シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 羽蟻はシロアリでも黒い!羽蟻の駆除法とすぐ分かる種類の見分け方

羽蟻はシロアリでも黒い!羽蟻の駆除法とすぐ分かる種類の見分け方

羽蟻が大量発生したら、クロアリ・シロアリのどちらであってもご家庭への被害を調査しましょう。もしシロアリなら業者による駆除が必要ですし、クロアリであってもシロアリ被害のサインであるおそれがあるからです。

この記事では、クロアリ・シロアリの羽蟻の見分け方・駆除方法・住宅に及ぼす影響についてご紹介します。この記事を参考にして、羽蟻をしっかり見分けて、正しい対処をおこなうことで被害を防ぎましょう。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

羽蟻の種類|シロアリかクロアリかを見分ける方法

羽蟻には、シロアリの羽蟻とクロアリの羽蟻が存在します。羽蟻が発生したときは、まずシロアリ・クロアリのどちらの羽蟻なのか見分けましょう。まずはシロアリ・クロアリの羽蟻を見分ける方法をご紹介します。

発生時期からの見分け方

発生時期からの見分け方

シロアリ・クロアリでは発生時期が異なります。シロアリは4月~6月の梅雨時期が中心ですが、クロアリは6月~11月にかけて発生します。

見た目の特徴からの見分け方

シロアリとクロアリでは、羽蟻の見た目が異なります。シロアリとクロアリの見た目の違いを、以下にまとめました。

【触覚】
シロアリ:まっすぐで数珠状になっている

クロアリ:曲がっている

【胴体】
シロアリ:くびれがなく、寸胴

クロアリ:くびれがある

【羽根】
シロアリ:4枚の羽の大きさが等しい

クロアリ:前の2枚の羽が後ろの羽に比べて大きい

発生時期とあわせて見た目も確認し、シロアリかクロアリか見分けてみてください。

羽蟻が大量発生する原因

羽蟻が大量発生するのは、種を残すためです。羽蟻は巣の中の個体数が多くなってきたり巣に危険が及んだりして巣の管理が難しくなると、繁殖活動をおこなって種を残すため、新しい巣となる場所を探します。その際、羽をつけて巣を飛び立つのです。

ちなみに、巣の中に潜む個体がすべて羽蟻になるわけではありません。シロアリの場合、巣の中にいる個体は階級が決まっていて、その中で「ニンフ」と呼ばれる階級が羽蟻となります。

つまり、ご家庭で羽蟻を見つけたときには、まだ巣の中に大量のシロアリが潜んでいるおそれがあります。シロアリがいないか確かめるために、一度業者にシロアリ点検を依頼するとよいでしょう。

弊社ではシロアリ駆除業者をご紹介します。全国に多数の加盟店があるため、全国各地の方にご利用いただけます。「家の中で羽蟻を見つけた」という方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

羽蟻の駆除方法|大量発生したときも慌てずに

室内にいる羽蟻の駆除方法・侵入を防ぐ方法は、クロアリ・シロアリのどちらも基本的に同じです。また、羽蟻を駆除する際に注意していただきたいのが、殺虫剤での駆除はよくないということです。ここからは、殺虫剤での対処がおすすめできない理由や、正しい対処法についてご紹介します。

殺虫剤ではなく掃除機で駆除しよう

殺虫剤ではなく掃除機で駆除しよう

害虫を駆除する際、殺虫剤を使う方もいらっしゃるでしょう。しかし、羽蟻に殺虫剤をかけると、被害がより広範囲にわたってしまうおそれがあります。

たしかに、殺虫剤がかかった羽蟻は駆除することができますが、残った羽蟻が家中に拡散してしまいます。その結果、複数の場所に巣ができるおそれがあり、被害が広範囲にわたってしまうのです。

羽蟻を駆除するには、掃除機で吸い取るのがおすすめです。掃除機を使えば、吸い込む力によって羽蟻が死滅するのです。

羽蟻を掃除機で吸い取った後は、どちらの羽蟻かを見分けましょう。吸い取った羽蟻がシロアリだった場合は、家の中にほかにもシロアリがいるおそれがあります。そのため、すぐにシロアリ駆除業者に駆除の依頼をしてください。

中には、「シロアリ駆除を自分でおこないたい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、シロアリ駆除を自分でおこなうのはおすすめできません。なぜなら、薬剤の使い方によっては人体に健康被害が及ぶおそれがあるからです。薬剤の健康被害については、後ほどご紹介します。

また、クロアリの羽蟻は、シロアリと比べると大きな被害を及ぼすことはありませんが、油断してはいけません。クロアリの被害についても、後ほど詳しくご紹介します。

室内に大量発生している場合は?

室内に掃除機で吸い取れないほど羽蟻が大量発生している場合は、家の中が羽蟻が侵入しやすい環境になっているかもしれません。そこで、ここでは羽蟻の侵入経路や侵入口をふさぐ対策をご紹介します。

【侵入経路1:窓】
窓が開放されていると、羽蟻が室内に入ってくることがあります。そのため、必要以上に窓を開けておくのはやめましょう。

【侵入経路2:網戸】
網戸の目が大きいと、羽蟻が入ってきてしまうおそれがあります。羽蟻の侵入を防ぐためにも、網戸は目の細かいものにしましょう。

また、羽蟻は光がある方向に向かってくる習性があります。羽蟻を寄せつけないためには、使用しないときは電気を消しておくことが重要です。また、遮光カーテンで光が外に漏れることを防止するのもよいでしょう。

