シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 床下点検は重要!DIYする方法や業者に依頼する流れと費用をご紹介!

床下点検は重要!DIYする方法や業者に依頼する流れと費用をご紹介!

床下点検は重要!DIYする方法や業者に依頼する流れと費用をご紹介!

シロアリの床下点検は自分でおこなうことも可能ですが、多くの床下は暗く、狭い場所であるため適切に作業することが困難。建材などですり傷や打ち身など、ケガをしてしまうおそれもあるので注意しておく必要があります。また点検作業に慣れていなければ、見るべき箇所を見落としてしまうおそれもあるかもしれません。

とくにシロアリ被害などは、専門的な知識がないと被害状況はわかりにくいものですし、駆除においても技術が必要になります。もし床下調査やシロアリ被害への不安がある場合は、一度プロの業者に調査依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

当記事では自分で床下に入りたい、という方のために安全に床下点検をおこなうために必要なものや注意点、点検方法などを解説します。まずは何から準備すればいいか、しっかり把握しておきましょう。

※もし今すぐしっかり床下点検をおこないたいという場合は、ぜひ弊社にご相談ください。シロアリ駆除をおこなうシロアリ業者を、全国対応でご紹介しております。床下調査費無料の提携業者も多く、最短即日対応も可能。もし費用が発生する場合には、必ず確認をさせていただきますのでご安心ください。

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検のご依頼ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

DIY自分で床下点検をするために【準備編】

床下点検をおこなうまえに、必要な道具をそろえておきましょう。一度の点検で見落としなくおこなうためにも、作業を始めるまえに確認すべき場所についてしっかりと調べておく必要があります。

潜るための服装

潜るための服装

  • ・長袖長ズボン(つなぎなどの動きやすいもの)
  • ・帽子
  • ・マスク
  • ・ゴーグル
  • ・軍手
  • ・長ぐつ

長袖長ズボンは身を守るために着用してください。狭い床下での作業は、ほふく前進する必要があり肌が露出してしまうと建材でケガをするおそれがあります。つなぎを着用すると服がめくれることもなく作業しやすいでしょう。

また、ホコリなどの汚れを吸い込んでしまったり、髪の毛が汚れたりするおそれもあるため、マスクや帽子も忘れずに着用してください。

必要なもの
・懐中電灯
・カメラ

懐中電灯は一般的なものでも問題ありませんが、暗い床下で細部までしっかりと確認する作業になるため、強力な光を放つタイプがおすすめです。

カメラは床下がどのような状況なのかを撮影するために使います。点検作業を終えてから、改めて床下の状況を見直すことで、作業中に発見できなかった被害を知ることができる場合もあるため、可能なら撮影しましょう。

最近のスマートフォンのなかには、高性能なカメラやライトが備わっているタイプもあるので、スマートフォンを汚さずに使えるという方は、代用するのもひとつの手段です。

あると便利な道具

床下点検のすべて|DIYの方法や業者依頼の費用を詳しく解説します 台車 狭い床下を進んで点検するのは決して楽な作業ではありません。そこで、狭い場所でも楽に移動できるのが取っ手の部分がないタイプの台車です。板にキャスターがついていて、その上に寝た状態で床下を進んでいくことができます。

あると便利な道具 床下点検
ロボット
床下の構造によっては人が潜るのが難しいほど狭かったり、潜って作業するのは危険だと感じたりすることもあるかもしれません。近年では、自分で床下点検ができない場合に活用できるラジコン型の床下点検ロボットも販売されています。ラジコンにはライトやカメラがついていて、スマートフォンで確認しながら操作することができるものもあるのです。

台車やラジコンのほかにも、ドローンを利用して床下点検をおこなうサービスも登場しているようです。このように、床下に人が潜って点検する作業が簡単ではないことがおわかりいただけたかと思います。DIYで床下点検をおこなう際は、万全な準備をしておきましょう。

おすすめの時期と時間帯

自分で床下点検をするなら、できるだけ負担の少ないときを狙いましょう。

おすすめの時期
・過ごしやすい気温になる春や秋
 
 
おすすめの時間帯
気温・湿度が高くない秋   
明るい午前中
天気のよい日

 

床下点検をおこなうなら、夏場などの暑い時期や気温の高い時間帯は避けたほうがよいでしょう。床下は風通しが悪く湿気がこもりやすいことが多いです。大変な作業の負担を少しでも減らすためには涼しい時期のうちに点検することをおすすめします。

床下点検について、何かご不安な点がございましたら、ぜひ弊社にご連絡ください。早朝や深夜でも、お時間のあるときにご相談いただけますので、お気軽にお電話ください。

無料相談窓口

【関連記事】
シロアリ駆除は何年おきにするのが賢い?保証年数の理由も解説

いざ!自分で床下へ潜ってみよう!【手順方法】

準備が整ったら、床下に潜って点検をしてみましょう。ここからは、床下に入る方法から注意点までをご紹介していきます。

防護服にきがえる。
作業で汚れそうな場所を養生する。
点検口から床下に入る。

どこから進入する?

