シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 防蟻工事を大解剖!再施工のタイミング・費用相場・具体的な作業内容

防蟻工事を大解剖!再施工のタイミング・費用相場・具体的な作業内容

シロアリの駆除業者では、シロアリの侵入を防ぐ防蟻工事をおこなっています。防蟻工事をおこなうことでシロアリの被害を未然に防ぐことができますが、この工事は定期的に再施工をおこなうべきものです。

なぜなら、防蟻に使われる薬剤の効果は永遠ではなく、時間がたてば効果が薄れてしまうためです。今回の記事では、防蟻工事の再施工のタイミングや費用相場、具体的な作業内容などについて解説していきます。以下の情報を参考に、防蟻工事をおこなえるよう準備を進めていきましょう。

防蟻工事の必要性|再施工のタイミングや放置のリスク

防蟻工事の必要性|再施工のタイミングや放置のリスク

防蟻工事は定期的に再施工する必要があるものです。なぜなら、シロアリの予防に使う薬剤には、効果を発揮する期限があるためです。ここでは、防蟻工事の必要性についてくわしく解説をしていきます。

日本のシロアリ駆除業者は防蟻工事の際、おもにバリア工法という工法を用います。これは、住宅の土壌や木材に対して、シロアリの侵入を防ぐ薬剤を施す工法です。

施工直後は十分に薬剤が浸透しており、シロアリは薬剤の壁に邪魔をされて、住宅に侵入してくることができません。しかし、薬剤はそのまま使った場所に残っているわけではなく、散布した直後からゆっくりと分解されていっています。

この分解が進むことによって、シロアリの侵入を防ぐ壁はなくなってしまい、自由に侵入することができる状態になってしまうのです。そのため、業者ではこの分解の期間にあわせて保証期間を定め、定期的な施工を推奨しています。

薬剤が分解されて再施工が必要になるのは、前の施工から5年とされています。そのため、業者は5年の保証をしているのが一般的ですが、少し前までは、10年の保証をうたっていた業者も多くいました。

期間が短くなったのは、使用する薬剤に制限ができたためです。以前主流であった10年の効果を持つ薬剤は、環境や人体にも悪影響があるとして、現在では使用が禁じられています。そのため、使用できる薬剤にあわせて、5年の保証が一般化しているのです。

たとえ10年の保証がついていたとしても、その10年間で薬剤の効力はゆるやかに弱くなっています。また、新築からでも、築後5年を超えるとシロアリ被害が増加し始めるというデータもあります。目安は5年であることを念頭において、再施工を検討してもよいかもしれません。

継続したシロアリ予防を実現するためには、以前の防蟻工事をいつおこなったかをよく確認して、再施工のタイミングを把握しておくことが重要です。防蟻工事を施してから期間が開いているという場合は、もしかしたら危険な状態かもしれません。

シロアリ被害が心配な場合は、後述の【あなたの家は大丈夫?簡単にできるシロアリチェック】を確認してみるのをおすすめします。もし、いますぐにくわしい検査をしたいという場合は、シロアリ110番までご連絡ください。お近くの駆除業者を派遣し、無料でシロアリの状況を調査いたします。

工事の費用相場を把握しておこう!

防蟻工事をおこなう際にかならず把握しておきたいのが、必要な費用についてです。防蟻工事の費用の決まり方と相場を知っておくことで、それぞれのご自宅の施工ではどれだけの費用がかかるのか、イメージができるようになるはずです。

防蟻工事の費用は、施工する面積によって作業費の単価を決めているのが一般的です。単価の相場としては、「1坪あたり6,000円~9,000円」ほどといえるでしょう。例として2LDK15坪の住宅であれば、90,000円~135,000円ほどの作業費がかかる計算になります。

実際には、床下と1階を同時に施工する場合や、工法の違いなどによっても料金が変動してきます。事前に作業の範囲と見積りの内容をよく確認して、納得のいく料金で施工してもらうようにしましょう。

