シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリ画像あり!被害写真・床下駆除まるわかり!生態~対処まとめ

シロアリ画像あり!被害写真・床下駆除まるわかり!生態~対処まとめ

これってシロアリ?」見慣れない羽アリがいたら、“もしかしてシロアリかも……”と不安になりますよね。
そんなときはここで、本当にシロアリかどうかを確認してみてください。羽アリ・シロアリの画像、家や木材への被害画像を公開しています。

もし酷似していたら、すでに家屋への被害が進行しているかもしれません……。

シロアリは休むことなく食害を進めていくため、放置すれば住宅の耐久性にまで影響を及ぼすおそれがあります。まずは画像で確認して、シロアリがいると判断したら業者に無料調査を依頼するなど一刻も早く対処しましょう。

この記事では、そんなシロアリや羽アリを画像やイラスト付きで分かりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてください!

シロアリの調査・点検ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【画像で判別】シロアリの見た目の違い

シロアリにはいくつかの種類があり、それぞれに見た目や生態が異なります。また、ひとつの種類でも「働きアリ」「兵隊アリ」「羽アリ」などがいて、それぞれに役割があるのです。まずは見た目の違いをイラストで確認していきましょう。

イエシロアリ

日本に生息している代表的なシロアリの1種で、千葉県より西の暖かい地域の沿岸部に生息しているシロアリです。ひとつの群れにいる個体数が非常に多く、なかには100万匹を超える群れもあるといわれています。

大群で木材を食べ進めていくためそのスピードは速く、イエシロアリに棲みつかれてしまうと家屋は大きな被害を受けてしまうのです。

働きアリ 兵隊アリ 羽アリ
イエシロアリ イエシロアリ イエシロアリ
体全体が白っぽい

体長:約6mm

頭は体の1/3ほどの大きさ
頭の形は丸型で色は褐色
体長:7.5~9.5mm
褐色の身体
半透明でクリーム色の羽
体長:約8mm

ヤマトシロアリ

イエシロアリと並んで代表的なのがヤマトシロアリです。北海道の一部の地域を除いて全国的に生息しています。木材の内部を食害してその場を巣にしてしまうため、家に棲みつかれてしまえば家屋そのものがヤマトシロアリの巣になっているといえるでしょう。

働きアリ 兵隊アリ 羽アリ
ヤマトシロアリ ヤマトシロアリ ヤマトシロアリ
白っぽい体
体長:3~4mm
頭の大きさは体半分ほど
筒状で褐色の頭
体長:3.5~6mm
黒に近い褐色の頭

半透明の黒っぽい羽
体長:5~7mm

アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリは外来種でしたが、輸入家具などに棲みついたまま日本にやってきたとされています。数は少ないものの、少しづつ生息範囲を広げているのです。

イエシロアリやヤマトシロアリが湿った木材を好むのに対して、アメリカカンザイシロアリはの少ない乾燥した木材でも食害していきます。食害スピードが遅いため早期発見が難しいようです。

働きアリ 兵隊アリ 羽アリ
アメリカカンザイシロアリ アメリカカンザイシロアリ アメリカカンザイシロアリ
白っぽい体
筒状の胴体
体長:5~8mm
頭は四角形に近い形
触角の付け根部分が太い
体長:約10mm
赤褐色の頭
黒っぽい羽
体長:6~8mm

この虫にピンッと来たら!

これらの見た目の虫がご自宅にいたら、すでにシロアリが棲みついているかもしれません。シロアリは家に棲みつくと大きな群れで木材をひたすら食べ進めます。その性質から被害の発見は難しく、気がついたときには建物の耐久性を脅かすような被害をもたらすことも……。

シロアリ被害を不安に感じる方は、一度巣や被害の点検だけでもしておくことをオススメします。しかし、どうしても素人では床下に潜る・壁を剥がすなどといった作業は難しいでしょう。調査だけであれば無料、という業者もいるので、まずは確認してみることが大切です。

調査で本当にシロアリ被害にあっているのか、またどのレベルで深刻なのかを知って、その後の対処を考えてみるのもよいでしょう。

そんな調査のご依頼は、ぜひ弊社の無料相談窓口にお任せください!

弊社のフリーダイヤル・メールフォームからご相談いただければ、そんな無料調査に対応したお近くのシロアリ業者をスグにお探し。最短即日、現場に駆け付けます!

