シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > シロアリの音が聞こえる?家で聞こえる「カタカタ」の正体とは

シロアリの音が聞こえる?家で聞こえる「カタカタ」の正体とは

シロアリが私たちにどのような被害を及ぼすかご存じでしょうか?シロアリは、住んでいる家の木材を食べてしまうことで有名な生き物です。そのため家の資産価値を下げてしまうだけでなく、家の基礎となる部分も食い荒らしてしまうので、耐震性にも問題が出てきます。

家の資産価値を下げるだけでなく、シロアリに噛まれることや、シロアリによってカビが発生することがあり、私たちの体にも害を及ぼしかねない害虫です。そのため、家にいるシロアリは駆除する必要があります。

今回は、音で判断するシロアリの有無についてお伝えしていきます。現在、“なんかシロアリがいるような音がする……”とお悩みの方も、今後の参考にしたい方も、最後まで読んでいただけたら幸いです。

シロアリがいる・いないは音でわかる?

“床下から、シロアリがいるような音が聞こえる……”なんていう経験をしたことがある方はいませんか?ここでは、シロアリが発する音についてお伝えしていきます。

シロアリの警告音が聞こえる?

シロアリに目がないことをご存じでしょうか?なかなかシロアリをじっくりと見たことがあるという方はいないでしょうから、ほとんどの方が知らないでしょう。目がないシロアリ達は、意思疎通に「音」を使います。

シロアリは危機が迫ると、歯を打ち付けることで警戒音を発します。その警戒音が、人間には“カタカタカタカタ”と聞こえます。そのため、このような音が床下から聞こえてくると、シロアリが発生しているかもしれません。

歩くと床がきしむ音がする

シロアリは、家の木材を食べてしまう害虫として有名ですが、家の木材を食べてしまうがゆえに、木材の強度が下がってしまうことがあります。そのため、歩くと床がきしむような音がするようになります。

ポコポコ…壁の空洞音

シロアリが食べた部分はもちろん空洞になっていきます。もしシロアリがいる場合、壁を軽く叩いたときに空洞音がします。もともと空洞になっている構造でない限り、空洞音がしたときはシロアリがいるおそれがあります。

【セルフチェック】シロアリは音だけでは判断できません

シロアリの巣の見つけ方をご紹介!巣の特徴や作る場所

音を聞いただけで、その音の正体を“シロアリ”と決めつけるのは早計です。シロアリは音だけでは判断できません。ここでは、自分でできるチェックポイントをお伝えしていきます。

羽アリを見かけた

羽アリを見たことがあるという経験をしたことがある方はいませんか?ウジや羽アリを家の中に1匹でもいるのを見たことがあると、シロアリが発生しているおそれがあります。

蟻道がある

蟻道とは、字から見てもわかるように、アリの道のことです。国内でシロアリ被害が報告されているほとんどは、土壌性シロアリやイエシロアリです。特に土壌性シロアリは、光と乾燥に弱いので、蟻道を土で作って移動します。

そのため、コンクリートをよく見てみると、蟻道を見つけることができ、シロアリがいることを発見できるかもしれません。

扉の立て付けが悪い

シロアリが建物を食べることで、床や柱がそれ曲がったり、しなってしまったりすることがあります。曲がるだけでなく、扉の立て付けが悪くなってしまうこともありますよ。

床や畳が浮いている

シロアリは、木材をかじる害虫です。そのため、シロアリの食害によって、木材の強度が下がってしまい、床や畳が浮いてしまうことがあります。最近、床や畳が浮いてきたと感じたら、シロアリの可能性もあるでしょう。

シロアリの糞がある

乾燥に弱いシロアリもいますが、乾燥に強いシロアリもいます。乾燥に強いシロアリは、糞を食害した木材の外に排出します。木材の下に砂粒がたまっていたら、シロアリの仕業かもしれません。

雨漏りや水漏れをしたことがある

雨漏れや水漏れの経験がある人は注意が必要です。シロアリは、湿気を好む傾向にあります。そのため、雨漏れや水漏れによって湿気や水気があると、シロアリを呼び寄せる環境になるので、注意が必要です。

床下点検をしばらくしていない

しばらく床下点検をしていないという方は、一度点検をしてみましょう。“知らず知らずのうちに、シロアリに大切な家を食害されていた……”ということにもなりかねません。1年に1度を目安に点検を行うようにしましょう。

シロアリ以外にも音を出す虫がいます

床下から音がするからといって必ずシロアリがいるというわけではありません。シロアリ以外にも、音を出す虫はいるのです。「カネタタキ」という虫をご存じでしょうか?

