シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリの駆除は本当に安全?赤ちゃんやペットへの影響は?

シロアリの駆除は本当に安全?赤ちゃんやペットへの影響は?

シロアリはゴキブリ目に属します。そのため、シロアリを駆除の薬剤は効力の高いものが多くなり、中国では古くから「ヒ素」を用いたシロアリ駆除をおこなってきました。ヒ素は毒性も高く、遅効性があるために巣の全体に効き目が広がる、シロアリに適した薬剤であったのです。

しかし、人体にも影響があることから、近年ではヒ素を使用した薬剤を見かけなくなりました。シロアリに効果が強い方法が、シロアリ駆除に適した方法とは限らないのです。少ない薬剤の使用で、大きな効果を生むような薬剤や使用法がシロアリ駆除では重要なポイントです。とくに配慮が必要な、妊婦や赤ちゃん、ペットなどへの薬剤の影響をまとめましたので、ぜひご活用下さい!

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリ駆除に使われる薬剤解説

シロアリ駆除に使われる薬剤解説

●ネオニコチノイド系

シロアリ駆除薬剤として市販されている多くの製品に含まれている成分です。臭いが少ない代表的な木材防腐薬剤のひとつで、ハチクサンもこのネオニコチロイド系に分類されます。

農薬の成分として世界各国で使用されており、比較的安全性の高い薬剤です。しかし、有機リン系の物質と併用した場合、頭痛や湿疹(しっしん)などが生じる場合もありますので、使用には十分な注意が必要です。

また、胎児や赤ちゃんの脳への影響を懸念する声も挙がっておりますので、少量での単独使用が望ましいでしょう。

●ピレスロイド系

ピレスロイドの長所は何といっても即効性でしょう。ピレスロイドとは、天然の菊に含まれる「ピレトリン」という有効成分を化学合成した薬品です。

このピレトリンはシロアリに対して毒性を発揮するほかにも、蚊取り線香などに含まれているように、持続効果の期待ができる薬剤です。アレルギー反応による喘息(ぜんそく)などが起きる恐れもありますので、薬剤散布の際には気を付ける必要があるでしょう。

●カーバメート系

カーバメート系は殺傷力の高いシロアリ駆除薬剤です。熱や光に強いため、屋外に散布した際に、持続性に期待ができる薬剤といえるでしょう。屋内の使用の際には、人畜に対する毒性が高いことから、換気を十分におこなう必要があります。毒性の高い薬剤の多くは、マイクロカプセル化されていますが、お子さんやペットの誤飲には気を付けましょう。

●フェニルピラゾール系

フェニルピラゾール系の薬剤は極めて高い殺虫効果が期待できます。緩やかに作用するため、シロアリを巣ごと駆除することができるでしょう。しかし、強い薬剤なので、人畜や魚類への毒性が高く、正しい用法と用量を守ることが求められるでしょう。

●フェニルピロール系

フェニルピロール系はグルコースの吸収を阻害することによって、細胞を飢餓状態にさせる薬剤です。このため、遅効性があり、高い殺虫性能にも期待できるでしょう。細胞の変化を促す薬剤なので、赤ちゃんや妊婦のいるご家庭では、限定的な使用が望ましいでしょう。また、動物への毒性も強いため、ペットの生活圏内での散布には気を付ける必要があります。

●ホウ酸

ホウ酸は食塩のようなもので、目薬にも使用されているほどの、安全性の高い薬剤です。腎臓のない生物はホウ酸を体内で処理できないため、過剰摂取による餓死効果が期待できます。ペットやお子様が大量摂取しないように、使用量には十分な注意が必要ですが、哺乳類への毒性が極めて低い薬剤といえるでしょう。

●ヒノキチオール

ヒバ油などに含まれる「ヒノキチオール」はシロアリに対する忌避効果があります。木材由来のよい匂いがしますので、シロアリへの恐怖症になりかけた方にも最適なのでは。しかし、木部用の薬剤としては、駆除効果にはあまり期待できないため、シロアリ予防向けといえるでしょう。

人体だけじゃない!シロアリがペットに及ぼす影響

シロアリが及ぼす被害といえば、住宅を食い荒らすことによる柱や壁のひび割れ、穴あきなどが第一に浮かぶことでしょう。もちろんそれも、お家に暮らすペットにとって大きな被害といえますが、シロアリはもっと直接的に、ペットに対しての被害を与えることがあります。ここでは、シロアリがペットに対して与える被害についてご紹介します。

噛まれてしまう

シロアリは強力なあごによって、硬い木を噛み砕いて食料としています。シロアリに直接触れてしまうと、この大あごで体を噛まれてしまい、刺すような痛みに襲われることになります。小さいながらあなどれない、なかなかに大きな痛みです。

しかし、小さな子供などは別として、私たち人間はシロアリが群がっているようなところに、わざわざ指などを突っ込むような真似をすることは少ないでしょう。しかし、ペットは不意にシロアリに触れてしまうことがあるかもしれません。自分はもちろんですが、大切なペットが痛みに襲われないように、家に出たシロアリは駆除しておくべきでしょう。

アレルギーを引き起こしてしまう

シロアリが住宅を食べることによる弊害のひとつとして、カビなどのハウスダストの繁殖があります。シロアリは湿気がある場所を好む虫です。ただでさえ湿気の多い場所で、食害による穴をつくられてしまうと、その場所にはハウスダストが溜まりやすくなってしまいます。

ハウスダストが引き起こす健康被害といえば、アレルギーです。人間もアレルギーを起こすことがありますが、より多くの時間を室内で過ごすペットは、アレルギーを起こす確率が高くなります。シロアリの存在に気付いたら、ペットに健康被害を与えられる前に駆除をするべきでしょう。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【関連記事】
シロアリ駆除のDIYに使う薬剤と床下調査から予防までの手順・費用

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...