シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > シロアリの生態を知ろう!日本に生息するシロアリの種類と及ぼす害

シロアリの生態を知ろう!日本に生息するシロアリの種類と及ぼす害

シロアリが住宅に発生してしまうとよくない、というのは広く知られたところかと思われます。しかし、シロアリは実際どのような生態を持つ虫で、具体的にどのような被害をもたらす虫なのか、というのをご存知の方は案外少ないのではないでしょうか。

シロアリがどのような虫なのかを知っておけば、実際に遭遇してしまった際も、慌てずに対処をすることができるはずです。今回は意外と知らない、シロアリの生態についてご紹介いたします。後半ではシロアリの発生を予防する方法もご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

日本にいるシロアリの種類と生態

一口にシロアリといってもその種類は非常に多く、世界規模で見ると約2,000種以上のシロアリが発見されています。そのうち、日本に生息しているのは22種といわれています。彼らはいつ、どこで、どのような生活をおくっているのでしょうか。ひとつひとつ順を追って解説していきます。

ヤマトシロアリとイエシロアリ

ヤマトシロアリとイエシロアリ

日本において住宅に被害を出すのはおもに「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」「ダイコクシロアリ」の4種です。さらにその中でも、ほとんどの住宅被害はヤマトシロアリとイエシロアリの2種によるものとされています。まずはもっとも代表的といえる、この2種の違いについて見ていきましょう。

ヤマトシロアリは、北海道北部を除く日本全域に生息するシロアリです。シロアリは基本的に寒さに弱いものです。関東地方以北や北陸地方でシロアリ被害が遭った場合、このヤマトシロアリの存在を疑うべきでしょう。

イエシロアリは、千葉県以西から沖縄にかけての、比較的温暖な地方で見られるシロアリです。イエシロアリの特異な点は、ほかの種のシロアリよりも圧倒的に大きな規模の群れで行動する点です。このために、被害の件数としてはヤマトシロアリのほうが多いものの、実際に棲みつかれた場合の被害は、イエシロアリのほうが大きくなる傾向があります。

両者の働きアリや兵アリには頭の形や体の大きさに違いが見られますが、一目だけ見て判断できるかといえば、難しいかもしれません。ですが、ヤマトシロアリの羽アリの体は黒、イエシロアリの羽アリは黄褐色というように、羽アリの色にハッキリとした違いが見られます。

巣の外に出ていることが多いのも羽アリですので、羽アリを観察するのがもっともわかりやすい見分け方といえるでしょう。

シロアリの生活と巣作り

シロアリはどの種も大きな群れを成して、それぞれに役割分担をして巣をつくっています。ですが、どこにどのような巣をつくるかは、種によって違いがあります。ここでもヤマトシロアリとイエシロアリを例に、解説していきます。

シロアリの食べ物といえば木材ですが、ヤマトシロアリは木材を食べすすめてできた穴を、そのまま巣穴として活用しているのが特徴です。

長い間一カ所にとどまっていることはなく、エサ場をある程度食べすすめてしまったりなどして居心地が悪くなれば、すぐに次の住処を探しに移動します。たとえるなら、遊牧民のような生活をしているのがヤマトシロアリです。

対してイエシロアリは、エサ場とは別の場所に、土や木くずを活用した専用の巣を形成します。イエシロアリは定住型の生活をおくっており、エサ場の環境が多少悪くなろうとも、すぐに巣を手放そうとはしません。

また、この巣の作り方の違いは、群れの規模に関係しているといえるでしょう。ヤマトシロアリが2万匹~3万匹程度の群れで動いているのに対し、イエシロアリは数十万~100万匹ほどの超大規模な群れを形成しています。その違いをあらわすかのように、ヤマトシロアリも規模が大きめの群れになった場合、専用の巣を形成することがあります。

ちなみに、アリという名前がついており、生活のしかたもアリそのものに見えるシロアリですが、じつは分類としてはアリとはまったく別種の生物です。シロアリの正体はゴキブリ目の昆虫であり、約3億年前からほとんど同じ姿で生きているといわれているのです。

シロアリの活動時期

シロアリには決まった活動時期というのは存在しません。彼らは冬眠をすることなく、1年を通して活動しています。産卵をおこなう女王も、1年を通して毎日新たな卵を産み続けています。

ただ、その中で羽アリが飛び立つ時期というのは決まりがあり、種類によってその時期が少し異なります。おおよそですが、ヤマトシロアリの羽アリは4月~5月、イエシロアリは6月~7月に飛び立っています。

1年を通して活動しているシロアリですが、羽アリが飛び立つ時期には繁殖が活発になったり、寒い冬の時期は活動が緩やかになったりなど、上下はあります。羽アリのシーズン中には、とくに念入りなシロアリ対策が必要だといえるでしょう。

シロアリがエサとするもの

シロアリはまずひとつとして、木材を食い荒らすものです。ですが、ひたすらそれだけを食べて生きているかといえば、そうではありません。もとは木材を材料とするダンボールや新聞紙などの紙類をはじめとして、ゴムなどもシロアリの食料となります。

とくにイエシロアリはより一層雑食性が強く、コンクリートやプラスチックまでも食い荒らしてしまうことがあります。イエシロアリはなんでも食べはしますが、とくに好むのは枯れた植物や柔らかい木材です。イエシロアリの好物である木造住宅にお住まいの方は、イエシロアリに対して、より一層の警戒が必要といえるでしょう。

イエシロアリに狙われるとやっかい?

