24時間365日、日本全国
いつでも受付中!

0120-949-952

イエシロアリの被害は深刻!ヤマトシロアリとの見分け方や特徴、駆除対策

2021/07/22
イエシロアリは大規模集団!ヤマトシロアリとの見分け方と特徴

日本には多くの種類のシロアリが生息していますが、そのなかでも「イエシロアリ」は特に厄介なシロアリとして知られています。イエシロアリは繁殖能力がかなり高くて大規模な巣を作り、被害が深刻化しやすいからです。

今回はイエシロアリの特徴と見分け方を解説。シロアリ駆除のプロに早めの駆除をしてもらい、シロアリの脅威から大切な家を守りましょう。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます

イエシロアリとは?

イエシロアリは、森林などに生息して木材を主食としている昆虫の仲間です。よく公園などで見かけるクロアリと似たような生態で、それぞれの個体が違う役割をもって生きている「社会性昆虫」という特徴があります。

【イエシロアリの階級】
王・女王アリ:巣の中心となり、生殖の役割をもつ
二次性殖虫:王・女王が死んだときの交代要員
ニンフ:成長して羽アリとなり、新しい巣を求めて旅立つ
兵蟻(へいぎ):防衛やおとりの役割を背負う
職蟻(しょくぎ):エサ集めや卵の世話などをする

イエシロアリをはじめとしたシロアリは木材に含まれる「セルロース」という繊維物質を主食として食べます。さらに、乾燥を苦手としてジメジメした環境を好むため、普段は枯れ木の中や地中に巣を作って生活しているのです。イエシロアリが住宅を加害するのは、建築物に使われる木材を食べたり巣にしたりするからです。

日本の家屋で巣を作る代表的なシロアリには他に「ヤマトシロアリ」がいます。イエシロアリとヤマトシロアリの見分け方についても解説していきます。

また、それ以外の日本のシロアリについて知りたい方は「シロアリの種類を簡単に見分ける方法!羽の色・頭の形で判断しよう」を確認してみてください。

イエシロアリとヤマトシロアリの見分け方

日本に生息するシロアリは全部で20種類ほどおり、そのほとんどが森林で生活をしています。しかし、イエシロアリ・ヤマトシロアリ・アメリカカンザイシロアリ・ダイコクシロアリの4種類は、家屋に忍び込んで建物を内側からボロボロにしてしまう害虫です。

特に被害件数の多い「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」の見分け方を解説していきます。

見た目で見分ける

イエシロアリとヤマトシロアリは昆虫として近い分類で、職蟻の見た目がとても似ており見分けづらいです。兵蟻や羽アリの形態では見た目の違いがわかりやすいので、そこで判別してみましょう。まずは兵蟻の違いを見ていきます。

兵蟻の見た目比較
項目 イエシロアリ ヤマトシロアリ
見た目 イエシロアリ ヤマトシロアリ
大きさ 4.5~6.5mm前後 3~6mm前後
褐色の頭、乳白色の体 褐色の頭、乳白色の体
頭の形 卵のような丸い形をしている 円筒に近い形をしている
行動 攻撃的でかみついてくる 攻撃をしない

職蟻はすべて乳白色のため判別が難しいですが、頭に色が付いている兵蟻を見ることで判別が可能です。兵蟻は職蟻に比べて数が少ないですが、職蟻の集団に付き添う形でいるため見つけやすいでしょう。続いて、羽アリの見た目を比較してみます。

羽アリの見た目比較
項目 イエシロアリ ヤマトシロアリ
見た目 イエシロアリ(羽アリ) ヤマトシロアリ(羽アリ)
大きさ 8mm前後 5~7mm前後
褐色、半透明のクリーム色 黒に近い褐色、黒っぽい半透明

羽アリの場合は全体的な色あいが違うため、兵蟻よりも見分けがつきやすくなっています。羽アリは春~夏頃に地上へ飛び立つので、見かけたら確認して種類を判別してみてください。

群飛の時期と時間で見分ける

先ほどご紹介した通り、イエシロアリとヤマトシロアリは羽アリの色で簡単に判別することが可能です。さらにもうひとつ見分けるポイントがあるので、知っておくとよいでしょう。それは、羽アリの活動タイミングです。

シロアリ(羽アリ)の群飛
項目 イエシロアリ ヤマトシロアリ
群飛の時期 6~7月頃 4~5月頃
群飛の時間 午前中~夕方 夕方~夜

ヤマトシロアリは春の暗い時間帯、イエシロアリは夏の暗めの時間帯にあらわれやすいです。なお、地域によって群飛の時期に違いがある場合があります。そのため、あくまで参考材料のひとつとして考えてみてください。

