シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 信頼できるシロアリ駆除業者の選び方!資格・保証・口コミなど

信頼できるシロアリ駆除業者の選び方!資格・保証・口コミなど

信頼できるシロアリ駆除業者の選び方!資格・保証・口コミなど

シロアリ駆除業者を選ぶときは、ひとつの業者だけ見て依頼するのではなく、必ず複数の業者を見て決めるようにしましょう。シロアリ駆除業者によって施工方法だけでなく資格の有無や保証、対応などが異なるため、納得のいく業者に依頼するためには業者の特徴を比べてみる必要があるのです。

この記事では信頼できる業者の選び方についていくつかご紹介しています。業者選びに困っているという方はぜひ参考にしてみてください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

信頼できるシロアリ駆除業者の選び方

信頼できる業者を選ぶときのポイントをいくつかご紹介します。

「しろあり防除施工士」の資格をもっている業者を選ぶ

「しろあり防除施工士」の資格をもっている業者を選ぶ

そもそも、シロアリの駆除をするのに資格は必要ありません。そのため、資格がなくても問題なく施工をおこなうことはできます。

しかし、少しでも信頼性の高い業者に依頼したいとのことでしたら、日本しろあり対策協会によって定められた「しろあり防除施工士」という資格を持っている人に依頼するとよいでしょう。

日本しろあり対策協会とは、国が認める社団法人であり、主にシロアリの被害を防止することを目的として活動している団体のことをいいます。しろあり防除施工士の資格は、シロアリに関するあらゆる知識とシロアリ駆除の実務経験を得たうえで、試験に合格しなければ取得することができません。

しろあり防除施工士の資格を持っている人に依頼をすれば、日本しろあり対策協会によって作成された「防除施工標準仕様書」に沿って施工をおこなってくれるため、信頼性は高いといえるでしょう。

そのほかにも、業者が日本しろあり対策協会の会員であるかどうかも業者を選ぶ基準になります。日本しろあり対策協会の会員になるためには、一定の水準を満たす施工をおこなっていると認められなければなれません。そのため、信頼できる業者を選ぶときは、「しろあり防除施工士の資格を持っている人がいる」または「業者が公益社団法人日本しろあり対策協会の会員である」かを確認するとよいでしょう。

会員であるかどうかは日本しろあり対策協会のホームページで確認することができます。

施工後の保証やアフターフォローが充実している業者を選ぶ

シロアリ駆除を依頼した後、再発した場合の保証があるかどうかも確認しておきましょう。シロアリの防除保証は薬剤の効力が保たれる期間である5年が一般的であり、この期間内に施工が必要になれば無料もしくは割引でおこなってくれます。

また、このような防除保証には点検がついてくることが多いです。点検の頻度は業者によって異なりますが1~2年おきにシロアリの被害に遭っていないか確認してくれます。

このようなシロアリの防除保証は多くの業者がつけていますが、ほかにもシロアリが再発した際に被害に遭った建物の修復費用を補償してくれる場合もあります。ただし、建物の修復費用の補償はシロアリ駆除業者が加入しているシロアリ賠償責任保険によっておこなわれるため、保険会社の審査が通らなければ補償されません。

保証は業者によって異なりますので、どのような保証をおこなっているのかあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

施工内容の説明が丁寧な業者を選ぶ

業者がおこなうシロアリ駆除の方法には、大きく分けて「ベイト工法」と「バリア工法」があります。

ベイト工法 …… シロアリに毒餌を食べさせ、巣を壊滅させる方法。
バリア工法 …… シロアリがいる場所に薬剤を散布し、駆除&予防をする方法。

今回どのような施工をおこなってくれるのか、どのような薬剤を使用するのかきちんと説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。ペットを飼っている方は、ペットに影響のない方法であるかも確認しておくとよいかもしれません。

施工内容の説明で質問したいことがあれば、どんどん聞いてみましょう。このとき、きちんと質問に答えてくれるかどうかもよい業者を見極める大事なポイントです。

シロアリ駆除業者の口コミを参考にする

気になる業者を発見したら、実際にその業者に依頼をした人がどのような評価をしたのか見てみるのもよいでしょう。しかし、評価はひとそれぞれですので、口コミを鵜呑みにせず業者を選ぶひとつの手段として参考にしてみてください。

複数の業者で見積りを比較する

シロアリ駆除の施工方法は業者によって異なるため、できれば複数の業者で見積りを依頼してみてください。見積り書を確認するときは、内訳がきちんと書かれているか確認し、何にいくらかかっているのか把握しておくとよいでしょう。

また、見積りの時点で安い方を選んだとしても、後から追加料金が発生する場合もあるので注意が必要です。見積りを依頼する際に、後から追加料金が発生しないか確認しておきましょう

弊社では、ご紹介するシロアリ駆除業者により無料の現地調査無料の見積りをおこなっております。また、全国のシロアリ駆除業者からご希望の業者をご紹介させていただきますので、まずはお電話にてお気軽にご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリの悪徳業者でよくある手口とは?

