シロアリを放置すると…

2015.12.07

自分の家でシロアリを発見したらすぐに駆除の手配をする方が大半かと思います。しかし、もしシロアリを発見したまま放置するとどうなってしまうのでしょうか。 やはり家がシロアリにどんどん食い荒らされてしまい、家の柱や壁がボロボロになってしまいます。シロアリによって家が潰れるということはほぼ無いかと思いますが、日本は地震などの震災が多い国です。 シロアリによって家の耐震性が低くなっている状態ですと、どれだけ防災対策をしていても地震によって家自体が壊れてしまう可能性は十分にあります。阪神大震災が起きた際に行われた倒壊家屋の調査では倒壊した家の方が倒壊しなかった家よりシロアリの被害が大きかったという結果が報告されています。 倒壊の理由のすべてがシロアリというわけではないかもしれませんが、少なからずともシロアリによって家の柱などが食い荒らされ家の耐震性が低くなっていることによる影響は考えられます。 地震から身を守るための情報は色々なメディアでも紹介されていますが、まずは家族が住む家をしっかりと守ることが一番の地震対策となります。 シロアリ対策をすることで家を守り、それが家族の安全へと繋がるのです。シロアリ対策は家族の命を守るためにもぜひ行ってください。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • シロアリ被害セルフチェック
  • よくあるご質問
  • お客様の依頼傾向について
  • 無料現地調査の依頼
  • 無料現地調査で何するの?
  • 予防をご希望の方へ
0120-949-952
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み