また、羽アリと間違えやすい種類のアリに「クロアリ」があります。クロアリの羽アリは春~秋の時期に群飛をして新しい巣を探しますが、シロアリと違って木材を食べることはまずありません。むしろ、クロアリはシロアリを食べる益虫であるので、見かけたらそっとしておきましょう。

羽アリ形態のクロアリは、よく公園で見かけるクロアリに羽が生えたような見た目をしているので、注意深く見ることでシロアリと見分けることが可能です。さらに詳しく知りたい方は「シロアリとクロアリの違い」で解説しているため、確認してみてください。

生態と生息地域で見分ける

イエシロアリとヤマトシロアリは見た目こそ似ていますが、その生態や生息地域には大きな違いがあります。以下に見分けるときのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

生態・生息地域の見分け方
項目 イエシロアリ ヤマトシロアリ
寒さへの耐性 弱い 強い
生息地域 関東より南の比較的暖かい地域 北海道北部以外の日本全土
生息地域 関東より南の比較的暖かい地域 北海道北部以外の日本全土
営巣場所 地中や木の中。大きな巣の他に小さな巣も作る。 湿った朽木や木材。エサとして食べた場所を巣として利用する。
巣の規模 最大100万匹ほどの個体数になる 1~3万匹ほど増えることがある

見分け方のポイントは以上です。解説したとおり、似たような姿をしていてもイエシロアリとヤマトシロアリでは異なる点が意外と多いことに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、シロアリは基本的に人間の見えないところで活動するため、なかなか発見するのが難しいです。そんなときは、シロアリ被害に遭っていないか業者に確認してもらいましょう。特にイエシロアリの場合、個体数の増加により被害が甚大になりやすいので巣の早期発見が大切です。

イエシロアリを放置すると危険である4つの理由

イエシロアリは放置するとかなり危険な害虫です。イエシロアリが危険な理由を4つご紹介しますので、シロアリ被害が心配な方はぜひ参考にしてみてください。

1.家の耐久性が低下する

家の耐久性が低下

イエシロアリに被害を放置すると、家の耐久性が低下してしまうため注意が必要です。イエシロアリ被害のメインとなる場所は、地中からシロアリが登ってくる先の床下であり、床下は建物の「土台」となる重要な部分です。それがイエシロアリによりボロボロになると、もろくなった床下では体重が支えきれなくなり、床のへこみや穴あきが発生する場合もあります。

そして一番危険なのが大規模な地震が起きたとき。地面の振動によりかなり強い衝撃に襲われるため、イエシロアリのせいでもろくなった床下では支えきれずに崩れてしまうでしょう。家が全壊してしまうだけでなく命を落とす危険もあります。

※以下弊社がおこなったシロアリ被害に関するアンケート結果

Q.シロアリ被害について、具体的にどんな被害に遭ったのかを教えてください。
Aさん

木造 築27年

柱がボロボロになり、指で触るともろくて崩れていきます。とくに湿気の多い浴室の柱の被害が酷いです。

Bさん

木造 築80年

床の下が腐っていて直さないと数年後に家が傾く時近所の大工さんに言われた。

2.高額なリフォーム費用が必要になる

イエシロアリが出てもすぐに駆除をすれば心配ありません。しかし、問題なのはイエシロアリ被害がある程度進んでしまっていた場合。特に床のへこみなどが見られる場合は、木材の交換などの修復費用がかかってしまいます。

なお、シロアリ被害における修復費用の相場は、修復が必要な場所の広さで決まります。被害がそこまで大きくない場合は100万円以下で済むこともありますが、被害がひどい場合は、数百万円のリフォーム費用がかかってもおかしくありません。

※以下弊社がおこなったシロアリ被害に関するアンケート結果

Q.シロアリ被害について、具体的にどんな被害に遭ったのかを教えてください。
Cさん

木造 築26年

今の家は1階の押し入れの柱の中を通じて2階の廊下まで進出していたが、普通に住んでいる分には影響がなかった。今住んでいる家の前に同じ場所に建っていた家は畳の表面が湿ってへこむぐらい影響が出ていたので、結局建て替えて今の家に住んでいるのに、またシロアリの被害を受けるとはショックだった。

Dさん

木造 築40年

しばらく家を空けており、畳に穴が空いているのを発見しました。畳はほぼ全滅でした。

3.被害が広範囲に及ぶ

イエシロアリはヤマトシロアリと違い、被害が広範囲に及びやすいため注意が必要です。その理由は、イエシロアリの巣の作り方に関係しています。ヤマトシロアリは水を運ぶことができないので、生きるためには水分を含んだ木材が必要です。ところが、イエシロアリは水を運ぶ能力があり、適応できる生活範囲が広いのです。

