24時間365日、日本全国
いつでも受付中!

0120-949-952

シロアリの生態を徹底解剖!効果的な駆除・予防対策のための基礎知識

2021/08/11
シロアリの生態がわかる!クロアリとの見分け方と見つけたときの対処

シロアリは、同じアリという名前がつくクロアリとはまったく異なる生き物です

シロアリはゴキブリ目シロアリ科に属し、クロアリはハチ目アリ科に属します。つまり、シロアリは分類上ゴキブリの仲間で、クロアリはハチの仲間なのです。さらに、巣の中の社会構造や食性も異なります。

シロアリは家の木材を加害し、大きな被害をもたらす害虫ですから、発生してしまったら早く駆除することが大切です。今回はシロアリの生態から、駆除・予防対策方法まで詳しく解説しますので、ぜひお役立て下さい。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

シロアリとクロアリは別の生き物!

シロアリはアリという名が付いていますが、生物学では「昆虫網ゴキブリ目シロアリ科」に分類されます。かつては独立した種「シロアリ目」(または等翅目・とうしもく)として考えられていましたが、遺伝子配列などを解析した結果、ゴキブリと共通の祖先を持つことがわかったのです。

「シロアリ」という名前の由来は、クロアリと同じく「高い社会性を持つ」点にあるといわれています。しかし、冒頭でも触れたように、クロアリとは生態が大きく異なります。

同じアリでもクロアリは天敵

クロアリは生物学では「昆虫網ハチ目(膜翅目・まくしもく)アリ科」に分類されるハチの仲間です。アリという名前や社会性をもつ点ではシロアリと似ていますが、巣の中の社会構造は大きく異なります。そしてシロアリの天敵でもあります

クロアリの巣は、ほとんどがメスで構成されています。クロアリのオスは、生殖のためだけに存在し、交尾を終えると死んでしまう儚い一生を送るのです。一方シロアリの巣では常時オスも生まれており、生殖以外にも巣の防衛やエサの調達などの仕事を担います。

クロアリは雑食性でなんでも食べます。ときにはシロアリの巣を集団で襲って全滅させてしまうこともあるほどです。さらに、自分より大きな相手を集団で囲って持ち上げ、捕食してしまうこともあります。

栄養価が高いシロアリの周りは敵だらけ

シロアリは、ペットショップでは虫類のエサとして売られているほど、鉄分やたんぱく質を豊富に含んだ昆虫です。そのため、捕食者にとっては栄養価の高い恰好の獲物なのです。自然界ではおもに以下の生き物がシロアリを好んで食べます。

【身近な生き物】
身近にいる天敵6種
【ちょっと珍しい生き物】
珍しい天敵3種

シロアリの基本的な生態をまとめました

この章では、シロアリの生態をより詳しくご紹介します。駆除にも役立つ情報ですので、ぜひご覧ください。

シロアリの分類

シロアリをさらに細かく分解すると、7つの亜科に分けることができます。

  • シロアリ亜科
  • ミゾガシラシロアリ亜科
  • レイビシロアリ亜科
  • オオシロアリ亜科
  • シュウカクシロアリ亜科
  • ノコギリシロアリ亜科
  • ムカシシロアリ亜科

日本のシロアリ被害の大半を占めるのは「ミゾガシラシロアリ亜科」のヤマトシロアリとイエシロアリです。日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合の資料によると、被害全体の9割近くを上記2種類が占めています。さらに、近年は「レイビシロアリ亜科」のアメリカカンザイシロアリやダイコクシロアリの日本への流入も確認されています。

ヤマトシロアリとイエシロアリは「土壌性シロアリ」、アメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリは「非土壌性シロアリ」という形に分けることもできます。

土壌性シロアリ 土の中には巣を作らず、木材(樹木)の中に生息する。
非土壌性シロアリ 土の中や土で作ったアリ塚の中に住む。
木材(樹木)と土中の両方に生息するものも含む