カネタタキは、9~15ミリ程度の体長で、平べったく細長いシルエットの虫です。カネタタキは、「チッチッチッチッチッ」という小さな声で鳴きます。カネを叩く音に似ていることから、「カネタタキ」という名前がついたようですが、カネタタキも音を発するため、音だけだとシロアリと間違われることがあるようです。

音の正体!シロアリの可能性が高いときは駆除が必要です

被害に遭う前に!業者に依頼する方法

今回、ご紹介した自分でできるセルフチェックポイントや、音からシロアリの発生している可能性が高いと感じたときは、早めの駆除が必要です。シロアリは放っておくと、どんどん建物を食害していってしまいます。

【DIY】自分でシロアリ駆除をする

シロアリを駆除する方法として、自分で駆除を行う方法があります。自分で駆除を行うと、費用を最小限に抑えることができます。そのような場合、ベイト工法とバリア法がおすすめです。

ベイク方法とは、シロアリが住み着いている建物に直接施すのではなく、その建物の周辺に特殊な筒を埋め込む方法です。量販店で売られている「ベイク剤」といわれる筒を購入しましょう。この筒の中には、毒が入っているのでシロアリが食べると、脱皮ができずに死んでしまい、駆除することができるという方法です。

また、シロアリはエサを仲間のもとに持ち帰り、分け合って食べるという習性があります。そのため、この毒餌を食べたシロアリの仲間も駆除することができます。

ベイク工法は、建物に直接施さないため、小さいお子様やペットがいても安心です。また、建物に穴を開けることなく、シロアリを駆除できるのも魅力の1つです。

しかし、ベイク工法に使われる毒餌は、遅効性なので効果がすぐに現れないこと、定期的な点検が必要なこと、継続的に費用が発生することが欠点として挙げられます。

もう1つの駆除方法に、バリア法があります。バリア法は、薬剤散布法ともいわれ、シロアリが侵入しないように、薬剤を柱や床下に散布します。木材に対して薬剤を散布したり、木材に穴を開けてシロアリ駆除をします。

バリア法は、シロアリを早期に駆除することができ、床下の木材の腐食の予防も行うことができます。また、ベイク工法に比べると、比較的安く駆除することができます。

しかし、床下に潜る必要があるので、防毒のためのマスクやメガネを用意する必要があります。床下は狭くて暗いため、素人が完璧に作業を行うには、困難かもしれません。

【プロ】シロアリ駆除の業者へ相談する

個人での駆除が難しいと思ったときは、シロアリ駆除の業者に依頼しましょう。業者に依頼すると完璧にシロアリを駆除してくれる上に、今後のアフターケアやシロアリを発生させにくくするアドバイスをいただくことができます。

業者に依頼するときは、複数の業者で相見積りがおすすめです。口コミや評判から、自分の条件に合いそうな業者複数社に見積りを依頼しましょう。その際に、追加料金の有無や、その後のアフターケアの有無をしっかりと確認しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、シロアリについてお伝えしてきました。シロアリ被害は、誰にでも起こるうる被害であり、主に建物に被害をもたらすことから迅速にシロアリを駆除する必要があります。床下から、シロアリがいるような音がするかもと思ったときは、今回ご紹介したポイントを確認してみてください。

もしシロアリがいるおそれが疑われるときは、至急駆除しましょう。自分で駆除することもできますが、シロアリがいる床下は狭くて暗いため困難を極めます。そのような場合は、業者の方に相談してみましょう。迅速に対応してくれますよ。

今回お伝えしたことが、みなさんのお役にたてれば幸いです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...