準備が整ったら、床下に進入するための点検口があるかどうか確認しましょう。点検口のある場所はキッチンで収納庫として使っている場合や、物置や玄関に設置してあるなど、住宅によってさまざまです。
日常的に意識する場所ではないことから、どこにあるのか忘れてしまっている方もいらっしゃるかと思います。道具の準備と併せて、時間のあるときに探しておくとよいでしょう。

点検口がない場合

点検口がないと、床下に潜ることができない場合が多いです。自力で床下点検をおこなうことはもちろん、業者でも進入できないことがあります。

もちろん建物の構造にもよりますが、点検口がない場合はまず点検口を作ることから始まるケースが多いです。探しても点検口が見つからないときは、建築に関わった業者に相談するか点検業者に尋ねるなど確認しましょう。

どのように動けばいい?

建築基準法で定められている床下の高さは40cmで、人が歩くことができるような場所ではありません。床下ではほふく前進で先へ進むことになります

地面に腹ばいになった状態で、腕と足を動かして前進しましょう。床下が低いと上半身を起き上がらせるスペースがないこともあります。

注意すること

注意!
  • ・息苦しくなったらすぐに退散する
  • ・頭をぶつけない
  • ・出口を見失わないように目印をつけておく
  • ・狭すぎるところには無理に侵入しない
  • ・1人でおこなわない

床下点検では、決して無理をしないでください。点検中に具合が悪くなったり、無理に奥へと進んだりして外へ出られなくなってしまっては大変です。また、ほふく前進といった慣れない動きで短時間でも体力を消耗してしまうことが考えられます。

必ず出口がわかるように目印をつけて、トラブルがあればすぐに退散できるようにしておきましょう。床下に潜ることを家族に伝えるなどして、トラブルがあればすぐにサポートしてもらえる環境にしておけば安心です。

また、暗く狭い床下ではちょっとした動きで頭をぶつけるなどケガをするおそれもあるため、慎重に作業してください。床下から釘が出ていることもあるので、進行方向や頭上をよく確認しながらゆっくり進んでいきましょう。

床下点検5つの確認ポイント

床下に潜ったら、異常がないか点検していきます。確認するポイントは複数あり、知らないうちに重大な被害が起きていることもあるのです。床下点検では以下の5つのポイントを確認しましょう。

ひび割れ

ひび割れ
住宅の基礎であるコンクリート部分を確認してください。基礎にひびがある場合、そこに雨水などが入り込んでしまうと、内部の鉄筋が錆びて耐震性に影響してしまうおそれがあります。ひびを見つけたら、補修を依頼するなど正しい対処をしましょう。

水漏れ

水漏れ
床下には給水管や排水管といった配管がとおっています。この部分が劣化していると水漏れを引き起こすことがあるのです。配管の水漏れは、水道料金を高くしてしまったり床下の湿度をあげてしまったりするおそれがあります。

カビが発生するだけでなく、湿度が高く暗い場所はシロアリの住処となりやすいため、住宅を支える木材を食害する危険もあるのです。配管にサビや傷がないか、水漏れが起きていないかなど確認しておきましょう。

断熱材

断熱材
床下には断熱材があることが多いです。断熱材は床下の湿度によってはがれてしまうことがあります。そうなると屋内での断熱効果がなくなっているおそれがあるため、もとに戻らなければ交換しましょう。

湿度

床下がジメジメしている、カビが生えているなど湿度が高すぎると感じたら、換気できる環境に整えましょう。床下はただでさえ湿気がこもります。湿度が高いとカビだけでなくシロアリの発生原因にもなってしまうのです。
床下の換気口が塞がれていないか確認してください。もともと湿気の多い土壌なら、床下に設置して空気を循環させる床下換気扇などを使用してもよいでしょう。