調査・見積り後でもキャンセル可能ですので、費用面が心配な方も安心です。窓口は24時間365日受付しておりますので、いつでもお気軽にご相談ください!

※対応エリア・加盟店・現場状況により、調査費用等をいただく場合がございます。その際は事前にお客様の了承をいただいた上でのご請求になりますので、ご安心ください。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ点検のご依頼はシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【関連記事】
【イエシロアリ対策マニュアル】駆除方法&ヤマトシロアリとの違い
ヤマトシロアリの駆除方法|DIYか業者依頼か賢く判断しよう
アメリカカンザイシロアリの生態|駆除をして予防対策をしよう

シロアリの生態と活動時期

ご紹介してきたように、1種のシロアリのなかでも見た目が異なる組織が存在しています。それぞれにどのような役割があるのか見ていきましょう。

シロアリは階級制度

シロアリは階級で役割が異なり、ひとつの群れは以下のような構成になっています。

シロアリの生態と活動時期

「女王アリ」と「王アリ」は常に繁殖・産卵を続けて個体数を増やしていきます。女王アリが死んでしまうと、次の階級にいる「二次女王」が繰り上がって産卵をするのです。

「ニンフ」は、群れのほとんどを占める「働きアリ(職蟻)」と同様にエサの確保や卵・幼虫のお世話をしますが、その後は新たな巣へと飛び立つときに羽化する「羽アリ」に進化します。全体の2~3%にあたる「兵隊アリ(兵蟻)」はその名のとおり巣を敵の攻撃から守る役割を担っているのです。

羽アリの活動時期

シロアリは、個体数が増えすぎて巣が維持できなくなったり危険を感じたりすると、羽アリとなって新たな巣を求め飛び立ちます。その時期は種類によって異なるため、羽アリを見かけた時期でどのシロアリなのか判別することができるでしょう。

活動サイクル

ヤマトシロアリ:4~5月頃の気温が高い日の午前中に発生

イエシロアリ:6~7月頃の湿度が高い日の夕方以降に街灯や家の明かりに集まる

アメリカカンザイシロアリ:6~9月頃の日中に発生

羽アリは春先から群れで発生し始めます。家のまわりに羽アリの大群が発生したり、大量の羽が落ちていたりしたら、どこかからやってきて巣を作ろうとしているのかもしれません。ご自宅で大量の羽アリを発見したら、シロアリ被害に遭わないためにも早急に対処しましょう。

また、羽アリにはシロアリとは種が異なる天敵のクロアリも存在します。クロアリや、シロアリに似た虫についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひご参考ください。

【関連記事】
シロアリ最大の天敵はクロアリなど多数!シロアリ駆除と予防対策方法
シロアリに似た虫が!羽アリの特徴を知り駆除の必要性を見極めよう

被害画像から見て取れるシロアリの危険性

シロアリは木材を食料として、私たちの住む家を食い荒らしてしまいます。放置しておくと、どんどん食害は進んでしまうため非常に危険です。ここでは、実際にシロアリの被害にあってしまった住宅の写真を参考に、シロアリがどれほどの危険性を持っているのかを、あらためて見ていきましょう。

被害写真から見て取れるシロアリの危険性

これは屋根の木部が食害された跡です。木の内部が空洞になっています。シロアリは木の外ではなく内側に侵入して食べ進めていくため、気がついたときには木材がボロボロになっているのです。

被害写真から見て取れるシロアリの危険性

木材のあいだや隅に土の筋のようなものが確認できます。これは「蟻道」といって、明かりや乾燥を嫌うシロアリがエサのある場所まで安全に進むためのトンネルの役割をしているのです。蟻道は土や食べかす、糞などで作られています。

被害写真から見て取れるシロアリの危険性

ここまでの3点の写真はすべて天井や屋根の部分での被害です。シロアリは多くの場合、地中から床下に侵入して家屋の内部への食害をしていきます。たとえ床下から発生していても、その勢いはすさまじく、被害はどんどん進んでいくのです。

被害写真から見て取れるシロアリの危険性

シロアリが壁の内部を食害して穴が開いてきています。壁をはがすと、下の写真のようなおそろしい光景が待っているのです。

被害写真から見て取れるシロアリの危険性

このように、表に被害が確認できるようになったときには、すでに内部で大きな被害を受けているということがわかります。建物の支えとなる柱や土台を食い荒らされれば、家屋の耐久性にも大きな影響を与えてしまうでしょう。シロアリ駆除だけでなく家の修繕が必要になるケースもあるのです。

