シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 日本のアリの種類と特徴!よく見かけるものと危険なものを一挙公開

日本のアリの種類と特徴!よく見かけるものと危険なものを一挙公開

庭や公園などで列になって歩いている姿をよく見かけるアリですが、日本に生息するアリにはどのような種類がいるか知らない方も多いでしょう。

アリのなかには毒を持っている危険な種類も存在します。アリの種類や危険性について知り、アリの被害にあわないようにしましょう。

また、よく見かけるクロアリのほかにシロアリという虫がいます。クロアリとシロアリの特徴や危険性の違いについても解説しますので、被害にあってしまった場合に対処に困らないように覚えておきましょう。

日本に生息するアリの種類

日本には数種類のアリが存在します。なかには人体に被害をおよぼす危険な種類もいますので、どのような種類がいるのか覚えておきましょう。

ここでは、10種類のアリについてご紹介します。在来種と外来種にわけて、それぞれの特徴を解説しますので、種類の判別にお役立てください。

代表的な在来種アリ7種類

代表的な在来種アリ7種類

まずは在来種です。代表的な7種類について、見た目の色や大きさなどの特徴をご紹介します。

・クロオオアリ
ムネアカオオアリと並び、日本に生息する最大のアリで、体長は7~12mmです。全身黒色をしていて、頭部は光沢がありません。日本全国に生息しているので、見かける機会は多いでしょう。

・クロヤマアリ
体長4~6mmほどのアリで、体の色は全身グレーっぽい黒色です。関東ではひとつの巣に女王が一匹、関西では一つの巣に女王が複数住んでいます。

・ムネアカオオアリ
クロオオアリと並び、日本に生息する最大のアリで、体長は7~12mmです。見た目は、名前の通り腹部が赤褐色をしています。

・トビイロケアリ
体長3mmほどの小さなアリで、全身黒褐色をしています。アブラムシと共生関係にあり、アブラムシに食べ物をもらい、アブラムシを天敵から守るという特徴があります。

・アミメアリ
体長3mmほどの小さなアリで、頭部と胸部に網目模様があるのが特徴です。巣穴をつくらず、頻繁に移住して暮らしています。

・サムライアリ
体長4~7mmのアリで、日本では沖縄以外全国各地に生息しています。ほかのアリの巣を襲って、自分のものにし、ほかのアリを奴隷のように使う戦闘的な種類です。全身黒褐色をしていて、大あごが発達しています。

・ヒメアリ
体長1.5mmほどの小さなアリで、頭部と胴体が黄褐色、お尻の部分が黒褐色という見た目です。北海道や東北の一部に生息し、民家の近くにも棲みつきます。

代表的な外来種3種

外来種は3種類について見た目の色や大きさなどの特徴をご紹介します。

・アルゼンチンアリ
体長2.5mmほどの南米原産のアリで、東海・関西・中国地方に生息しています。全身黒褐色のような色をした好戦的な種類です。

・ヒアリ
体長2~6mmほどの南米原産のアリで、赤褐色をしています。赤褐色の在来種とは区別がつきにくく、見た目だけでの種類の判断が難しいのが特徴です。アルゼンチンアリ同様好戦的な性格をしています。

・アカカミアリ
体長3~5mmほどのやや大型のアメリカ原産のアリで、沖縄をはじめ本土でも各地で生息が確認されています。頭部は褐色ですが、ほかは赤褐色で、形が似ているためヒアリと区別がつきにくいことが特徴です。アカカミアリも好戦的な性格をしています。

アリのなかでも注意が必要な種について

ご紹介した10種類のなかには、危険な種類も存在します。毒性のある危険なアリと、毒性はないが危険なアリの2種類にわけて解説しますので、アリの種類別の危険性について覚えておきましょう。

毒性のある危険なアリ

毒性のある危険なアリ

ご紹介したなかで、毒性のある危険なアリは、アミメアリ、ヒアリ、アカカミアリの3種類です。

アミメアリは、腹部に小さい毒針を持っています。積極的に攻撃をしかけることはなく、刺されたという事例もありませんが、毒針がある以上安全とはいえません。体に網目模様のあるアリを見かけたら、近づかないよう注意しましょう。