もし住宅を狙われた場合、どのシロアリがよりやっかいかといえば、やはりイエシロアリでしょう。イエシロアリは大規模な群れの頭数にまかせて、とんでもないスピードで住宅を食い荒らしてしまいます。

また、雑食性が強いこと、巣の場所をなかなか変えないことなども、イエシロアリがよりやっかいとされる理由です。もしイエシロアリに遭遇してしまった際には、早急に現地調査や駆除を業者に依頼してください。

弊社では、シロアリのことについてお困りの現場へ業者を派遣して、シロアリ駆除のお手伝いをさせていただいております。イエシロアリに限らず、シロアリ駆除をご検討の際はぜひご相談ください。

家が倒壊?シロアリが私たちに及ぼす害とは

家が倒壊?シロアリが私たちに及ぼす害とは

シロアリは、住宅のあらゆる場所を食い荒らしていってしまいます。それによっておこる被害は非常に多くあり、ひとつひとつが決して無視できない被害です。

例えば床下を侵食されれば、住宅の基礎がボロボロになってしまい、家全体の傾きが発生するおそれがあります。ほかには、フローリングや畳などの床を食い荒らされてボロボロになっているのも、よく見受けられる被害です。歩いていてなんとなく床がフワフワしていたり、ギシギシと音が鳴ったりするような箇所があれば、危険信号かもしれません。

また、シロアリは湿気の多い環境を好む虫です。そのため、浴室やキッチン、洗面所などの水回りもよく食い荒らされてしまいます。その調子で床や壁だけでなく、天井まで食い進められてしまった場合には、食い跡が水漏れの原因になることもあるでしょう。住宅だけでなく、中にある家具が食い荒らされてしまう例もあります。

そうして住宅をあらゆる場所を食い荒らされてしまうと、当然中がスカスカになったぶん、住宅の耐久性が著しく落ちてしまいます。そうしてまれにですが、シロアリによって住宅が倒壊させられてしまうこともありえます。

また、今すぐ倒壊ということはなくとも、災害時には確実に、食害を受けていない状態よりも大きな被害を受けてしまうことでしょう。このように、シロアリによる食害は、私たちの命を脅かしてしまう危険もあるのです。

もし上記のような症状に心当たりがあったり、シロアリのような虫を見たりした場合は、一度シロアリが棲みついていないかを調査することをおすすめします。弊社から派遣する業者は、現地調査を無料で承っております。シロアリについてのご不安をお持ちであれば、ぜひご相談ください。

シロアリの生態を活かしたシロアリ予防法

シロアリは住宅に棲みつくことで、私たちにさまざまな被害を与えてしまいます。シロアリによる被害を避けるためには、シロアリが住宅に寄り付かないよう、事前に予防しておくべきです。ここからは、シロアリの生態を活かした、シロアリの予防法をご紹介します。

家の周りに物を置かない

家の周りに物を置かない

シロアリは住宅に使われる木以外にもさまざまなものを食い荒らし、住処としてしまいます。シロアリの侵入を防ぐにはまず、家の周りに物を放置しておかずに、きちんと片付けておくとよいでしょう。

とくに気をつけるべきは住宅の基礎部分です。住宅の基礎部分はシロアリが棲みつきやすい部分です。また、普段はなかなか目にすることがない部分のため、大きな被害が出ていても気づきにくい部分でもあります。

そんな基礎部分のまわりに物を置いてしまうと、暗がりができることで、シロアリの侵入経路として使われやすくなってしまいます。とくに木材、およびダンボールや新聞紙などの紙類は、外に出しておかないようにしておきましょう。

日ごろからよく換気をする

シロアリは高温多湿を好む虫です。そのため、室内の空気がこもっていると、シロアリが寄り付きやすくなってしまいます。湿気が溜まらないように、日ごろからこまめな換気をしておくだけでも、非常に有効なシロアリ予防になるのです。

ただし、換気をしたほうがよいといっても、シロアリは網戸のすき間を縫って侵入してくることもあります。一般的な網戸には「18メッシュ」という単位の網目が使用されていることが多いのですが、18メッシュの網目はシロアリが難なく通れてしまう大きさなのです。

シロアリの侵入を防ぐためには、より網目が細かい30メッシュの網戸を使用するとよいでしょう。

水漏れや雨漏りを放置しない

シロアリの侵入を防ぐためには、水回りの水漏れや、雨漏りを放置しておかないようにするのも大事なことです。先ほど説明をした通り、シロアリは湿気を好む虫です。

水漏れなどを起こしていることで、どうしても部屋の湿度が上がってシロアリが侵入しやすくなるほか、水漏れの箇所はシロアリの水飲み場として利用されることもあります。シロアリのことに限らず、水漏れを起こしているのは住宅にとってデメリットしかない悪い状況ですので、しっかりと修理をしておきましょう。

シロアリ予防の薬剤を散布する

通販やホームセンターなどでは、シロアリ予防のための薬剤が市販されています。床下にシロアリの予防薬をまいておけば、本格的にシロアリの侵入を予防することが可能です。

ですが、狭い床下にもぐっての作業をおこなうのは、少々難しい場合も多いかもしれません。もし薬剤なども使用したシロアリ予防をご検討の際は、業者の手を借りてみるのもよいでしょう。

弊社から派遣する業者は、作業のお見積りから、より有効な予防策のご提案まで、親身にご相談を承ります。シロアリ予防をお考えの際にも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...