シロアリの活動サイクル

次は、季節ごとのシロアリの活動サイクルを見ていきましょう。

シロアリは冬眠をしません。「冬になれば自然といなくなる」などということはないのです。ただし、多くのシロアリは寒さが苦手なので、気温が低くなると活動は鈍くなります。

しかし、現代の住宅は高断熱化が進んでおり、床下なども温度が下がりにくくなっています。そのため建物によってはシロアリの活動が抑えられず、被害が拡大する例もあります。

温度が上がってくると同時にシロアリの活動も活発になります。羽アリが発生することもあり、シロアリ被害に気づきやすい季節です。

羽アリが飛ぶということは、大きな巣が近くにあり、深刻なシロアリ被害が起きているおそれがあるということです。すぐにシロアリ駆除を検討する必要があるでしょう。

熱帯に多いシロアリは夏に活動が活発になるイメージがあるかもしれませんが、極端な暑さは嫌います。そのため、夏場は比較的涼しいところに移動するようです。

暑さが落ち着いてくると、シロアリの活動はふたたび活発になります。そのため春に続きシロアリ被害も増える傾向にあるのですが、冬に向けて気温が低くなるごとにだんだんと活動域を狭めていきます。

シロアリの侵入経路

シロアリの侵入経路は、種類によって異なります。ここでは、種類ごとの侵入経路を簡単にまとめます。それぞれの詳しい生態は「シロアリ被害には地域差がある」をご覧ください。

シロアリの侵入経路
【ヤマトシロアリ・イエシロアリ】
日本で被害が多い在来種のヤマトシロアリやイエシロアリの侵入経路は2つあります。ひとつ目は床下の地面からです。コンクリートを敷いてあっても、わずかな隙間や亀裂があるとそこから入ってきてしまいます

特にイエシロアリは行動範囲が広く、巣がある場所から100m近くも移動するといわれているので、近所に作られた巣から土の中を移動してやってくることも考えられます。

ふたつ目は羽アリの侵入です。羽アリは長く飛ぶことができないので、巣を飛び出したあとすぐに住宅に着地し、繁殖の相手を探します。そして相手が見つかると自分の羽を落として地中にもぐり繁殖の準備に入ります。羽アリが一斉に巣を飛び出す「群飛」が発生する4~7月頃にかけて起こりやすい現象です。

【アメリカカンザイシロアリ】
アメリカカンザイシロアリは輸入木材や輸入家具などに付着して家に侵入するケースが多いです。一度家に侵入すると木材の中に巣を作り、そこから徐々に食害の範囲を広げていきます。最終的に家中の木材が食害されてしまうこともあります。

木材に含まれるセルロースが主食

シロアリは木材に含まれるセルロースを好みます。ゴキブリの仲間といっても、雑食でなんでも食べるゴキブリとは食性が大きく異なるのです。他には段ボールや発泡スチロール、枯れた植物、ときには家の断熱材まで食べてしまうこともあります。

人を噛むことはほぼない

ゴキブリは人を噛むことがありますが、分類上同じ仲間のシロアリは人を噛むことはほぼありません。また、クロアリの仲間である「ヒアリ」などのように猛毒を持っているということもありません。

もちろん、木材やコンクリートさえかじってしまうほどの顎を持っているため、噛む能力自体はあります。しかし、シロアリは臆病で繊細な生き物です。シロアリの群れの中に指を突っ込むなどしないかぎり、まず噛まれることはないと考えてよいです。

シロアリは益虫でもある

シロアリというと害虫のイメージが強いですが、自然界では枯れた木や落ち葉などを食べて分解し、土壌を健康な状態に保つ役割を担う大切な存在です。さらに、シロアリが地中にトンネルを作ることで、地中深くまで空気や水分が通り、微生物による分解が促進される効果もあります。

