シロアリ「コンクリート最高!鉄筋住宅大好き」シロアリの脅威的実態

シロアリ「コンクリート最高!鉄筋住宅大好き」シロアリの脅威的実態

 

家を建てるとき、シロアリ対策の一環としてコンクリートのベタ基礎や鉄筋住宅を選ばれた方。これで安心、と油断していませんか?

 

シロアリに「絶対の安心」はありません!シロアリはジメジメとした木材を狙うというのがセオリーではありますが、実際は直射日光が降り注ぐ防湿コンクリートであっても、狙った家に侵入するためなら脅威的な執念で突き進んでくるのです。

そして、突破したコンクリートの家の中は、人間にとってそうであるようにシロアリたちにも安全を約束された理想の住まいとなります。

 

基礎がコンクリートだから、鉄筋住宅だからこそ、発見も駆除も困難になってしまうシロアリ被害。あなたの家が「絶対に大丈夫」だという保証は、実はどこにもないのです。

そんなほとんど無敵とも言えそうなシロアリ軍の攻撃から、自宅を長く確実に守り続けていくにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

コンクリートの基礎や鉄筋住宅は、シロアリの理想郷

基礎にコンクリートやモルタルを多用した家の思わぬ落とし穴…。シロアリは、目視できないコンクリートの裏側の隙間やヒビなどから、家の深部にまで侵入してきます。

あなたの家の基礎はどんな造りになっていますか?シロアリにとって隙のある造りになっていないかどうか確認が必要ですが、実際それが難しいからこそ鉄筋住宅にも深刻な被害が出てしまうのです。

 

コンクリートもガジガジ砕く!シロアリの恐るべきパワーと執念

シロアリには「コンクリートを食べる」というウワサがあります。実際には、エサとして食べているのではなく、侵入経路を開拓するために、総員が小さなドリルのようにコンクリートをかじって削り取って行くのです。

どう考えても相当な負担を強いる作業のはずですが、その先に快適な住みかがあると分かっていれば、シロアリは執念でコンクリートを突き破って侵入していきます。

一定の条件が揃い、彼らに狙いを定められてしまった家は、木造であろうが鉄筋であろうがほぼ確実に餌食となってしまう可能性が高いということです。

 

シロアリ達がコンクリートを大好きな理由

① 天敵の黒アリなどから身を守れる

 

② 人間に駆除されにくい

 

③ コンクリートの近くに水場があれば湿度がどんどん上がり、そのままこもりやすい

 

④ 保温性が高く、冬も温かく暮らせる

 

シロアリがあえてコンクリートを狙ってくるのはこのような理由からです。

コンクリートの硬さと気密性は、中へ入ってしまえば好都合なことばかり。まるでシェルターのようにシロアリ達を守ってくれる環境となります。

 

シロアリに狙われやすいのはこんな環境!

シロアリに狙われやすいのはこんな環境!

 

シロアリを避けたいなら敷地付近に木材を放置するのは厳禁、水漏れや雨漏りを放置するのも厳禁、というのはすでにご存知で対策済みの方も多いでしょう。

しかし、シロアリを100%防ぐことはまず不可能と言われており、どんなに対策をしてあったとしても注意は欠かせません。木造住宅でも鉄筋住宅でも、改めて以下のようなことも念頭に置いて、自宅のシロアリ対策を再チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

温かい場所、湿気のある場所には執念で入ってくる!

目立った水漏れや雨漏りがなくても、床下の換気口が不十分な造りの家や、浴室付近など湿気がたまりやすい場所には、多くの場合カビが発生しておりシロアリも集まりやすくなります。結露が起きる家も被害を引き寄せやすい傾向です。

また、床下だけでなく2階や3階の天井裏であっても、雨漏りが起きたことのある場所は湿気が溜まるため、高所でも狙われてしまいます。過去に雨漏りが起き、今は雨漏りしていないという場所であっても、シロアリが床下のモルタルを突き破り天井裏まで登ってきたという被害が出ています。

 

防蟻処理がされていない場所

防蟻処理をしていない場所、処理をしてから数年が経過している場所も要注意です。薬剤の効果は永久ではなく徐々に消えていくものですので、定期的に追加処理していく必要があります。

 

中古物件はすでにシロアリの餌場となっている率が高い

コンクリート基礎や鉄筋住宅を中古で購入する場合、その構造上、シロアリ被害が見過ごされている可能性は木造住宅よりも高いかもしれません。カビ臭さがあったり床下が確認できないような場合は、購入前はもちろん購入後も、一度しっかりシロアリ駆除業者に確認してもらうことをおすすめします。

 

シロアリ被害はすでにはじまっている…!?こんな症状はありませんか?

