シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 床下のシロアリ対策【プロに学ぶ】自力で点検・知っておくべき前兆!

床下のシロアリ対策【プロに学ぶ】自力で点検・知っておくべき前兆!

床下のシロアリ対策【プロに学ぶ】自力で点検・知っておくべき前兆!

床下にシロアリが発生すると、建材に対する食害などによって建物の耐久力が低下していき、倒壊しやすくなります。そのためにも床下点検をおこない、もしシロアリ被害があれば適切な対処をとることが重要です。

床下がシロアリ被害を受けているときには『床がギシギシと沈む』『戸を開け閉めしたときに引っかかる』などのトラブルが起こります。生活しているなかで、万が一このような違和感を覚えたときには、早急な床下点検をおこなうべきです。また、シロアリの被害は床下以外の場所でも発生していることがあるため、併せて確認するとよいでしょう。

本コラムでは、床下を含めシロアリ被害を受けているおそれのある箇所を自力で確認する方法について、ご紹介いたします。細部まで、徹底した点検はシロアリ駆除業者に依頼した方がよいため、業者に関することもふれていきます。シロアリから大切な建物を絶対に守りたいという方は、ぜひご一読ください。

床下のシロアリ被害を点検してみよう

ここでは、床下がシロアリ被害にあっていないか点検をおこなう際に用意するものから、確認すべきポイントなどをご紹介いたします。

現在、日常生活を送っているなかで、以下のような症状が起きている方は、シロアリ被害にあっている危険性が高いです。

  • ・床がフワフワと浮き沈みする
  • ・戸・ドアを滑らかに開け閉めできない
  • ・木くずや虫のフンみたいなものをよく見かける

これらの違和感を覚えたことがあるという方は、大切な建物を守るためにもとくに熟読していただければと思います。

床下に入る服装・準備

床下に入る服装・準備

床下に入るときは、まず以下のものを用意しましょう。

○長袖長ズボン(※動きやすい服装だとなおよし)
床下は狭くて暗い場所です。そのため、建材などで肌を擦ってしまったり、打ってしまったりするおそれがあります。家を守るための行動によって、自身が傷ついてしまっては元も子もないので、少しでもケガを減らすために肌の隠れる長袖長ズボンを着用しましょう。

○帽子・マスク・軍手
両手をケガや汚れから守るためにも、軍手を装着するとよいです。動きづらくならない程度で、なるべく厚めのものだと、より負傷防止になってよいでしょう。

また、頭をぶつけたときに傷ができないように、髪の毛が汚れないように、帽子も被ってください。また、床下はカビやホコリがひどい場合が多いので、マスクも必ずつけましょう。

○懐中電灯
点検作業には明かりが必須です。自宅にある懐中電灯を使いましょう。より正確に作業をおこないたい場合は、強力な光を放つタイプがよいです。また、頭に装着するタイプのライトがあれば、両手が自由になって作業がしやすくなるため、よりよいでしょう。

○デジタルカメラ
デジタルカメラも用意してください。作業中に気になる点を撮影しておけば、シロアリ駆除業者に依頼した際に、作業をスムーズにする資料として利用できる場合があるのです。

動画も撮っておけば、作業を終えてから改めて床下の状況を見直すこともできます。見直すことで、床下に潜っていたときには発見できなかった問題点を見つられることもあるため、撮影しておいて損はありません。

もしデジタルカメラを持っていない場合は、スマートフォンでも代用できます。スマートフォンであれば、高性能なライト機能も備わっているため、懐中電灯とデジタルカメラの両方がなくても作業できるでしょう。ただし、スマートフォンが汚れないように注意しなければなりません。

これらの道具が準備できたら、点検口から床下に潜って作業を始めていきましょう。点検口は建物の構造によって設けられている場所が異なりますが、一般的にはキッチンや物置・玄関にある場合が多いです。点検口が見つかったら、床下への出入りで汚れないように周囲のものを片付けたり、レジャーシートを敷いたりして、作業を始めます。

※点検口がない場合は、自力での床下点検は困難です。シロアリ駆除業者に依頼して、点検口から増設してもらう必要があります。点検口がどうしても見つからない場合は、まずその建物の建設に携わった業者に連絡するなどして、本当に点検口がないのか確認しましょう。ないといわれてしまった場合は、その旨を駆除業者に伝えてください。

チェックポイント

まずは点検口のなかに頭を入れて、ニオイを確認しましょう。このとき、カビによる悪臭があれば、床下で水漏れなどが起きている危険性が高いです。細かいところまで意識して点検する必要があります。

