シロアリ駆除剤の使用について

2013.11.20

シロアリ駆除剤は、一時期シックハウス症候群の原因になってしまうような薬剤を使用しておりました。確かに強力な薬剤ではあったのですが、その効果によってシロアリだけではなく人にまで影響を出してしまうほどだったのです。 そこからシロアリ駆除の技術が進歩して、人ではなくシロアリに限った薬剤を使うようになりました。このためにシロアリ駆除によってシックハウス症候群になるということはとても少なくなったのです。 ただしデメリットもあります。それは定期的にシロアリ駆除を続けないといけない、という点です。以前のシロアリ駆除の薬剤は強力で、一度使えば長持ちしましたが、現在のシロアリ駆除の薬剤は5年ほどが維持の期間となっております。 この期間があるからこそ、5年に一度のシロアリ駆除を忘れないようにしましょう。定期的に床下などのチェックを受けるというのは悪いことではありません。「まさか、ここからシロアリが出たか」ということがあるかもしれません。 こういった唐突なシロアリの被害を防ぐためにも、ぜひとも定期的にシロアリ駆除の薬剤を使ったり、シロアリ駆除のためのチェックを受けるようにしましょう。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み