ヒアリは非常に毒性の強い毒針を持っていて、ほかの種類のアリを駆逐して繁殖や成長を続けます。日本では、まだ人間への被害が少ないですが、アメリカでは多くの死亡例があるほど危険な種類です。

アカカミアリは、ヒアリに比べれば毒性はやや弱く死亡例もありませんが、アナフィラキシーショックを起こすほどの毒を持っています。

ヒアリとアカカミアリは、どちらも危険性のあまりない似た体色のアリとの判別が難しい種類です。誤って触れて毒の被害にあうことがないよう、赤褐色のアリには近づかないようにしましょう。

毒性のアリに刺されると、場合によってはめまいや息苦しさなどの症状が出ます。少しでも体調不良などの違和感や不安があれば、病院で医師にみてもらいましょう。

毒性はないが危険なアリ

ご紹介したなかで毒性のない危険なアリは、ヒメアリとアルゼンチンアリの2種類です。

ヒメアリは咬まれることがあり、痛みや小さな腫れなどの症状が出ます。家の中に侵入することもある種類なので、室内でもアリを見かけたらむやみに近づかないようにしましょう。

アルゼンチンアリは大あごで咬みついて攻撃します。攻撃対象はほかの種類のアリから蜂の巣、人間までさまざまです。

農作物を食べられてしまうという被害も出ているので、作物を育てている場合は、その被害にも注意が必要です。

似た名前の「シロアリ」との違い

ここまでご紹介してきたのはクロアリという種類です。しかし、それとは別に似たような見た目のシロアリという種類がいます。

シロアリには、クロアリとは違った危険性がありますので、クロアリとシロアリの違いやシロアリの危険性についても知っておくとよいでしょう。

クロアリとシロアリの違い

クロアリとシロアリの違い

クロアリとシロアリのもっとも明確な違いは分類です。クロアリはその名の通りアリですが、シロアリはアリではありません。ゴキブリの仲間なのです。

見た目にも違いがあります。クロアリにはくびれがありますが、シロアリにはくびれがありません。触角もクロアリはL字型ですが、シロアリはまっすぐ伸びています。

また、どちらも羽が生える時期があるのですが、その時期や羽の大きさなども異なります。クロアリは6~10月に羽アリがあらわれ、4枚の羽根のうち頭部に近い2枚のほうが大きいのが特徴です。シロアリは4~7月に羽アリがあらわれ、4枚とも同じ大きさの羽をつけています。

シロアリの羽は簡単に取れるので、室内に小さな羽だけが落ちているのを見つけたら、シロアリがいることを疑ったほうがよいかもしれません。

シロアリの危険性

シロアリは、建物の土台となる木材や、書物などを食い荒らします。木や紙に穴を開けて入り込み、内側まで食い尽くすのです。種類によっては広範囲の木を食い荒らし、家を倒壊されるほどの被害が出るおそれもあります。

床下や浴室などの湿度のある場所や、出入りしやすい玄関などでの被害が多いので、こまめな換気や戸締りをしっかりとするなどの対策をしましょう。

詳しいシロアリ被害について知りたい方は、下記のコラムをご覧ください。
シロアリ被害、放置していませんか?家を守る対策・駆除方法をご紹介

シロアリの被害はわずかでも油断ができず、個人での解決は難しいものです。一匹でも家でシロアリを見かけたことがある方は、すぐに業者に調査や駆除を依頼しましょう。

シロアリ駆除の業者探しは、弊社にお任せください。徹底的なシロアリの駆除はもちろん、見積り後の追加料金が不要なので、費用面でも安心してご利用いただけます。

駆除が必要かどうかわからない場合でも、年中無休でご相談を受け付けていますので、いつでもお気軽にお電話ください。

まとめ

日本にはさまざまな種類のアリが存在します。アリの種類は、代表的なものだけでも10種類おり、危険な種類も多いです。

しかし、アリの特徴を知り、危険な種類に不用意に近づかないなどの対策をすれば、被害にあうことは避けられます。

自分が被害にあわないことはもちろん、子供や友人が知らずに被害にあってしまうことがないように、アリの特徴や危険性についてしっかりと覚えておきましょう。

そして、シロアリはクロアリと異なり、住まいに影響をおよぼします。小さな虫の被害ですが、被害が広がれば建物が倒壊するおそれもある危険なものです。シロアリの被害にもあわないように注意しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...