シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 羽アリ発生!駆除すべきか見極めて生態に応じた予防対策を

羽アリ発生!駆除すべきか見極めて生態に応じた予防対策を

羽アリとシロアリは同じもの?ややこしいアリの種類と対策法を解説

家の中やベランダで羽アリが飛び回っているのを見かけた……という方もいらっしゃるかと思います。家に羽アリが発生しているのを見かけると、シロアリが大量発生しているとみなさんお考えでしょう。しかし、すべての羽アリがシロアリとはかぎりません。

このページでは羽アリの種類や発生原因、対策法についてご紹介します。発生する前の予防対策についてもまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

羽アリ・シロアリ・黒蟻の違い【見た目・生態】

シロアリとクロアリの違い

羽アリやシロアリ、黒蟻の違いはわかりますか?名前の響きからして、色が違うのだろうというのはなんとなく想像がつくと思いますが、それだけではありません。

名前に同じ「アリ」とついていますが、シロアリは黒蟻とは系統が遠く、ゴキブリのほうが近いです。シロアリはゴキブリの仲間、黒蟻はハチの仲間とするとわかりやすいでしょう。

黒蟻は基本的に肉食ですが、シロアリは木材などを好むとされています。シロアリが発生して木材などを食べてしまうと、家がボロボロになるおそれがあるのです。そのため、シロアリが発生した場合は駆除の業者を呼ぶなど、早急に対処する必要があります。

まずは、家に発生した羽アリがシロアリか黒蟻かを見極めるため、それぞれの特徴についてご紹介します。

シロアリと黒蟻の違い

シロアリ 黒蟻
発生時期 4月中旬~5月(種類によって異なる)
基本的には休眠することなく一年中活動はしている
時期に関係なく気温が高いときに活動する
6月~11月
胴体 くびれがなく寸胴で太い
前胸は独立して動くが、中・後胸は腹部と一体になっている
くびれがあり、頭部・胸部・腹部の3つに分かれる
羽の大きさ 4枚ともほとんど同じ形と大きさ
羽は取れやすい
根元に切離線があり、群飛後にはそこから切ったようにきれいに切れる
前の羽が後ろの羽より大きい 
切離線はないので、羽は根元からそのまま落ちる
触覚 数珠状でまっすぐしている くの字に曲がっている
分類 等翅目(とうしもく)シロアリ目
ゴキブリの仲間
膜翅目(まくしもく)ハチ目 
ハチの仲間
食害 家屋への食害あり
ただし、羽アリが直接木材を食害することはない
家屋への食害なし
しかし腐った木にはよく生息している
活動場所 人目に付きにくい場所 
湿った場所
水まわり、玄関、床下など
人目に付きやすい場所 
庭先など
蟻道
(ギドウ)
ほとんど作る
硬くて簡単にはつぶれにくい
作らない場合が多い
サラサラしてつぶれやすい

■発生時期

シロアリの活動時期は種類によって異なりますが、4月中旬~5月といわれています。しかし、基本的には休眠することなく一年中活動はしています。シロアリの活動は季節ではなく、気温が関係しているからです。こちらも種類によって異なりますが、シロアリが好む温度は20度~30度となります。

気温が下がる11月~3月はあまり活動しませんが、冬眠はしないため、温かい日があるとすぐに活動を再開します。冬でも暖かい家の中は生活しやすく、とくに湿気の高い場所は絶好の住処となるのです。

シロアリは皮膚が薄く乾燥しやすいので、外気を嫌います。寒すぎたり暑すぎたりも苦手としています。3度以下だと仮死状態になるといわれていますが、家の中で3度以下になることがないため、生活することができるのです。

黒蟻は冬になり気温が下がると、寒さで身体が動かなくなってしまいます。そのため巣穴の中でじっとしながら寒さが過ぎるのを待っているのです。

■食害

シロアリは木材を主食としています。そのため家に被害が出ることも考えられます。羽アリは、職蟻という羽のない働き蟻が運んできたエサを食べます。そのため、羽アリが直接家屋を食害することはありません。