落翅虫

最後にご紹介するこちらの写真は被害箇所ではありませんが、この状態は警戒が必要です。これは落翅虫(らくしちゅう)といって羽アリの羽が落ちたシロアリです。

新たな巣へと飛び立ち必要なくなった羽が自然と落ちて、このような形になります。ご自宅で落翅虫を見かけたら、近くに新たな巣が作られようとしているところかもしれません。

もし見かけたらどうする?シロアリの正しい対処法

シロアリを見つけた際、自分でおこなうことができるのは、あくまで応急処置のみに限られます。本格的なシロアリ駆除をおこなう場合は、業者に依頼をするのが安全で確実な方法です。ここではシロアリを見つけた際の応急処置的な駆除法や、なぜ業者に駆除を依頼するべきなのか、その理由について解説いたします。

初期症状なら自分で対処できる?

シロアリ被害は早期発見して深刻なダメージを受けるまえに対処したいものです。シロアリの特徴や被害についてわかったところで、実際に見かけたときに自分でできることがあればすぐにでも対処したいですよね。まずは、シロアリ被害の初期症状からご紹介します。

シロアリ被害の初期症状

  • ・家のまわりや床下に蟻道がある
  • ・畳を歩くとフワフワする
  • ・床板がきしむ
  • ・窓枠などの木材に穴が開いている

蟻道が屋内に向かって伸びていたら、シロアリが侵入しているおそれがあります。また、床下の木材が食害されることで畳や床板の上を歩いたときに違和感があるかもしれません。ほかにも、窓枠などの木材に穴が開いていたらシロアリの存在を疑いましょう。

シロアリ被害に遭ってしまうと、初期症状であっても自分で対処するのは難しいものです。殺虫剤を使用すると、逃げだしたシロアリが家のなかの別の場所で新たに巣を作ってしまうことがあるためおすすめできません。自分でシロアリ駆除をするときに効果が期待できるのが、薬剤(毒エサ)を設置する「ベイト工法」です。

市販されているベイト剤を床下や巣の近くの地中に埋めておくことで、シロアリにエサとして持ち帰らせて巣ごと駆除します。しかしこの方法では即効性は期待できず、薬剤がひとやペットに悪影響を及ぼすおそれがあります。

また、たとえ自分でベイト工法をおこなったとしても、完全に駆除できていなければ残ったシロアリがまた繁殖して食害は止まらないのです。ベイト工法で安心できるとすれば、これから被害に遭わないための予防にとどまるかもしれません。

【関連記事】
シロアリ初期症状の見極めポイント4つ!早期発見で家を守る
知っておきたいシロアリ予防5つの知識

シロアリ駆除は自分か業者、どちらがよいのか

シロアリ駆除は適した方法で確実におこなわなくてはなりません。駆除を自分でおこなうか業者に依頼するかを正しく判断する必要があります。

メリット デメリット
DIY ・業者に比べて費用が安く済む
・空いた時間に作業できる
・狭い床下での大変な作業になる
・薬剤を使用するため安全面が心配
・DIY用の市販薬は効果が弱い
業者 ・安全面に十分配慮してくれる
・確実にシロアリ駆除できる
・作業費用がかかる
・依頼先を探す手間がかかる

先述のとおり、シロアリ駆除はシロアリが発生している箇所を突き止めて確実に施工しなければ効果が期待できず、駆除しきれないと被害が広がる一方です。総合的に判断しても、シロアリ駆除は業者に依頼するのが安心でしょう。

気になるのは業者の駆除費用!