家を買った人はもちろん、これから家を買う人も知っておきたいのがシロアリ被害の初期サインです。もしシロアリが家を蝕み始めていたら、どんな現象が現れるのでしょうか。

 

シロアリの被害に遭っている場合、こんな症状が…

・羽アリが飛んでいる

 

・ドア、ふすま、雨戸などの立て付けが悪くなった

 

・床の一部がフニャッと凹む

 

・柱や壁をたたくと空洞音がし、中がスカスカな感じがする

 

・柱や床に小さな穴が空いている

 

・床に木くずや砂粒のようなフンが落ちている

 

このような症状が1つでもあればシロアリがいる可能性大です。家への影響がドアや床の一部で済んでいる間はまだ危機感が持てないかもしれませんが、様子見しているうちに家を支える床の基礎や柱まで食べられてしまう恐れがあります。そうなると大切な家の強度はガタ落ち!災害に遭った時に耐える力も根こそぎ奪われてしまうかもしれません。

一日でも早く対策を取り、家を危機から救い出す必要があります。

 

コンクリートに巣食うシロアリの駆除はかなりの難易度!

コンクリートに巣食うシロアリの駆除はかなりの難易度!

 

柔らかい木に潜り込んだ虫と、硬いコンクリートに入り込んだ虫、取り出すのに苦労しそうなのは明らかに後者ですよね。シロアリ駆除業者にとっても、コンクリート×シロアリ対策は頭の痛くなる作業。経験を積んだプロでも手こずってしまう難しいケースなのです。

 
 

 

木造の場合と違って侵入経路や居場所が見つかりにくい

コンクリート基礎や鉄筋住宅では、シロアリの侵入経路を発見すること自体がとても困難になります。木材では被害箇所が特定しやすいケースが多いですが、コンクリートからの被害は外から手を出しにくい閉所や狭所で起きやすいのです。場所を特定するためにモルタルを複数個所剥がす必要が出てくるケースも少なくありません。

 

 

強固な構造上、シロアリが見つかっても駆除が難航しやすい

シロアリが狙いやすい木材部分や外壁と違い、コンクリートは硬さと厚みが駆除の際の大きな障害になってしまいます。何度駆除しても被害がやまない場合は、侵入箇所の特定や被害箇所の消毒が完全にしきれないのが原因なのです。

 

コンクリートのベタ基礎や鉄筋住宅での駆除実績が多い、頼れる業者を探そう

このように木造とはまた違う困難さがあるのが、コンクリート基礎や鉄筋住宅でのシロアリ対策の特徴です。解決の難しさから、業者によっては対応しきれないケースもあるようです。

 

それだけ困難を極める作業であると同時に、そもそもシロアリ自体を世の中から根絶するのはほぼ不可能…。こういった点を考慮するなら、駆除の際はアフターフォローがしっかりしている業者を選ぶことが重要だと言えるしょう。

信頼できる業者であれば、責任をもって駆除後の経過もフォローしてくれるはずですので、万一また不安な点があっても安心して相談できるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、コンクリートをも突破するシロアリの特性についてご紹介しました。

打つ手立てがなさそうにも思えるシロアリ被害ですが、対策としてはやはり湿気問題を解決させることが何よりも重要です。

シロアリはカビのニオイに強く引き付けられてきますので、危険な箇所には換気設備を設ける、換気できない所には定期的な防蟻処理を行うなどの対策が必要になります。

 

自宅がコンクリート基礎や鉄筋住宅であれば、発見が遅れたり駆除が難航する可能性が高いですので、実績のある業者さんに全面的にフォローしてもらえるよう手配しておくと安心でしょう。

多くのシロアリ駆除業者の中から信頼できる業者を選ぶには、比較サイトなどで判断する方法がおすすめです。料金の詳細やアフターフォローなどについても事前に説明のある所なら、安心して利用できるのではないでしょうか。

0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み