シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > シロアリの大きさと種類|クロアリとの違いや主な被害について解説!

シロアリの大きさと種類|クロアリとの違いや主な被害について解説!

シロアリは大きささまざまです。それはシロアリには階級があり、その役割によって大きさが異なるためです。またさらに、シロアリの種類によっても大きさが違います。

この記事では、シロアリの生態や被害について解説していきます。また、シロアリとクロアリの違いについてもご紹介していきます。ご自宅が被害にあわないよう、しっかりと予防していきましょう。

シロアリの大きさは?羽アリなど種類別に解説

まずは、シロアリの大きさを種類別、さらに階級別に解説していきます。

イエシロアリ

イエシロアリ

イエシロアリは寒さに弱いため、暖かい地域に生息します。主な生息地は関東以南かつ以西です。

・女王アリ
大きいものですと、40mm程にもなります。

・兵アリ
体長は7.5mm~9.5mm程です。頭が体の1/3と大きく、卵型で、淡い褐色をおびています。大きな顎が鋭く曲がっていて、噛みつくと粘液を出します。

・羽アリ
体は7.5mm~9.5mm程で、褐色です。また、羽の長さが9.5mm~12.5mmあり、体よりも大きいです。同じような大きさの羽が4枚ついていますが、これは簡単に切り離せます。羽の色は薄い褐色です。

・職アリ
体長5mm~7mm程で、イエシロアリの中で一番小さいです。頭部が乳白色なため、シロアリとわかりやすいです。体は寸胴で、くびれのあるクロアリとはかなり体型が違います。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリは北海道の一部を除いて、日本全土に生息するシロアリです。

・女王アリ
大きいものだと15mm程にもなります。

・兵アリ
体長は3.5mm~6mmです。頭が体の1/2と、こちらも大きいです。大きな顎は、鋭いはさみのような形をしています。イエシロアリと違い、粘液は出しません。

・羽アリ
黒っぽい褐色の体は、4.5mm~7.5mm程あります。羽の長さは7mm~7.4mm程で、こちらも簡単に切り離すことができます。羽の色は半透明の褐色です。

・職アリ
体長は4mm~6mm程で、兵アリと同じくらいか、それより大きいものもいます。イエシロアリと同様、乳白色の寸胴な体をしています。

このようにシロアリは階級や種類によって大きさが違います。そしてシロアリの駆除には種類の特定が大切です。それはシロアリの種類によって生態が異なるからです。しかし、素人にはシロアリの種類の特定は難しいことです。シロアリの種類がわからないときは、ぜひ弊社までご連絡ください。弊社がご紹介するシロアリ駆除の業者なら、シロアリの種類の特定をすることもできます。

女王アリの位置づけとは?シロアリの階級と役割

シロアリの大きさは、階級によって違いがあることがわかりました。では、この階級にはどんな役割があるのでしょうか。

女王アリ

女王アリ

1つの巣に女王アリと王アリが1匹ずついます。そして女王アリは巣の中で、死ぬまで繁殖を続けます。

女王アリは一生で100万個以上の卵を産むといわれています。もともとほかの階級より大きな体をしていますが、産卵のためにお腹が大きくなると、さらに体が大きくなり、まるでイモムシのようです。

女王アリが巣を出ることはありません。女王アリの仕事は卵を産むことだけなので、ずっと巣の中でひたすら繁殖を続けるのです。

羽アリ

女王アリ以外に生殖能力を持つ蟻をニンフと呼びます。このニンフが羽アリになり、新しい巣の女王になるために、巣を飛び立っていくのです。その数は、巣全体の個体数に対してわずかな数とされています。

兵アリ

兵アリは普段はなにも仕事はしていません。しかし、外敵が侵入してきたときなど、有事の際に、率先して敵に立ち向かいます。

兵アリの数は全体の2~8%程です。なんらかの原因でエサが不足した際、兵アリが共食いの犠牲となって、巣を守ります。

職アリ

巣の90~95%が職アリです。木材を食害するのもこの職アリで、エサをとってきたり、幼虫を育てたりと、一番働いている蟻です。

シロアリには階級別に役割があることがわかりました。シロアリ駆除では、女王アリを駆除できるかどうかが大切です。巣を作る職アリの駆除ももちろんですが、女王アリを駆除できないと、また繁殖を続けてしまいます。

弊社でご紹介する業者であれば、女王アリもしっかりと駆除させていただきます。シロアリ駆除をお考えの人は、ぜひ一度お問合せください。

シロアリとクロアリここが違う!