近年はさらに研究が進み、シロアリの腸内にいる微生物がバイオ燃料生産に役立つこともわかってきました。バイオ燃料は、植物や動物を原料とした燃料で、化石燃料の代わりとなるエコな燃料として近年注目されているものです。

微生物の遺伝子情報を調べることで、木材の成分を分解し、そこからエネルギー源を得る効率的な方法が開発され、低価格なバイオ燃料が作られることが期待されています。

シロアリのコロニーは女王を頂点としたカースト社会

シロアリはコロニー(集団)で生活する生き物です。メスの成虫だけでなく、オスも、幼虫までもが役割分担をおこなっています。この優れた社会性が、遺伝子的に近いゴキブリと比べ140倍以上の種を分化させる大繁栄につながったともいわれているのです。

シロアリのコロニーは以下のような階級に振り分けられます。

シロアリのコロニーは女王を頂点としたカースト社会

巣を作るとともに繁殖を担う女王・王

シロアリの巣には、通常オスメス一対の成虫が住んでいます。最初に巣を作り始めることからメスを女王・オスを王と呼ぶのが一般的です。

女王と王は羽アリとして巣立ち、生き残ってつがいになった個体で「創始生殖虫」とも呼ばれます。地中などの暗闇で生活する幼虫とは違い、複眼が発達していて羽の跡も確認できます。

女王と王の仕事は生殖で、巣の中で一年中卵を産み続けます。

大部分の仕事を担う職蟻

巣の中でもっとも多くの個体数を占めるのが「労働階級」ともいえる職蟻(しょくぎ)、つまり働きアリです。餌を集める・巣を維持し拡大する・育児をするなど、巣に必要な大部分の仕事は職蟻が担います。

職蟻は餌となるセルロースを消化する器官をもっており、巣の維持にとってとくに大事な役割を果たすといえるでしょう。また成虫へと分化する能力を維持している個体・能力を失った個体に分かれるなど職蟻の中でも形態が一部異なっています。

防衛を担う兵蟻

シロアリは捕食対象にされることが多く、外敵からの防衛に特化した個体も巣の中に存在します。これが兵蟻(へいぎ)、つまり兵隊アリで、通常は職蟻から変化します。

兵蟻自体はほとんどの種に存在していますが、その形態や防衛手段はさまざまです。兵蟻の見た目には種の違いが大きく反映されるため、シロアリの種類の判別にもちいることが多いです。

また、種の違いだけでなく、顎を発達させて物理的な防衛を中心とする個体、分泌液によって防衛する個体と、同じ巣の中でも違った形の兵蟻がいます。兵蟻が出す分泌液には仲間に警告を出す役割があり、警告を受けた兵蟻が分泌液を出すことで警告をより広く伝えていきます。

兵蟻には餌をとる能力はなく、餌は職蟻から与えられます。タンパク質の貯蔵庫としての役割ももっており、餌が不足すれば共食いの対象となってしまうこともあるようです。

羽アリに成長するための前段階・ニンフ

女王と王の候補である「羽アリ」の前段階が「ニンフ」と呼ばれる形態です。

ニンフになると職蟻として活動する一方で翅芽(しが)と呼ばれる羽のもとができ、成長していきます。そのままニンフの形態が続けばやがて羽が生え、羽アリへと変わっていきます。

巣を拡大・補完する二次生殖虫

巣が大規模になると、女王・王以外にも生殖を担う幼虫が現れます。それが二次生殖虫です。

二次生殖虫は生殖能力のみを成熟させた職蟻で、王や女王とともに繁殖を始めます。すると個体数はさらに増えて、巣の拡大速度も急激に上がっていくのです。

また、女王や王がいなくなったときには「置換生殖虫」が出現することもあります。

巣の繁殖能力を女王バチ1匹が担うハチとは違い、シロアリは女王や王がいなくなると職蟻やニンフ、巣立ち前の羽アリなどが二次生殖虫へと変化するのです。そのためシロアリ駆除は徹底した消毒が必要となります。