注意したいのが、追加料金やキャンセル料がかかる場合です。業者によっては、シロアリが寄ってこないための防腐処理などが基本料金とはべつになっており、追加の工事として料金がかけられる場合もあります。

追加料金が膨らむことで、ほかの業者よりも最終的な費用が高くなってしまうこともあるかもしれません。基本料金の安さにつられず、おこなう作業内容や、追加で必要な費用は事前にきちんと確認しておくとよいでしょう。

また、業者によっては、見積もり後のキャンセルをした場合に、キャンセル料が発生してしまう場合があります。どのタイミングで料金が発生するのかは、事前に確認しておきましょう。

弊社では、お見積り後の追加料金や、キャンセル料は一切いただいておりません。お見積りの明細についても、疑問に思う点があればきちんとご説明させていただきますので、ご安心ください。

DIYの防蟻と業者による本格的な工事との違い

前の章では業者による防蟻工事の相場についてご紹介いたしましたが、相場を見て高く感じた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、防蟻工事の費用がこの値段になるのには、きちんと理由があります。ここでは、DIYでの防蟻作業と、業者による本格的な防蟻工事の違いについてご紹介いたします。

DIYでの防蟻

DIYでの防蟻

DIYでの防蟻をおこなう場合は、多くの業者がおこなうのと同じように「バリア工法」をおこなうか、「ベイト工法」を用いることになるでしょう。まずはバリア工法について解説します。

多くの場合、シロアリは床下から侵入して棲みつきます。そのため、バリア工法では、床下に潜って施工をおこなうことになります。

床下に潜る際には、肌を出してケガをしてしまわないよう、厚手の服や軍手、帽子等を着用するようにしてください。また、明かりはないので懐中電灯も用意しておきましょう。

薬剤は液体のものを、噴霧器という機械を用いてばらまくことになります。薬剤や噴霧器は通販、もしくはホームセンターで入手することができます。薬剤は、シロアリの侵入口となる基礎の立ち上がり部分や、土壌に対してとくに重点的に散布するようにするのがよいでしょう。

直ちに大きな害がある薬剤が売られていることはありませんが、防虫剤には人体にあまりよくない影響を与える成分が含まれていることもあります。吸い込んでしまったりしないよう、マスクや保護メガネもしっかり着用して作業をおこなってください。

ベイト工法は、住宅の周りにベイト剤というものを設置して予防をおこなう方法です。ベイト剤とは、木材に殺虫成分を含ませた、いわゆる毒エサのことです。

シロアリは、見つけたエサを巣に持ち帰って共有する習性があります。ベイト剤はシロアリが好むように成分が調整されており、シロアリたちはベイト剤のほうを優先して食していくことでしょう。そうして侵入してきた群れを壊滅させる、という予防法です。

ベイト工法を用いる場合は床下に潜る必要がないため、バリア工法よりも肉体的な負担は格段に少なくなります。ただし、じわじわと群れが駆除されるのを待つ形になるため、バリア工法のような即効性はありません。また、定期的にベイト剤が食べられていないかを確認する必要があります。

DIYでの防蟻の問題点と業者がおこなう防蟻

DIYでの防蟻は不可能ではないものの、業者がおこなう防蟻に比べて、十分な効果が見られないことも多くあります。

基本的に市販されている薬剤は、業者が使う高価な薬剤よりも殺虫成分が弱くなります。そのため、バリア工法をおこなった際の効果の持続期間が短く、こまめに塗りなおす必要があるかもしれません。

また、DIYになれている人であっても、狭く暗い床下での薬剤散布を、いきなり完璧にこなせる人は少ないはずです。結果、薬剤の撒き方にムラができてしまい、せっかく作業をしたのに、十分な効果を発揮できない場合もあります。