シロアリ

シロアリ
シロアリは土のなかから床下に侵入してきます。木材などのエサがある場所までは、シロアリの排泄物などで作った蟻道(ぎどう)というトンネルのようなものを進んでいきます。床下の木材がボロボロになっていたり、コンクリートの基礎部分に茶色い土のような筋がついたりしていたら、シロアリが棲みついていると疑ってよいでしょう。

シロアリは放置するとどんどん繁殖して住宅の支えとなる柱などの木材を食べつくしてしまいます。その結果、住宅の耐久性に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。気づいたときには大きな被害に遭っていることも少なくないため、早急に対処しましょう。

【関連記事】
シロアリ駆除は何年おきにするのが賢い?保証年数の理由も解説

シロアリ駆除の調査を依頼したい!内容とかかる費用、依頼前の準備も

床下点検・シロアリ駆除は業者依頼しよう

もし蟻道や痕跡を見つけたとしても、どの程度の被害に遭っているかは正しい床下調査をしなければわかりません。しかしこの床下調査は暗く、狭い場所に乗り込んでいくことから非常に難しい作業であり、慣れていなければシロアリの被害状況を自分で突き止めることは難しいでしょう。

床下調査やシロアリの駆除は、プロに依頼してやってもらうことをオススメします。調査の結果シロアリ被害を受けていた場合、プロの業者であれば適切に駆除してくれるでしょう。何より自分で手間や時間をかけなくてもシロアリへの不安がきれいに解消できる点は、大きなメリットといえます。

弊社では、全国にある加盟店のなかからお近くのシロアリ駆除業者をご紹介。最短即日対応も可能です。現地調査・見積り無料のシロアリ業者も多数加盟しており、もちろん金額確認後のキャンセルも大丈夫。費用面が不安な方にも、安心してご利用いただけます。

電話・メールフォームでのご相談窓口は24時間受け付けておりますので、いつでもお気軽にご相談ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様のご了承をいただいた上で、調査費用をいただく場合がございます。

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検のご依頼ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

床下点検を業者に依頼した場合の費用や流れ

シロアリがいるかもしれないとき、「絶対にこの家を守りたい!」「自分でやるのは難しそうだ……」といった思いがある方は、シロアリ駆除のプロに依頼することを強くおすすめします。プロに任せておけば、時間を割いてまで苦しい思いをする必要はありません

また、培われたシロアリ駆除の技術と経験に基づいて作業がおこなわれるため、見落としなどの心配もないでしょう。とはいえ、床下点検をシロアリ駆除業者に依頼したことがない人は大半だと思います。依頼先のあてがないと、業者選びのから悩んでしまうことでしょう。

ここからは、業者による床下点検の、費用相場や作業手順についてご紹介します。「業者に頼んだことがなく費用についても不安だな……」「床下に入ってどんな作業をするのが心配……」とお悩みの方のためにも詳しくご紹介していきますので、ご一読ください。

床下点検の費用相場

床下点検の費用相場

床下点検は『無料』の場合と、そうでない場合があります。費用がかかってしまう場合の相場はおよそ5,000~1万円です。点検費用がかかるかどうかは業者のホームページを閲覧したり、電話で直接尋ねたりして確認することができます。

また、床下点検口がないケースは点検口を作ることから始まることになるようです。その場合は費用が膨れてしまうことになりますので、必ず「点検口がない場合、費用はいくらくらいになるのか」業者に尋ねましょう。

弊社でも、床下の点検・調査は無料でおこなっておりますので、ご安心ください。床下点検口がない場合でも点検作業が可能な業者も加盟しております。また、ご希望のお時間に対応できる業者をご紹介いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用をいただく場合がございます。

【関連記事】
シロアリ駆除の適正価格と業者相場の徹底解説!

業者がおこなう床下点検について

床下点検を業者に依頼したとき、以下のような流れで進みます。

 電話などで業者に床下点検を依頼
 業者がご自宅に訪問して状況を伺う
 床下点検開始

点検が終わったあとは、被害があれば作業中に撮影をおこなっているため、写真を見ながら詳しい説明してくれるでしょう。シロアリが発見された場合、駆除をおこなうべきかどうかといった、今後の方針についての話に移っていくケースが多いです。

 

床下点検を依頼したら、事前に点検口の把握と点検口周りの片付けをおこなっておくとスムーズに点検が開始されます。
多くの業者は点検口の出入りで屋内が汚れないよう、作業シートを敷いてから作業に取りかかりますが、汚れてほしくないものは点検口の近くに置いておかないほうがよいでしょう。

