シロアリ駆除ならシロアリ110番 トップページ > 最新情報・レポート > シロアリ見たらゴキブリと思え!手強いのはゴキブリ目所属だからです

シロアリ見たらゴキブリと思え!手強いのはゴキブリ目所属だからです

シロアリは「ゴキブリ目シロアリ科」

 

家を困らせる害虫に、ゴキブリがいます。素早く動く不気味さに「季節を問わず駆除に困っている」という方も多いと思います。そして実は、家の木材を食べてしまって家の強度を著しく低下させる「シロアリ」もゴキブリの仲間なのです。

 

今回は、「シロアリの正体と正しい対処法」についてお話していきます。ぜひ、最後までお付き合いください!

 

 

 

シロアリは「ゴキブリ目シロアリ科」

実は、シロアリの正体は「ゴキブリの仲間」だといわれても困りますよね。普段からあまり見かけることのないシロアリについて、さらなる謎が深まってきます。

 

あのゴキブリとシロアリが仲間だということは、何となくわかるようなわからないような…。ここからは、シロアリの正体について詳しくご紹介させていただきます。

 

いま暴かれる正体…ゴキブリの仲間だったシロアリ

名前にアリとあることから、シロアリはアリの仲間であると思われがちです。たしかに、その体や大きさはアリと似ています。しかし、その正体はゴキブリ目シロアリ科に分類される昆虫です。

 

生物分類学上で、ゴキブリ目と分類されているということはシロアリの祖先はゴキブリということになります。つまり、シロアリはゴキブリの同類なのです。

 

シロアリはクロアリとは全く別の種類だった

ゴキブリの仲間であるシロアリ。実際にシロアリを見たことのある人は少ないのではないでしょうか。羽が生えたアリをみたら、シロアリだと思っている人も多いかと思いますが、実はシロアリとクロアリは全く別の種類です。

 

そのため、シロアリとクロアリを見分けることが重要になってきます。以下に、シロアリとクロアリの見分け方をご紹介させていただきます。

 

 

シロアリの働きアリ…さなぎにならず、くびれがなく寸胴、触覚がまっすぐで数珠のよう

 

クロアリの働きアリ…さなぎになる、くびれがある、体が黒色、触覚が“く”の字

 

シロアリの羽アリ…羽根は4枚あり、すべてが同じくらいの大きさ

 

クロアリの働きアリ…羽根は厚く、前の羽のほうが大きい、羽脈が少ない

 

 

クロアリはハチの仲間であり、シロアリを捕食してくれます。その反対にシロアリは、家屋の木材を食べて家を蝕んでいくとされています。もし、床下や柱にクロアリがいたら、シロアリがいる可能性が高いです。

 

床下や柱付近でクロアリを見かけた際には、シロアリとクロアリの違いに関わらず、注意する必要があるということですね。

 

シロアリ退治はゴキブリ用の薬剤でいいの?

シロアリ退治はゴキブリ用の薬剤でいいの?

 

「シロアリはゴキブリの仲間である」という衝撃の事実を、ご紹介させていただきました。では、シロアリ退治にはゴキブリスプレーを使用してよいのでしょうか。ゴキブリの仲間なら、ゴキブリ用のスプレーをまけばシロアリを駆除できる気がします。

 

しかし、ゴキブリスプレーでシロアリを退治してしまうと、さらなる被害が拡大してしまう恐れがあるのです。

 

ゴキブリ用スプレーは被害悪化を招く

シロアリを単体で見かけるということはほとんどありません。シロアリは群れになって行動するため、「シロアリの群れ」になったものを発見することが多いです。

 

シロアリを発見した際に、ゴキブリ用スプレーを使用すると、シロアリは「この場所は危ない」と思って、最悪の場合には別の場所で巣をつくろうとします。

 

そうなってしまうと、シロアリの巣がどんどん拡大していくことになってしまいます。シロアリを発見した際には触らず、シロアリ業者に駆除を依頼することをおすすめします。

 

大量の羽シロアリに困ったら掃除機で対処

それでも、大量のシロアリが目の前でモゾモゾしていたら、少し気分が悪くなってしまいますよね。シロアリが、家の中にいたらなおさらです。そのようなときは、対処法として、シロアリを掃除機で吸ってしまう方法があります。

 

その後、すぐにフィルターを掃除すると生き残っているシロアリが飛び出してしまうことがあります。掃除機のフィルターはすぐに交換せず、数日置いてから捨てましょう。

 

掃除機で吸うことは一時的な対応にはなりますが、根本的な対処にはなっていないことを忘れないでください。

 

シロアリとゴキブリ両方にダメージを与えるには

シロアリとゴキブリを一気に退治したいとお思いの方も、いらっしゃるかもしれません。少し前には、強力な薬剤を使用していたため「シロアリ駆除をするとゴキブリがいなくなる」といわれていました。

 

しかし、現在では強力な薬剤を使うのではなく、シロアリ駆除に効果が高く、人や環境にも優しい薬剤が使用されているため、両者を退治するような駆除は期待できません。

 

共通のカギは湿気対策!

