シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリたちの女王…その生態とは?女王アリの知られざる悲しい最期

シロアリたちの女王…その生態とは?女王アリの知られざる悲しい最期

 意外と知らない女王アリの生態に迫る!シロアリとクロアリでも違いが

シロアリのなかでも女王アリは、見た目やその生態がほかのアリと異なります。おもな役割は、繁殖行動をおこない子孫をたくさん残すことですが、それだけではありません。

実際のところ、アリの研究をしている人でもない限りは、女王アリの真の生態を知る人は少ないでしょう。そこで今回は、そんな女王アリの詳しい生態についてお伝えしていきます。

女王アリの役割や王アリとの関係性、また女王アリの最後にまつわる悲しい秘密や、クロアリとシロアリの違いについて紹介していきます。

※もしシロアリの被害が不安な方は、一度床下点検をしてシロアリの有無を調べてみることをオススメします。弊社の無料相談窓口では、そんな点検を無料でしてくれるお近くの提携業者をすぐにご紹介!ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

(条件や加盟店の状況によっては床下点検が有料となる場合もありますが、その際は事前にお知らせいたします。)

 

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検のご相談ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

働きアリとは全然違う!女王アリの見た目の特徴

アリにはさまざまな種類がいます。働きアリや兵隊アリ、羽の生えた羽アリ、そしてアリのなかの女王「女王アリ」です。名前は有名ですが女王アリの生態について詳しい人は多くないでしょう。一般的に女王アリは大きいといわれています。

それはそのとおりで、女王アリの身体はほかのアリに比べとても大きいです。アリの種類にもよりますが、女王アリの体長はおよそ1.5cm~4cmといわれています。

アリのなかでも餌をとる「働きアリ」は、巣のなかでわかれている役割の約9割を占めており、巣を守る役割の「兵隊アリ」や羽をもった「羽アリ」もいます。これらのアリを生み出すのが女王アリの役割です。アリの巣に生息するすべてのアリの母親になるのが女王アリですから、その身体が大きいというのは納得ができますね。

実は女王アリは1匹じゃない

実は女王アリは1匹じゃない(王1匹に対してハーレム状態)

女王アリというと巣のなかに1匹だけおり、王アリと1対1の状況を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、それは女王アリの生態を知らないがゆえの間違いといえるかもしれません。実際は1匹の王アリに対して女王アリは何匹もいるのです。

女王アリの役割は卵を産みアリの数を増やしていくことですが、一匹の女王アリが産める卵の数は1日約25個です。十分にとんでもない数ですが、アリからしたら1日25個では順調に数を増やすことはできません。

しかし、女王アリが数匹、もしくは数は百匹いるとしたらどうでしょうか?10匹で1日250個、100匹いれば1日に2,500個もの卵が産めることになるのです。女王アリの数が多いのは、アリが最も効率よく数を増やすために研究した結果といえるかもしれません。

女王アリの数が多いケースでは1つのアリのコロニー(アリの巣のかたまり)で500匹以上になることもあるそうです。対して王アリは1つのコロニーに1匹のみいるため、1匹の王アリに対して女王アリは数百匹となります。これは自然界のなかのハーレムであるといえるでしょう。

女王アリの生涯はどんな感じ?女王なのに残酷な最後!

女王アリは巣のなかに数百匹もいるとはいえ、すべてのアリを産む立場にあります。そんな女王アリが最後を迎える瞬間はさぞかし豪華な門出になると想像するかもしれません。

しかし、実際には女王アリの最後は無残で残酷なものです。女王アリは死を迎えるとき、自らが生んだアリ達のエサになってしまうのです。ここでは女王アリの生態のなかでもとくに特殊な女王アリの最後についてみていきましょう。

女王アリは10年以上あるとさせている寿命のなかで、働きアリや兵隊アリを産むときに王アリと交尾をして卵を産み続けます。これらのアリは王アリと女王アリの子供です。しかし、女王アリは単独でも子供を産むことができるのです。単独で産んだ女王アリの子供に王の血は入っていません。

この女王アリが単独で産んだアリは「2次女王」や「副女王」と呼ばれ、今いる女王の跡を継ぐ次世代の女王になります。一方2次女王を産んだ現在の女王アリは、間もなくその役目を終えることになります。

役目を終えた女王アリの最後の役割は、その身体をほかのアリのための栄養源にすること、すなわち自らの身体を餌としてほかのアリに捧げるのです。悲しい末路のように感じますが、アリの世界で見たときには子孫を増やすための合理的な方法といえるのかもしれませんね。

クロアリとシロアリ、女王の違いは?発見したら早めに駆除を

クロアリとシロアリの女王の生態には違いがある?

一口に女王アリといっても、アリにはクロアリとシロアリといった種類があげられます。これらのアリはそれぞれの見た目はもちろん、種類や習性、女王アリの生態にも違いがあります。

ゴキブリに属するシロアリと、ハチに属するクロアリ

シロアリとクロアリは同じくアリと呼ばれていますが、じつは生物学的に全く違う種類の昆虫に分類されています。日本の屋外でよく見かけるクロアリはハチ科に属する昆虫です。私たちが思いつく一般的なアリの種類といえるでしょう。外見はヨロイを着ているようで体表も固く、部分ごとにクビレがあります。

一方、家の木材を食べるなどの被害を人間にもたらすシロアリはゴキブリの仲間といわれています。シロアリの祖先はゴキブリから派生したといわれ、身体の見た目もクロアリと違い、ブヨブヨとしているのが特徴です。また、外気のなかでは生きていけないので、地中の巣や木材のなかで生きています。