シロアリ被害には地域差がある

シロアリは地域ごとに生息している種類が異なり、被害の大きさにも差が出てきます。まずは種ごとの分布について確認してみましょう。

シロアリ被害には地域差がある

ヤマトシロアリ

日本でもっとも生息数が多いのがヤマトシロアリです。日本特有の種ともいえるシロアリで、北海道の一部の地域を除いて全国的に生息しています。適度に湿った環境を好むため、キッチンや浴室などの湿度の高い場所が被害にあいやすいようです。

兵蟻 羽アリ
ヤマトシロアリ ヤマトシロアリ
体長:3.5~6mm 頭は筒状で体の1/3ほどの大きさ 体長:4.5~7.5mm 黒褐色の体に黒っぽい羽

イエシロアリ

イエシロアリはヤマトシロアリよりも寒さに弱いため、千葉県より西の暖かい地域の沿岸部を中心に分布が広がっています。ただし、住宅の気密化により床下温度が下がりにくくなったことで、北へも生息域を広げつつあるようです。

群れの個体数が多いことから食害スピードが速く、シロアリの中でもっとも危険な種類とされています。また、乾燥を嫌いますが、イエシロアリは水を運ぶ能力があるため乾燥した木材を湿らせて食害を進めることができます。

兵蟻 羽アリ
イエシロアリ イエシロアリ
体長:7.5~9.5mm 丸形の頭で触角は数珠状に伸びている 体長:7.5~9.5mm 黄褐色の体に白っぽい半透明の羽

アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリは、輸入家具などについて日本にやってきた外来種です。アメリカ西海岸の広い範囲がもともとの分布域で、乾燥に強く寒さにも対応できるため徐々に生息地を広げています。

名前のとおり乾いた木材を食べ、その被害は家中の木材に及ぶことがあるのです。食害スピードが遅く、早期発見が難しいともいわれています。

兵蟻 羽アリ
アメリカカンザイシロアリ アメリカカンザイシロアリ
体長:約10mm 四角形に近い頭、触角の付け根部分が太い 体長:6~8mm 赤褐色の頭と半透明の黒っぽい羽

ダイコクシロアリ

ダイコクシロアリ

ダイコクシロアリは、おもに沖縄などの熱帯地域に生息しています。アメリカカンザイシロアリと同じく、乾燥に強いのが特徴です。イエシロアリやヤマトシロアリのように地中から家屋に侵入するのではなく、家具や梱包材などに潜んでやって来ることが多いようです。

兵蟻の体長は3.5~5.5mmで、黒っぽい頭と乳白色の体をしています。羽アリは体長5~7mmで、黄褐色の体に透明の羽がついています。

実際のシロアリ駆除データから

では実際のシロアリ駆除依頼における都道府県別分布も確かめてみましょう。

下表は、2017年に弊社に寄せられたシロアリ相談件数を都道府県別に集計したものです。地域ごとの世帯数に差があるため、10万世帯あたりの件数に直した「シロアリ指数」で比較しています。

上位県 下位都道県
順位 都道府県 シロアリ 指数 順位 都道府県 シロアリ 指数
1位 和歌山県 13.3 43位 秋田県 4.39
2位 長崎県 12.37 44位 東京都 3.59
3位 宮崎県 10.41 45位 岩手県 2.86
4位 鹿児島県 9.83 46位 青森県 1.96
5位 佐賀県 9.63 47位 北海道 1.11
全国平均 6.14

1位の和歌山県は、多雨地域である紀伊半島に位置する本州最南端の県です。2~4位の4県も九州に集中していることから、シロアリ被害は高温かつ雨が多い地域に多いことがわかります。一方下位道県は寒冷地域であり、実際の駆除データから見ても気温による影響を受けている可能性が高いことが見えてきます。

