シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 羽アリの発生時期はいつ?クロアリとシロアリの羽アリの違いや駆除法

羽アリの発生時期はいつ?クロアリとシロアリの羽アリの違いや駆除法

「羽アリ」と呼ばれる虫は、大きく「クロアリ」と「シロアリ」の2つに分けられます。この種類の違いによって私たちが受けうる被害や施すべき対策は変わるため、まずは種類の判別をおこなうことが重要です。

この記事では、「クロアリの羽アリとシロアリの羽アリの発生時期」や、それぞれの見分け方をイラスト付きで分かりやすくご紹介します。また、それぞれの駆除方法や「シロアリ駆除はいつおこなえばいいの?」という疑問にもお答えするので、ぜひ参考にしてみてください。

クロアリの羽アリ・シロアリの羽アリ両方の特徴を知って、正しい対処法で被害を防ぎましょう。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

羽アリが発生する時期

羽アリは、全体で見れば春から秋までの長い間見られます。しかしそのなかで、種類によって大量発生する時期が違います。まずは、クロアリとシロアリに分けて、代表的な種の発生時期を確認していきましょう。

クロアリの羽アリ
種類名 発生時期
クロオオアリ 5月~6月
ヒメアリ 6月~8月
ルリアリ 7月~8月
トビイロケアリ 7月~8月
サクラアリ 9月~11月
シロアリの羽アリ
種類名 発生時期
ヤマトシロアリ 4月~5月
イエシロアリ 6月~7月
アメリカカンザイシロアリ 6月~9月

これらのアリは、すべて人間に何らかの被害をもたらすおそれのあるアリです。クロアリとシロアリでハッキリ活動時期が分かれているというわけでもなく、種の見分け方を知らなければ、どちらのアリなのかを判断するのは難しいかもしれません。次の章では、クロアリの羽アリとシロアリの羽アリ、それぞれを見分けるための特徴をご紹介します。

いち早く駆除したい!そんなときは……

もし「とにかくなんでもいいから駆除してほしい!」ということであれば、弊社にご相談ください。お近くの駆除業者を迅速に派遣紹介し、駆除作業をおこなわせていただきます。年中無休でご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

家の中に羽アリが!シロアリかどうか見分ける方法

一口に「羽アリ」といっても、クロアリとシロアリで被害内容や対策の仕方は異なります。そのため、羽アリの被害から身を守るためには、個体の判別をしなければなりません。「シロアリの羽アリ」と「クロアリの羽アリ」とで分けて特徴を紹介していくので、下記を参考に種類を見極めてみてください。

「シロアリの羽アリ」の特徴

「シロアリの羽アリ」の特徴

シロアリの羽アリの特徴は、大きく3つです。

  1. 触覚が数珠状になっている
  2. 4枚の羽がすべて同じ大きさになっている
  3. 胴と胸の間にくびれがなく、1本の棒のような形をしている

このようにシロアリの羽アリは、よく見ると私たちのよく目にするアリとはずいぶん違った体の形をしていることがわかります。

このような見た目の羽アリを自宅周辺で見かけた場合、ご自宅の建築材がシロアリに侵食されているおそれがあります。シロアリの危険性については、本コラム「シロアリの羽アリ」を家で見つけたら危険信号!以降でも詳しく触れているので、あわせてご覧ください。

「クロアリの羽アリ」の特徴

「クロアリの羽アリ」の特徴

クロアリの羽アリの特徴は、以下の通りです。

  1. 触覚が「くの字」に曲がっている
  2. 前の2枚の羽が大きく、後ろの2枚の羽は小さい
  3. 胴と胸の間にくびれがある

シロアリの羽アリと違って、クロアリの羽アリは体にくびれがあり、私たちのよく目にするアリに羽が生えただけの形状であるといえます。体の色は似ていますが、よく観察すればシロアリなのかクロアリなのかを見分けることができるのではないでしょうか。

もしクロアリの羽アリを見かけた場合は、噛まれたり刺されたりといった被害を受けるおそれがあります。クロアリの危険性や駆除方法については、別コラム【その羽アリは黒アリかも!クロアリの大量発生の原因や駆除・対策方法】で詳しくご紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

「シロアリの羽アリ」を家で見つけたら危険信号!

