シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 玄関に羽アリが大量発生するのはシロアリは原因?見分け方と対処法!

玄関に羽アリが大量発生するのはシロアリは原因?見分け方と対処法!

自宅やその周辺に羽アリが大量発生しているのを目撃したら、その発生原因や羽アリの種類を確認しましょう。羽アリには種類があり、正体がシロアリだった場合ご自宅が食害されるなどの深刻な事態に陥っているおそれがあるのです。

しかし食害されるのは床下など、普段目につかない場所が多いため、気が付かないうちに被害が進行してしまっていることも。そのまま放置しておくと家屋の強度が低くなり、地震などが起きた場合に倒壊する原因になるおそれもあるのです。

シロアリの被害を受けているか不安な方は、一度プロの業者に床下点検などを依頼しましょう。シロアリがいるか、被害が進行しているかを突き止めることが、シロアリ対策の第一歩です。

この記事では、そんな羽アリが発生する原因や種類の見分け方、駆除方法などをご紹介します。発生している羽アリがどのタイプかを確認したら、放置せずに正しく対処しましょう。部屋に侵入する羽アリ対策についても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

※もしシロアリの床下点検をご検討される場合は、ぜひ弊社の無料相談窓口をご活用ください。加盟店の中には点検や見積りを無料対応している業者も多数在籍、ご希望いただければすぐにお探し致します。もし地域や加盟店の違いにより調査費用が発生する場合は、あらかじめ確認させていただくのでご安心ください。

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

羽アリが大量発生する5つの原因

羽アリが大量発生しているのは見ていて嫌なものですが、それが自宅ならなおさらですよね。一体なぜ、羽アリたちは大群で突然やってくるのでしょうか。その原因はおもに5つ考えられます。

その1・新しい巣を探しに飛び立った

【1】羽アリがシロアリかクロアリかを確認

繁殖することで巣に住んでいる羽アリの数が増えすぎてしまうと、群れが新しい巣に分かれるために飛び立っていきます。また、巣が壊れるなどの危険が迫ったときにも新たな巣を探しに移動するのです。自宅付近で羽アリが大量に発生しているとき、近くに新しい巣を作ろうとしているのかもしれません。

その2・光に集まる虫の特性

夜になると、街灯にたくさんの虫が集まっているのを目撃することがありませんか?これは光に集まる虫の特性で、羽アリも同じです。夜間にカーテンを開けていると室内の明かりが外に漏れて羽アリが集まってきたり、玄関の街灯に引き寄せられたりしている可能性があります。

その3・好条件の環境だった

羽アリは湿度が高いところを好みます。浴室やトイレなどの水回りにタイルが貼ってある場合、ヒビがあるとその隙間に侵入してしまうことがあるのです。また、床下も湿度が高くなりやすく暗いため羽アリにとって好条件の場所です。羽アリが好むような環境が整っていることで家屋に巣を作られてしまうかもしれません。

その4・近所で家の取り壊し・駆除があった

巣に異常が起きたとき羽アリは新たな住処を探しにいくため、自宅の周辺で住宅の取り壊しがあったタイミングで羽アリが大量発生することも考えられます。また、近所でシロアリ駆除をした場合も巣を追われた羽アリたちが、避難や巣を探すために群れで移動しているかもしれません。

その5・台風のあと、大雨のあとだった?

羽アリは高湿度を好み、多くの種類の羽アリは梅雨の時期に発生しています。また、台風や大雨のあとの晴れた日にも大量発生することが多いようです。ほかにも、大雨や台風によって羽アリの巣が壊れてしまうなどの理由で一斉に飛び立つことが考えられます。

羽アリの大量の死骸発見!

羽アリの数が増えて巣を分かれるときに、羽アリは繁殖します。大群で移動して繁殖を終えた雄の羽アリは寿命を迎えるため、大量の死骸を発見することがあるのです。

ご紹介してきたように、羽アリが大量発生するのは巣から移動しているときです。そこで注目したいのは、羽アリが外へ移動したのか外から移動してきたのかという点です。

外へ移動している場合、すでに家のどこかに巣があったのかもしれません。また、外から移動してきた場合はこれから巣を作ることが考えられるため、予防が必要です。羽アリの種類によって住宅に及ぼす危険度が異なります。次の項目では羽アリの見分け方について詳しく解説していきます。

【見分け方】羽アリがシロアリか黒蟻か確認しよう

羽アリは大きく分けてシロアリと黒蟻のふたつの種類があります。シロアリは住宅の木材をエサにしてしまうため、家に棲みつかれてしまうと深刻な被害が出るおそれがあるのです。まずはシロアリと黒蟻を判断するポイントをご紹介します。

羽アリシロアリと羽アリ黒蟻の違い

羽アリシロアリと羽アリ黒蟻の違い

発生した羽アリがシロアリか黒蟻かで対処する方法が変わります。シロアリは「アリ」ではなく、じつはゴキブリの仲間なのです。シロアリと黒蟻では見た目にも違いがあるため、まずはそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

