シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリ駆除剤を市販で購入したい人必見!種類は駆除・予防目的など

シロアリ駆除剤を市販で購入したい人必見!種類は駆除・予防目的など

もしも家の中に害虫の姿を見つけたとき、多くの方は殺虫剤を撒いて駆除するのではないでしょうか。それと同じ感覚で「シロアリを見つけても、殺虫剤を撒いて駆除すればいい」とお思いの方も多いかもしれません。

しかしシロアリ駆除は、そう簡単なことではありません。ホームセンターやインターネットで検索すれば、誰でも簡単にシロアリ駆除剤を購入することができます。ところが、その選択や施工方法を間違えれば、シロアリを根絶できないばかりか思いもよらない被害に見舞われることもあるのです。

ここでは、市販のシロアリ駆除剤で本当にシロアリ駆除はできるのか、そしてシロアリ駆除剤の選び方や、使用するにあたっての注意点を紹介していきます。

シロアリ駆除のご相談ならシロアリ110番にお任せください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

家

シロアリ駆除剤の種類

シロアリ駆除剤によるシロアリの駆除は可能です。しかし、使用する駆除剤の種類によっては、駆除剤の効果を十分に発揮できない場合があるため、適切な種類を選ぶ必要があります。そのためシロアリ駆除剤を選ぶ前に、市販で販売されている駆除剤の種類について紹介していきます。

エアゾール剤

エアゾール剤は、液がガスや圧縮ガスの圧力によって噴出させるものです。広範囲への使用は向いていませんが、目の前の羽アリ駆除などには比較的使いやすい薬剤です。広駆除作業や予防処理をおこなう範囲が狭いなら、使用してみましょう。退治用スプレーとして市販にて販売されています。

液剤

液剤として市販されているものは、ピレストロイド系のものが多いようです。液剤は原液のままで使用するタイプと、液体を水で薄めてから使用するタイプのものがありますので選んで使用するのがいいでしょう。噴霧器を使用することで、広範囲に散布することができるのがメリットであり、特徴です。

粒剤

駆除ではなく予防として使うことが多いのが粒剤です。ニオイが液剤に比べると少ないのがメリットです。しかし散布には時間がかかる傾向にあります。

ベイト剤

シロアリに食べさせるタイプの薬です。毒のエサとして設置し、巣に持ち帰らせます。巣にいるシロアリも駆除することができるため、個人でシロアリ駆除するのであればもっとも使い勝手がいいといえます。成分の安全性も高めで、作業も置いておくだけだというのも手軽です。

シロアリ駆除剤を市販で購入したい!安全性は?

農薬と同じように、シロアリ駆除剤として使われている薬剤も法によって規制されています。衛生害虫駆除剤は「薬事法」によって規制されています。そのため有効成分を含んで作られた薬剤も規制を受けるので、基準が厳しく規定されているのです。

しかし、防蟻の有効成分はまた別の法律で規制されているため、扱いは大きく異なります。防蟻剤は、「薬事法」のもとにある製剤とは違い、製造者や使用者の自主的な判断にその使用がゆだねられるものです。製造元の基準で安全性や適格性を定めることができるということです。防蟻剤は防腐剤と同じように取り扱われます。

ただし、法によって規制されているとはいっても、防蟻剤の使用方法によっては人の体調に影響が出るおそれがあるため、危険だと感じた際は使用を避けましょう。

駆除剤

シロアリ駆除剤の選び方【忌避性or非忌避性】

シロアリ駆除剤には、薬剤の効果によってシロアリを寄せ付けない忌避性のものと、薬剤入りだと気づかせずに駆除をおこなう非忌避性のものに分かれています。ここでは、それらの特徴や有効な使用方法について解説していきますので、駆除剤を選ぶ際の参考にしてみてください。

忌避性

シロアリが嫌がる物質で作られています。ビストロイド・有機溶剤・油剤・木酢液やヒバ油がそれにあたります。刺激性の強い薬剤が使用されている場合、シロアリが直接触れることによって死ぬこともあるため、駆除をする目的よりも、シロアリが近寄って来ない効果が狙いです。

また予防には向いていますが、シロアリに住み着かれてしまった建物では効果を発揮しないとえます。

非忌避性

非忌避性はシロアリの嫌がらない成分で出来ており、新しいタイプの駆除剤だといえます。シロアリが嫌らず、気が付かないため、毒だと気が付かせず、駆除をおこなうことができるのです。

なかには成長抑作用をもっている毒エサとして使用されていることも。羽アリが住み着いているという場合には、このタイプの駆除剤がおすすめといえるでしょう。

薬剤を使用するためのヒント

シロアリは家屋に浸入する際、『蟻道』と呼ばれる通路を作って移動してくることが多いです。この蟻道は家屋の基礎などに貼り付いており、茶色い筋のような見た目をしていることが多いもの。これを手掛かりに、被害状況を推測することも可能でしょう。まずは被害状況を正しく把握し、必要な個所にのみ薬剤を使用することが大切です。

しかしどこから侵入したか、どこまで被害が広がっているかの判断は、プロでなければかなり難しい部分であるといえます。誤って蟻道を壊したりしてしまうと、シロアリの被害状況が分からなくなり、駆除に時間がかかってしまうことも……。

慣れないうちのむやみな駆除は効果が少ないばかりか、かえって被害を広げたり、薬害につながったりしかねないので注意が必要です。不安な方は、一度業者に被害状況だけでも相談してみてはいかがでしょうか。

そんなシロアリ点検・駆除は、ぜひ弊社にお任せください。弊社の無料相談窓口からは、お近くのシロアリ業者をスグにご紹介。最短、即日対応することも可能です。

無料調査・見積り対応の業者も多数加盟。もし調査費用が掛かる場合は、必ずご確認させていただきますのでご安心ください。もちろん調査・見積り後のキャンセルも可能ですので、まずは調査・金額から、というご要望もお気軽にご相談ください!

