シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリの予防は何年ごとにすればよい?正しい知識で効果的な駆除を

シロアリの予防は何年ごとにすればよい?正しい知識で効果的な駆除を

シロアリの予防は何年ごとにすればよい?正しい知識で効果的な駆除を

 

シロアリは、建物に甚大な被害を与える害虫です。シロアリにすみつかれると、建物を支える建材が傷み、老朽化が進んでしまいます。そうならないよう、早いうちからシロアリ予防の施工をした方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、一度予防しただけで安心してはいけません。シロアリ予防の効果には、期限があります。時間が経つとともに、予防に使われる薬剤の効果が薄れてしまうのです。そのため、シロアリ予防は定期的におこなう必要があります。

 

このコラムでは、シロアリ予防の目安と、その目安の理由を解説していきます。また、シロアリ予防の方法や、業者に依頼する際の注意事項もご案内します。

 

 

シロアリの予防は何年ごとにすればよいの?

シロアリを予防するためには、まずシロアリ予防に使用した薬剤についてきちんと知っておくことが大切です。薬剤の基本的な知識のほか、予防をしないとどのようなことが起きるか、見ていきましょう。

 

シロアリの予防は5年が目安

シロアリ防除の薬剤は通常、5年で効果が切れてしまいます。そのため、一度シロアリ予防を施工したからといって油断してはいけません。一度の施工で終わりにするのではなく、5年に1回の頻度で定期的に施していきましょう。

 

「家を建てた時に予防したから」「何年か前にシロアリ予防をしてもらったから」と安心している方は要注意です。

 

何年前に、どのような工法で予防施工をしたのか、具体的に思い返してみてください。そして、5年以上前だった場合は、早めにシロアリ防除の薬剤を施工し直しましょう。

 

なぜ5年が目安といわれているのか

通常の薬剤の効果は、時間が経過するたびに薄れていきます。シロアリ防除に使用する薬剤も同様です。シロアリ防除の薬剤は、光や熱などによって分解されてしまいます。常にシロアリを寄せ付けないためには、定期的に新しい薬剤を散布する必要があります。

 

そうはいっても「5年経ったからといって、急に効果がなくなるわけではないだろう」と思う方もいるでしょう。

 

しかしシロアリ防除の薬剤は、施工した瞬間から分解されていきます。徐々に分解していくこの薬剤が、「建材からシロアリを退けるくらいの量」が残っていられる期間が5年なのです。

 

そのため、5年が経過した時点では薬剤は残っているものの、シロアリを防ぐ効果がなく、建材や建物内の侵入を許してしまうのです。

 

予防をしないとどうなる?

シロアリ予防を怠ると、シロアリが侵入してきてしまいます。シロアリは地中から、床や柱などの建材にたどり着き、そこからすみかをつくります。

 

特に地面にもっとも近い床は、すみかにされることが多いです。床がきしむと思ったら、シロアリが巣をつくっていたという事例もあるので注意しましょう。

 

また、シロアリには羽をもつ時期があります。羽アリは建物内に入ると、柱や壁などをすみかにします。羽アリが飛んでくる春から夏にかけては、網戸を設置するようにしましょう。

 

このようにシロアリの侵入経路は1つではありません。また、シロアリは木や土の中に好んで生息するため、めったに人前に姿を現しません。そのため、知らないうちにシロアリが繁殖していた、ということも十分ありえるのです。

 

知らないと家があぶない!シロアリによる被害とは……

知らないと家があぶない!シロアリによる被害とは……

 

シロアリの予防をしておかないと、建物に甚大な被害が出てしまいます。特に日本は湿気が多く、シロアリにとって繁殖しやすい環境です。また、シロアリは木を好んですみかにするため、木造の建物が狙われる傾向にあります。

 

シロアリにすみかにされた箇所から建材が腐り、建物全体のゆがみや傾きの原因になります。傷んだ建材が増えるほど建物の耐久性が下がり、最悪の場合は建物がつぶれてしまうくらいに老朽化が進んでしまいます。

 

コンクリート造の建物も油断はできません。シロアリはその強靭なアゴを使って、コンクリートを細かく砕き侵入してきます。外はコンクリートでも中の建材には木が使われている場合、その内部の木をすみかにして繁殖していきます。

 

このような建物は、外がコンクリートで覆われている分、シロアリの発見が遅れてしまうことが多いものです。そのため、気づいた時には修繕が施せないくらいにまで傷んでしまっている場合もあります。

 

建物の価値を下げないためにも、シロアリ予防の施工を考えましょう。

 

シロアリの予防はこうすれば安心!対策方法をご紹介

シロアリ予防には、2種類の方法があります。1つが「ベイト工法」という方法です。殺虫剤入りのえさを使用します。シロアリ自身にえさを巣まで持ち込ませて、巣にいるアリごと駆除をしていきます。シロアリ予防というよりも、駆除で使われることが多いようです。

 

予防方法として一般的なのが「バリア工法」です。薬剤で建材を保護することによって、シロアリを遠ざけることができます。このバリア工法で使う薬剤の効果が、5年であるとされています。

 

シロアリの予防は、自分でおこなうことができます。しかし、素人の予防方法では、ムラや穴ができてしまい、そこからシロアリが大繁殖をしてしまうケースが多いです。そのため、シロアリの予防をする際は、専門家による施工をおすすめします。

 

失敗しない!業者の選び方とは?

失敗しない!業者の選び方とは?

 

専門業者に予防施工を依頼する時に気になるのが、業者の良し悪しです。せっかくお金を出して依頼するのですから、なるべくよい業者に施工してほしいですよね。この章では、業者選びのポイントを解説していきます。

 

5年間の駆除保証がある

最初にシロアリ予防の薬剤の期限が5年間だということをご説明しました。しかし5年間は絶対安全かというと、そうではありません。5年以内であっても、状況によってはシロアリが侵入してくるケースがあります。

 

そのため業者の中には、5年間の保証期間を設けていることがあります。薬が効いている状態でもシロアリが巣くってしまう原因は、施工に何か問題があったのかもしれません。自社の施工に責任を持っている業者だからこそ、保証期間を設定しているのです。

 

施工工法がしっかりしている

施工の方法がいい加減だと、シロアリの侵入を許してしまうおそれがあります。業者にシロアリ予防を施工してもらう際は、施工方法を確認するようにしてください。適切な施工を提案して、納得のいく説明ができる業者を選ぶようにしましょう。

 

追加料金がかからない

業者の中には、施工後にお見積りよりも高い金額を請求してくるところもあります。サービスがよい業者は、施工前の事前の調査で出したお見積りから金額を変えることはありません。もし追加の請求が発生する場合は、作業前に説明を入れるのが普通です。

 

業者からお見積りをとる際は、追加の料金が発生することはあるか、発生するとしたら金額はどれくらいになるのかを確認しておきましょう。金額の概算も答えられない業者には、注意が必要です。

 

まとめ

今回はシロアリ予防の期限についてご説明しました。シロアリ予防の期限は5年間だということ、この期限を過ぎるとシロアリに侵入されてしまうおそれがあります。「自分の家は大丈夫」などと思わずに、一度シロアリ予防をお考えください。

 

業者によっては、無料で調査をおこなっているところもあります。シロアリは、めったに人前に姿を現すことがありません。専門家による調査で、知らないうちに巣くっていたシロアリを発見する可能性もあります。建物の未来を考えて、調査だけでもご検討ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-952