シロアリ 黒蟻
触 角:数珠状になっている
 体 :くびれがない
 羽 :体に対してかなり大きい
羽の数:4枚あり、ほぼ同じ大きさ
触 角:くの字になっている
 体 :くびれがある
 羽 :前の羽のほうが大きい
羽の数:4枚

羽アリの種類

羽アリにはシロアリと黒蟻が存在しますが、そのなかでも種類が分かれています。

シロアリ
イエシロアリ
暖かい地域の沿岸部に生息しています。湿度と気温が高い日の夕方から夜間に、ライトなど光のある場所に大量発生します。胴体は茶褐色の羽アリです。
ヤマトシロアリ
イエシロアリと同様に、木材を食べる代表的な羽アリです。ほぼ全国的に生息していて、湿度が高い日の午前中に多く見られます。
アメリカカンザイシロアリ
外来種のため、ほかの羽アリと比べて発生する期間が長いです。黒色の羽に赤褐色の胴体が特徴です。名前に「カンザイ」とあるとおり、湿った木材ではなく乾燥した木材を食害します。
クロアリ
サクラアリ
体長が1.5~2mmと小さく褐色の羽アリです。屋内に侵入して巣を作ることがありますが、シロアリではないため食害される心配はありません。
キイロシリアゲアリ
湿度と気温が高い日の夜に発生して屋内に侵入します。体が小さいため網戸のあいだから入り込んでしまうことがあります。こちらもシロアリではなく、住宅を食害することはありません。

発生時期

住宅を食害するイエシロアリやヤマトシロアリは春から夏にかけて発生しています。羽アリが発生している時期もシロアリと黒蟻を判断するポイントとなるでしょう。

シロアリの生態と被害例

壁の中にできた大きなコロニー

ボロボロになった屋根の木

今にも折れて倒れそうな柱

シロアリは住宅に棲みつき木材をエサにします。木の内側をひたすら食べていくため、虫食いの跡に気づいたときには木材がスカスカになっていたということもあるようです。木造住宅なら支えとなる柱が被害に遭い、住宅の基礎部分に深刻な影響を与えるおそれもあるのです。

耐震性が弱くなってしまえば、地震が起きたときには大変危険です。また、シロアリは木材だけでなく水道管まで傷めることがあり、そこから水漏れを引き起こすこともあります。建物内部の配管で水漏れによる腐食が発生することも考えられるのです。

羽アリを放置すると、どんどん繁殖して被害が拡大してしまいます。さらに、巣を作ると死ぬまで繁殖し続けるため、見つけたらすぐに駆除する必要があるのです。

羽アリの発生時期や見た目から、ご自宅に発生しているのが黒蟻と判断された場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

クロアリも駆除が必要?答えはYES!意外な被害例とお役立ち対策法

不安なときは迷わずプロへご相談

自宅に発生した羽アリがシロアリなら、被害が大きくなるまえに駆除をおこないましょう。自分で駆除するのが難しい場合や、実際にシロアリがいるかどうかよくわからないという方は、プロに調査・駆除をまかせることをおすすめします。

まずは点検をしてもらって、シロアリの被害状況を突き止めることが駆除・予防の第一歩です。一度、床下点検だけでも依頼してみてはいかがでしょうか?

どの業者に点検を依頼したらよいか、とお悩みでしたら、ぜひ弊社をご利用ください。全国にある加盟店から無料調査など、ご要望にあったシロアリ駆除業者をお探し・ご紹介いたします。

受付はお電話やメールにて24時間年中無休で対応しておりますので、最短即日に業者のご紹介が可能です。見積り後のキャンセルも可能で費用面も安心! まずはシロアリ駆除のプロによる調査をおこないますので、まずはお気軽にご相談ください。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用などをいただく場合がございます。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリの羽アリ駆除方法

ご自宅に発生した大量の羽アリがシロアリだと判明したら、すぐに駆除しましょう。殺虫剤を使わなくても、応急処置として駆除する方法があります。

掃除機で吸い取る

応急処置として、掃除機で一気に吸い取ると簡単に駆除できます。羽アリが生きていても、吸い取っているあいだに風圧で死んでしまうので心配ありません。紙パック式の掃除機なら吸い取った羽アリの処分もスムーズですが、サイクロン式の掃除機を使用する場合はゴミカップのなかの処理もきちんとおこないましょう。

粘着テープで貼り付ける

羽アリを見つけたけど夜間で騒音が出るため掃除機をかけることができないときなどは、粘着テープで羽アリを貼り付けて駆除するとよいでしょう。粘着力が強いタイプのテープを使用することをおすすめします。粘着させるときの動作で羽アリに逃げられてしまわないように、静かにゆっくりと作業するとよいでしょう。

むやみな殺虫剤は禁止!では蚊取り線香は?