もし自宅周辺でシロアリの羽アリを見かけたとしたら、それはとても危険な状態を表しているかもしれません。

「なにがそんなに危険なの?」そう思われる方もいることでしょう。

ここからは、その理由とシロアリが発生しやすい場所、実際にシロアリが私たちに与える被害についてお話していきます。

「シロアリの羽アリ」は家の中に「シロアリ」がいる証拠

家の中でシロアリの羽アリを見かけたということは、その近くに新たな巣を作られている可能性が高いといえます。これは、シロアリの生態から理由付けられるものです。

女王アリが1年中卵を産み続けると、巣はやがてアリたちでいっぱいになってしまいます。巣の中にいるアリの数を調整するために一部のアリと女王アリの候補は、今の巣を飛び立たなくてはいけません。そのため、飛び立つ時期になると一部のアリたちに羽が生え始めるのです。

羽の生えたアリたちは、巣を飛び立ち、女王アリとオスのアリが交尾をおこないます。そして交尾の後、地上に降り立ったアリたちは、不要になった羽を引きはがし、新たな巣を作るようになるのです。

つまり、家の中でシロアリの羽アリを見かけたということは、家の中に新たな巣を作っている可能性が高いということになります。家の中にシロアリの巣を作られてしまうと、いずれ家屋に大きな被害が出てしまう危険性があるため、調査するなど早急に対処するようにしましょう。

シロアリが発生しやすい場所

それでは、シロアリはいったいどのような場所に発生しやすいのでしょうか。シロアリが好む環境を理解しておけば、シロアリの対策も立てやすくなり、万が一シロアリに住み着かれても早めに手が打てるかもしれません。ここでは、シロアリが好んで集まってくる場所についてご紹介します。

【床下】

【床下】

屋内で1番シロアリの被害を受けやすいところといえば、やはり「床下」です。床下は湿気がこもりやすく、乾燥に弱いシロアリにとっては最適な住処になります。

【天井裏】

【天井裏】

普段は地面の中を移動するシロアリですが、ときには壁や柱を伝って天井裏まで到達してしまうこともあります。シロアリは湿気が多いところを好む習性があり、雨漏りが発生している家はシロアリが寄ってきやすいので注意しましょう。また、シロアリが天井裏に住み着くことによって、雨漏りが発生してしまうこともあります。

【和室】

【和室】

和室があるご家庭はシロアリに狙われるリスクがどうしても高くなってしまいます。というのも、畳にはシロアリが好む「イグサ」が使用されているからです。イグサの香りに誘われてシロアリが集まってきてしまうことがあるでしょう。
さらに、畳は湿気が溜まりやすいので、シロアリにとって最高の環境であるといえます。また、敷居柱の中や押し入れも、シロアリが侵入しやすい場所なので注意が必要です。

【水回り】

【水回り】

乾燥に弱いシロアリにとって、水はなくてはならないものです。そのため、トイレや洗面所、風呂場にもシロアリが発生することがあります。とくに、風呂場の床や壁にはタイルが使用されているので、タイル下の木材がシロアリ被害に遭っていても、気が付かないことがあるでしょう。
また、台所にも注意が必要です。十分に水があり、ガス機器などを使用する台所は、乾燥に弱く暖かい場所を好むシロアリが集まりやすい場所です。

【庭の朽ち木や切株】

【庭の朽ち木や切株】

シロアリは、本来森林の朽ち木を食べて生活をしています。家の庭に朽ち木や切株がある場合は注意してください。シロアリは庭の朽ち木や切株に巣を作った後に、屋内に侵入してくる可能性もあります。

【井戸や池の近く】

【井戸や池の近く】

井戸や池の近くにもシロアリが寄ってくることがあります。もし家の近くにこういったところがある場合は、シロアリが家に侵入してくる可能性があるので注意しましょう。

シロアリを放置すると……

もしシロアリが家屋に住み着いてしまっているのであれば、早急な駆除が必要です。駆除が遅れてしまうと、家屋の木材が食い尽くされ、床がプカプカしたり、雨漏りが発生したり、畳が腐ったりなど、家のいたるところで異常が発生してしまいます。

しかし、シロアリ被害でおそろしいことは、それだけではありません。家の耐久力が格段に低下してしまうことも問題なのです。

1995年に発生した「阪神淡路大震災」では多くの家屋が倒壊しました。後に倒壊した家屋を調査したところ、その多くがシロアリの被害を受けていたという結果も報告されています。

シロアリの被害に遭っているかセルフチェック!

