断熱性が高い家

2015.11.19

冬はシロアリが活動力が低下する時期です。そのためシロアリ対策は何もしなくて良いと勘違いしている人も多いようですが、シロアリは決して冬眠するわけではありません。活動力が低下するというだけのことです。

近年日本は住宅事情が大きく変わり、木製で風通しの良い家ではなく、断熱性が高く隙間風一つはいらないような気密性の高い住宅が次々と建てられています。
夏は涼しく冬暖かいという住宅になり、人間も暮らしやすくなった反面、シロアリも暮らしやすくなっています。そのためシロアリに侵食される場所はまずは床下でしたが、断熱材が使用され湿気がこもりやすい天井部分から先に食べられてしまうというケースも増えています。

一般的にヤマトシロアリが活動しやすいとされる温度は12度から30度と言われています。
断熱効果が高く、さらに家中に床暖房が張り巡らせ、何処へ行ってもぽかぽかとしている家ほどシロアリに狙われやすくなっています。

まずは冬であってもシロアリ対策を怠らないことが大切です。近年では子供やお年寄り、ペットがいるお宅でも安心して使えるシロアリ駆除剤も多くあります。シロアリの被害を経験したことのあるお宅でしたら、冬も是非当サイトでシロアリ予防をお任せください。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み