被害が遅れる事もあります

2015.07.24

シロアリの被害が最も多いと言われるシーズンは4月~6月だと言われていますが、時期から外れていても被害にあうケースもあります。なので、シロアリのシーズンが終わったからといって油断は大敵なのです。なので、シロアリのシーズンが終わっても家を注意深く観察する必要があります。毎日観察するのは難しいと思いますが、時間がある時に柱を叩いてみる。家の中に黄色い砂のようなものが落ちていないか探してみる。といった方法を取ることでシロアリの存在に気付く可能性が高くなります。また、こまめに家の状態をチェックしておくことで早期発見につながることもあるので、やっておいて時間を無駄にするという事はありません。 家を観察してみてシロアリの気配がない場合は、柱に薬を塗っておくなど対策をしておくことでシロアリの被害に遭う可能性を下げることができますよ。逆にシロアリの気配を感じた時にはすぐに業者へ連絡するのがおすすめです。例え自信がなくても業者さんは快く調査を行ってくれるので不安になる必要はありません。シロアリの被害を最小限に抑える為には早期発見・早期駆除が鉄則です。 シロアリ110番でもシロアリの駆除・調査を行っていますので、自分で判断がつかない場合でもお気軽にご相談下さい。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み