シロアリ被害の有無を確認する方法は、大きく2つあります。それが、「セルフチェック」と「業者による点検」です。より確実なのは当然後者になりますが、いきなり業者を呼ぶのも気が引けることでしょう。

そこでここでは、個人でおこなえる簡単なセルフチェックの方法をご紹介します。下記を参考に被害の確認をし、もし怪しいところがあれば業者による本格的な点検を受けてみてはいかがでしょうか。

シロアリ被害のチェック項目

  1. 壁や柱を軽くたたいて、空洞音がする箇所があるか
  2. 床を歩いてなんとなくフワフワしていたり、ギシギシと音が鳴ったりするような点はあるか
  3. 建物の周辺に放置している木材やダンボールはあるか(巣ができているおそれがある)
  4. 基礎や土台などに土を盛ったような道は見られるか
  5. 柱や庭の木に虫食いの跡はあるか
  6. 近所で最近シロアリ被害にあった場所はないか
  7. 雨漏りしている箇所はあるか(高温多湿な環境を好むため)

被害がなくても油断は禁物

被害がなくても油断は禁物

ここで、セルフチェックをおこなった方にひとつ注意していただきたいことがあります。それは、現在問題がないからといって、決して油断はできないということです。

日本に生息する多くの動物・虫には、動きが活発になる「活動時期」というタイミングがあります。しかし、シロアリに関してはこの活動時期が存在しません。

正確には、寒い時期になると動きが鈍くなるとされているのですが、住宅に巣作っているシロアリに関しては、1年中活動している可能性が高いのです。これは、近年の住宅事情が関係しています。

日本の住宅には、人が住みやすいよう気密性を向上させる工事が施されていたり、断熱材が利用されたりしています。このような工夫があるからこそ、暑い夏には涼しく、寒い冬には暖かく、快適な環境を保つことができているのです。

しかし、「寒い冬に暖かい環境がある」という事実は、だけでなく、シロアリにとっても好都合となります。人にとって快適な環境を作り出すことは、同時にシロアリにとっても活動しやすい環境を提供していることになっているのです。

このような理由から、「今は問題なくても、すぐにシロアリ被害を受けるおそれがある」といえます。そのため、シロアリ被害の確認は一度で終えるのではなく、定期的に何度もおこなうことが重要です。そして、もしご自宅に違和感があった場合は、早急に業者に見てもらうようにしましょう。

業者による点検費用を心配される方へ

シロアリ業者のなかには、点検のみであれば無料で請け負ってくれるところも存在します。「点検を受けたいけど、費用が心配……」という方は、業者のホームページを確認し、「無料調査」と明記している業者を探してみましょう。

なお、弊社がご紹介させていただく業者も調査料は無料です。もし自分で業者を探すのが面倒に感じる方は、ぜひご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリの駆除はいつどうしたらいい?

前述の通り、住宅に巣を作っているシロアリには活動時期がないので、駆除に適した時期というのも存在しません。強いていうのであれば「見つけたその瞬間」が駆除の適期であるといえるでしょう。

しかし、シロアリの駆除方法に関しては、目的によって取るべき行動が変わります。ここからは、「とりあえず目の前にいる個体を駆除したい」という場合と「家中のシロアリを駆除したい」という場合とで、ケース別に駆除方法をご紹介します。

目の前の個体だけを駆除したい場合

虫が苦手な方で「今すぐにでも駆除したい!」という方には、下記2つの方法をおすすめします。

1.【掃除機を使用する】

1.【掃除機を使用する】

1つ目は掃除機でシロアリを直接吸い取る方法です。掃除機に吸い込まれたシロアリはその衝撃で死んでしまいます。これは最も簡単ですぐにおこなえる駆除方法です。

2.【ポリ袋を使用した方法】

2.【ポリ袋を使用した方法】

2つ目は、少々手間はかかるのですが、ポリ袋を使った方法です。シロアリが発生しているところにポリ袋をかぶせておき、シロアリが溜まってきたら、袋の口を閉じて処分します。これをシロアリが発生しなくなるまで繰り返します。

