シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > ヤマトシロアリの生態と駆除・予防方法【完全マニュアル】

ヤマトシロアリの生態と駆除・予防方法【完全マニュアル】

日本で住宅に被害を与えるシロアリといえば、ヤマトシロアリやイエシロアリが挙げられます。シロアリが住みつくと、木材などをどんどん食べ進めて住宅に重大な被害を及ぼすおそれがあるため、見つけたらすぐに対処する必要があるのです。

シロアリは私たちの目につかないところに発生することが多く、気がついたときには取り返しのつかないことになっているおそれもあります。シロアリ被害に遭わないためには、きちんと予防することが重要なのです。

ここではヤマトシロアリの生態や、駆除方法、寄せ付けないための予防について解説いたします。確実に予防をおこなって、シロアリから大切なご自宅を守りましょう。

シロアリによる被害

シロアリによる被害

シロアリが住みついてしまうと、住宅の木材などを食害してしまいます。写真のように、食害された木材は内部がボロボロで、土台や柱に被害を受けた建物は耐久性が著しく弱くなってしまうのです。今すぐ倒壊するようなことはなくても、地震などの災害に見舞われた場合には、より大きな被害を受けるおそれがあります。

また、シロアリは紙も食料とするため、被害は建物だけに限らず本棚などの家具にまでおよぶかもしれません。ほかにも、シロアリ被害によって建物が雨漏りしやすくなってしまったり、資産価値が下がってしまったりといった被害にまでつながります。

種類に限らずシロアリを放置することは危険なため、発見したらすぐに対処する必要があるのです。「シロアリを見かけた」「柱や壁などに食い跡がある」「床がやけにギシギシする」といった症状があれば、一度業者にシロアリ調査を依頼することをおすすめします。

シロアリによる被害

ヤマトシロアリの生態

シロアリには多くの種類が存在していて、生息場所や見た目がそれぞれ異なります。ここからは、ヤマトシロアリの特徴について見ていきましょう。

発生場所は日本全国

シロアリは高温多湿を好む害虫で、比較的温暖な地域に生息しています。その中でもヤマトシロアリは耐寒性にすぐれており、北海道の北部を除く日本全国に発生しています。

木材を食料として好むヤマトシロアリは、住宅に住みつき床や柱を内部から食い荒らして大きな被害をもたらすのです。しかし、ヤマトシロアリは木造住宅にだけ発生するというわけではありません。

ヤマトシロアリは、木材に含まれる「セルロース」という成分を分解してエネルギーを得ています。つまり、もともと木材から作られているダンボールや本などもシロアリの食料となってしまうため、どのような住宅でも発生するおそれがあるのです。

どんな見た目?

ヤマトシロアリの中でも、繁殖を続ける女王アリ、群れのほとんどを占める働きアリ(職蟻)、群れの見張りをする兵隊アリ(兵蟻)や新たな巣へ飛び立つための羽アリがいます。それぞれの見た目の特徴を確認しておきましょう。

女王アリ 1.5cmほどの大きさ、乳白色の体
羽アリ 黒褐色の体、羽は薄黒い、羽の先端が丸くなっている
兵隊アリ 数珠状の触角、頭は体の約半分ほどの大きさ、乳白色で寸胴な体
働きアリ 数珠状の触角、頭は丸型、体全体が乳白色

女王アリは巣の中で繁殖し続け、働アリは木の内部を食べすすめているため外に出てくることはありません。私たちの目の前に現れるのは兵隊アリと羽アリでしょう。

羽アリや兵隊アリのイラストは、このあとの『ヤマトシロアリと似ているイエシロアリとの違い』の中でご紹介します。そちらも参考にしてみてください。

羽アリの発生は危険信号!すぐに対処を

ヤマトシロアリの羽アリは4月~5月にかけて発生します。シロアリの群れの一部は、「ニンフ」と呼ばれる羽アリ候補です。ニンフは群れの規模が大きくなりすぎてしまったり、何らかの異常が起きたりなど、巣の維持が難しくなってしまった際に、一斉に羽アリに変化します。

羽アリになると、新たな巣を作るために飛び立ちます。突然羽アリが家のまわりを飛び回っるようになったら、新たな巣の候補としてシロアリにマークされているおそれがあるのです。羽アリが大量発生している場合、すでに家のどこかに大規模な巣を作られてしまっているかもしれません。

