築年数に限らずシロアリの被害は発生します

2013.03.24

シロアリの被害は建物の築年数を選びません。築20年以上の古い建物に被害を出すこともあれば、築2年の建物に被害を出すこともあります。そのためにシロアリ駆除、シロアリの予防は気をつけておく必要があるのです。古い家であってもシロアリの被害が出ているとショックを受けますが、新築の家であればなおさらショックを受けてしまうでしょう。 「まだ建てたばかりなのに」 そういった言葉しか思い浮かばなくなるのです。こういった酷い状況を回避するためにもシロアリ駆除や予防策を打っておきましょう。シロアリ予防についてはおおよそ5年ほど効果がありますので、5年ごとに予防をしてあげることによってシロアリの被害を広げないようにすることができるのです。また定期的にシロアリの被害が出ていないかどうかをチェックすることで、築年数に関わらずシロアリの被害を防ぐことができます。 特に新築の家を購入されたばかりの方は、シロアリ駆除についてよく考えておくと良いでしょう。もしも手を抜いてしまうと新築なのにシロアリの被害が出てしまうかもしれません。それだけは回避した方が良いのではないでしょうか。 当サイトにご相談いただければ、シロアリ予防やシロアリ駆除についての業者を見つけることができますので、ぜひともご相談ください。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み