シロアリを予防する工事とその効果

2014.02.22

シロアリ予防は基本的にはほとんどの木造住宅で行われています。阪神淡路大震災の後、調査によって倒壊した家の8割ほどがシロアリの被害を受けていたと分かったからです。それだけシロアリの被害は放っておくと家にダメージを与えてしまいます。こうしたことを起こさないためにも、住宅は法律によってシロアリ予防をしておくようにと決められているのです。皆さまもシロアリの対策をされていないのでしたら、ぜひご検討ください。安全対策としてシロアリの対策を活用しましょう。 まず簡単にできるシロアリ対策としては、庭の整理です。もし庭に古い木があったり、木材が放置してあったりするのでしたらすぐに片付けましょう。そこがシロアリの巣になって、次は皆さまの家にやってくるかもしれません。 次にできるのは予防工事です。シロアリが苦手とする薬剤の成分を地中に埋めて、シロアリが来ないようにする方法があります。またシロアリが嫌いな殺虫剤を撒いておき、シロアリが地中から出てこないようにするバイア工法といった方法もあるのです。 こういった対策や予防工事を使い、シロアリを家に近づけないようにします。皆さまもシロアリの対策としてぜひご利用ください。木材の撤去などが難しいということでしたら、当サイトにご相談ください。しっかりとシロアリの予防工事や対策をやってくれる業者が見つかるでしょう。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み