ご自宅の敷地内でヤマトシロアリの羽アリを見かけたら、被害が拡大するまえにシロアリ駆除業者へ駆除を依頼することをおすすめします。弊社におまかせいただければ、被害状況を無料で調査する業者をご紹介いたします。シロアリ駆除のプロが徹底した作業をおこないますので、お気軽にご相談ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

ヤマトシロアリと似ているイエシロアリとの違い

ヤマトシロアリとよく似た外見を持っているのが「イエシロアリ」です。同じシロアリでも種類によって危険性が変わってくるため、違いを確認しておきましょう。ヤマトシロアリとイエシロアリの違いを大きく3つにわけてご紹介していきます。

1.発生時期の違い

1.発生時期の違い

ここでいう発生時期とは、「羽アリが発生する時期」の違いです。シロアリは冬眠をすることがなく、女王アリも1年中産卵をおこなっているため、これといった活動時期というものは決まっていません。ただ、その中で羽アリが飛び立つ時期は決まっていて、種類によって違いがあるのです。

ヤマトシロアリの羽アリは、4月~5月の日中に飛んでいます。対してイエシロアリの羽アリは6月~7月の、夕方から夜間にかけて飛びます。

2.見た目の違い

先ほどご紹介したとおり、私たちの目の前に現れることが多いのは群れの兵隊アリと羽アリです。それぞれが持つ見た目の違いで種類を見わけることができます。

ヤマトシロアリ 種類 イエシロアリ

体:黒褐色
羽:薄黒い
羽アリ
体:黄褐色
羽:白っぽい

頭:体の半分ほどの大きさ
体:乳白色
兵隊アリ
頭:丸形
体:下腹部が膨らんでいる

体:全体的に乳白色
働きアリ
体:全体的に乳白色

まずは羽アリの違いをみていきましょう。これは体色によってハッキリとわけることができます。イエシロアリは木褐色の体に、乳白色、もしくは淡黄色の羽を持っています。ヤマトシロアリは兵隊アリとは大きく姿を変え、黒褐色の体に薄黒い羽を持っています。

次に兵隊アリの違いです。イエシロアリは頭が褐色に近い卵型になっており、下腹部がふくらみ気味なのが特徴です。対してヤマトシロアリはイエシロアリに比べて体が小さく、下腹部のふくらみも見られません。また、頭は身体の3分の1~半分ほどの大きさを占める四角形に近い形状となっています。

なお、働きアリはヤマトシロアリもイエシロアリもほとんど同じような見た目をしています。外を歩き回る働きアリを見かけることもあるかもしれませんが、ヤマトシロアリかイエシロアリか見わけるのは難しいでしょう。

3.巣の違い

イエシロアリの巣は、一見すると土か木くずの塊のように見える、特別に形成された巣です。巣とエサ場は別になっていて、出没したところとは全く別の場所に巣があることも多いです。巣は主に屋根裏などの閉鎖的な場所や、地中に作られます。

ヤマトシロアリも巣を形成することはありますが、基本的には食べすすめたエサ場をそのまま巣穴として使用します。イエシロアリが決まった住処を中心に定住するのに対し、ヤマトシロアリは常にエサや快適な住処を求めて群れごと動き回る、たとえるなら遊牧民のような生活をしているのです。

イエシロアリに住みつかれると厄介かも…

イエシロアリは、ほかのシロアリとは比べものにならないほどの大規模な群れで行動します。その数は大規模になれば100万匹を超えるともいわれており、恐ろしいスピードで住宅を食い尽くしていくのです。

さらに、イエシロアリは強力なあごで硬い木材を食べすすめるだけでなく、水を運搬する機能にすぐれています。運んだ水を使って木を湿らせ柔らかくすることで、よりスムーズに木材を食べることができるため、2階や天井裏などの高い場所まで被害を受けてしまうこともあるでしょう。