床下点検で見るべきところは、『建材の状態』『蟻道(ぎどう)の有無』『雨漏り・水漏れの有無』です。以下でひとつひとつ詳しくご説明していきます。

建材の状態
シロアリが発生している場合、建材が食害にあっている危険性があります。土台を構成している建材や配管がボロボロになっている場合は、食害と考えてよいでしょう。

シロアリは木造建築だけを対象にすると思われがちですが、じつは雑食であるため、鉄筋コンクリート造りであっても被害を受けます。土台から配管、壁まで可能な限り細部まで確認しましょう。

蟻道の有無
アリが通った道には、蟻道というものができます。直射日光を嫌う性質のあるシロアリの場合は、土などで作られた筒状の蟻道になります。蟻道が作られている場合は、シロアリが発生している、またはシロアリの被害にあっているという危険性が極めて高いです。

蟻道について、さらに詳しく知ってから点検作業に入りたいという方は、あらかじめネットで画像検索をしておくとよいでしょう。こういうものだと画像で見ておけば、作業中に見逃してしまうリスクを減らすことにつながります。ただし、画像はどれも気持ちのよいものではありません。シロアリが大量に写っているものもあります。注意してください。

雨漏り・水漏れの有無
シロアリによって外壁が食べられてしまうと、床下と外部をさえぎるものがなくなってしまいます。そのため、雨が床下に染み込むのです。また、配管が食害にあうことでそこから水漏れが発生しているおそれもあります。床下に潜る前にニオイを嗅いだとき、カビの悪臭を感じた場合は、雨漏りや水漏れが発生している危険性が高いため要注意です。

シロアリが好む場所

シロアリは風通しが悪く、湿気がたまってジメジメとした環境を好みます。そのため、湿気がたまりがちな床下が狙われてしまうのです。

シロアリ被害を防ぐためには、通気口をしっかりと機能させて、換気が十分におこなわれる環境を作りましょう。

家の周りや屋根もチェック!

床下だけがシロアリの被害にあうわけではありません。家の周囲や屋根にも、シロアリは発生します。ここでは、床下以外の点検方法についてご紹介いたします。

家の周囲の点検方法

家の周囲の点検方法

家の外壁に沿って歩きながら、以下の点を確認してください。

  • ・基礎の部分に蟻道ができていないか
  • ・庭に切り株がないか、木製の家具を置いていないか
  • ・基礎部分に設けてある換気口の前に障害物がないか

蟻道が作られていた場合は、シロアリが発生している、または発生していたという可能性が高いです。ただし、蟻道なのか、ただの土の筋なのかは見分けることが容易ではないため注意しましょう。

シロアリは雑食とはいえ、腐敗した木材などが大好物であるため、伐採されたまま放置されている切り株や、雨に打たれて腐った木製家具などに集まる危険性があります。

また、シロアリは風通しの悪い湿った環境を好むため、換気口の前に室外機やプランターなどが置いてあった場合は、すぐに移動させましょう。

屋根の点検方法

シロアリは暗く湿った環境であれば、建物のどこにでも発生するおそれがあります。そのため、屋根も定期的に点検しましょう。敷いてある瓦が浮き上がって見えたり、雨どいに落ち葉がたまっていたりすると、シロアリが発生している場合があります。

ただし、屋根の点検を自力でおこなうことは、あまりオススメできません。作業に不慣れな人がおこなうと、落下して負傷する危険性もあるからです。

屋根の除雪をしていたり、樹高のある庭木を切っていたりして転落し、命を落としてしまうといったニュースを見聞きしたことがある方も多いかと思います。どんなことであれ高所作業は大変危険な行為です。できれば、作業に慣れた業者に依頼しましょう。

自力でできるシロアリ対策

ハチやゴキブリ・ダニといった私たちの生活を脅かす害虫に対して、たとえ知識や経験が少なくてもおこなえる対策があるように、シロアリに対しても効果的な対策法があります。ここでは、私たちがすぐに実行できる簡単なものをご紹介するので、ぜひ試してください。

換気口をふさがない

換気口をふさがない

室外機や物置などで換気口がふさがっている場合は、すぐに別の場所へ移しましょう。シロアリは多湿な環境を好みます。そのため、床下の換気が十分におこなわれるようにすることが大切なのです。換気口からしっかりと風が入り、空気が循環されるようになれば、床下のシロアリ被害を未然に防ぐことができるでしょう。

地面に木材を置かない

シロアリは雑食とはいえ、木材を好むことは事実です。木材を置いておくということは、すなわちシロアリにエサを与えているようなものになります。庭木を切った際に発生した枝や伐採したときの幹・伐採後に残った切り株から、木製の家具なども格好の的となってしまうため、庭や駐車場などにいつまでも放置しておかないようにしましょう。