羽蟻の放置はダメ!住宅に及ぼす被害

ご家庭に発生した羽蟻がクロアリだった場合も、油断してはいけません。クロアリはシロアリをエサとするため、クロアリが発生している場合は、家の中にシロアリが潜んでいるおそれがあるからです。ここでは、シロアリとクロアリの被害について、詳しくご説明していきます。

シロアリは家をボロボロにしてしまう

シロアリは家をボロボロにしてしまう

シロアリは、建物に使われる木材を食害します。その結果、耐震性が弱くなってしまい、家が傾くなどの被害が及ぶおそれがあるのです。

また、国内に被害をもたらすシロアリには「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」に分けられ、それぞれ被害の特徴が異なります。それぞれの種類の特徴は、以下のとおりです。

【ヤマトシロアリ】
ヤマトシロアリは、暗くて湿度の高い場所を好みます。そのため、それらの条件を満たす床下から侵入してくることが多く、湿っている場所に被害をもたらします。

【イエシロアリ】
イエシロアリは、ヤマトシロアリと同様に暗くて湿度の高い場所を好みます。ただ、イエシロアリは水を運ぶ能力があるため、水分が少ない場所にも被害をもたらします。

【アメリカカンザイシロアリ】
アメリカカンザイシロアリは、乾いた木材でも食害する種類です。また、アメリカカンザイシロアリは強靭な歯を持つため、柔らかい木材を好むヤマトシロアリやイエシロアリとは違い、木材の中心部まで食害してしまいます。そのため、家がもろくなって台風などがきっかけで倒壊してしまうおそれがあるのです。

このように、シロアリが発生すると、家をボロボロにされてしまう危険があります。最悪の場合、家が倒壊してしまうおそれもあるのです。家が倒壊すると、自分自身や大切な家族を命の危険にさらすことにもなります。

より安心して過ごすためにも、シロアリが発生した場合は放置せず、すぐに業者に依頼して駆除してもらいましょう。

クロアリは家電などに影響を与える

クロアリは、以下のような被害をもたらします。

  • 家電製品などのコードを食害し、故障や漏電をもたらす
  • 人をかんだり刺したりするおそれがある
  • 不快感を与える

このように、クロアリ自体も被害をもたらします。また、先ほどもご説明したように、クロアリが発生しているということは、クロアリがエサとするシロアリも発生しているおそれがあります。

もし、「クロアリやシロアリの羽蟻を見つけた」というときは、業者に依頼してシロアリ点検や駆除をおこなってもらうとよいでしょう。

弊社では、シロアリ駆除業者をご紹介します。弊社加盟店では、見積りや現地調査は無料でおこなっているため、「まだ業者に依頼するか迷っている」という方でも、お気軽にご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

家族やペットの安全を考えてくれる業者を選ぼう

シロアリ被害に悩んでいる方の中には「自分でも駆除できるのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分での駆除はおすすめできません。なぜなら、薬剤の使い方によっては健康被害が及ぶおそれがあるからです。

小さなお子様やペットがいるご家庭ではとくに注意が必要です。ここでは、シロアリ駆除の薬剤と健康被害への影響について、詳しくご紹介します。

シロアリ駆除の薬剤と健康への影響

シロアリ駆除の薬剤と健康への影響

シロアリ駆除に使われる薬剤は、以前は体へ悪影響を及ぼすものが使われていましたが、現在は安全性に配慮された薬剤が使われるようになりました。

ただ、薬剤が改良されたといっても、使い方を間違えたり大量に使ったりすると、人体やペットに被害をもたらすおそれがあります。とくに、小さなお子様は薬剤の影響を受けやすいといわれているため、注意が必要です。

人体やペットへの影響を避けるためには、シロアリ駆除業者に防除してもらうのがおすすめです。薬剤の使用に慣れている業者なら、安全で効果的な方法でシロアリ駆除をおこなってくれるからです。

より安全に駆除してもらうためには、業者選びも重要です。業者を選ぶ際は、しっかりと相談に乗ってくれる業者を選びましょう。しっかりと相談に乗ってくれる業者なら、安全に配慮して駆除してくれる可能性が高いため、安心して任せることができるのです。

また、業者を選ぶ際は、ほかにも確認しておきたいポイントがあります。そこで、以下からは信頼できる業者の選び方をお伝えします。

信頼できる業者の選び方

信頼できる業者の選び方を、以下にまとめました。

【実績が多いかを確認】
実績が多いということは、それだけ多くの人から依頼を受けているということです。そのため、信頼できる可能性も高いでしょう。一度、ホームページなどで業者の実績を確認してみてください。

【口コミがよいかを確認】
口コミを見ることで、実際に業者を利用した方の生の声を知ることができます。口コミによい情報がかかれていれば、信頼できる業者である可能性が高いでしょう。口コミは、口コミサイトなどで見ることができるため、確認してみてください。

【料金表示が明瞭かを確認】
見積りを取る際に、料金表示が明瞭かも確認しておきましょう。中には、料金表示が総額しか書かれていないところもありますが、その場合何にいくら使ったのかが分かりません。そのため、余分に費用を請求してくる業者もあるかもしれません。

必要以上に費用を払わなくて済むためにも、料金表示が内訳まで書かれている業者を選ぶことをおすすめします。

弊社では、シロアリ駆除をおこなう業者をご紹介します。弊社加盟店では、見積りは無料でおこなっていて、明瞭な料金表示をこころがけています。また、正確な見積り後からの追加料金はかかりません。「業者選びに迷っている」という段階でも、ぜひ一度弊社までご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...