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの無料調査・見積りならシロアリ110番にご相談を!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

自分でおこなうシロアリ駆除の難しさ

薬剤は、市販に売られているものあれば規制されているので安全だと思うかもしれません。しかし、市販されている薬剤で安全性が高いとあっても、使用方法を誤れば人体に悪影響が出ることもあります。

また、薬剤を散布することで素人目には駆除できたように見えても、実際には一時的に逃げているだけだというケースもあります。薬剤の散布には、シロアリの生態を理解している必要があります。薬剤を使用して効果を得るためには、経験と技術が必要なのです。

シックハウス症群の危険性

シックハウス症は、おもに「ホルムアルデヒド」が引き起こすといわれています。新築の家やモデルハウスには独特のニオイがあるかと思いますが、「ホルムアルデヒド」によるものです。内装クロスの接着剤などに使用されている成分の1つです。

とはいえシロアリ駆除剤の場合は、近年では安全性の高い薬剤も多くなっています。しかし使い方を誤ると危険な薬剤、用法用量などを守らずに利用するのは危険といえます。そのため、やはり慣れない作業はおすすめできません。

業者に依頼してシロアリ駆除をおこなうときであっても、事前に作業内容や薬剤について確認することで、家族だけでなくペットへの健康被害につながらないようにしておきましょう。

完全駆除できないことによる懸念

個人での駆除は費用を抑えられるというメリットがあるかと思います。市販の薬剤は価格面においても手を出しやすいものが多く商品の種類も豊富です。さらに成分も駆除をするためには申し分ないものが多いです。

しかし、シロアリは人目に触れない場所を移動します。そのため、床下の木材などを食害するので建物の構造から生息密度を考えて、適切な駆除方法をおこなう必要があるのです。とはいえこれを正確に把握するのは至難の業です。

また、駆除を失敗することで懸念されるのが、コロニーが複数に分かれてしまうことです。逃げたシロアリがまた別の場所で被害を出したり、またシロアリの種類によっては巣が敷地外に分かれている場合もあります。そうなると、駆除できないばかりかさらなる被害へと拡大してしまう可能性が大きいのです。

これらの理由からも、シロアリの駆除は専門的な知識や技術のあるプロの業者に依頼することがおすすめです。プロの業者であればシロアリの種類や発生場所を特定したうえ、安全な方法で確実に駆除をしてくれます。何より、自分はただ待っているだけでシロアリが駆除できるのは大きなメリットといえますね。

まずは点検依頼してみよう

また、シロアリ被害を受けているか不安に思うかたも、点検を一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。まずはシロアリ被害がどれぐらい広がっているかをしっかり把握することが大切です。近年では点検無料の業者もいるので、一度被害状況だけでも調べてみましょう!

弊社には、そんなシロアリ点検・見積り無料の業者が多数提携。無料相談窓口からご相談いただければ、最短即日選定・お近くの業者をご紹介いたします!

もちろん、見積り後のキャンセルも可能ですので、調査結果や料金を確認してからじっくりご検討いただけます。無料相談の窓口は24時間年中無休で受け付けおりますので、お電話やメールにて、いつでもお気軽にご相談ください。

※エリア・現場状況などで調査費用が発生する場合は、あらかじめ了承をとらせていただきますのでご安心ください。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリの無料調査・見積りならシロアリ110番にご相談を!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

まとめ

薬剤のタイプを知り、適材適所に使用することが効果を発揮させるコツです。しかし、市販されて安全だといわれている薬剤であっても使用方法によっては人体に悪影響を与える可能性があるため安易に使うことは避けるべきでしょう。

また、適切な薬剤を選ぶと同時に、駆除に有効な散布場所を決めるためにはシロアリの生態を知っていることが必要です。

被害状況の把握も駆除のためには必要不可欠な要素です。完全駆除ができないと、シロアリのコロニーを分裂させてしまい、被害が大きくなる可能性があるため、状況を把握することが大切であるといるでしょう。

そのため、個人での完全駆除は難しいといえます。シロアリ駆除のプロに相談することも大切 です。

弊社の無料相談窓口では、お近くの優良シロアリ業者を最短即日ご紹介。フリーダイヤル・メールフォームは24時間365日受付中ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

もちろん見積りや調査のご依頼も受け付けております。調査や見積りをしてもらってからキャンセル、というのももちろん可能ですので、費用面もご安心ください。

無料相談メールフォームはコチラ

シロアリ駆除・見積りならシロアリ110番にご相談ください!
通話
無料
0120-202-378 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【シロアリ駆除の方法に関する記事はこちら】

シロアリは応急処置だけではダメ!業者に依頼して予防対策もバッチリ
だれでもできる!羽アリ駆除を自分でするときの必勝対策法
羽アリへの蚊取り線香の効果|大量発生したシロアリの駆除は可能?
シロアリ駆除|ベイト剤の効果は駆除と予防!ベイト工法の仕方と注意
羽アリ用の殺虫剤を購入する前に知ってほしい!正しい駆除・対策方法
シロアリ駆除剤の効果的な選び方|成分が心配なら業者依頼がおすすめ

編集者情報

編集者

鈴木宏則 シェアリングテクノロジー株式会社 シロアリ110番 編集長

2015年より編集者としてシロアリをはじめとした害虫駆除に対する記事、100本以上の執筆に携わる。現在も編集者として活動、記事の構成・執筆・現場取材など様々な業務に従事。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
ローディングアニメ読み込み中...