雨漏りや水漏れを放置しない

雨漏りや水漏れによって、壁の内側や床下・屋根裏が多湿な環境になってしまったり、建材が腐敗してしまったりすると、シロアリが発生します。雨漏りや水漏れは、どのような些細なものであっても、見つけ次第すぐに修繕しましょう。運よくシロアリが発生しなくても、雨漏りや水漏れだけで建物の耐久性は落ちてしまいます。放置してメリットはありません。

シロアリ駆除方法はふたつ

シロアリの駆除方法には『ベイト工法』と『バリア工法』の2種類があります。ここではそれぞれについて、詳しくご紹介いたします。

ベイト工法について

ベイト工法について

害虫を殺虫する効果がある成分を混ぜてあり、かつ害虫が好んで食べる『ベイト剤』という薬剤を使って駆除する方法を『ベイト工法』といいます。

これはシロアリにも有効です。シロアリに効果のあるベイト剤を設置することで、それを食べたシロアリを駆除できます。1匹のシロアリがベイト剤を巣に持ち帰ることがあれば、巣に潜むシロアリもまとめて駆除することが可能です。

バリア工法について

シロアリに効果的な薬剤を建材のなかに注入したり、シロアリに狙われそうな空間に散布したりする方法を『バリア工法』といいます。事前にシロアリが嫌う薬剤によって、建物自体が守られることになるため、シロアリが寄ってこなくなるのです。そこから、バリアという名がついたとされています。

また、寄せ付けなくなるだけでなく、駆除する効果もあります。ただし、その建物の利用者によっては、薬剤に何かしらの拒否反応が起きてしまうおそれがあるため、おこなう前には注意が必要です。薬剤に弱い体質の方や小さなお子さんが使う建物には、なるべく使わない方がよいでしょう。

シロアリ駆除にかかる費用相場

シロアリ駆除は業者によって費用に大きな差が生じるものです。そのため、相場を知っておかないと、請求金額が高すぎる業者に依頼してしまったという後悔につながるおそれがあります。ここでは費用相場をご紹介しますので、後悔なき駆除にお役立てください。

シロアリの駆除費用は、おもに平米単価(※坪単価)で表示されます。その費用相場は『およそ2,200円』です。この相場は、平米単価のものになります。

業者のサイトによっては、坪単価と平米単価のどちらか一方のみで記載されている場合もあるため注意が必要です。坪単価と平米単価では、パッと見たときの金額に大きな差があります。坪単価で表示されているサイトと、平米単価で表示されているサイトを見比べるときは、単位をそろえる計算をしましょう。1坪は約3.3平米になります。

シロアリ駆除をおこなうときは、見積りをおこなうだけでなく、必ず相見積りをおこないましょう。5件から見積りをとれば、相見積りとして十分な効果があると考えられます。それぞれの業者が出した見積り内容を精読して、心から納得のいく業者に依頼してください。

弊社には多数のシロアリ駆除業者が加盟しております。そのため、ご要望を満たす業者をご紹介させていただくことが可能です。ご紹介いたします業者の多くは、見積りを無料でおこなっております。ご相談くだされば、相見積りにも対応可能です。24時間365日、コールセンターでお悩みを承っております。ご都合のよろしいときに、ぜひお電話ください。

まとめ

大切な建物を脅かすシロアリは、床下に発生することが多いです。そのため、定期的に床下がシロアリ被害にあっていないか、点検しましょう。

点検作業をおこなうときは『長袖長ズボン』『帽子』『マスク』『軍手』『懐中電灯』『デジタルカメラ』を準備します。懐中電灯やデジタルカメラで使えるものがない場合は、スマートフォンで代用することも可能です。ただし汚れないように注意しましょう。

点検をおこなって、シロアリがいなくても、油断してはいけません。シロアリ対策をしっかりとおこないましょう。『床下の換気口の前にはものを置かない』『シロアリのエサとなる木材を庭や駐車場に置かない』『雨漏りや水漏れがあれば些細なものでも修繕する』といった対策をおこなうことが大切です。

点検をおこなって、もしシロアリが発生していた場合は、駆除が必要です。徹底的に駆除するためには、業者に依頼しましょう。駆除費用は業者によって差があるため、しっかりと相見積りをおこない、納得のいく業者に依頼することが大切です。

業者選びで何かお悩みができたときには、ぜひ弊社にご連絡ください。スタッフ一同、大切な建物を守りたいという思いに、真摯に対応させていただきます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...