しかし羽アリを発見したのであれば、シロアリの巣があるおそれがあります。黒蟻は木材をエサにすることはありませんが、住処にするために削ることはあります。

■蟻道

蟻道(ギドウ)とは、トンネルになった蟻が通る道のことです。シロアリは乾燥した場所や明るい場所が苦手です。外敵からも身を守りながら移動するため、蟻道を作ります。

シロアリの蟻道は、食害した木材や土壌のカスにシロアリの排泄物などを混ぜ合わせたものが原料となります。硬くしっかり作られているため、つぶれにくいのが特徴です。

一方黒蟻は、蟻道を作ることはあまりありません。トビイロケアリという種類の黒蟻は、シロアリに似た蟻道を作ります。黒蟻の蟻道はとてももろく、つぶれやすいのが特徴です。ボロボロと崩れている蟻道であれば、黒蟻のものといえるでしょう。

シロアリの生態、羽ありなしの違い

シロアリの羽アリは、羽がすぐに取れるという特徴があるため、半透明の羽が散らばっていた場合にはシロアリが発生している可能性が高いです。

シロアリは2,900種類もおり、ほとんどは熱帯・亜熱帯地域などに生息しています。建物を食害するのはその中でも180種類ほどとなります。それ以外のシロアリは枯れた木や落ち葉を食べ、蟻道も土壌改良になるといわれ役立つともいわれています。

日本で建物を食害するシロアリ被害は、ほとんどがヤマトシロアリとイエシロアリの2種類が99%を占めるといわれています。詳しくは「シロアリの生態を知ろう!日本に生息するシロアリの種類と及ぼす害」をご覧ください。

シロアリはコロニーという群れを作って生息しています。コロニーには、女王・王や幼虫、職蟻や兵蟻、ニンフがいます。女王蟻が産卵した幼虫は、成長していく途中で職蟻や兵蟻、ニンフに分かれるのです。

■ニンフと女王・王

ニンフとは、羽アリになる前の幼虫のことです。ニンフが生長して羽アリになると、雄と雌でペアになって巣を飛び出します。シロアリの巣から一斉に飛び出すことから、群飛と呼ばれています。

群飛が終わると羽アリは羽を切り落とし、それぞれが女王と王になり営巣を始めます。女王と王は産卵が仕事なので、生活を共にして産卵を繰り返すのです。

■職蟻

コロニーの90~95%を占めるのが職蟻です。職蟻は胴体が白色でやわらかいことが特徴です。職蟻は羽アリになることはなく、巣を作ったり、エサを確保したりすることが主な仕事です。職蟻は木材を食べて巣に戻ります。職蟻が消化できずに出した糞を女王や兵蟻が食べるのです。

■兵蟻

2~3%が兵蟻です。兵蟻は、生殖能力や自分でエサをとる能力などがなく、労働はしません。外敵と戦うための蟻です。巣の周りにいることが多く、エサは職蟻からもらっています。兵蟻も職蟻と同様、羽アリになることはありません。

シロアリは比較的弱く、羽アリになって巣から飛び出し営巣しようとしても、その前に死んでしまうことも多くあります。黒蟻やクモなどの昆虫にみつかり食べられてしまうことも多いため、人目に付かないところに巣を作る習性があるのです。

黒蟻の生態、羽ありなしの違い

黒蟻は雄、雌(女王蜂)、働き蟻の3種類に分かれています。普段、蜂の巣には女王蟻と働き蟻がいます。それぞれ羽は生えておらず、働き蟻も雌のみで雄はいません。

しかし6月~10月ごろの繁殖期になると、羽の生えた雄が生まれてきます。また新しく女王蟻となる蟻にも羽が生えます。羽の生えた雄と雌は新しく営巣するために外へ飛び、空中で交尾をします。