なお東京都は非木造の集合住宅に入居する世帯割合が他道府県よりも高い地域であり、このことが数値に影響していると考えられます。

羽アリを見たら害のある種類かどうか確かめよう

羽アリを見たら「すぐに駆除しないと!」と焦ってしまいがちですが、すべての羽アリが家に害をもたらすわけではありません。まずは特徴を観察してみましょう。

クロアリの羽アリであれば基本的に無害ですし、シロアリであっても害のない羽アリの可能性もあります。さらに、羽アリに似た別の昆虫の可能性もあります。害のない羽アリであれば、放っておいてもほとんど問題ありません。どうしても気持ち悪い場合や心配な場合は、落ち着いて駆除をすれば十分間に合います。

害のある羽アリと害のない羽アリの種類や特徴は「羽アリの見分け方」をぜひご覧ください。

症状があったら早めに業者の点検・駆除を受けよう

シロアリが家に住み着いてある程度の時間が経つと、特徴的な症状があらわれるようになります。早期発見のためには、いち早く症状に気付くことが大切です。症状に気付いたら早めに業者の点検・駆除を受けましょう

  • ドアやふすまの開け閉めがしづらい
  • 床や畳の上を歩くときしむ/ふわふわする
  • 柱を叩くとポコポコと音がする
  • 半透明で楕円形の羽がたくさん落ちている
  • 木くずや小さな砂粒のようなものが柱の周りに落ちている
  • 柱などの木材に小さな穴が開いている
  • 羽アリを見かけた

現状上記のような症状がない場合でも、以下の事柄に心当たりがある場合は、一度業者の点検を受診することをおすすめします。

  • 近所でシロアリ被害があった
  • 古い木造住宅の解体工事があった
  • 築年数5年以上の家に住んでいる
  • 前回のシロアリ駆除・予防施工から5年経過している

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

放置するとどんどん被害が大きくなる

症状があらわれているのに見て見ぬふりをしていると、どんどん被害が大きくなります。考えられる被害を見てみましょう。

・衛生面の悪化
シロアリが排出したフンにカビなどの微生物が繁殖したり、シロアリ自体を餌とする害虫が侵入してきたりするおそれがあります。

・建物の耐震性の低下
シロアリが家を支える木材を食べてボロボロにしてしまうと、耐震性が大きく低下します。最悪の場合、地震や台風などの自然災害で倒壊してしまいます。その状態までいかなかったとしても、雨漏りや建具の立て付けの不具合、家の歪みや傾きなど、日常生活に支障をきたすかもしれません。

・建物の資産価値の低下
シロアリが発生した建物は構造的に弱っていることが多く、建物の資産価値はどうしても下がってしまいます。シロアリ被害によって一度下がった資産価値は、たとえ修繕をしても回復させることは難しいです

・近隣トラブル
大量発生したシロアリの羽アリが、隣家に飛んで行ってトラブルになるおそれがあります。行動範囲が広いイエシロアリの場合は、ご自宅に作られた巣を拠点として隣家まで食害が広がってしまうこともあるのです。

・建物の修繕費用がかかる
シロアリ被害に遭えば、建物の大規模な修繕が必要になることもあります。「住宅用の火災保険に入っているから大丈夫」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、火災保険は自然災害による損失を補償するためのものなので、シロアリなど害虫による被害は基本的に対象外です

ただし、台風で瓦が飛んだり、雨どいが雪の重さで壊れたりして生じた雨漏りがシロアリ繁殖の要因として認められれば「風災・雪災によって生じた被害の補償」が適用される可能性もあります。心当たりがある場合は、駆除の際に原因特定をしてもらってください。

DIYでも床下のシロアリ対策は可能?