よい業者の選び方

よりよい業者を見つけるために、以下のポイントを確認しましょう。

POINT!
  • ・無料点検・見積りをおこなっている
  • ・料金を明確に提示している
  • ・気になることを質問したときに丁寧に受け答えしてくれる
  • ・作業実績がある
  • ・アフターフォローがついている

作業の適正な金額を知るために複数の業者から見積りを取って比較するとき、見積り無料の業者なら安心です。あとになって追加料金がかかることがないように、どの作業にいくらかかるなど、料金が明確に提示されているかどうかも確認してください。

また、電話相談でもこちらの質問に丁寧に対応してくれる業者なら信頼できるでしょう。作業実績があることも重要です。経験豊富で知識がある業者なら、的確な対処をしてくれるはずです。

床下にシロアリが見つかったときには早急に駆除することをおすすめします。シロアリ駆除に使用する薬剤の効果はおよそ5年で、保証期間としている業者が多いようです。

万が一のときにもアフターフォローがついていれば安心ですよね。あとで後悔することがないように、これらのポイントをふまえて業者選びをおこなってみてください。

床下には知らないうちにシロアリが棲みついていることがあるため、床下点検をおこなうことで発見につながります。自分で点検するのは大変そうだけど、一度も点検したことがなく不安に感じている方は、ぜひ弊社をご利用ください。

シロアリ駆除のプロがシロアリ被害の有無を確実に調査いたします。弊社にご依頼いただいた築年数別のシロアリ駆除依頼件数は築5年を過ぎた住宅が多いです。

最近では、新築の際に床下にシロアリ予防が施工されています。シロアリ予防をおこなうベストな周期は5年ごとであることから、この期間をすぎてシロアリ被害に遭われてしまうことが予想されます。定期的なシロアリ予防が重要だといえるでしょう。

また、新しい建物でもシロアリ予防をおこなっていないと被害に遭ってしまうことがあるのです。家を建ててから一度もシロアリ予防をおこなっていない場合は一度点検をすることをおすすめします。

中古住宅を購入した際は、前回の予防がいつだったのか確認をしましょう。もし5年以上が経過しているという場合、シロアリの被害に遭っている危険性も考えられます。

シロアリ駆除業者をお探しでしたら弊社におまかせください。「シロアリ対策協会指定工法」で確実に駆除をおこなうプロをご紹介いたします。5年間保証のアフターサポートで施工後も安心です。

悪徳業者に気をつけて!

業者選びを誤ってしまうと、あとでトラブルに発展することも考えられます。以下のような点には注意しましょう。

CHECK!
  • ・突然訪問してきて調査をすすめる
  • ・強引に契約を迫る
  • ・役所の職員を装って安心させた上で契約させる

残念ながら、このように悪質な行為をする業者がいる可能性はあります。床下点検を依頼するときは、相手に促されずに優良業者を見極めて依頼しましょう。

弊社では、無料相談窓口からご要望をお伺いした上で、全国にある多数の業者のなかから最適な業者をご紹介いたします。調査や見積り後にキャンセル、というのももちろん可能ですし、なにより高い技術と経験、知識を兼ね揃えたスタッフばかりなので安心しておまかせください!

また弊社の提携業者には、調査費無料の業者も多数加盟しております。調査だけでも結構ですので、お気軽にご相談ください。エリアによっては無料対応できないこともありますが、その際は必ず事前にご了承・ご納得いただけなければキャンセルも可能ですのでご安心ください。

スタッフ一同、みなさまからのご連絡心よりお待ちしております。

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検のご依頼ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【関連記事】
小さい羽アリ大量発生!シロアリの時期は1年中!どんな駆除が必要?
シロアリ被害の特徴を写真で詳しく解説!徹底的なシロアリ駆除とは?

【シロアリ調査に関する記事はこちら】

蟻道はシロアリの通り道!見つけたら早めに駆除するのがおすすめです
シロアリの巣を自分で見つけられる!床下の調査方法と駆除方法
こんな症状ないですか?自分でできるシロアリの確認方法と対処法
シロアリ点検は超重要!自分でやる・業者に頼むときの調査方法
シロアリの音が聞こえる?家で聞こえる「カタカタ」の正体とは
シロアリ初期症状の見極めポイント4つ!早期発見で家を守る
シロアリ駆除の調査を依頼したい!内容とかかる費用、依頼前の準備も
床下のシロアリ対策【自力で点検する方法】シロアリ駆除法や費用も!

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
ローディングアニメ読み込み中...