ここで「殺虫スプレーはダメなの?」という疑問をお持ちになった方もいるのではないでしょうか。じつは、ここではあえてスプレーによる対策は紹介しませんでした。その理由は、市販のスプレーによる対策は、駆除効果こそ望めるもののあまりおすすめできるものではないからです。

というのも、もし殺虫スプレーでシロアリを駆除しきれなかった場合、シロアリはあらゆるところに逃げてしまい、そこで再び繁殖を始めてしまいます。殺虫スプレーを使うことにより、かえってシロアリの生息範囲を広げ、結果として駆除を困難にしてしまうことがあるのです。

もしスプレーを利用するのであれば、上記のリスクを把握したうえで、正しい用法・容量での作業が必要になります。自信がない方は、ぜひ掃除機やポリ袋を使用した方法を試してみてください。

家中の個体を駆除したい場合

「家の中全体のシロアリを駆除して、家を守りたい」といった場合、結論からいうと素人では難しいです。そのため、業者に依頼するのが最善といえます。

現在、一般家庭向けのシロアリ駆除剤も販売されています。こういった製品を駆使してシロアリ駆除・対策をおこなうことは不可能ではありませんが、あまり現実的ともいえません。

というのも、シロアリに詳しい業者でさえも、家中のシロアリを完全に駆除するのは難しいとされているからです。仮に業者が家中のシロアリを駆除しようと思うと、液状の薬剤であればドラム缶一杯程は必要になるといわれています。もちろん家の広さや被害状況にもよりますが、DIYの域を超えた労力と時間が必要となることでしょう。

また、もし個人でシロアリ駆除をおこなったとしても、作業が無駄に終わってしまうこともあります。シロアリは本来姿を見せないので、効果も目に見えないことがほとんどです。駆除した気になって生活していると、いつの間にか被害を受けていたということもあるかもしれません。

このように、シロアリの駆除には時間と労力が必要なだけでなく、専門的な知識も必要になります。さらに、「もし駆除しきれていなかったときのリスク」を考えると、業者に依頼するのがおすすめといえるのです。

業者がおこなうシロアリ駆除作業の流れ

それでは、シロアリ駆除をおこなってくれる業者というのは、どのような手順で作業を施してくれるのでしょうか。業者によって作業工程は若干違うものの、そのほとんどはおもに3つの工程に分かれて駆除作業が進んでいきます。代表的な施工方法を以下にまとめていくので、ぜひ確認してみてください。

Step1【木部処理】

Step1【木部処理】

シロアリの被害を受けやすいのは、柱や壁などの木材です。こういった木材を守るために業者は2段階の木部処理をおこないます。

まずは、侵入経路と生息場所になる床下の柱にドリルで穴を空けて、ノズルを通して内部に薬剤を注入していきます。薬剤を注入した後の柱の穴は木栓で塞いで、薬剤が効率よく柱に浸透するようにします。

次におこなうのが吹き付け処理です。シロアリが侵入しやすい床下の木材にまんべんなく薬剤を吹き付けていきます。このとき、十分に薬剤が吹き付けられていないと、そこからシロアリが侵入してくるので、木材のつなぎ目や隙間部分にはとくに入念に薬剤を撒きます。

Step2【土壌処理】

Step2【土壌処理】

木部処理をした後は「土壌処理」をおこないます。シロアリの多くは家の床下の土から侵入してくるので、床下の土壌に薬剤を撒いて薬剤のバリア層を作ることにより、シロアリの侵入を防ぐことができるのです。

基礎の内側や配管の立ち上がり部分はとくにシロアリが侵入してきやすいところなので、重点的に処理をおこないます。

シロアリの駆除薬剤というのは非常に強力な毒性があるので、家の近くに池や井戸がある場合は、薬剤の混入を防ぐために「粒剤」と呼ばれる粉状の薬剤を使用することもあります。

粒剤は床下や家の周りの土壌と混ぜて撒くことで、シロアリの侵入を防止することができるのです。

Step3【上回り処理】

Step3【上回り処理】

最後は上回り処理です。浴室、玄関、勝手口などは床下部分が塞がれていることが多いため、床下からでは十分な処理ができない場合があります。

そんなときは、床の上から処理をおこなって駆除をします。玄関や浴室のタイルにドリルで穴を空けて、そこから専用機器を用いて薬剤を四方に噴射していきます。最後にタイルに空けた穴を栓で塞いだら作業完了です。

シロアリの不安はまとめてプロに相談しよう!

