シロアリの放置を放置すると地震で倒壊の危険性も!防除と駆除は必須です

シロアリ駆除・予防

シロアリ駆除・予防は、どちらも大切なものです。今現在どういう状態におかれているかによって、駆除か予防か選択しなくてはいけません。シロアリ駆除と予防の重要性を知ることで、行うべき対処を確認してみましょう。

シロアリ駆除の重要性

シロアリ駆除・予防

シロアリ駆除の目的と、駆除を放置した場合に起こり得るリスクについて考えることで、シロアリ駆除の重要性が見えてきます。
シロアリ駆除が必要なのかどうかを、考えていきます。

シロアリ駆除の目的

今、起こっているシロアリ被害を止めるのが、シロアリ駆除の目的です。
シロアリという虫の被害は、おそろしいものです。湿気が多く水分を含んでいる家の土台部分だけでなく、コンクリートや部屋の中にある家具なども被害に遭うことがあります。木材に由来しているものをメインになんでも食べるので、家屋での被害進行はすさまじいものがあります。そのため、シロアリ被害箇所や巣を見つけた、あるいはシロアリや白蟻の羽アリ自体を目にしたときに、シロアリ駆除を一刻も早く行う必要があります。すでにシロアリによる被害を受けている方は薬剤でシロアリを追い払うために、シロアリ駆除という方法を選択することになります。

シロアリ駆除を放置した場合のリスク

現在発生しているシロアリ被害を放置しておいても、勝手に良くなることはありません。良くなるどころかシロアリ被害はどんどん進み、状況は悪化していきます。
では、具体的にはどのようなリスクが出てくるのかチェックしてみましょう。

被害の進行で住宅が強度低下するリスク

庭などの地中にいるシロアリは、コロニーを作り蟻道を伝って、柱や壁など建物の基礎にも被害をもたらしてきます。基礎に穴を空けるだけでなく、気づいたら大部分が食害されてしまっていることもあります。こうなると、建物の強度に関わってきます。倒壊まではいかなくても、地震を機に一気に崩れてしまうこともあるようです。大切な我が家が侵されるだけでなく、人の命にも関わることなのです。

費用のリスクも上がる

シロアリの被害が広がってしまうと、それだけ修繕する箇所も増えますので、工事費用が余分にかかってくるのは容易に想像できるでしょう。

シロアリの被害への対策が遅れれば、被害はどんどん大きくなり家の強度、資産価値に悪影響を与え続けます。また、修繕箇所も広がり費用面からみてもいいことはありません。

シロアリ予防の重要性

シロアリ駆除・予防

シロアリ被害は、建物に使われている素材の違い、マンション、戸建住宅などに関わらず襲ってきます。どなたも被害に遭う可能性があるので、まだ被害に遭っていない方でもシロアリ予防は必要です。

シロアリ予防の目的

シロアリが発生したときに必要になる駆除とは違い、予防は被害前に行う対策です。
シロアリ予防の目的としては

・シロアリを近づかせない ・シロアリを侵入させない ・シロアリを住ませない
この3点にあります。とにかく被害に遭わない、原因を作らないということが重要です。建物の新旧関わらずシロアリ被害は見られますので、新築の家でもシロアリ予防は大切です。
この他にも、シロアリ駆除の際にセットで予防を行うこともあります。

やって損はないシロアリ予防

住まいの目に見えない部分で進行してしまう被害は、なかなか自分で気づくことができません。被害を防ぐためにはシロアリ予防を行うと安心ですが、シロアリ予防の良さはそれだけではありません。

よく質問がでるコスト面を考えると、シロアリ予防を行ったほうが結果的にお得になることがあります。シロアリ予防をせずに被害に遭って駆除をする場合は、予防だけだったら必要のない修繕費がかかる、予防以上の薬剤が必要になる、ということが出てきます。
長い目で見れば予防をしておいたほうが良いですし、損にはならないということを覚えておきましょう。

シロアリを予防しないとどうなる?

定期的な点検や調査をする必要が出てきます。シロアリ被害の多くは床下から起こるため、たとえ屋内にいないと思っても被害が進んでいることがあるので、調査を怠ると被害に気づくのが遅れてしまうことがあるからです。
そのため予防をしない場合は、業者による定期的な点検と調査をすると安心です。日本には建物に被害を与える生き物、シロアリが数種類存在するので、長期に渡って予防も点検もしないというのは危険です。
定期的な点検が面倒という理由でシロアリ予防を選択すれば、散布される薬剤が5年の効果を発揮すると言われているので、シロアリ被害が気になる方、安心感を求める方は資格をもった専門家に最善策の回答を得る、確実なシロアリ予防をするのがオススメです。

まとめ:シロアリ駆除・予防は被害を最小限におさえるために必要

シロアリの防除はシロアリの被害を食い止めるために行います。その方法は状況によって変わるので適切に処置しましょう。

・シロアリ被害が出ているときは駆除する ・被害を未然に防ぐために予防する ・予防しないときは定期点検が必要
すべての作業は自分で行うこともできますが、確実に食い止めるためのシロアリ駆除の際は業者を利用するのがおすすめです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み