シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > パイン材のシロアリ対策|なぜ狙われる?予防策とセルフチェック紹介

パイン材のシロアリ対策|なぜ狙われる?予防策とセルフチェック紹介

パイン材のシロアリ対策|なぜ狙われる?予防策とセルフチェック紹介

建材や家具の素材として人気のパイン材ですが、使用するのであればシロアリ対策をする必要があります。パイン材は人間だけでなく、シロアリにも人気のある木材なのです。

このコラムでは、パイン材のシロアリ対策について解説していきます。自分でできる対策方法やセルフチェックなどを知って、シロアリ被害を防ぎましょう。

パイン材はシロアリに強い木材ではない!

パイン材のシロアリ対策方法を解説する前に、まずはなぜパイン材がシロアリに好まれるのかを知りましょう。パイン材が好まれる理由は、人間にとってもシロアリにとっても同じものでした。

パイン材の特徴

パイン材の特徴

パイン材とは赤松の木から作られた木材です。ところどころに節の入った木目の風合いが人気の理由のひとつとなります。

また、木材の中ではやわらかい部類に入る木材で、加工がしやすいです。そのため、DIYの材料としても人気で、ホームセンターで安価に購入することもできます。

パイン材はそのやわらかさから、しなりがよく、衝撃を吸収してくれます。そのため、建材としてもぴったりなのです。その代わり強度はあまりありませんが、香りもよいため、海外では高級家具も作られているほどです。

シロアリ被害を受けやすい理由とは

これらのパイン材が人気な理由の、どこがシロアリにつながってしまうかというと、シロアリはやわらかい木材を好むからです。シロアリはもともと、朽ちた木などを好んで食します。それは、生きている木と違って、朽ちた木はやわらかくなるからです。

同じように、シロアリは建材の中でもやわらかいものを好みます。とくにやわらかいパイン材は、シロアリにとってはとびきりのご馳走なのです。

また、一般的にパイン材は欧州や北米産のものを指します。その中でも北欧などの寒い地域が原産のパイン材は、被害に遭いやすい傾向にあると考えられます。それは、寒い地域にはシロアリがいないため、木にシロアリに対する抵抗力がないためです。

それでもパイン材は魅力的な木材で、なんとか使用したいという人もいるでしょう。そのためには、しっかりと対策をとることが必要です。

パイン材のシロアリ対策法

それではいよいよ、パイン材のシロアリ対策について確認していきましょう。自分でできるシロアリ対策は、おおきくわけて3つあります。

シロアリ予防の薬剤

シロアリ予防の薬剤

パイン材のシロアリ対策に使われているのは薬剤です。塗布して使うものや、木材に流し入れるものもあります。

また効果も薬剤によって違います。シロアリを寄せ付けないようにするものもあれば、シロアリが木材を嫌うようになってしまうものもあるので、目的に合わせて選んでください。

ただ、使用量を守らないと人間に健康被害が出てしまうものもあります。薬剤を使用する際は、効果や使用方法をよく確認するとともに、正しい使用量を守りましょう。

木材やダンボールを置かない

シロアリのエサとなる木材やダンボールを置いたままにしないようにしましょう。とくに庭など、外に放置するのはよくありません。

外に放置しておくと、雨などにもあたり、腐敗が進みます。そうなれば、シロアリをおびき寄せてしまうのです。

シロアリはエサとなるところに、そのまま巣を作る傾向があります。そのため、おびき寄せられたシロアリが、そのまま庭に巣を作ってしまうことだってあるのです。

さらに、シロアリは度々引越しもします。それはエサを食べ尽くしてしまったり、繁殖で巣の個体数が増えすぎてしまったりするためです。しかし引越し先はそう遠くはありません。比較的近い場所に新しく巣を作るようです。そのため、庭に巣を作ったシロアリが、次は建物内に引越ししてくることだって考えられるのです。

床下の風通しをよくする

シロアリは湿気がある場所を好みます。そのため、床下に湿気がたまっていると、シロアリは好んでやってきてしまいます。床下の風通しをよくして、湿気がたまらないようにしましょう。方法としては床下換気扇などがあります。

シロアリ被害はセルフチェックできる!