ご紹介したとおり、定住型のイエシロアリは一度住みついた場所をなかなか放棄しようとはしません。そのため、長期にわたって被害を受けてしまうことが多いのです。

また、イエシロアリは巣を中心としておよそ100m以内の範囲まで行動することができるといわれています。住宅で見かけたとしても、巣を作っているわけではなく単なるエサ場にされているだけかもしれません。そのため、駆除しようにも巣の場所を特定するのが難しい場合も多いのです。

イエシロアリの生態や危険性についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

シロアリ駆除の方法

シロアリ駆除は自分でおこなうこともできますが、専門知識がないと完全に駆除することが難しいものです。最近ではDIY用のシロアリ駆除グッズが市販されているので、活用してみるとよいでしょう。

自分でできる駆除方法

自分でシロアリ駆除をする方法は以下のようなものが挙げられます。ただし、薬剤を使用する際には安全のためにマスクや防護メガネなどで身体を保護してください。あらかじめ薬剤の種類や使用方法をよく確認しておきましょう。

熱湯:シロアリに熱湯を直接かけて死滅させる
駆除スプレー:市販の駆除スプレーを吹きかけて駆除する
ベイト剤:土の中にエサ(薬剤)を設置して、シロアリに巣まで持ち帰らせて巣ごと駆除する
ホウ酸:人にとっては安全性が高くシロアリには毒性が強いホウ酸を木材に吹きつける

自分でシロアリ駆除をする方法や注意点についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

【関連記事】
自分でできるシロアリ駆除の方法・工法、費用について

プロに相談がおすすめ

シロアリ駆除の知識や経験がないと、駆除をおこなったときにシロアリが驚いてその場から逃げてしまうおそれがあります。シロアリが住宅の別の場所に移動してしまえば、被害を拡大させてしまうことにもなりかねません。

また、イエシロアリの行動範囲は広く自分で完全に駆除することは難しいものです。手間や失敗するリスクを考慮して、確実に駆除作業をおこなうプロに相談してみることをおすすめします。

シロアリ駆除業者をお探しでしたら弊社におまかせください。全国にある加盟店の中からお近くの業者を手配いたします。シロアリ駆除のプロが被害状況の調査から適切な駆除の施工まで確実におこないます。お電話窓口は24時間受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリの被害に遭わないための予防法

危険なシロアリの被害に遭わないためには予防が欠かせません。シロアリは土の中からどんな住宅にでも発生するおそれがあるのです。しっかり予防をおこなって、シロアリからご自宅を守りましょう。

予防1.定期的に点検を依頼する

予防1.定期的に点検を依頼する

シロアリが住みつくことが多いのは、地中や床下など、普段はなかなか目につかないような場所ばかりです。シロアリの存在を確認しようにも、床下に入る作業を定期的におこなうのは大変ですよね。

多くの駆除業者では、点検のみの依頼も受け付けています。万が一駆除などの必要が出た場合も、定期的に点検を依頼している業者に作業してもらえるのであれば、安心してまかせることができることでしょう。

予防2.寄せ付けない環境を整える

シロアリは湿度の多い環境を好みます。まずは湿気がこもらないようにこまめな換気を心がけるようにしましょう。お庭などに木材やダンボールを放置してあるなら、片付けてシロアリを呼び寄せないようにしておくことも大切です。

また、浴室やキッチンなどの水回りには防湿シートなどを使って湿気がこもるのを防いだり、家全体に防虫剤を使用したりするのも効果的です。シロアリが寄ってこない、住宅にとって優しい環境を作りましょう。

予防3.プロに依頼して予防してもらう

業者に依頼して、本格的な予防作業をおこなってもらえば安心です。業者では、床下などの個人では対策しにくい場所への防虫剤散布や、地中からシロアリが寄ってこないように土壌に対しての処理を施す作業などをおこなっています。知識や経験のあるプロなら、住宅にあったシロアリ防除をおこなってくれることでしょう。

どの業者に依頼しようかとお困りでしたら、弊社にご相談ください。弊社では、シロアリ対策協会指定工法で確実に予防をおこなう業者をご紹介いたします。作業後の追加費用もありません。また、シロアリ予防施工には5年間の品質保証がついているので安心してご利用いただけます。

※作業内容や加盟店によって対応できない場合がございます。

【関連記事】
シロアリ画像あり!被害写真・床下駆除まるわかり!生態~対処まとめ

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
ローディングアニメ読み込み中...