シロアリ駆除業者を選ぶときに心配になるのが悪徳業者の存在かと思います。悪徳業者の被害に遭わないためにも、よくある手口について知っておくとよいでしょう。

突然訪問して無料点検をすすめる

突然訪問して無料点検をすすめる

突然家に訪問してきて、「無料点検をおこなっています」とやってくることがあります。家に上げてしまうと、床下を点検した後、シロアリがいると偽って金額を請求してくる場合があるのです。

もしこのようなことが起きたら、一度冷静になり、突然訪問する業者は家に上げないなどの対応をおこなうようにしましょう。

虚偽の申告で不安をあおる

実際の調査結果とは異なった申告をして、不安をあおってくる悪徳業者も存在します。自分で気付くのが難しいケースもありますが、申告書を注意深く読んだり別の業者などの第三者に見てもらったりすれば、事前に防ぐことが可能です。

見積り書が高額

作業内容に対して高額の見積りを提出してくることもあります。あまりにも高額であり不安という場合は、ほかの業者にも見積りを依頼して金額に大きな差がないか、おかしな点はないか確認するとよいでしょう。

契約をせかす

業者が契約をせかす理由は、「ゆっくり考えられると詐欺だと気付かれる」からです。冷静に対処されることを嫌う悪徳業者は、料金の割引やサービスの追加を提示して早く契約をさせようとしてくることがあります。

しかし、シロアリの被害はすぐに拡大するわけではありません。契約をせかされてもすぐに決めるのではなくほかの業者も検討しながらゆっくり決めることをおすすめします。

不要な工事をすすめる

本来必要のない「床下の換気扇」の追加工事などを勧めてくることがあります。しかし、本当に必要な場合もあるため、不安であればほかの業者に相談してみるとよいでしょう。

シロアリ駆除の詐欺に遭ったらどうすればよいの?

もしシロアリ駆除の詐欺に遭ってしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。2つの対処法についてご紹介していきます。

契約から8日以内ならクーリングオフができる

契約から8日以内ならクーリングオフができる

クーリングオフとは、一度契約した契約を一定の期間内であれば消費者側から契約を解除することができるという制度のことをいいます。シロアリ駆除の場合、訪問販売電話勧誘は特定商取引法という法律の中に定められたクーリングオフ制度が適応可能です。

クーリングオフ制度の基本的な概要
・期間は法的効力のある書面を受領した日から数えて8日間
・契約書に違約金やキャンセル料の記載があっても適応可能
・シロアリ防除工事が終了していても適応可能
・補修
・補強工事、大規模なリフォームを行っていても無償で原状回復(元に戻す工事)を求めることが可能

消費者センターに相談をする

クーリングオフに対して、応じないという主張をする業者も存在するでしょう。しかし適切な手順で申し立てしていた場合、法律によって業者には返金の義務が生じます。

また、8日を過ぎても業者による不実告知(客観的事実と異なる説明)によって消費者が誤認して契約してしまっていた場合は、契約を解除することができることがありますので、消費者センターに相談してみましょう。

シロアリ駆除業者へ依頼する前に確認しておくこと

シロアリ駆除業者の訪問当日までに確認しておいた方がよいことについてご紹介します。また、これからどのような流れで施工が進んでいくのかも合わせて確認しておくとよいでしょう。

(1)床下の点検口があるか確認する

(1)床下の点検口があるか確認する

シロアリの被害は床下が多いため、基本的に点検は床下に潜っておこなわれます。家の床下点検口がどこにあるのか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。床下の収納庫や1階の畳の下に点検口がある場合もあるため、専用の床下点検口がない場合もそこから入ることができます。

点検口の場所が分かったら、当日開けることができる状態にしておくとよいかもしれません。また、必ず必要というわけではありませんが、家の図面がある場合は用意しておくと調査をスムーズにおこなうことができます。

(2)羽アリがいたら捕獲しておく

羽アリがいるという場合は、できれば捕獲して調査の日までとっておくとよいでしょう。羽アリを業者に見せれば、シロアリなのかクロアリなのか見分けてくれます。また、シロアリには種類があるため、どの種類のシロアリなのか特定してもらうこともできます。

シロアリ駆除の依頼~施工完了までの流れ

シロアリの駆除を業者に依頼したときの流れについて簡単にご説明します。

1.調査日を決定する
2.現地調査をおこない状況報告をして見積りを作成する
3.依頼をすることになったら本契約をする
4.工事前の説明と養生
5.施工

依頼する業者によって依頼の流れは異なりますので、気になる場合は直接聞いてみましょう。また、施工が終わった後も保証がある場合は定期的に点検がおこなわれます。施工後の点検についても確認しておくとよいでしょう。

弊社では、全国の加盟店からシロアリ駆除のプロをご紹介させていただいています。まず見積りを作成してほしいとのことでしたら、お気軽にお電話ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...