交尾を終えた雌は女王蟻として営巣するために、羽を落として土の中に巣を作り始めます。雄は死んでしまい、生まれてくる幼虫や働き蟻のエサになるのです。

黒蟻の巣は土の中に作られるので、公園などでもよく見かける蟻は働き蟻です。女王蟻は卵を産むことが仕事なので、巣から出ることはありません。働き蟻は巣にエサを運んだり幼虫などの世話をしています。

黒蟻の羽アリは黒っぽいため、シロアリの羽アリと間違える人も多いでしょう。しかし黒蟻は木材の食害などもあまりないので、家に被害が出ることはあまりません。ただし、大量に黒蟻が発生してしまうと、家の中に入ってくるおそれがあるため注意が必要です。

黒蟻はシロアリを栄養源としています。そのため、水まわりや玄関、床下などから黒蟻が出てきた場合は、シロアリがいるおそれがあります。シロアリの住処だった場所に黒蟻が住み着いたなども考えられるのです。

シロアリに似ている?羽アリの種類

すべての羽アリ=シロアリというわけではありません。アリは主にシロアリとクロアリの2種類に分類され、そのどちらにも羽アリは存在するのです。

危険な羽アリとは?

シロアリの羽アリの特徴

家の中で羽アリを発見すると不快に思うことでしょう。羽アリには、害のあるものとないものがあります。黒蟻は基本的には建物に直接被害を及ぼすことはありませんが、侵入することや営巣することはあります。ここでは、害のあるもの、害のないものについてそれぞれご紹介していきます。

■害のあるシロアリ

イエシロアリ ヤマトシロアリ アメリカカンザイシロアリ
属性 ミゾガシラシロアリ科 ミゾガシラシロアリ科 レイビシロアリ科
茶褐色 背中の一部と足先は黄色、ほかは黒 頭と背中の一部は赤褐色、ほかは黒
羽アリの体長 7mm~8mm 5mm~7mm 7mm~8mm
飛散 5月~7月頃 4月~5月頃(東北は6月) 6月~10月の気温が高い日
巣の構成 ・5万~100万匹で構成
・被害箇所の近くに巣がないこともある
・2万~3万匹で構成
・移動しながら巣を作り生活
・2,000~3,000匹で構成
被害 ・古い木材よりも新しい木材を好む
・湿った木材だけではなくいろんな木材を食害
・木材だけでなくコンクリートに被害が出ることもあるため、建物の全体的に被害が出ることが多い
・生息しているシロアリの数が多いため、加害速度早く被害が大きいことが特徴
・湿った木材や湿った場所を好む
・床下など建物の下部材を主に好んで生息する
・雨漏りなどがあると組材まで被害が出ることもある
・被害速度は比較的遅め
・土の中には住まず、家全体に生息
・乾いた木材を好む。
・比較的多く被害も激しいのが特徴
そのほか ・暑さに強く寒さに弱い ・暑さに弱く寒さに強い
・全身が黒いため黒蟻と間違えられることが多い
・光には集まらない

■生息地マップ

■害のないシロアリ

オオシロアリ ムシャシロアリ
属性 オオシロアリ科 シロアリ科
体の特徴 体長10mm~20mmほど
日本に生息するシロアリの中でもっとも大きいとされている
長く大きな顎が特徴
被害 ・湿った朽木を好む
・森林に生息
・建物への被害はほぼなし
・土中の中に巣を作る
・木材は好まないので建物への食害はほぼなし

■害のある黒蟻

ルリアリ サクラアリ
光沢のある黒褐色 褐色薄い茶色
木の色になじむためなかなか発見できないこともある
体長 約2mm 1~2mm程度の小型
飛散 7月~8月 10月~11月
巣の構成 枯れ木などに営巣 日当たりがよい場所に営巣
コロニーが大きい
被害 ・肉食で攻撃性が強い 
・雨が多い時期は逃げるように屋内へ入ってくる
・動物性たんぱく質を好み、機械油が使われている家電機器に営巣することがある。そのため故障の原因に
・肉食 
・家屋の隙間に営巣
・建物や人に害を与えることはないが外壁から室内に侵入することある

