シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 羽アリがマンションで発生する理由|シロアリかどうかの見分け方は?

羽アリがマンションで発生する理由|シロアリかどうかの見分け方は?

羽アリは木材をエサとするアリで、住宅の大敵ですね。羽アリは戸建ての床下などを住処とすることが多いですが、実はマンションに出没することもあるのです。

羽アリにとって快適な環境の条件というものがいくつかあります。その条件が当てはまれば、マンションの高層階であろうと、羽アリは飛んできて棲みついてしまうのです。

この記事では、羽アリがマンションに発生する原因について、くわしく解説していきます。最後まで読んでいただき、ご自宅の羽アリ対策に活用してください。

羽アリがマンションに発生する理由

すでに羽アリが棲みついている場合、その場所は羽アリが好む何らかの条件が当てはまっているということになります。ご自宅の環境が羽アリの好む条件を満たしてしまっていないかどうか、確認しましょう。

食べ物がある

食べ物がある

シロアリの羽アリが好む食べ物は、住宅の木材です。しかし、マンションで木がむき出しになっているようなことは少なく、一見羽アリが発生することはないように思えるかもしれません。

ですが、例えばベランダなどに放置してある木材に引き寄せられて、羽アリが発生してしまうことがあります。また、ガーデニング用のウッドチップなども羽アリの食べ物になってしまいます。それらの木材に引き寄せられて侵入してきた羽アリに、建物の木材まで食べられてしまうケースも実際に起きています。

好む環境がある

羽アリは、高温多湿な環境を好みます。換気をあまりしていないような状態だと、湿度が高くなったり、気温が高くなったりしてしまい、羽アリが好む環境が出来上がってしまいます。また、日当たりが悪かったり、雨漏りをしていたりする場合も、湿気に注意が必要です。

湿度や気温のほか、注意が必要なのは光です。羽アリは光に寄っていく習性があります。そのため、夜にカーテンを開けっぱなしにしていたりすると、漏れた光に吸い寄せられた羽アリが発生するおそれがあります。そのほか、羽アリが侵入してくるようなひび割れや、網戸のすき間などがないか、一度確認しておくとよいかもしれません。

羽アリが発生するのは主に「巣づくり」のため

そもそも羽アリが棲みつく目的は、主に巣づくりのためです。羽アリは群れが大きくなりすぎた場合に、群れの一部を分散して新たな場所で巣をつくります。その最中で、食べ物や環境に引き寄せられて住宅に飛んできてしまうことがあるのです。

羽アリが飛び回る期間は、およそ1ヶ月程度です。しかし、この期間が1年のうちのいつになるかは種類によってずれがあるため、全体で見れば春~秋にかけての長期間が羽アリの発生シーズンといえます。

棲みつくことさえなければ、羽アリの発生は短期間でおさまることもあります。しかし、羽アリに巣をつくられてしまったときには、しっかりと駆除しましょう。

羽アリがマンションで発生!それはシロアリ?クロアリ?

さきほど羽アリは群れの個体数調整の群れの一部を分散して別の場所に巣をつくると説明しましたが、それはシロアリにおいての話です。クロアリの羽アリの正体は、主に交尾を目的とした女王アリです。

クロアリであればひとまずの緊急性はありませんが、シロアリが棲みついている場合は早急な駆除が必要になります。まずは目の前にいるアリが、どちらの種類なのかをはっきりとさせましょう。

シロアリの羽アリとは?

シロアリの羽アリとは?

羽アリは見た目の違いさえ知っていれば、シロアリかクロアリかを容易に判断することができます。シロアリの羽アリは体にくびれがなく、触覚が数珠状になっています。

ハッキリとわかるような最大の特徴は羽でしょう。シロアリの羽は体をすっぽりと覆うほど大きく、4枚の羽がすべて同じ大きさになっています。シロアリは実は、クロアリとは生物としての種別がまったく異なっており、それゆえに体のつくりにも違いが多くあるのです。

クロアリの羽アリとは?

黒アリの羽アリはシロアリに比べて、羽が非常に小さいのが特徴です。羽が体をすっぽり覆っているシロアリとは違い、羽を閉じている状態でも、体の形をはっきり確認することができます。また、触覚は「くの字型」で、腹部がくびれた体をしているのも、シロアリにはない特徴です。

シロアリと違って木材を食べることはありませんが、腐った木を巣にすることがあるため、注意が必要な場合もあるかもしれません。また、クロアリの中には、機械油を好み家電に棲みついて被害を出してしまう種類もいます。

羽アリが出たら殺虫剤は使わない!正しい応急処置法

羽アリを駆除する際にやってはいけないのが、殺虫剤を使うことです。群がっている羽アリのもとに殺虫剤を吹きかけると、殺虫剤を避けて逃げたアリたちが分散してしまいます。そうなると、家の複数の場所にアリが潜むことになってしまいます。散らばった先でそれぞれに巣をつくられてしまう場合もあり、駆除がより困難になってしまうでしょう。