クロアリとは違うシロアリの体の違い

シロアリは、クロアリと種類のまったく異なる昆虫で、見た目の違いも大きく、一目で見分けることも可能です。また、名前を見てもわかるとおり、シロアリの多くは身体が白色となります。一方で気温の高い熱帯地方では、白色のほかに黒や褐色のシロアリもいるそうです。また、シロアリには羽がついているものも一定数存在します。

ほかにも、シロアリの身体にはクロアリのような部分ごとのクビレがなく、一直線の寸胴型をしています。クロアリは頭部や胴体など一見してわかりやすいです。

またシロアリの身体は硬くなく、ブヨブヨしています。ブヨブヨとした白い身体からも想像ができるとおり、シロアリは外気にとても弱い昆虫で、日中のあいだ外にシロアリを晒した場合、数時間で死んでしまうのだそうです。

さらに巣のなかに風が入るのをおそれ、巣の入り口に土を積み上げて、風が侵入するのを防ぐ習性があるほど、外気には敏感です。

このような生態によって、女王アリは成長に伴い身体が大きく成長させていきます。通常のシロアリに比べて女王アリは明らかに大きいため、初めてシロアリを見る人でも一目瞭然に判別ができるでしょう。

シロアリには副王と副女王が存在する!

シロアリには王や女王の分身になる「副王」や「副女王」が存在します。副王や副女王は王アリや女王アリが分化したもので、交尾をせずにそれぞれが単独で生み出します。そして副王や副女王は次の王や女王になる役割にわかれているのです。しかし、王アリは世代交代をすることは少なく、巣を作った王アリが長く王として君臨していることが多いそうです。

一方で、女王アリの世代交代は頻繁に起こります。先に触れた女王アリの最後でも述べましたが、女王アリはその役目を終える前に副女王を産み、世代交代をおこないます。王アリに比べて女王アリの世代交代は頻繁におこなわれるので、副女王アリが女王アリになることはよくあるそうです。

シロアリ被害が不安なら一度床下調査してみよう

もしシロアリを自宅で発見してしまった、もしくはシロアリに関して不安がある、という場合は、なるべく早めに業者に連絡をして、床下調査・駆除を依頼しましょう。

シロアリはご存知の通り木材を好んで食べる特徴があるため、家のなかに侵入してしまうと柱や壁、床材などを食べられてしまうおそれが高いです。仮にシロアリの発生に気がつかず放置してしまうと、建物の耐久性を著しく低下させてしまうおそれがあるでしょう。

しかし、シロアリの被害は、床下などの目に見えない部分から始まることが多いため、なかなか被害に気づくことが難しいともいえます。シロアリの有無や被害状況を正確に知るためには、一度床下を点検することをおすすめします。

とはいえこの床下点検は暗く狭い場所での作業になるため、なかなか自分でおこなうのは困難です。ケガにも繋がりますので、床下点検はプロの業者に依頼して、手間なく調べてもらいましょう。

そんな床下点検のご依頼は、ぜひ当サイトのサービスをご活用ください。

弊社には全国各地の優秀なシロアリ駆除業者が多数加盟、ご希望いただければ無料で床下点検ができる業者もお探しいたします。もし状況・加盟店の都合で調査などに費用が掛かる場合は、事前にご確認・ご了承いただきますのでご安心ください。

また、見積りに納得できない場合はキャンセルいただくことももちろん可能です。24時間いつでも、シロアリに関する相談を受け付けいたしておりますので、いつでもお問い合わせください。

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検のご相談ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

まとめ

女王アリのおもな役割は子孫を生み出すことです。毎日約25個もの卵を産み、子供を増やしていきます。そんな女王アリが数十匹もいるとなると、その繁殖力が非常に高いことがわかりますね。

このような繁殖力を持つシロアリが家に棲みついているとなると、あっという間に建物が食害されてしまうでしょう。そんな繁殖・食害が目に見えない木材の中でおこなわれている、と思うと恐ろしいものです。

もし、シロアリによる被害が不安なら、シロアリ業者に床下点検を依頼してみると、シロアリがいるかどうか・被害がどこまで進んでいるかが分かります。日に日に進むシロアリ被害、早期発見・予防という意味でも、一度点検だけでもしてみてはいかがでしょうか。

そんな床下点検のご依頼なら、ぜひ弊社にお任せください。

弊社のサービスでは、お近くの提携シロアリ業者をスグにご紹介。無料で床下点検をおこなっている業者も多数加盟していますので、ご希望される方はお気軽にお伝えください。

お住まいの地域や条件によっては、点検などに費用がかかる場合もございますが、その際は事前にお知らせしますので、ご安心ください。見積りのご了承いただいてからの作業になりますので、見積り後のキャンセルも可能です。24時間365日電話受付していますので、いつでもご連絡ください。

無料相談メールフォームはコチラ

床下点検のご相談ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【シロアリの生態・特徴に関する記事はこちら】

シロアリの卵はすぐに増える!効果的な駆除・予防で住宅を守ろう!
シロアリの大きさは『種類や階級(羽アリ・幼虫など)』で違う!
シロアリの生態解説!羽アリの特徴や発生時期など|被害例や予防法も
シロアリかどうか羽アリの特徴で見かけよう!駆除や予防対策も
シロアリの寿命は約2~15年!生態や被害、シロアリ駆除は業者へ
羽アリの大きさって?シロアリやクロアリの生態・発見時の対処法とは
シロアリ画像あり!被害写真・床下駆除まるわかり!生態~対処まとめ

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 5.00 )
ローディングアニメ読み込み中...