■害のない黒蟻

キイロシリアゲアリ クロクサアリ ヒメアリ
黄褐色 光沢のある黒色 黄色や黄褐色
腹は黒色
体長 2mm~3mm 4~5mm 1.5mm
飛散 8月~9月 5月~7月 6月~8月
被害 ・家の中に巣を作ることもなく、人に害はない
・光に寄ってきて隙間から家の中に入ってくることはある
・木の根元に営巣
・ア雑食性でブラムシの蜜など食べる
・食べ物をもとめて家に侵入することはある
・木材への害は少ない
・浴室などに入ってくることがある

【関連記事】
羽蟻はシロアリでも黒い!羽蟻の駆除法とすぐわかる種類の見分け方

黒蟻はシロアリを食べる

シロアリは蟻と呼ばれていますが、黒蟻の仲間ではありません。黒蟻はシロアリを食べてしまうので、むしろ天敵といえます。

シロアリはタンパク質などの栄養価が豊富です。皮膚が薄く食べやすいため、黒蟻にとっては必要な営業源になるのです。

詳しくは「シロアリの最大の天敵はクロアリ!その他の天敵やプロによる駆除方法」をご覧ください。

シロアリによる被害

シロアリの侵入経路や被害にあいやすい家の特徴についていてご紹介します。

シロアリの侵入経路

日本で被害の多いイエシロアリやヤマトシロアリは、土の中に巣を作ります。巣から家屋に向かって蟻道というトンネルの道を作り、床下から配管などの隙間をつたって侵入していきます。

アメリカカンザイシロアリは、輸入された木材で作られた家具にくっついて家に被害をもたらすことが問題となっているようです。

羽アりは外から入ってきてそのまま家に住み着くことがあります。羽アリがベランダにたくさんいた、羽アリが玄関先でたくさん死んでる、羽が大量に落ちている……などあれば、もしかすると近くで巣がありそこから飛んできた可能性があります。

【気なるかたはこちらから!】
玄関に羽アリが大量発生するのはシロアリは原因?見分け方と対処法!

羽アリはどこから大量発生する?シロアリの見分け方と応急処置

深刻な被害状況

シロアリは木材を食害します。そのため被害にあうと木材がボロボロになったり、スカスカで空洞ができ、もろくなったりしてしまうのです。木材に被害がおきていると、叩いたときにコンコンと空洞音がなるので、確認してみるとよいでしょう。

ほかにも、歩くと床がきしんだり、しなる音がしたりするときには床下に被害が出ていることも考えられます。そのままにしておくと、ゆがんでしまい建物の立て付けが悪くなるおそれがあります。

シロアリ被害にあったとしても、家がすぐに崩れるということはないかもしれません。しかし耐震性が落ちるので、地震などがおきたら崩れることも十分に考えられるのです

シロアリに狙われやすい家の特徴

湿った場所はシロアリにとってはとても居心地のよい環境です。そのため、日当たりや通気性が悪い家はシロアリに狙われやすいのです。下記のことが該当する場合は、シロアリが発生しやすいといえるでしょう。

・床下に湿気が溜まりやすい(床下が低い・換気口が少ない)
・雨漏りしている
・家の周りに川や池がある
・家の周りで植物を育てているとき

また、台所や洗面所、お風呂場やトイレなどの水回りは家の中でもシロアリが発生しやすい場所となります。壁にヒビが入っているとその隙間からシロアリが侵入してくるおそれがあるため注意が必要です。