シロアリ駆除費用の全国平均は「1平米:3,250円」とされています。日本の一般的な戸建て住宅の建坪は30~40坪といわれていて、1平米あたりの金額を置き換えると「30坪:約32万円」が相場です。シロアリ駆除を業者に依頼した場合、以下のポイントによって費用が決まります。

  • ・施工方法
  • ・建物の構造
  • ・被害状況

施工方法は大きくわけて、先ほどご紹介した「ベイト工法」のほかに被害箇所に直接薬剤を散布・注入する「バリア工法」があります。また、床下に入るための点検口があるかどうかや被害箇所の範囲によっても金額が異なるのです。

ご参考までに弊社の無料相談窓口にご相談いただいた場合の、シロアリ駆除の費用相場をご紹介します。

30坪以下:約12万円~
31坪以上:約15万円~

とはいえこの費用は、現場状況によってどうしても幅が出ます。まずは一度調査をしておき、見積りを確認しておけば確実でしょう。

弊社には、そんな調査・見積りが無料の業者が多数加盟。無料相談窓口にてご要望があれば、最短即日対応でご紹介いたします。エリアや現場状況の関係で調査費がかかる場合も、必ず事前にご確認致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

【関連記事】
シロアリ駆除の適正価格と業者相場の徹底解説!

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

実際の様子:床下でおこなわれたシロアリ駆除

本格的なシロアリ駆除は、非常に労力のかかる作業です。ここからはご参考までに、弊社の編集部スタッフが取材した、実際の駆除作業の様子をご紹介いたします。

実際の様子:床下でおこなわれたシロアリ駆除

シロアリ駆除では、床下などの狭く明かりのない場所に潜ったり、高所での作業をおこなったりと、危険がともなうことが多くあります。全身を保護する厚手の作業服や、ヘルメット、マスクや軍手、長靴などの防護品はまず必須です。

実際の様子:床下でおこなわれたシロアリ駆除

今回の作業はまず床下への薬剤散布から始まりました。木材の内部に侵入するシロアリを確実に駆除するため、ドリルで木材に小さな穴をあけて、そこに薬剤を注入する作業をしていきます。

実際の様子:床下でおこなわれたシロアリ駆除

内部への注入が終わったら、表面にも薬剤を塗布していきます。写真のとおり、壁も地面も全体がべたべたになるほどの量の薬剤が塗布されていきます。ここで使用する薬剤は、それぞれ合計して100ℓ~200ℓにまで達します。この量を自力で用意するのは難しいことでしょう。

実際におこなわれたシロアリ駆除の様子

実際におこなわれたシロアリ駆除の様子

こちらは玄関タイルのすき間に、床下と同じように穴をあけて薬剤を注入している写真です。土のなかからやってきて、ときにはコンクリートも食べることがあるシロアリには、このような場所への対策も必要になるのです。

実際におこなわれたシロアリ駆除の様子

床下での作業を終えたスタッフは、写真のとおり全身が泥まみれになっていました。このように、多くの手間や道具を必要として初めて、シロアリの徹底駆除につなげることができます。

シロアリが気になる方はまず無料相談・調査から

シロアリ駆除を検討されるとき、すぐに業者と契約する必要はありません。まずは一度状況を相談して、どのような方法があるのかを聞いてみるとよいでしょう。

業者によっては相談はもちろん、見積りまでは無料というところもあります。そういった業者に相談しつつ、見積りに納得してから依頼できれば安心ですね。

弊社では、そんな無料相談を電話・メールにて24時間受け付けております。ぜひ、シロアリに関するお悩みをお聞かせください。ご要望があれば、お住まいの地域に対応しており、かつシロアリ調査・見積りを無料でおこなう業者をすぐにお探し・ご紹介いたします!

作業前であればいつでもキャンセルいただけますので、調査結果や見積りを確認してじっくりご検討ください。プロの手で安全・確実にシロアリ被害を食い止めて、大切なご自宅を守りましょう!

※対応エリア・加盟店・現場状況により、調査費用等をいただく場合がございます。その際は事前にお客様の了承をいただいた上でのご請求となりますので、ご安心ください。

※掲載料金は消費税を含んでおりません。(2020年3月時点)

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの無料調査・無料見積りならシロアリ110番にご相談ください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【シロアリの生態・特徴に関する記事はこちら】

シロアリの卵はすぐに増える!効果的な駆除・予防で住宅を守ろう!
シロアリたちの女王…その生態とは?女王アリの知られざる悲しい最期
シロアリの大きさは『種類や階級(羽アリ・幼虫など)』で違う!
シロアリの生態解説!羽アリの特徴や発生時期など|被害例や予防法も
シロアリかどうか羽アリの特徴で見かけよう!駆除や予防対策も
シロアリの寿命は約2~15年!生態や被害、シロアリ駆除は業者へ
羽アリの大きさって?シロアリやクロアリの生態・発見時の対処法とは

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
ローディングアニメ読み込み中...