24時間365日、日本全国
いつでも受付中!

0120-949-952

シロアリ駆除剤は赤ちゃんにも安全?影響を抑える4つの対策

2021/08/11
シロアリ駆除は赤ちゃんがいてもできる!薬剤の影響や注意点を解説

シロアリは木材を好んで食害し、住宅に被害を与える害虫です。一刻も早く駆除してしまいたいですが、赤ちゃんがいるご家庭では、薬剤が赤ちゃんに悪影響をおよぼすのではないかと心配になる方もいます。

しかし、現在使われている多くのシロアリ駆除剤は、用法用量を守れば赤ちゃんがいるご家庭でも安全に使用することができます。環境や健康に悪影響をおよぼさないよう、厳しい審査を通過したものが普及しているのです。

また、安全性の高い薬剤を使用する以外にも、赤ちゃんに薬剤の影響が出ないようにするための対策方法があります。詳しくご紹介しますので、ぜひご覧ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

シロアリ駆除剤の成分と赤ちゃんへの影響

シロアリ駆除をおこなう際によく使われている薬剤は、医薬品や農薬のように法律で厳しく規制されていません。そのため、以前はゴキブリやシロアリなどの生命力の強い害虫を駆除する場合に最適なヒ素が含まれた駆除剤を使用することもありました。

ヒ素は少量で大きな効果を発揮する遅効性の成分で、じわじわと巣にいる個体にまで成分を行き渡らせて死滅させます。しかし、ヒ素のもつ毒性は人体にも影響をおよぼし、シックハウス症候群を引き起こす原因になったり、急性中毒で死亡する事件が発生したりしたのです。

上記のような過去の失敗を経て、徐々に薬剤の安全性に注目するようになりました。そして現在は、『公益社団法人日本しろあり対策協会』が実施する防蟻効果や安全性、環境への影響などの審査を通過した薬剤がよく使われるようになったのです。

薬剤の成分と効果

シロアリ駆除は安全?

現在普及しているシロアリ駆除剤は、安全性の高いものが多いです。ただし、成分によって効果の違いはあります。以下におもな7種類の成分とそれぞれの特徴を解説しますので、使用する薬剤を見極める際の参考にしてください。

【ネオニコチノイド系】

シロアリ駆除剤として主流の成分で、少量でも十分な効果を発揮します。ただし、別の薬剤との併用は安全性が下がる危険性があるので控えましょう。

メリット デメリット
  • 臭いがほとんどない
  • 空気中に揮発することがあまりない
  • 昆虫への毒性が強い
  • 哺乳類や魚類に対しては安全性が高い
  • 「有機リン系の物質と併用すると頭痛や湿しんが出る」「胎児の発達に影響をおよぼす」という説がある
【ピレスロイド系】

天然の菊に含まれる「ピレトリン」という有効成分を化学合成したもので、蚊取り線香などにも含まれている成分です。

メリット デメリット
  • 即効性がある
  • 忌避性があるため駆除にも予防にも使える
  • 体内に入っても、基本的にはすぐに分解されて排出される
  • アレルギー反応による喘息(ぜんそく)などが起きるおそれがある
【ピレスロイド系】

天然の菊に含まれる「ピレトリン」という有効成分を化学合成したもので、蚊取り線香などにも含まれている成分です。

メリット デメリット
  • 即効性がある
  • 忌避性があるため駆除にも予防にも使える
  • 体内に入っても、基本的にはすぐに分解されて排出される
  • アレルギー反応による喘息(ぜんそく)などが起きるおそれがある
【カーバメート系】

熱や光に強いため、農薬や除草剤に含まれていることが多いです。シロアリ駆除剤として現在使われることはほとんどありません。

メリット デメリット
  • 殺虫効果が高い
  • 浸透性があり巣に潜むシロアリまで駆除できる可能性がある
  • 人体への毒性が強く、シックハウスの症状が出るおそれがある
【フェニルピラゾール系】

強力な成分なので、少量で効果を十分な効果を発揮します。

メリット デメリット
  • 殺虫効果が高い
  • 緩やかに作用するため、シロアリに警戒されずに巣ごと駆除できる可能性がある
  • 人間への毒性も強いため、健康被害が出る危険性がある
【フェニルピロール系】