さらに、イエシロアリは女王アリが住む「本巣」を中心として、エサ場を経由して「分巣」と呼ばれる巣を作ります。家の柱や壁といったところも当然イエシロアリのエサ場となるので、家の2階や天井裏まで被害が広範囲になりやすいのです。

※以下弊社がおこなったシロアリ被害に関するアンケート結果

Q.シロアリ被害について、具体的にどんな被害に遭ったのかを教えてください。
Eさん

木造 築40年

風呂場の外部の木製の桟が被害の端緒で、それが進行して風呂場内部のタイルにまで及び、かなりひどい被害に遭いました。

Fさん

木造 築40年

業者さんに来てもらい見つけた場所よりかなり広範囲に虫食いがあり費用がかかりました

4.食害スピードが早い

イエシロアリの1日の食事量は体重の約1/50ほどといわれていて、1匹の平均的な体重は約3.5ミリグラム程度です。

それだけを見ると大したことのないように思えますが、問題なのはイエシロアリの数。イエシロアリは100万匹もの個体になることもあるため、100万匹ならたった1日で3.5キログラムもの木材を食べつくしてしまうのです。

※以下弊社がおこなったシロアリ被害に関するアンケート結果

Q.シロアリ被害について、具体的にどんな被害に遭ったのかを教えてください。
Gさん

木造 築40年

シロアリが浴室に大量発生してすぐに業者に見てもらったらシロアリが繁殖していました。最終的に家を建て替えました。

Hさん

木造 築40年

お風呂場の入り口のドアの調子が悪くなったので交換を検討していて見つけたのですが、柱が腐ってスカスカの状態になっていました。

イエシロアリがいるのか確認する方法

イエシロアリは見えない場所から建物を食害する厄介な害虫です。自分の家にシロアリがいるかだけでも簡単に知りたいという方も多いでしょう。個人でイエシロアリの有無を確認するポイントをまとめましたのでご紹介します。

【イエシロアリ確認のポイント】
蟻道や蟻土がある
畳や床から音がする
水回りの床がフカフカする
柱を叩くと空洞音がする
羽アリがいる

乾燥に弱いシロアリが安全に通るための蟻道ですが、基本的には地面から上に伸びる形で土の塊(蟻土)ができているのが特徴です。家の周りの外壁部分を見渡してみて、土の塊がないか探してみてください。

また、イエシロアリの被害が進行したあとの建物は、柱や壁や床といった場所を叩くと通常とは異なる音がしたり、へこんだ感触があったりなどの症状があらわれます。この場合、被害が深刻化している可能性が高いので、できる限り早めに業者に依頼して駆除してもらいましょう。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

イエシロアリ発見!駆除は業者に任せよう

もし自宅にイエシロアリがいることがわかったら、これ以上被害が広まってしまう前に手を打たなければなりません。悩んでいる間にもイエシロアリの食害は進んでいるので、早急な判断が大切です。

ただ、自分で駆除しようとなると準備に時間がかかるので、シロアリ駆除業者に依頼することを基本として考えてみましょう。シロアリ駆除業者に依頼すると、以下の方法でイエシロアリ駆除をおこなってくれます。

薬剤散布

被害箇所や生息場所に薬剤を吹きつけて、イエシロアリを駆除します。床下の土壌やコンクリート、柱などの木材に薬剤を浸透させることで、イエシロアリの侵入予防もできます。

ベイト工法

毒エサを入れた容器(ステーション)を家の回りにセットします。イエシロアリが仲間にエサを分け与える習性を利用して、巣ごと全滅させる駆除方法です。

それぞれの方法の詳細やメリット・デメリット、費用などについては、「いろいろなシロアリ駆除方法」をご覧ください。

まとめ

イエシロアリはシロアリのなかでも特に繁殖力の高い厄介な存在で、巣が成長していくと個体数は100万匹にもなります。そうなると、柱や天井裏などあらゆる場所の木材が食べられて巣を作るので、被害が広まりやすいのです。

そのため、イエシロアリの駆除はプロのシロアリ駆除業者にお任せすることをおすすめします。プロのシロアリ駆除業者であれば、バリア工法のような効果的な方法で、シロアリを早い段階で駆除することが可能です。

また、シロアリ業者はどれを選べばいいかわからない場合は、ぜひ弊社のサービスをご利用ください。弊社では、イエシロアリの駆除が得意な業者を紹介するサービスをおこなっているため、すぐにご希望の業者を探すことが可能です。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
お近くのシロアリ駆除業者をすぐにご紹介!

現在、 お電話がつな
がりやすくなっております。

シロアリ駆除のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談