羽アリが発生して群がっている場合は、アリを掃除機で吸ってしまうことで手軽に駆除することができます。ただし、掃除機で吸ったあとは生き残ったアリが逃げないよう、死骸を入れた袋に殺虫剤を使ってとどめを刺して、きちんと密封して捨てるようにしましょう。また、このほかには粘着テープでからめとる方法も有効です。

根本的解決を図るならきちんと調査してもらおう

掃除機で吸ったりする方法は、あくまで応急処置にすぎません。羽アリの群れの本体を駆除して、羽アリが発生する環境を撲滅しなければ、根本的な解決にはなりません。

黒白どちらの羽アリだったとしても、棲みつかれてしまうと被害が発生するおそれがあります。一度巣の所在など、業者にきちんとした調査をしてもらうのをおすすめします。

弊社では、お困りの現場から近い業者を派遣しての無料調査に対応しております。調査をご検討の際は、ぜひご連絡ください。ただし、依頼前には必ず大家さんや管理会社へ先に連絡をお願いいたします。

羽アリはシロアリだった!駆除費用の負担者は?

発生している羽アリがシロアリであったならば、住宅に被害が及ぶまえに駆除をおこなうべきです。しかし、依頼の際に問題となるのが駆除の費用です。

マンションなどの賃貸で駆除をおこなう際、駆除の費用は誰が負担するのかを相談しておく必要があります。ここでは、管理者負担になるケースと、自己負担になるケースがそれぞれどのようなものなのかを見ていきましょう。

【1】大家さん・管理会社負担になる場合

【1】大家さん・管理会社負担になる場合

羽アリの発生源が共用部にあった場合は、大家さんや管理会社が費用を負担するケースが多いでしょう。例えば、共用部に植えられた木などがシロアリの羽アリの発生源だと判明した場合は、大家さんや管理会社が費用を負担することになるでしょう。

また、管理会社が放置していた段ボールなどが羽アリの発生源になっているのであれば、これも管理者の過失といえます。この場合も、費用は管理者の負担となるでしょう。

【2】自己負担になる場合

自己負担となるのは主に、羽アリの発生原因が自分のほうにあった場合です。ベランダに放置したダンボールや木材などが発生源となっている場合は、借主個人の過失といえます。また、育てている庭木や観葉植物が発生源となった場合も自己負担になるでしょう。

自己判断での駆除はNG!

駆除業者を呼ぶ場合は、必ず事前に大家さんや管理会社の確認をとるのをおすすめします。場合によっては管理者側での負担になるものを、自己負担で駆除してしまうことになるかもしれません。

また、無断で業者をマンションに呼んでしまったのが発覚すると、今度は管理者とのトラブルに発展してしまうおそれもあります。まず、管理者と話し合いをおこなってください。相談の結果、業者を手配することになった場合は、ぜひ弊社にご相談ください。

もう羽アリを呼ばない!【クロ・シロ】アリ予防法

もし駆除をおこなったとしても、それまでの状況を改善しなければ、また羽アリを引き寄せてしまうかもしれません。ここからは、羽アリを家に呼び寄せないための対策について、ご紹介いたします。

基本対策:侵入経路をなくす

基本対策:侵入経路をなくす

まずは、羽アリが家に侵入してくる経路を、できる限りふさいでしまいましょう。壁のひび割れや網戸のすき間などは、よく羽アリの侵入経路となる場所です。放置しておかずに直して、羽アリの侵入を物理的に防いでしまいましょう。また、侵入経路となりそうな場所に防虫剤をまいておくのも効果的でしょう。

クロアリ予防法

クロアリの羽アリは栄養を体に蓄えているため、ほとんどエサを食べることはありません。そのため、食べ物につられてやってくることはあまりありません。

クロアリの羽アリは光に寄せられて侵入してくることがあるため、夜はカーテンを開けっぱなしにしないようにするだけでも、侵入の予防になることでしょう。また、クロアリの侵入を防ぐ防虫剤も市販されているので、そちらを使うとより確実に予防することができるでしょう。

シロアリ予防法

シロアリの予防としては、まずシロアリのエサ、もしくは巣になるような木材やダンボールは不用意に放置しないことがあげられます。また、適度に換気することで、シロアリが好む高温多湿の環境になるのを防ぐことができます。

業者によるシロアリ駆除をおこなった場合、アフターサービスとして、作業から5年ほどの保証がつくのが一般的です。この期間であれば予防や定期調査に対応してもらえるため、予防の観点から見ても、駆除の際には業者の手を借りるのがおすすめです。

弊社でも、作業後5年間のアフターサービス保証をおつけしております。コールセンターは24時間365日、お困りの際にはすぐにお問い合わせいただけます。羽アリやシロアリが発生してお困りの場合は、ぜひご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...