シロアリに呼吸障害を起こさせる成分です。

メリット デメリット
  • 殺虫効果が高い
  • 遅効性でシロアリに気付かれにくく、巣ごと駆除できる可能性がある
  • 人間やペットへの毒性も強い
【ホウ酸】

目薬や防腐剤など、身近なものにも使われている成分です。シロアリの代謝機能を低下させて餓死させます。

メリット デメリット
  • 人体に使える安全性の高さ(少量であれば、体内に入っても腎臓で処理が可能)
  • 大量摂取すると健康被害が出るおそれがある
【ヒノキチオール】

ヒノキから抽出されたヒバ油に含まれる成分で、化粧品などに使われることもあります。

メリット デメリット
  • 安全性の高い天然成分
  • 忌避効果がある
  • 駆除効果は期待できない(予防向き)

赤ちゃんの安全のためにできる4つのこと

安全性の高い薬剤を使用する以外にも、赤ちゃんの安全のためにできることが4つあります。赤ちゃんだけでなく、犬や猫、インコなどのペットにも有効な対策なので、できる限り実践しましょう。

●口に入るものを片づける

薬剤の散布中や散布後は、空気中に成分が揮発する可能性があります。作業前から作業後約1週間は、食品など赤ちゃんが口に入れそうなものを机などに置きっぱなしにせず、扉のある場所やフタのついた容器に入れて保管しておきましょう。

●作業場所に近づかない、近づけない

薬剤を吸い込んでしまうリスクを下げるためには、なるべく作業場所に近づかないことが大切です。赤ちゃんやペットは自分で注意して近づかないという判断が難しいので、家の外に連れ出すなどの対策をしましょう。

●換気をおこなう

安全性の高い薬剤でも、種類によっては臭いが気になる場合があります。作業中はもちろん、作業後も約1週間は積極的に換気をおこない、空気の入れ替えをしましょう。

●作業場所から離れた場所で生活する

これまでにご紹介した3点をおこなったうえで、なお薬剤の影響や臭いが気になるという場合は、作業場所から離れた場所で生活しましょう。平屋でない場合は、おもに2階で過ごすようにするというのもおすすめです。

自分での駆除はリスクが高い

安全性の高い薬剤を使用して、ご紹介した4つの対策をおこなえば、基本的に赤ちゃんがいるご家庭でも問題なくシロアリ防除工事が可能です。しかし、施工者が素人の場合は、以下のような理由で安全面に不安が残ります。

  • 安全性の高い薬剤を選択できない可能性がある
  • 薬剤の適切な使用量や使い方を把握できない
  • 作業者が薬剤を吸い込んでしまうおそれがある

どれも「念入りに準備しておけば大丈夫!」と思うかもしれません。しかし、万が一ミスがあった場合は、赤ちゃんはもちろん作業者自身も体調を崩す危険性があります。赤ちゃんがいるご家庭ではできる限り自分でシロアリ駆除をしようとせず、業者に相談しましょう。

依頼を迷っている方は、一度見積りをとってみるだけでも構いません。弊社が無料で調査と見積りをおこなう業者をご紹介します。見積書を確認して予算などと照らし合わせたうえで、必要な場合は作業を依頼しましょう。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

安全なシロアリ駆除は業者に相談を

安全なシロアリ駆除は業者に相談を

シロアリ被害をなくすためには、巣にいる女王アリや外に飛び立つ羽アリまで駆除する必要があります。そのため、シロアの生態や駆除方法についての知識が不可欠なのです。

プロの業者に施工を依頼すれば、シロアリの生態に関する知識があることはもちろん、赤ちゃんに悪影響がおよばない方法でシロアリ駆除をおこなえます。施工方法や薬剤を決める際のヒントになる可能性があるので、赤ちゃんやペット、妊婦さんがいること場合は、事前に業者に伝えておきましょう。

また、シロアリの予防やオプションで湿気対策も追加すれば、シロアリ被害をなくすだけでなくカビの発生を防ぐことも可能です。

弊社がご紹介する業者であれば、正式な依頼をするまではキャンセル料が不要なケースも多いので、少しでも安くシロアリ対策をしたい方はぜひ一度お問い合わせください。

お近くのシロアリ駆除業者をすぐにご紹介!

現在、 お電話がつな
がりやすくなっております。

シロアリ駆除のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談