シロアリ被害が不安なら調査を依頼

シロアリの被害をそのままにしてくと、せっかくのマイホームが気づいたらボロボロに、なんてこともなりかねません。リフォームするとしても、費用が高くなってしまいます。

少しでも心当たりがある方は、一度業者に調査を依頼してみるとよいでしょう。早く依頼することで、もし被害にあっていたときでも、なるべく被害を抑えることができるでしょう。弊社であれば現地調査や見積りなど無料で対応しております。お気軽にお電話ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【関連記事】
シロアリ調査の方法|調べて何がわかる?費用はかかる?依頼前の準備

羽アリのシロアリが発生したときの対処法

家の中に羽アリが発生してしまったら

大量発生の原因

なぜ羽アリが家に大量発生してしまうのでしょうか。原因として考えられることについてご紹介します。

■家に巣があって手狭になったため新しく巣作りのためお引越ししていった

シロアリは暖かくなると繁殖します。一つの巣が住めなくなるほど増殖すると、巣を維持するため、羽アリが一斉にその巣を旅立つのです。シロアリに羽が生えている理由は、巣離れをして新しい住処へと移るためです。

普段室内では見かけないシロアリを家の中でみつけるのは、そのように巣立ったシロアリがどこかの隙間から侵入してしまったからでしょう。

■虫の習性で光に集まる。部屋の電気に引き寄せられてきた

シロアリの羽アリは、光に集まる習性があります。そのため、夜暗いときには外灯や家の明かりに集まってくることがあります。

■近所で解体や駆除があり、巣が壊されて慌てて新しい巣を探しに飛んできた

シロアリはとても敏感な生き物なので、もともと営巣していたところに住めなくなってしまうと、新しい巣を探す前に環境に適応できず死んでしまうことも少なくはありません。しかしシロアリの住みやすい環境があり、羽アリが営巣に成功すれば、飛んでくることもあります。

■梅雨時だったら羽アリが飛び立つ時期である

蒸し暑い日や湿気の多い日、雨が降りそうな日は羽アリが活発に動き始めるという特徴があります。そのため梅雨時は、羽アリが大量に旅立つ時期なのです。

自分でできること

次に家に羽アリが発生してしまった場合の対処方法について紹介していきます。

・掃除機
目に見るのもイヤ!という方は、掃除機で吸い取ってしまいましょう。羽アリは掃除機で吸い込まれるときの圧力で駆除することができます。そのため掃除機内からまた生きて出てくることはめったにありません。
掃除機で吸い込んだあとは、中の紙パックを取り出しビニール袋に包んで捨てておくだけです。とても手軽な対処法となります。
・粘着テープ
羽アリが出てきている穴や隙間を発見した場合、粘着テープなどで塞ぐ手段もあります。羽アリは数回に分けて穴や隙間から出てくるので、塞いでしまうことで被害を抑えることができます。しかし、被害を抑えるだけなので、駆除をすることは難しいでしょう。

シロアリや羽アリの羽などを発見した場合は、粘着テープを使用することで手を汚すことなく掃除することが可能です。虫が苦手な方は、長い取っ手のついたものを使用するとよいでしょう。

・ビニール袋
シロアリが侵入してくる隙間などにビニール袋をかぶせることで、侵入を抑えることもできます。隙間にかぶせたビニール袋にシロアリが溜まったら、ビニール袋の口を負塞いで捨てましょう。
・蚊取り線香
蚊取り線香を使うこともシロアリ駆除には効果があるといわれています。蚊取り線香を使ってシロアリ駆除をおこなう方法やメリットについては「羽アリ|蚊取り線香の効果は?自力での対策まとめとシロアリ駆除費用」をご覧ください。

やってはいけない注意点

むやみに殺虫剤をまかないようにしましょう。
シロアリをみつけたら、殺虫剤を撒いて駆除をしようと思われる方もいるでしょう。しかし殺虫剤を撒いても、すでに住み着かれている状態だとあまり効果がありません。

薬が当たったシロアリは駆除することはできますが、危機を感じたほかのシロアリは巣の奥に引っ込んでしまい、巣を移動してしまいます。これを繰り返すと、どんどん巣が広がってしまうのです。

シロアリ駆除、対策はプロに頼むべき!