パイン材のシロアリ対策をしていても、シロアリを100%予防できるかというと、残念ながらそうではありません。シロアリ被害に遭う可能性は少なからずあります。

もし被害に遭ってしまったら、早急に発見対処することが大切です。ここでは自分でできるシロアリ被害のセルフチェックについてご紹介していきます。定期的にセルフチェックをおこない、シロアリ被害の拡大を防ぎましょう。

蟻道の有無

蟻道の有無

シロアリは外に姿をあらわすのが苦手なため、滅多に出てくることはありません。外で移動するときも、土の表面ではなく、土の中を移動するくらいです。なぜそんなに姿をあらわさないかというと、それは空気の流れを嫌うためです。シロアリが外に出るとしたら、羽アリとなって巣を飛び立つときくらいかもしれません。

では土の中以外の移動はどうするのかというと、空気にさらされないように蟻道とよばれる土でできたトンネルを作ります。建物の基礎の側面に土でできた蟻道を見たことがある人もいるのではないでしょうか。また、建物の土台や基礎などの隙間には、蟻土を盛って塞ぐことによって、空気が流れないようにします。

このような蟻道もしくは蟻土を見つけたら、シロアリ被害に遭っている可能性が高いです。ただし、見つけたからといって、自分で壊してしまうのはやめましょう。壊すことによってシロアリを確認することはできますが、壊したことでシロアリが違う場所に移動してしまい、駆除が困難になってしまうことがあります。

食害の有無

シロアリが建物内にやってきて困るのは、建材を食害してしまうからです。食害が確認できるのであれば、間違いなく被害に遭っているということになります。

ただし、食害された形跡があれば必ずシロアリがいるというわけではありません。ほかの害虫にも食害をするものがいます。シロアリかどうかの判断の仕方としては、ヤマトシロアリ・イエシロアリは運んだ土が付着しているはずです。また、カンザイシロアリですと、砂粒のような糞が残っているはずです。

群飛の確認

シロアリは巣の個体数が増えると、その中から新しい女王蟻候補・王蟻候補が羽アリとなって新しい巣を作るために飛び立ちます。その際、巣からたくさんの羽アリが出てくるため、それを見つけたら近くにシロアリの巣があるということになります。

羽アリの数が数匹程度でしたら、別のところから飛んできた可能性が高いです。しかし、これから巣を作ってしまうかもしれないので、安心はできません。

木材を叩いて音を聞く

シロアリは木材の内側を食害します。そのため、見た目ではなんともないことも多いのです。しかし、内側の食害が進めば空洞になるため、叩いて音を聞くとわかります。空洞音がしたら食害されてしまった可能性が高いです。

床を歩いてフワフワしているところを確認

こちらもおなじく、建材の内側を食害され、空洞になってしまうことで起こります。床の建材で空洞になってしまったところがあれば、そこだけ耐久性が落ち、フワフワとしているように感じるでしょう。そういったところがあれば、シロアリ被害に遭っている可能性が高いので、確認をしましょう。

建材や家具がシロアリ被害を受けてしまったら

パイン材のシロアリ対策をしていても被害に遭ってしまったら、業者にシロアリ駆除の依頼をしましょう。シロアリは数匹生き残っただけでも、新しく巣を作ってしまうことがあります。そのため、完全に駆除してしまわなければなりません。

しかし、素人がシロアリの完全駆除をおこなうのは難しいです。そのため、素早く対応してくれる業者を探すことをおすすめします。

弊社ではシロアリ駆除の業者をご紹介しています。電話相談は24時間365日受け付けしておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

パイン材は赤松を原料とした、やわらかい木材です。そして、やわらかい木材を好むシロアリ被害に遭いやすいという欠点があります。もし、パイン材を使いたい場合はシロアリ対策をしましょう。

パイン材のシロアリ対策は、予防する薬剤を使う・外に木材やダンボールを置かない・床下の風通しをよくするなどがあります。しかし、これらの対策をしていても、被害に遭う可能性はゼロではありません。定期的にセルフチェックをおこない、被害に遭ったとしても早急に対処できるようにしましょう。

もし被害に遭ってしまったら、自分で駆除するのではなく、業者に依頼しましょう。業者に依頼すれば、完全に駆除してもらうことができるため、安心です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...