シロアリ対策はきちんと装備を整えればDIYすることも可能です。「できるだけお金をかけずにシロアリ対策をしたい」方は挑戦してみるのもよいかもしれません。

ただしシロアリ対策では床下にもぐって作業しますので、たまったほこりや充満した薬剤を吸い込んだり、狭い場所で身動きが取れずケガにつながったりする危険性があります。また、施工むらなどによって、十分な対策効果が得られないといったことも考えられます。

この章では、DIY施工に興味がある方に向けて、基本的な準備と施工のポイントを簡単にご紹介しますが、あくまでもシロアリ対策はプロに依頼するのが基本とお考えください。DIY施工の詳しい手順は「シロアリ駆除を自分でおこなう方法」をご覧いただければと思います。

準備1:巣が作られやすい場所を知る

ヤマトシロアリは適度な湿気があるところを好み、餌場がそのまま巣となります。そして餌を求めて群れごと移動します。湿気がたまりやすい床下や玄関、浴室などは特に巣が作られやすい場所です。

イエシロアリは水分を運ぶことができるため、食害箇所に湿度はあまり関係ありません。地中に作られる大きな巣(本巣)の他に、餌場とのあいだに分巣を作ることもあります。また、床下や浴室だけでなく、屋根裏や壁の中などにも巣を作ります。

準備2:蟻道の形や特徴を知る

ヤマトシロアリやイエシロアリは光や乾燥を嫌うため、排せつ物や土を使ってトンネル状の通路を作ります。これは「蟻道」(ぎどう)とよばれ、巣やシロアリ被害を発見する手がかりになります。

ヤマトシロアリの蟻道 イエシロアリの蟻道
ヤマトシロアリの蟻道 イエシロアリの蟻道
細長く距離は短い。地中やコンクリートに沿って作られる。 太くて距離は長い。周りの建物や庭木まで伸びていることもある。

シロアリは木材の中を通って移動することもあります。そのとき、木材に割れ目などの隙間があると蟻道と同じように排せつ物や土でふさぎます。これを「蟻土」(ぎど)といい、蟻道と同じくシロアリを探す手がかりになります。

ちなみに、ヤマトシロアリが太い蟻道を作ったり、イエシロアリが細い蟻道を作ったりすることもあるので、判断に迷ったら必ず業者に相談してください

準備3:床下に潜るための装備を揃える

床下に潜る際は、最低限以下の装備を着用しましょう。

  • 長袖、長ズボン(汚れてもよいもの)
  • 運動靴
  • 防毒マスク
  • 防護メガネ
  • 保護帽
  • 軍手

床下での作業は、ケガや事故で身動きが取れなくなった場合に備えて、必ず2人以上でおこなうようにしましょう。

今シロアリ被害がなくても油断せず定期的な対策を!

「今シロアリ被害がないから大丈夫」と思っている方も、駆除・予防の施工は定期的におこなうことをおすすめします。薬剤散布から時間が経って、油断したころに被害が発生してしまうことも多いのです。

築年数が長くなるほど駆除割合が高くなる

シロアリ被害の割合は住宅の築年数が長くなるほど高くなります。下記データは、弊社に寄せられたシロアリ駆除件数の割合を築年数別にまとめたものです。

築年数別シロアリ駆除の割合

データを見ると、築年数5年以下の駆除件数は全体の約1.5%ですが、6年~15年になると約9.3%に上昇することがわかります。さらに築年数16年~35年になると、全体の約25%に跳ね上がっていることがわかります。

住宅は古くなればなるほどシロアリに狙われやすくなります。劣化によって基礎周りに隙間が生じたりして、シロアリが侵入しやすくなってしまうからです。多くのハウスメーカーでは5年~10年ごとにシロアリ予防(防蟻処理)をおこなっていますので、ご自宅が対象時期かどうか確認してみてはいかがでしょうか。

もしくは、ご自身でシロアリ駆除業者に防蟻処理を依頼する選択肢もあります。防蟻処理の詳細は「防蟻処理の内容や費用相場」をご覧ください。

お近くのシロアリ駆除業者をすぐにご紹介!

現在、 お電話がつな
がりやすくなっております。

シロアリ駆除のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談