羽アリの数が多いと、殺虫剤を噴射しても駆除しきれない場合があります。そのときに散らばって逃げてしまった羽アリが、どこかに巣を作ってしまうおそれもあるのです。また、小さなお子様やペットがいるご家庭では、自宅のなかに殺虫剤を噴射するのは避けたいという方もいるのではないでしょうか。

そこで、羽アリ駆除に効果が期待できるアイテムが蚊取り線香です。蚊取り線香は、蚊はもちろん羽アリなどにも効果のあるピレスロイドという成分を含んでいます。羽アリなどはこのニオイを嫌うため、虫よけとしての効果が期待できるのです。

ただし、ほかにもカメや金魚、昆虫などのペットに悪影響を与えてしまうおそれがあるため、蚊取り線香を使用する環境には注意が必要です。詳しくはこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

羽アリ|蚊取り線香の効果は?自力での対策まとめとシロアリ駆除費用

羽アリ駆除のことならプロにおまかせ

目に見える羽アリを駆除することはできても、シロアリが床下や配管に発生しているおそれもあります。

住宅に被害が及んでしまうと、修繕に高額な費用がかかってしまうことも考えられるため、早急に駆除する必要があるのです。まずはプロに調査してもらい、早期発見に努めましょう。

弊社では24時間お電話やメールにて、いつでもご相談を承っております。夜間に羽アリらしき気配を感じたときでも、お気軽にお電話ください。迅速に対応するシロアリ駆除業者をご紹介、場合によっては最短即日対応も可能です。

費用について気になる方も一度、お電話やメールフォームにてご相談ください。弊社では明朗会計、無料調査に対応した業者も多数加盟しております。ご要望いただければすぐにお探し、無料調査ができない場合は事前にご確認させていただきますのでご安心ください。

見積り後のご検討、キャンセルもOK・他社様との比較検討も大歓迎ですので、一度調査・見積りだけでもぜひご利用ください!

費用についての詳しいご案内はこちらからどうぞ。

料金のご案内

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

羽アリの侵入をふせぐ対策方法

屋内に羽アリが侵入するのを防ぐためにすぐにできることがあります。シロアリに棲みつかれてしまわないようにしっかり対策しておきましょう。

対策1:網戸は網目の細かいタイプを使う

体が小さい羽アリは網戸からでも屋内に侵入してしまいます。なるべく網目の細かい網戸を設置することで、小さな羽アリでも侵入を防ぐことができるのです。網戸はホームセンターで購入することができるので、交換を検討してみてはいかがでしょうか。羽アリの侵入防止には網目のサイズが30メッシュ程度のものを選ぶとよいでしょう。

対策2:遮光カーテンで光を漏らさないようにする

光に集まる習性をもつ羽アリは、街灯だけではなく屋内から漏れる明かりにも反応してしまいます。夜間はカーテンを閉めて部屋の光を外に漏らさないようにしましょう。カーテンを閉めても羽アリが集まってくるようなら、遮光性のカーテンに付け替えることをおすすめします。

対策3:羽アリが住みにくい環境を作る

羽アリは高湿度で暖かく暗い場所を好みます。湿度が高い場所はなるべく換気して風通しをよくして、家の壁沿いに棚やケースなどが置かれているような場所は日当たりや風通しを考慮して設置しなおすとよいでしょう。また、自宅の敷地内にシロアリが好む古い木材や段ボールを置いていたら、片付けるようにしましょう。

対策4:効果抜群!プロのシロアリ予防を施工する

より万全に対策しておきたいという方は、プロに依頼してシロアリ予防を施工してもらうことをおすすめします。プロのシロアリ予防には市販の薬剤より効果的なものを使用し、安全かつ適切な施工をおこなってもらうことができるはずです。さらにシロアリ予防するためのアドバイスなども受けられるでしょう。

弊社がご紹介するシロアリ業者では、国内製品に限り厚生労働省または経済産業省認可の安全な薬剤を採用しています。自宅で薬剤を使用することに不安を感じている方も安心してご利用ください。

また、点検・見積りまでは無料という業者とも多数提携しております。加盟店や現場の状況によっては費用が発生することもありますが、その際は事前に確認させていただきますのでご安心ください。

受付はお電話やメールにて24時間年中無休で対応しており、最短即日に業者のご紹介が可能です。シロアリ被害の有無を確認するためにも、まずは床下の点検をしてみてはいかがでしょうか。シロアリ予防について気になることについても、お気軽にご相談ください。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

知っておきたいシロアリ予防対策5つの知識

【シロアリの発生・原因に関する記事はこちら】

羽アリの発生時期はいつ?シロアリの羽アリがいる場合は要注意!
羽アリがマンションに大量発生!原因やシロアリの見分け方・駆除方法
羽アリの発生時期はいつ?クロアリとシロアリの羽アリの違いや駆除法
羽アリはどこから大量発生する?シロアリの見分け方と応急処置
いつの間にか住みついているシロアリ…侵入経路はどうなっている?
シロアリの発生原因と被害にあいやすい条件

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 3.00 )
読み込み中...