自力でシロアリを駆除する方法もご紹介しましたが、可能であればシロアリは見かけた時点で業者に駆除を依頼した方がよいかもしれません。

なぜなら、シロアリは姿を見かけたときにはすでに被害が発生している可能性が高く、さらに自力でおこなうシロアリ駆除では、住み着いたシロアリをすべて駆除することは難しいからです。

ここでは、業者にシロアリ駆除依頼するにはどのような業者を選べばよいかをご紹介していきます。

業者選びは慎重に!

世の中にはたくさんのシロアリ駆除業者が存在します。それだけシロアリの駆除は素人がおこなえることではなく、需要があるからです。

シロアリ駆除には資格がありますが、資格がなくてもシロアリの駆除はおこなうことができます。しかし、資格のない業者に駆除を依頼してしまうと、シロアリ被害が再発してしまったり、家屋に傷を付けられてしまったりすることもあり得ます。

このようなことにならないためにも、業者は慎重に選びましょう。

信頼できる業者の選び方

慎重な業者選びといっても、初めて業者に依頼する方はどのようなことに慎重になればよいかわからないかもしれません。そこでここでは、「失敗しないための業者の選び方」として、ポイントをいくつかご紹介していきます。

【1.シロアリ駆除の資格を持っている】
業者のなかには技術が不十分な業者も存在します。そういったところは大体シロアリ駆除の資格を持っていないところが多いです。業者に依頼する際は、まずはその業者がシロアリ駆除の資格を持っているかどうかを確認するのがよいでしょう。
【2.保証サービスがある】
シロアリはたとえその場で駆除ができたとしても、近くに巣があった場合などは被害が再発してしまう危険性があります。

ですので、長期的な予防も大切です。実績のあるシロアリ駆除業者は、アフターサービスが充実しているところも多い傾向にあります。事前に保証サービスがどうなっているかを確認することも大事なポイントのひとつです。

【3.ホームページで実績をチェック!】
ホームページを持っている業者は費用やサービス内容、実績を掲載しているところが多いので、参考にすると安心してサービスを受けることができるでしょう。
【4.相見積りで他の業者と比較】
複数の業者から見積りを取って、業者同士を比較すると、サービス内容や費用の相場を把握することができるので、自分に合った業者を見つけやすいです。

羽アリの発生時期はとくにシロアリによる被害が大きくなりやすいので、自分に合った実績のある業者に依頼するようにしましょう。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-952 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

まとめ

羽アリを家で見かけた場合は、まずはその羽アリがシロアリであるかどうかを確認するようにしましょう。体の特徴や羽アリの発生時期を考慮すれば、簡単にシロアリかクロアリかを見分けることができます。もしも、見かけた羽アリがシロアリだった場合は早急に対処するようにしましょう。

シロアリの駆除は自力でおこなうことも可能です。しかし、徹底的に駆除し、シロアリ被害の再発を防止したいのであれば、業者に駆除を依頼することをおすすめします。

また、業者のなかには技術が不十分な業者も存在するので、業者はホームページを参考にしたり、相見積りをおこなったりするなどして慎重に選びましょう。

【シロアリの発生・原因に関する記事はこちら】

羽アリの発生時期はいつ?シロアリの羽アリがいる場合は要注意!
シロアリはマンションやアパートでも発生する!駆除は誰の負担なのか
玄関に羽アリが大量発生するのはシロアリは原因?見分け方と対処法!
羽アリはどこから大量発生する?シロアリの見分け方と応急処置
いつの間にか住みついているシロアリ…侵入経路はどうなっている?
シロアリの発生原因と被害にあいやすい条件

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...