シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリの発生原因と活動時期

シロアリの発生原因と活動時期

シロアリは、冬眠しない虫です。暖かい時期のほうが活動は活発ですが、寒い時期だからといっていなくなるわけではなく、隠れているだけなのです。冬でも暖かい環境では活動するため、暖房を完備している家では年中活動することが可能といえます。シロアリの気配を感じているときには、より活発に活動する前の対策をしたほうがよいでしょう。

この記事では、シロアリの発生原因や活動時期についてご紹介します。シロアリが活発に活動し始めると被害がどんどん拡大してしまうおそれがあるため、もしすぐにでも対処したい方は、一度業者に点検等、相談してみるとよいでしょう。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの点検・見積り依頼に最短即日受付&対応!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリの発生原因と活動時期

近隣の発生源から飛来【アメリカカンザイ、シロアリ】地下からの進入【ヤマトシロアリ、イエシロアリ】輸入家具から侵入【アメリカカンザイ、シロアリ】

シロアリは冬にどう過ごしている?

この時期は冬で、特に12月ごろからは日本各地は寒い季節になりますが、シロアリはどのような活動をしているのでしょうか。シロアリは気温が6度よりも低くなると体が動きにくくなり、活動をやめることが多くなります。そのため家の中にはシロアリがいないと誤った判断をしてしまうことも少なくないようです。

しかし、冬は決してシロアリがいなくなるような季節ではないのです。シロアリは地下から家の中へ侵入する害虫なので、冬の間に床下を見てみると、シロアリが木をかじった痕跡が残されていることがあり、いないのではなく隠れていることを知る材料にもなります。

温度上昇には要注意!

シロアリは冬眠しない

昆虫の中には冬眠をするものもいますが、シロアリは冬眠をせずに越冬し、暖かい場所であれば冬でも問題なく行動できる昆虫なのです。地球温暖化によって日本各地で平均気温が高くなり、寒い場所を嫌うシロアリが昔よりも活動しやすい環境になってきているともいわれています。冬はシロアリが出にくい季節という認識は誤っているものなので、その認識は改めて、シロアリの発生に注意しておきましょう。姿が見えないからといって、シロアリはいなくなったわけではありません。

シロアリは冬眠しない

シロアリにとっても快適な環境に

家の中が寒いと、お部屋の中の暖房器具を使うことが多くなるかと思いますが、その暖房がシロアリを元気にさせてしまうことをご存知でしょうか? エアコンやファンヒーターのような暖房器具を使ってお部屋の中を暖めていると、私たちは快適に過ごすことができるようになりますが、その暖かさが床下に伝わることによって活動をやめていたシロアリたちを起こし、再び活動させてしまうことへ繋がります。また、暖房を使っていると外の気温と室内の気温の差が大きくなることによって発生する結露や、また加湿器を使うことも湿気を好むシロアリを元気にしてしまう条件を満たしてしまいます。

行動が活発になってきます

日本で平均気温が高くなる時期は春・夏です。この時期になると、シロアリが特に活発に動き、家で被害が発生しやすくなる活動時期だといえます。そもそもシロアリはなぜ発生し、どのような活動をするのでしょうか?日本には多くのシロアリの仲間が生息していて、その中でも特にお家の中へ侵入しやすい生態をしているのが、ヤマトシロアリとイエシロアリです。これらのシロアリは地中に住んでいて、温度が高い場所を好み、トンネルを掘りながら進むのですが、その先に皆さんのお家があった場合、シロアリが侵入してしまう原因になります。

羽アリはどこに向かう?

羽アリはどこに向かう?

シロアリは1匹だけで行動するような昆虫ではなく、女王アリを中心に巣を作り、社会生活を送っている不思議な生態をしているのです。お家の中へ侵入したシロアリは木材をかじり、その中へ入って内側から食べ荒らすことが問題になっています。シロアリの中には羽を持って飛ぶことができるものがあり、ニンフと呼ばれる女王の候補になるメスアリや、オスアリがこれに該当します。ヤマトシロアリは4月~5月に羽アリが飛ぶ習性があります。またイエシロアリは6月~7月頃の梅雨の時期に羽アリが群飛していることがあります。この行動はなぜ行なわれるかというと、他の家へうつるためのもので、そのために遠くへ飛ぶための羽があるのです。羽アリが降り立った家では、羽アリの羽が落ち、女王アリのとオスアリの2匹を中心に再び巣が作られ、それまでこの羽アリたちがいたお家のように被害が起きてしまう危険性があります。シロアリは女王アリやオスアリ以外にもいくつかの階級があります。詳しくは「シロアリの種類と生態」をご覧ください。

今まで見なかったシロアリも

日本では近年一部の地域で外来種のシロアリであるアメリカカンザイシロアリの発生が報告されていて、北米大陸から輸入された家具や木材の中に混じってお家の中へ侵入します。アメリカカンザイシロアリの羽アリは6月~7月といわれていますが、地域の気候によっては夏場や9月以降も飛ぶ姿が確認されることもあります。ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリは分類上近い種類なので、3匹並べてもわかりにくいのも困った点です。もしもお家の中からシロアリがいなくなったと感じたら、自然に駆除が行われたのではなく、羽アリが皆さんの近所で新たな巣を作っていることがあるので注意してください。

年間の活動

このようにシロアリは年中、家屋に息をひそめています。そのため、寒い時期だからといって油断はできません。
また、基本的にシロアリは寒い気候よりも暖かい気候が好きといわれていますが、従来シロアリが生息しにくかった北海道でも被害が増加傾向にあるといわれています。北海道でのシロアリの発生原因は、エアコンなどの暖房器具の普及と地球温暖化の影響により、以前よりも年平均気温が上がっていることが理由と考えられます。
もしお家の中でシロアリ被害の予兆が合った、もしくは被害が不安だという方は、シロアリの点検・予防などを業者に依頼してみましょう。シロアリ被害というものは業者に依頼しなければなかなか解決しないものです。しかし、気になるのはやはり費用ですよね。
とはいってもシロアリの駆除や予防の費用は、家屋の構造や被害範囲に応じて大きく変動します。費用が心配……という方は、まずは一度業者に点検に入ってもらい、見積りだけでも確認してみてはいかがでしょうか。
そんなシロアリ業者へのご依頼を検討される際には、ぜひ弊社の便利なサービスをご活用ください。24時間受付対応の無料相談窓口(電話・メール)からは、お住まいの地域に対応した優良シロアリ業者をすぐにご紹介。調査・見積りのご依頼ももちろん可能です!
また納得した上でご依頼いただけるよう、見積り確認後でもキャンセルOK! まずは調査結果や費用から、じっくりご確認いただけます。業者へのご依頼を検討されている方はもちろん、ご不明な点や不安な点などがあれば、お気軽にお電話ください!

シロアリは1年中活動しています!

気温とシロアリの活動の関係
                            気温【低温】活動【低調】
                            11月~3月頃
                            4月~5月頃(ヤマトシロアリの群飛)
                            6月~7月頃(イエシロアリの群飛)
                            6月~9月頃(アメリカカンザイシロアリの群飛)
                            10月頃
                            気温【高温】活動【活発】

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの点検・見積り依頼に最短即日受付&対応!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
ローディングアニメ読み込み中...