シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > シロアリ駆除の補助金と雑損控除や保険など費用を抑える方法について

シロアリ駆除の補助金と雑損控除や保険など費用を抑える方法について

シロアリ駆除の補助金と雑損控除や保険など費用を抑える方法について

シロアリ駆除は、被害が大きければ大きいほど、費用負担が大きくなります。そのため、補助金や保険などが使えるのであれば利用したいと考える方も多いでしょう。

本記事では、シロアリ駆除の補助金や保険について解説します。活用できるものがあれば活用し、なるべく安くシロアリ駆除をおこないましょう。

また、「手続きが必要なことなどは難しくて苦手」という方のために、手軽に費用を抑える方法もご紹介しますので参考にしてください。

シロアリ駆除の補助金は基本的にない

シロアリ駆除の補助金は基本的にありません。しかし、シロアリ駆除の費用を減らすことができる国の制度があります。それが雑損控除です。下記を参考に必要な手続きをおこなってシロアリ駆除費用を抑えましょう。

雑損控除を受けることはできる

雑損控除を受けることはできる

雑損控除とは、災害などによって資産についての損害を受けた場合に適用される所得控除です。シロアリ駆除は「害虫などの生物による異常な災害」に該当します。

そのため、確定申告の際にシロアリ駆除の費用を雑損控除として申告することで、費用の一部が戻ってくるかもしれません。

ただし、対象となるのはシロアリ駆除です。おこなった作業がシロアリの予防だった場合は、雑損控除の対象外になるのでご注意ください。

雑損控除を受ける条件

シロアリ駆除が雑損控除の対象になることはおわかりいただけたと思いますが、誰でも受けられるものではありません。以下の条件を満たしている必要があります。

  • ・資産の所得者が、納税者もしくはその配偶者や親族で、その年の総所得金額等が38万円以下である
  • ・生活に通常必要な資産である

また、雑損控除の申告の際には駆除をおこなったときの領収書が必要になります。なくさないように持っておきましょう。

手続きの流れとしては、確定申告書・シロアリ駆除の領収書・源泉徴収票を用意し、確定申告期間内に税務署に提出するだけです。還付金は後日入金になるので、提出後はしばらく待ちましょう。

シロアリ駆除で火災保険が適用されることも

シロアリ駆除は、基本的には火災保険も補助金同様適用外です。しかし、被害状況によっては、火災保険の特約である損害賠償請求に使われることがあります。どのような場合に火災保険が適用されるのか、その条件を覚えておきましょう。

基本的にはシロアリ駆除は火災保険の適用外

基本的にはシロアリ駆除は火災保険の適用外

火災保険は、おもに地震や火災、風災などの災害による損害を補償するものです。そのため、シロアリをはじめとする害虫被害やネズミやイタチなどの害獣被害は適用外となっています。

シロアリ被害で火災保険が適用されるケース

シロアリ被害に、火災保険は基本的に適用されません。しかし、賃貸アパートなどの借家(借家の一軒家も含む)にお住いの場合は、借主に過失がなければ『損害賠償請求』をすることで建物の持ち主に駆除費用をだしてもらえることもあります。

とはいえ、実際に自身の無過失や相手方の過失を立証することは難しく、この損害賠償が適用されるケースはあまり多くはありません。「損害賠償請求ができるかもしれない」、という参考程度の情報として覚えておきましょう。

ほかにシロアリ駆除の費用を抑える方法はあるのか

シロアリ駆除の補助金はなく保険適用もまれなケースです。雑損控除を受けることはできますが、手続きが面倒と感じる方もいるでしょう。

そのような方は、シロアリ駆除の業者を吟味してみてはいかがでしょうか。業者の選び方次第でシロアリ駆除の費用は抑えることができます。どのような点に注目して業者を選ぶと駆除費用が抑えられるのかを覚えておきましょう。

現地調査無料

現地調査無料

シロアリ駆除は、作業をおこなう前に家の状態や広さ、間取りなどを確認するために現地調査をおこないます。

しかし、現地調査から費用がかかる業者と現地調査無料という業者があるのです。調査が無料であってもプロの目でしっかりと調査することに変わりはないので、現地調査は無料と提示している業者に依頼しましょう。

追加料金がかからない

シロアリ駆除は、駆除をおこなうほか、床下の湿気対策や木材の補強、床下に障害物があればその撤去費などが必要になる場合があります。

それらの作業が必要な場合、現地調査や見積りの時点で説明があり、納得していれば問題ありません。しかし、まれに当日に追加の作業があるといって費用が高くなる場合があります。そういったトラブルにあうことがないように、追加料金不要の業者がおすすめです。

地元の業者を利用する

シロアリ駆除の費用は、作業費のほかに出張費が含まれることがあるのですが、業者によっては近い場所であれば出張費は不要というケースもあります。出張費のかからない地元の業者を探してみましょう。

また、地元の業者であれば、地元ならではの特徴や今後の生活で注意すべき点なども知っていることがあるので、費用面以外でも安心して任せられるかもしれません。

安いだけではダメ!シロアリ駆除の業者を選ぶコツ

ここまでは、シロアリ駆除の費用を抑える方法についてご紹介しました。しかし、業者選びにおいて重要なのは安さだけではありません。優良業者を選ぶみっつのポイントを解説しますので、業者選びの参考にしてください。

明確な見積り

明確な見積り

見積りは費用面にもつながりますが、優良業者を選ぶうえでも重要なポイントになります。見積りに記載されているのは作業内容とその費用です。

あいまいな作業内容や用途不明の費用がないかなどをよく確認し、依頼者が理解できる明確で分かりやすい内容の見積りを出す業者を選びましょう。

丁寧な対応

業者の方の言葉遣いや態度は印象につながります。作業をおこなうまで業者の方の腕の善し悪しはわかりません。その場合、業者を選ぶ基準となるのは印象がよいかどうかでしょう。

現地調査の際の対応や話し方、駆除作業に関する説明などから、「対応が丁寧である」と感じる業者に依頼することをおすすめします。

相見積りで比較検討

相見積りをとることも大切です。ひとつの見積りだけを見たのでは、費用が適正かどうか、削れる費用はないかなどを判断することができません。

複数の業者から見積りをとり、内容や料金などを比較検討して、もっとも納得のいく見積りを出した業者を選びましょう。

上記のようなポイントをおさえた業者を自力で見つけ出そうと思うと、シロアリ駆除の業者は数が多くて難しいものです。しかし、弊社にご相談いただければ、お住まいの地域や被害状況を考慮して、ご要望に沿うような業者を迅速にご紹介します。

相見積りも弊社が対応しますので、自分で複数の業者に連絡をとる必要はありません。最短で即日対応の業者もあるので、急いで作業をおこないたいという方でも対応可能です。

ご相談はいつでも無料で受け付けていますので、お気軽にお問合せください。

まとめ

シロアリ駆除は補助金もなく、保険が適用されるケースも少ないため、費用面で大きな負担がかかります。しかし、雑損控除を受けたり、業者選びを丁寧におこなったりすることで、費用を抑えることができるでしょう。

大きく費用負担が減るわけではありませんが、ちょっとしたコツさえも知らなければ費用を抑えることはできず、損をすることになります。ご紹介した情報を活かして、賢くシロアリ駆除をおこないましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...