ベイト工法を用いる場合でも、ベイト剤を設置する場所の見極めが必要です。シロアリが反応しない場所にベイト剤を設置してしまうと、ベイト剤を無視して住宅に侵入してきてしまうおそれがあります。

業者では専用の強力な薬剤を使って、それぞれの作業を効果的に仕上げることができます。また、DIYでおこなえる方法以外にも、木材に直接薬剤を注入したり、防腐処理を施してシロアリの好む環境になるのを防いだりなど、さまざまな作業をおこなうことができます。

薬剤は種類によってはペットなどに有害な場合もありますが、業者はそのデメリットをしっかりと把握しています。避難やアフターケアなど、適切な対応をとることができるでしょう。

また、多くの業者では保証期間内にシロアリが発生してしまった場合、無償でシロアリ駆除を承っています。つまりはそれだけ、保証期間内の効果が裏付けられているということです。

DIYの防蟻でも効果がないわけではありませんが、どうしても限界があります。確実にシロアリ予防をしたいのであれば、業者の手を借りるのが一番でしょう。弊社でも作業後5年のアフターケアを約束していますので、もし業者による防蟻工事をご検討の際は、ぜひご連絡ください。

あなたの家は大丈夫?簡単にできるシロアリチェック

あなたの家は大丈夫?簡単にできるシロアリチェック

防蟻工事をこれまでおこなっていない、もしくは前回の防蟻工事から間が開いているという場合、住宅はシロアリに対して無防備な状態になってしまっています。シロアリは木の表面ではなく内部を食べすすめていくため、被害が表面化したときにはもうすでに住宅中が食い荒らされてしまっていた、ということもあります。

シロアリは意識してチェックすることで、その存在や被害に気付くことができます。以下の項目がどれだけ当てはまるかをチェックしてみましょう。

  • ・築後5年、もしくは前回の防蟻工事から5年以上経っている
  • ・歩いていると床がフワフワしたり、ギシギシと鳴る箇所がある
  • ・壁や柱を軽くたたいたときに空洞音がする箇所がある
  • ・水漏れ、雨漏りを起こしている箇所がある
  • ・床下の木材をドライバーで軽く突いたら割れてしまった
  • ・扉の立て付けが悪くなった

これらの項目は、外部から家の木材の異変に気付くためのチェック項目です。一見なんともないように見えても、中身は食い荒らされたことによってスカスカになってしまっており、これらのような住宅の異変が起こることがあります。普段生活している中で見つけられる項目も多いので、意識しておくとよいかもしれません。

  • ・家の周りに木材やダンボール、新聞紙などを長い間放置してしまっている
  • ・庭に放置している切り株がある

シロアリは、住宅のまわりにある木材をまずエサ場にして侵入してくることもあります。くわえて、湿気の溜まった朽木などを好むため、雨風にさらされている木はシロアリにとって、おあつらえむきのエサになってしまっているおそれがあります。また、シロアリは木以外に、紙類、プラスチック、ゴムなども食い荒らしてしまいます。

  • ・家の中、もしくは周辺で羽アリを見た
  • ・基礎や土台に土で盛られた道のようなものがある
  • ・近所でシロアリ被害があった

シロアリは地中から侵入してくる際、土や木くずを固めて蟻道と呼ばれるトンネルをつくり、そこを通り道とします。これがあるということはつまり、すでにシロアリが侵入しているということかもしれません。

また、羽アリは近くにある巣から飛び立ってきたものであるおそれがあります。放置していると、羽アリが新たな女王となって巣を形成してしまうこともあるため、見つけたら駆除しておくことをおすすめします。

ここまでの項目で当てはまるものが多いほど、シロアリ被害を受けているおそれは大きくなります。シロアリは放っておくとどんどん住宅を侵食してしまうため、早めに対処することが重要です。もし疑わしいようであれば、まず一度業者にくわしく調査してもらうのをおすすめします。弊社では無料で調査を承っておりますので、ぜひご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...