シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 飛ぶアリは種類ごとに起こる被害も違う!特徴から駆除方法までご紹介

飛ぶアリは種類ごとに起こる被害も違う!特徴から駆除方法までご紹介

飛ぶアリは種類ごとに起こる被害も違う!特徴から駆除方法までご紹介

アリといえば地面にぞろぞろ行列を作る様子を想像する方も多いでしょう。しかし、アリの中には空を飛ぶものもいます。この飛ぶアリがもしシロアリだったら、家屋の建材を食べてしまうおそれもあり、たいへん危険です。

しかし、この飛ぶアリにはクロアリとシロアリという種類がいるため、羽があるからといってシロアリとは断定できません。また、クロアリとシロアリはまったく別の種類の虫であるため、生息方法や人間への被害などが異なってきます。

今回当コラムでは、飛ぶアリの違いを明らかにして、適切な対応方法を紹介します。飛ぶアリに関して悩みや疑問をお持ちの方は、ぜひお読みください。

飛ぶアリは2種類!でもどちらも祖先は違う

見た目は同じような飛ぶアリですが、実はクロアリとシロアリという2種類がいるのです。種類が異なれば起こる被害にも違いが出てきます。飛ぶアリの駆除を始める前に、まず種類を見分けることが必要です。

クロアリの祖先はハチ

地面を動き回るクロアリと空を飛ぶハチでは、まったく異なる虫に見えますよね。しかし、クロアリは同じハチの種類に属する虫なのです。クロアリをよく見てみると、体の特徴もハチと似ている部分があることに気づくでしょう。どちらも、くびれがはっきりしていて、硬い表面におおわれていることが特徴です。

では、クロアリは普段は地面で生活しているのに、なぜ羽を持って飛ぶことがあるのでしょうか。それは繁殖行動のためなのです。ハチは女王バチがオスと交尾をして子孫を残します。実はクロアリもハチと同じプロセスで繁殖行動をするのです。繁殖期になると、働きアリたちが羽を持ったメスとオスを産卵し始めます。そして、オスとメスが一緒に飛び立ち空中で交尾します。

シロアリの祖先はゴキブリ

クロアリがハチの仲間なら、シロアリはなんの仲間なのでしょうか。実は、シロアリはゴキブリの仲間なのです。シロアリは、体にクロアリのようなくびれはありません。そして、丸っこい形をしており、表面がブヨブヨしています。

シロアリは集団で床下などの湿った場所へ移り住みます。雑食性のため、柱に使われる木材はもちろん、わずかな枯草や死骸なども食べてしまうのです。まさに、ゴキブリと同様、しぶとくて厄介な虫といえます。

クロアリの被害と駆除方法

クロアリの被害と駆除方法

クロアリはシロアリのように被害を及ぼすアリではありませんが、まったく害がないというわけでもありません。ここで、クロアリが起こす被害と駆除の方法をご紹介します。

クロアリが起こす被害

クロアリに毒はありませんので人体に直接悪影響があるわけではありません。しかし、食べ残しなどが洋服などに付着したままですと、食べに寄ってくることがあります。突然アリに噛まれることがあるのもこのためです。

シロアリのように木材を食べることはありませんが、腐った木に巣を作る習性があります。さらに、クロアリには動物性タンパク質を好むものや、機械油まで好むものがいます。そのため、自動車の内部や家電製品の内部に巣を作ってしまうこともあるのです。

また、クロアリはシロアリを好んで食べます。クロアリがたくさんいるということは、それだけエサとなるシロアリがたくさんいるというシグナルになることもあるのです。

クロアリの駆除方法

クロアリがよく出没するところや列を作っているところに、駆除剤を使用しましょう。侵入箇所があらかじめわかっているときは、侵入防止テープで塞ぎます。

クロアリが屋外で確認できるときは、家屋の基礎部分や庭などに駆除剤を散布します。木材が豊富にある場所に、クロアリが好んで巣を作るためです。雨や風などで駆除剤の薄まりが早いため、定期的な散布が必要になります。

シロアリの被害と駆除方法

シロアリはクロアリよりも被害が甚大で、放っておくと、シロアリが家の木材を食べてしまうおそれもあります。たとえ発見が数匹でも確実に駆除したいものです。

シロアリが起こす被害

シロアリは地面の枯れ木やダンボールなどをエサにして集団で移動する習性を持っています。そして床下などの湿った場所を見つけるとそこに巣を作ります。

シロアリは雑食性のため、木材だけでなく、一枚の枯れ葉や小さな動物の死骸などあらゆるものをエサとします。床下から室内にあがれば、食べ残し、本棚の書籍、貴重な絵画までありとあらゆるものをエサとして食べていきます。

床下の通気口が塞がっているような家、まわりに落ち葉やダンボールが置かれている家、さらに掃除ができておらず湿気が高い家などは、シロアリの格好の餌食となってしまうのです。

シロアリの駆除方法

シロアリが出てきたら、ゴキブリの出没時のように殺虫剤を噴射したくなるでしょう。しかし、この方法は駆除のためには逆効果なのです。殺虫スプレーには、忌避剤といってシロアリが近寄りたくなくなる成分が含まれています。忌避剤を噴射することで、シロアリを四方八方に散らばらせ、かえって行動範囲を広げてしまうことになるのです。

では、どうしたら目の前のシロアリを駆除できるのでしょうか。シロアリを見つけたら、落ち着いて掃除機で吸う。これが最適な方法となります。シロアリの行動範囲を広げず、しかも吸引圧力で退治することができるからです。

侵入口がわかれば侵入防止テープで塞ぎましょう。ビニール袋などで侵入口を塞いでおけば、出てきたシロアリを捕獲して駆除もできます。大量にシロアリが発生したときには、手を付けられないほど食害が進んでいることもあります。早めに駆除をしていくことが必要です。

被害が大きくなる前に!業者に相談してみよう

被害が大きくなる前に!業者に相談してみよう

人々の家屋に被害をもたらすシロアリ。先ほどは目の前のシロアリを駆除する方法をお伝えしました。しかし、シロアリが大量に発生している場合は自力で駆除することは難しいです。

きちんとシロアリの駆除ができているのかどうかわからないと、安心できませんよね。そのため、シロアリを見つけたときには早急に業者に相談するとよいでしょう。

また、見かけたのがクロアリでも安心はできません。クロアリはシロアリを食べて生活することもあります。クロアリ自体は人体に悪影響を及ぼしませんが、クロアリがシロアリのいるサインであることもあります。

シロアリかクロアリか自分で判断できないため、シロアリ駆除業者へ依頼することをためらってしまうこともあるでしょう。しかし、まず目の前の飛ぶアリがどの種類なのかを業者に調査してもらうだけでも、適切な対応方法を検討できるというメリットがあります。

1匹捕まえておくと調査が手早く済むかも?

業者に調査を依頼する前に、羽のあるアリを1匹サンプルとして捕まえておけば短時間で簡単に判断してもらいやすいです。できれば、割りばしで捕まえてケースなどで保管しておきましょう。しかし、アリは噛んでくることもありますから、無理におこなう必要はありません。

まとめ

羽を持ったアリには、クロアリとシロアリがいます。クロアリは、放っておくと腐った木だけでなく家電製品の中や自動車の中にも巣を作ります。クロアリを見つけたら、ベイト系駆除剤を使って駆除していくことが必要です。

シロアリが大量に発生した場合は、食害がかなり進んでいるかもしれません。早急に業者に相談しましょう。また、クロアリとシロアリの区別が自分でできないときも、業者が調査したうえ、適切な対応方法を教えてくれるので、迷わず相談することをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-952