シロアリとゴキブリの駆除法は両者で大きく異なります。しかし、ゴキブリもシロアリも「湿気を好む」といった特性があります。一般的なシロアリは体の皮膚が薄く、乾燥しています。一方、ゴキブリも湿気やじめじめした場所を好みます。

 

ゴキブリとシロアリの両方を駆除するためには、湿気対策をすることが鉄則です。

 

シロアリ対策は木材の管理が第一

シロアリは木材を食べることによって生命を維持しています。そのため、家の周辺に使っていない木材(ダンボールにも注意!)などを放置しているとシロアリが寄ってきます。

 

シロアリの目は退化していてほとんど機能しません。そのため、湿気のある木材を家の周りに置いておくと、そこからシロアリが家の木材も食べ始めるかもしれません。家の周りに余計なものは置かず、しっかりと整理整頓をしましょう。

 

ゴキブリ対策はとにかく掃除と整理整頓

ゴキブリは湿っていて、食料が豊富にある場所を好みます。ゴキブリは雑食で、ありとあらゆるものを食べます。家庭では、ホコリ、食べカス、抜けた髪の毛などを主な食料としています。そのため、家の中は常に整理しておき、掃除をしっかりとしましょう。

 

手強さはゴキブリ以上!シロアリ駆除法

手強さはゴキブリ以上!シロアリ駆除法

 

ゴキブリが家の木材を食べて被害を発生させるということは、往々にしてありません。しかし、シロアリはゴキブリと違って家の木材を食べて家を侵食していきます。そんな、ゴキブリより厄介なシロアリ駆除の方法を、詳しくご紹介させていただきます。

 

まずは場所を特定!

シロアリは住まいの柱や土台を食べて、家の強度を低下させます。シロアリの被害は、目で見て簡単に確認することは難しいといわれています。そのため、シロアリ被害が気になった際には、シロアリのよくいる場所を確認する必要があります。

 

家の外でシロアリが発見される際には、家の外で「蟻道(ぎどう)」と呼ばれるシロアリのトンネルが確認されることが多いです。シロアリの蟻道は、土からつながっており、指で押してみると非常に硬いのが特徴です。

 

また、家の中では床下がギシギシ軋んだり、床がフワフワ浮いている状態になったりしていると、シロアリがいる危険性があります。

 

自分で駆除するには

シロアリを見かけた際には、シロアリ駆除用の薬剤を木部部分に直接散布して、シロアリを駆除する必要があります。実は、シロアリ予防をする際に使われる薬剤と、シロアリを駆除するために使われる薬剤は一緒なのです。

 

シロアリを駆除する薬剤は、インターネットの通販サイトで簡単に購入することもできます。また、近くのホームセンターでも簡単に購入することができます。薬剤を使用する際には説明書や説明書きをしっかり読んで使用しましょう。

 

駆除が難しい状況ならプロの手を借りて!

シロアリを予防することは比較的簡単ですが、不慣れな人がシロアリ駆除をすることは難しいといえるでしょう。

 

シロアリがどこまで家に侵入しているかわからない場合もありますし、床下に潜って散布するため、ホコリだらけになって作業する必要が出てきます。また、床下に薬剤を散布するには、業者が持っているような器具を使って作業する方が効率的です。

 

シロアリを発見した際には、シロアリ業者に手を借りることが得策でしょう。

 

シロアリやゴキブリの駆除業者のこと

ここからは、シロアリ・ゴキブリ駆除を業者に頼む場合に、知っておいていただきたいことをいくつか書きます。

 

シロアリやゴキブリを発見した際には、駆除業者に頼むのが一般的です。駆除を業者に頼むかまだ迷っているという際には、こちらの文章を読んでから検討してみるのもよいでしょう。

 

害虫駆除業者を利用するメリット

シロアリ駆除は専門的な知識と技術を持った業者に依頼するのが得策でしょう。個人で駆除をおこなうときは、シロアリの駆除剤を使用することで吐き気がでるなどの健康被害が発生する場合があります。

 

シロアリ業者に依頼することで、シロアリの発生原因と適切な対策を受けられます。また、シロアリが再発生した際に保証が受けられる場合もあります。自分で駆除する際の、手間と再発の可能性を考えると、業者依頼をするメリットの方が大きいでしょう。

 

また、ゴキブリ駆除の際にも害虫駆除業者に依頼することで、素人ではおこなうことが難しい駆除方法で駆除をしてくれます。アフターフォローがついている業者も多いです。駆除に困っている場合には、業者に依頼するとよいでしょう。

 

駆除業者を失敗なしでうまく利用するには

駆除業者を選ぶ際には、さまざまな業者を比較して検討することが重要です。例として、検討している業者のホームページをみてみることや、使用薬剤の説明について事前に調べてから、業者を選ぶとよいでしょう。

 

また、シロアリの駆除の際には「日本しろあり対策協会」に加盟している会社を選んでもよいでしょう。日本しろあり対策協会は、歴史ある団体です。駆除から予防までを適正で安全におこなう業者のみが入ることを許されています。

 

そのため、シロアリ駆除でお考えの際には「日本しろあり対策協会」に加盟しているかどうかを判断の基準にするとよいでしょう。見積りを受けた際には、しっかり話し合い納得した状態で駆除作業を依頼するようにしてください。

 

まとめ

何事も、被害が発生する前に予防することがとても大事です。とくに、シロアリはゴキブリ以上に手強く、発見することが難しいです。シロアリはゴキブリの仲間ですが、ゴキブリと同じようにスプレーで駆除をしてしまうと被害が拡大してしまうおそれがあります。

 

シロアリ被害にあうと、大事な家が気づかぬうちに蝕まれていきます。そのため、スピーディに対処することが鍵になってきます。シロアリの駆除は業者に依頼することが最善策でしょう。また、ゴキブリ駆除に悩んでいる際も害虫駆除業者に依頼するとよいでしょう。

 

大事な住まいを守るためにも、業者への依頼、一度ご検討してみてはいかかでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-952