでに時間がかかる
  • シロアリが活動する場所を特定しておかないと効果が出ない場合がある
  • 定期的な点検とベイト剤の交換が必要

ベイト工法のやり方

ベイト工法は、毒エサを土に埋めたり壁や柱に固定したりするだけなので、作業自体は単純で簡単です。建物の外周に埋める程度であれば、無理な体勢で作業をすることもありません。

必要な道具とベイト工法の手順、施工のポイントをご紹介しますので、自分で対処したい方は参考にしてください。

【準備するもの】

  • ベイト剤
  • スコップもしくは掘削機(地中に埋める場合)
  • テープ(壁面や柱に固定する場合)
  • 軍手

【手順】

  1. 穴を掘る(地中に埋める場合)
  2. ベイト剤を設置する

【施工のポイント】

  • 1ヵ所だけではなく、シロアリが活動している場所すべてに設置する必要がある
  • 設置から1ヵ月経過したら一度ベイト剤が減っているかを確認し、変化がない場合は設置場所の変更が必要

ベイト工法は、DIYに挑戦しやすいシロアリ駆除方法ですが、業者に依頼することもできます。業者はベイト剤の設置だけでなく定期点検もおこなってくれるので、なるべくシロアリの姿を見たくないという方には業者依頼がおすすめです。

バリア工法は業者依頼が一般的

バリア工法とは、床下の木材(土台や床を支える柱など)や土に薬剤を散布する駆除方法です。工具で木材に穴をあけて薬剤を注入(穿孔処理)したあと、周辺の木材に薬剤を散布し(木部処理)、最後に土壌に薬剤散布(土壌処理)をおこないます。

メリット デメリット
  • 即効性がある(薬剤の種類による)
  • 約5年間の効果保証があるため、シロアリ被害の予防にもなる
  • 基本的に一度の作業で完了
  • 木材に穴を開け過ぎると建物を弱らせてしまう
  • 部屋に薬剤の臭いが漏れるおそれがある
  • 人体に有害な成分が含まれた薬剤を使用する場合がある

バリア工法のやり方

バリア工法は床下に潜ってほふく前進の体勢で作業をおこないます。薬剤を適切に注入したり散布したりすることも難しいうえに、空気が薄いため体調を崩すなどの健康被害が発生するリスクも高いです。そのため、バリア工法を希望する場合は業者に依頼するのが一般的です。

しかし、DIYでの施工も不可能ではありません。作業時の服装や必要な道具、作業の手順やポイントをご紹介しますので、自信のある方は挑戦してみてください。

【服装】

  • 防護服(なければ長袖・長ズボン)
  • マスク(防塵マスクのほうがより効果的)
  • 手袋

【準備する道具】

  • 液剤
  • 電動ドリル
  • 噴霧器
バリア工法

【手順】

  1. 木材に穴を開ける
  2. 穴の中に液剤を注入する
  3. 木栓で穴をふさぐ
  4. 噴霧器で木材や束石、土壌に液剤を散布する

【施工のポイント】

  • 薬剤の散布漏れがないように注意する
  • 薬剤が不足しないよう適量を確保しておく

前述した通り、バリア工法は難易度が高く業者に依頼するのが一般的です。自分で施工する勇気がない方は、無理せず業者に依頼しましょう。

弊社がご紹介する業者が使用する薬剤は、安全性が高いと認められているものなので、小さいお子さんがいるご家庭でも安心です。24時間いつでもご相談を受け付けていますので、お気軽にお電話ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

シロアリ駆除用の薬剤以外を使った方法

ベイト工法やバリア工法では、シロアリ駆除に特化した薬剤を使用します。しかし、シロアリ駆除専用の薬剤以外にも「ホウ酸」と「農薬」が駆除剤として使用できるのです。それぞれの効果と特徴をご紹介しますので、薬剤選びの参考にしてください。

ホウ酸

ホウ酸は、シロアリを含むさまざまな害虫に対して高い毒性を発揮します。昆虫類が摂取すると、エネルギー代謝が機能しなくなり餓死するといわれています。

メリット デメリット
  • 人や犬、猫などへの影響が少なく安全
  • 揮発や蒸発がしにくいため、効果が半永久的に持続する
  • 水溶性のため、屋外や水に濡れる可能性がある場所には使えない
  • 効果が出るまでに時間がかかる

