シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > こんな症状ないですか?シロアリの確認方法と対処法

こんな症状ないですか?シロアリの確認方法と対処法

こんな症状ないですか?シロアリの確認方法と対処法

 

シロアリについて詳しい知識がない方は多いのではないでしょうか。しかし、シロアリに狙われ家の木材などが食べられると耐久性が衰え地震による被害も受けやすくなってしまうなど、日常生活に支障が出てしまいます。

 

シロアリは、さまざまなものをエサとして食べます。主に家の木材が狙われることが多いのですが、ときには電気コードなどの生活用品も食べてしまうため故障してしまうこともあるのです。シロアリは土の中や壁の中に巣を作り集団生活をしているので、知識がないとシロアリが生息していることを確認することが難しいです。

 

重度の被害になることを抑えるために、シロアリをいち早く発見し対応することが大切です。シロアリに狙われやすい場所や生息しているときに発生する症状を確認しましょう。シロアリが生息していないかの確認方法や、生息していた場合の対処法などをご紹介します。

 

 

こんな症状があったらシロアリを疑おう!

シロアリが棲みついている可能性がある場合、次のような症状がみられます。一度、チェックしてみて損はないでしょう。

 

・羽アリが一斉に飛び出した

羽アリは4月から7月にかけて一斉に飛び出します。羽アリが飛び出した場合は棲みついている可能性が高いです。

 

・蟻道や蟻土がある

蟻道・蟻土とは、シロアリが家に侵入するための通り道です。これを確認した場合は、シロアリが生息している可能性があることを考えましょう

 

・空洞音がなる

シロアリは、建物の木材などを主に食べます。壁の外見に異変はなくても内面は食べられているということも多いです。壁を叩いてポコポコと空洞音がなる場合はシロアリが生息している可能性があります。

 

・建物の変状

床や畳がくぼんでしまった、ギシギシと軋むなど、建物の状態が変化してしまった場合はシロアリの発生を疑います。

 

シロアリに狙われやすい場所をチェックしておこう!

シロアリに狙われやすい場所をチェックしておこう!

 

まず、シロアリは主に水回りや湿気がある場所を好むということを理解します。シロアリはエサ(木材など)にたどり着くまでに、コンクリートやプラスチックなどどんな障害物があっても通り抜けることもあるのです。一度狙われたら標的になり、完全に棲みついてしまうかもしれません。

 

狙われやすい場所として、具体的には以下のような場所や環境があります。

 

  • ・床下が低い
  • ・庭にたくさんの植木などがある
  • ・日光が当たりにくい
  • ・風通しが悪い
  • ・湿気が多い
  •  

    このような条件が揃ったトイレ・玄関・キッチンでの被害が多くみられます。また、電気コード、木綿や麻の衣類なども食べられるケースもあり、日常に支障がでてしまいます。

     

    そもそもシロアリはどうやって侵入してくるの?

    シロアリは、土の中や壁の中に巣をつくります。そこからわたしたちの住む家へと木材などのエサを食べるために侵入してくるのです。そもそもどうやってシロアリは侵入してくるのでしょうか。

     

    一般的には、土の中にある巣から蟻道を使って家の中に侵入してきます。前述しましたが、蟻道というのはシロアリが通るための専用トンネルのことです。主に土でできています。注目したいのは、シロアリの侵入の仕方は建物に使われている部材や床下の状態によって異なるということです。その特徴を見てみましょう。

     

     

    ・防湿コンクリートの場合

    配管類の隙間から侵入し、地面に面している防湿コンクリートと建物基礎の隙間部分から侵入する

     

     

    ・基礎断熱住宅の場合

    地面から伝ってきたシロアリが、断熱材内部、基礎と断熱材の接着面から侵入する

     

     

    このように侵入方法は建物のつくりによって異なります。

     

    シロアリがいたらどう対応したらいいの?

    シロアリがいたらどう対応したらいいの?

     

    シロアリがいた場合の対処法と予防方法をご紹介します。

     

    ・シロアリを発見したときの対応方法

     

    シロアリの生息を発見した場合は、どうすればいいのでしょうか。方法としては、ご自身で除去する方法と業者へ依頼する方法があります。最近では、費用がかかることから業者に頼まず自分で駆除したいという方が多くみられます。そこで、自分でできる駆除方法をご紹介します。

     

    材料としてホームセンターなどで購入できるシロアリ駆除の専用キットを用意します。そして床下を重点的に薬剤を散布します。散布する場所によって使い方も異なるので、詳しくは薬剤の取扱説明書を読むとよいでしょう。

     

    専用の道具を使ってご自身でも除去作業を行うことは不可能ではないですが、自分の力で完全にシロアリを除去することはほぼ不可能といえます。あくまでも応急処置という感覚を持ったほうがよいでしょう。

     

    また、知識がない状態で間違った対策をすると被害を悪化させてしまう可能性もあります。自分で除去する際は、知識を得たうえ正しい方法で行いましょう。

     

    一番手っ取り早くシロアリを駆除するには、業者に依頼することが一番安心安全といえます。自分で駆除作業を行うには、床下での作業になるため体力的にも負担がかかりケガをしてしまう可能性もあるからです。安心かつ安全にシロアリを除去するには、やはり業者に依頼することがいいと考えられます。

     

     

    ・シロアリを事前に防ぐ!予防方法 

    シロアリの侵入を防ぐためには、年に1回ほどの点検を行うとよいでしょう。定期的に点検することによっていち早くシロアリの侵入を確認することができます。シロアリを早く発見することで被害も軽減することができるのです。また、点検の時期としては、シロアリが活動を始める春前にしておくのがよいといわれています。

     

    シロアリの点検についても業者に依頼することができるので、予防のために相談してみてもいいかもしれません。

     

    また、日常的に予防することも大切です。なるべくシロアリのエサとなる木材を住居の近くに置かないようにしたり、トイレなどの水回りの掃除をこまめに行い、湿度を一定に保つなどの工夫をしましょう。日頃から気をつけることで、シロアリに狙われにくくすることができます。

     

    まとめ

    シロアリは普段目につかないものなので、詳しい知識をつけるきっかけが少ないと思いますが、棲みついてしまうと日常生活に影響を与えてしまいます。家の耐久性が悪くなってしまったり、身の回りのものが壊れてしまったりと生活用品の修理までしなくてはいけなくなってしまう可能性もでてきてしまうのです。

     

    そのため、早めに気づいて駆除することが大切です。定期的に点検を行うといち早く発見することができます。シロアリ被害の症状がみられる場合は早めの対処をすること、そして症状が見られない場合でも木材を家の近くに置かないなど、ちょっとした予防意識を持つことは大切です。

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
    Loading...
    0120-949-952