シロアリが発生した場合、家の建材などに被害が及んでしまうおそれがあるため、徹底的に駆除する必要があります。その際は自分だけで対処するのではなく、専門の業者であるシロアリ駆除のプロに相談して対処することをおすすめします。

シロアリは床下や壁と通って侵入し、家の至るところに被害を出します。巣を特定して完全に駆除するのは、素人ではなかなか難しい作業です。プロに依頼すれば、それまでの経験や知識から確実に駆除してもらうことができるでしょう。

相談の際に可能であれば、サンプルとして羽アリを数匹捕まえておくと羽アリの種類が判別しやすく駆除がスムーズに進みます。

弊社であれば、状況に合わせて対応できる業者をご紹介いたします。見積りも無料ですのでぜひお気軽にご相談ください。

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

シロアリ駆除を自分でおこなうときや、業者に依頼したときのメリットや相場を知りたいかたは、「シロアリ駆除をDIYする方法と注意点!業者のメリットと費用の相場」をご覧ください。

羽アリが家に発生することを防ぐための対策

羽アリが家に発生することを防ぐための対策

発生しているのがクロアリの羽アリだった場合は、家に影響はあまりありません。しかし、できることなら、クロアリでもシロアリでも家に羽アリは発生してほしくないと思います。ここでは羽アリが発生しないよう日頃からできる対策をご紹介します。

家の光を外部に漏らさない

羽アリは雨が降った日の翌日などじめじめした湿度の高い日の夜に発生します。光に引き寄せられるため、夜は遮光性の高いカーテンをかけるなどして外部に光を漏らさないようにしましょう。蒸し暑い夜、窓を開けていたとしてもカーテンを閉めることで防げる可能性があります。

網戸の目を細かくする

網戸の大きさによっては虫が侵入してきてしまうことがあります。そのような場合には、網戸の目を細かくしてみましょう。羽アリだけでなく、ほかの虫の侵入も防ぐ効果が期待できます。また、網戸と窓の間に隙間がないかも確認しておきましょう。隙間を塞ぐ用の専用のテープなども売られたりしています。

侵入経路に防虫剤を撒く

羽アリは窓やドアの隙間から侵入します。侵入経路となりそうな場所に防虫剤を撒いておきましょう。先ほど述べた網戸に防虫剤を撒くのも効果的です。

シロアリ、羽アリ予防は発生前にしないと意味がない

シロアリや羽アリは住宅に発生します。大切なのは、発生しないよう事前に予防しておくことです。大量に発生するとご自宅に甚大な被害が出る恐れがあります。一匹でもシロアリや羽アリを発見したら、すぐに対処する必要があります。

発生しないための予防対策を自分ですることも可能ですが、自分でおこなう対策に不安がある場合や確実に予防したい場合は、業者に依頼するとよいでしょう。弊社であればいつでもご相談いただけるよう、24時間お電話を受け付けております。ご依頼前のご相談にも対応しておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

【関連記事】
小さい羽アリ大量発生!シロアリの時期は1年中!どんな駆除が必要?

シロアリ駆除・予防ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【羽アリの特徴・見分け方に関する記事はこちら】

小さい羽アリ大量発生!シロアリの時期は1年中!どんな駆除が必要?
飛ぶアリは種類ごとに起こる被害も違う!特徴から駆除方法までご紹介
赤い羽アリはイエシロアリかも?こんな場合は危険!駆除・対策まとめ
羽アリが庭に…!シロアリの見分け方と応急処置・発生原因・駆除対策
羽アリとは|見た目・発生原因・シロアリだった場合の対処法を知ろう
羽蟻はシロアリでも黒い!羽蟻の駆除法とすぐ分かる種類の見分け方

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5評価, 平均評価: 4.60 )
読み込み中...