ホウ酸を使用する際のポイント

  • 水に溶かして自分で薬剤を作り、噴霧器を使って散布する必要がある

農薬

農薬には、シロアリ駆除効果のある成分が含まれているものがあります。庭にシロアリが発生した場合は、被害箇所やその近くの木材に散布してシロアリを駆除しましょう。

メリット デメリット
  • 作物を育てている場合は、シロアリ駆除以外の用途でも使用可能
  • 含有成分によっては健康被害が出る危険性がある

農薬を使用する際のポイント

  • ものによって含有成分が異なり、人体に影響の少ないものもあれば毒性の強いものもあるので、成分の安全性をよく確認する必要がある

目の前のシロアリを退治する3つの方法

ベイト工法やバリア工法は、毒エサや薬剤、道具などの準備が必要です。そのため、実際に作業を始めるまでに時間がかかります。

しかし、目の前にあらわれたシロアリをそのまま放置しておくわけにはいきません。一時的な応急処置の方法を3つご紹介しますので、ひとまず準備ができるまでは以下の方法で対処しましょう。

【お湯をかける】
屋内では難しいですが、最もお手軽な方法はお湯をかけることです。シロアリに直接熱湯をかけて退治しましょう。ただし、熱湯がかからなかったシロアリは、新たな場所に巣を作って被害を拡大させてしまうおそれがあります。熱湯での駆除は、シロアリを1匹も逃さないように意識して作業してください。

【掃除機で吸い取る】
お湯がかけられない場所にシロアリが発生した場合は、掃除機で吸い取ってしまうのがおすすめです。吸い込まれるときの衝撃でシロアリが死滅します。掃除機は多くのご家庭にありますし、スイッチを入れて吸い込むだけなので簡単に退治可能です。

殺虫剤の使用は要注意!

殺虫剤の使用は要注意!

市販されている殺虫スプレーも応急処置に使えます。ただし、シロアリの数が多い場合はすべての個体に薬剤がかかる保障がありません。

殺虫剤の成分は害虫が避けたがるものです。そのため、一度目の前のシロアリを駆除し損ねると、逃げたシロアリが住みかを別の場所に移し、結果的に被害拡大につながるおそれがあります。

シロアリ駆除費用の相場

本格的なシロアリ駆除をするにあたって、気になるのが費用面です。自分で駆除する場合は薬剤や道具の費用、業者に依頼する場合は作業費などがかかります。DIYと業者依頼それぞれ相場をご紹介しますので、参考にしてください。

DIY 業者
液剤:11,093円 ベイト工法:4,618円
(ベイト剤設置範囲1メートルあたり)
ベイト剤:3,347円
噴霧器:2,498円 バリア工法:2,198円
(面積1平方メートルあたり)
電動ドリル:3,776円

※掲載価格は、通販サイトで販売されているシロアリ駆除剤、電動ドリル、噴霧器それぞれ5種類の販売金額の平均値、シロアリ駆除業者5社が提示している駆除費用の平均値を算出したものです。

また、液剤の代わりにホウ酸を使用する場合は、1,000円以下で購入することができます。水に濡れない場所への施工であれば、ホウ酸を使用することで費用を抑えることになるのでおすすめです。

費用を抑えるポイント

費用を抑えるポイント

DIYでも業者依頼でも、被害範囲が狭ければ狭いほど安くシロアリを駆除することができます。応急処置で被害を拡大させないよう対処したうえで、本格的な駆除作業をおこなってください。

また、DIYの場合は低価格の薬剤や道具を購入することで費用を抑えることができますが、業者に作業を依頼する場合は、費用を節約できる限界があります。そこで、業者にシロアリ駆除を依頼した場合は雑損控除の活用をおすすめします。

雑損控除について
シロアリ被害は、自然災害や盗難、横領などによって損失が生じた場合に受けることができる所得控除である、雑損控除が適用されます。正しく手続きをおこなえば、駆除費用の一部が返金される可能性があるのです。

手続きには、駆除費用の領収書と源泉徴収票、確定申告書もしくは還付申告書が必要になります。領収書をもらい忘れたりなくしてしまったりすると申請できなくなるので、必ず業者に領収書をもらって手続きをおこなうときまでしっかりと保管しておきましょう。

まずはシロアリの調査から

本記事では、シロアリを駆除する方法や費用についてご紹介してきました。しかし、シロアリを駆除するうえでまず必要なのは調査です。

被害箇所や被害の大きさ、シロアリの通路や巣がどこにいるのかなど、状況をできる限り正確に把握していなければ、巣ごと壊滅させることはできません。

シロアリの調査は無料でおこなっている業者が多いです。弊社でも、調査や見積りの作成を無料でおこなう業者をご紹介できます。急いでシロアリ駆除の依頼を決定する必要はないので、一度ご相談ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

お近くのシロアリ駆除業者をすぐにご紹介!

現在、 お電話がつな
がりやすくなっております。

シロアリ駆除のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談