一見、シロアリと大きさの似ているのがクロアリです。シロアリと同じように女王アリ、働きアリ、羽アリなどに役割が分かれているところも似ています。名前にも両方とも「アリ」がついており、仲間と思いがちですが、実はシロアリとクロアリは、全く別の虫なのです。

1.分類

1.分類

クロアリはハチ目アリ科に分類されています。つまりクロアリはもともと蜂の仲間だったということになります。

一方、シロアリの分類はゴキブリ目シロアリ科です。分類が全く違ううえに、シロアリはゴキブリの仲間だったのです。

2.見た目

シロアリとクロアリは、見た目は一見似てはいますが、よく見ると違いがあります。まず違うのは触覚です。シロアリの触覚は、数珠がまっすぐにつながったような形をしています。一方、クロアリの触覚は数珠状のようなでこぼこはありませんが、L字形に曲がっています。

さらにわかりやすいのは胴体です。クロアリの胴体にはくびれがあり、シャープな印象があります。しかし、シロアリの胴体は寸胴です。

また、羽アリの羽にも大きな違いがあります。羽は前後に2枚ずつ、計4枚あるのですが、シロアリの羽はすべて同じ大きさをしています。それに対して、クロアリの羽は前の羽が大きく、後ろの羽が小さくなっているのです。こうしたところで、シロアリとクロアリを見分けることができます。

3.巣の形

外に出るとよく見かけるクロアリは、庭先などの人目につきやすいところで活動しています。基本的に土の中に巣を作り、働きアリがエサを巣に持ち帰って生活しているのです。

一方、シロアリは床下などの一目につかないところで活動しています。えさとなる木材がある場所にそのまま巣を作り、食害を続けます。このように、シロアリとクロアリでは巣にも違いがあるのです。

4.発生時期

シロアリであるイエシロアリは6~7月頃、ヤマトシロアリは4~5月頃に羽アリが発生します。それに対して、クロアリの羽アリが発生するのは、種類によって異なりますが、5~11月頃です。

シロアリの被害に遭うとどうなる?

シロアリは大きさや種類にかかわらず、見つけたら放置してはいけません。もし放置してしまえば、家の内部を食害され、ボロボロにされてしまうこともあるのです。

シロアリ1匹の体は小さく、食害をされたところでたいしたことはないかもしれません。しかし、シロアリは1つの巣にたくさんの個体が生息しています。その数はイエシロアリで100万匹、ヤマトシロアリで1万~2万匹といわれています。

その数のシロアリが食害すれば、1年間に柱3本分ほど食い散らかされてしまうと計算されるのです。さらに、もしそんな状態で地震が起これば、倒壊してしまうことも考えられます。

シロアリの被害に遭いやすい条件

シロアリの被害に遭いやすい条件

シロアリは湿気のある木材をとくに好みます。そのため、次のような条件がそろう場所は注意してください。

  • 湿度が高い
  • 暖かい
  • 日当たりが悪い
  • 風通しが悪い

とくに、台所・お風呂場・洗面台の床下などは気をつけましょう。条件がそろいやすいため、被害に遭いやすいです。

シロアリの被害に遭わないためには、次のことに気をつけてください。

  • 家のまわりに木材を放置しない
  • 室内の換気をする
  • 定期的に建物を薬剤処理する

シロアリの予防・駆除はプロに任せよう!

しかし素人がシロアリの予防をするのは難しいです。とくに薬剤処理などは業者に依頼するのが一番でしょう。

また、駆除をするのも素人には難しいです。巣に生息するシロアリを丸ごと駆除してしまわなければならないからです。もし、逃げられてしまったシロアリがいると、また新しく巣を作り始めてしまいます。その中に女王アリがいれば、繁殖も可能です。

このように、シロアリの予防・駆除は業者にお任せすることが一番です。弊社では、安心して任せられる業者をご紹介することができます。電話は24時間365日受け付けておりますので、ぜひご活用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...