ベイト工法とバリア工法、あなたにはどちらのシロアリ駆除が適切?

近年、シロアリ駆除にも人やペットへの安全を考慮したベイト工法という薬剤散布を行わない駆除システム方法が開発され、実際にシロアリ駆除現場で採用されるようになりました。

一般的に広く知られる薬剤散布『バリア工法』との違い、それぞれのメリット・デメリット、具体的な施工方法を知っていただくために下記では詳細に、わかりやすく解説いたします。

シロアリ駆除

シロアリ駆除の工法による効果の違い

昔からシロアリ駆除の現場で広く採用されてきた薬剤散布『バリア工法』と、薬剤を使用せず安全性の高さから評価の高い『ベイト工法』、いずれも正しいシロアリ駆除工法であることに間違いはありません。

ご家庭の環境、ライフスタイルによって適切な施工方法を選ぶことが大切です。
違いがわからないという方や、現在シロアリ防除を検討されている方は是非ご参考ください。

シロアリ駆除

ベイト工法(毒餌設置タイプ)

コロニーと呼ばれる巣にエサを持ち帰り、仲間へ分け与えるシロアリの習性を生かした方法です。シロアリは主に羽アリ、働きアリ、兵隊アリに分かれますがほとんどが働きアリで、この働きアリがエサを運びます。
蟻道と呼ばれるシロアリの通り道や被害箇所にシロアリを死滅させるベイト剤を仕掛け、働きアリに持ち帰ってもらい、コロニーごとシロアリを根絶します。

バリア工法(薬剤散布型)

薬剤を散布することで既に発生してしまっているシロアリの駆除と、予防を同時に行うことができるケミカル工法です。一般的に広く知られる工法で、現在最も普及しています。
シロアリの好む床下などの狭い場所で行うことが多いことから、高い技術や経験を必要とします。即効性に優れていますが、薬剤散布による健康被害や環境汚染が懸念されている側面もあります。

ベイト工法(毒餌設置タイプ) バリア工法(薬剤散布型)
手順 ベイト工法はまず、どこにシロアリが発生しているのか調査する必要があります。
家屋や建物周りの適切な場所にエサの入った器を置き、定期的に確認作業を行います。シロアリの発生場所を把握できたら、該当の場所へベイト剤を設置し巣ごとの根絶を待ちます。
ベイト剤はシロアリ好みに調合された紙や餌木に配合されていますので、うまくシロアリを騙すことができます。
加害箇所やシロアリの発生場所に直接薬剤を塗ったり、シロアリのコロニーへ直接注入してシロアリを殲滅させます。
予防のために床下や住宅基礎周りなどに薬剤を散布したり、木材などの住宅素材に穴を開けて薬剤を注入することもあります。
加害箇所が大きい場合や、大量にシロアリが発生している場合などにおすすめです。
用いる薬剤 ベイト工法に用いるのは、主にノバフルムロンを有効成分とした昆虫の成長を抑制する薬剤です。脱皮をする生物のみ作用・効果を発揮します。

シロアリ駆除

主に有機リン系の薬剤を使用するところが多いようですが、現在では環境や人に極力配慮したシロアリ駆除用の薬剤も開発・採用されているようです。

シロアリ駆除

環境や人体への影響 上の通り、脱皮をする生物のみに作用します。
取り扱いが厳しく定めれている有機溶剤や、人への影響が強いと言われる界面活性剤などは含まれていませんので、安全性に優れています。薬剤による臭いやアレルギーの心配もいらず、人はもちろん、犬や猫などのペットへの影響もありません。植物を枯らすということもなく、環境に配慮した工法とも言えます。
小さなお子さんや、犬猫など土を掘り返すペットを飼われているご家庭には、ベイト工法がおすすめです。
臭いに敏感な方や、化学物質に敏感な方、アレルギー体質の方などは気を付けた方が良いようです。
人、ペットへの健康被害も少なからず心配されており、環境や周辺の生活環境への配慮から地域によっては薬剤の使用に制限を設けているところもあります。
安全性の信頼が高いと言われている薬剤でも、100パーセント安全ではなく、健康被害の可能性はゼロとは言えません。薬剤処理を行う際にはよく確認し、気をつける必要があります。
即効性と効果期間 ベイト工法は、言わば長期戦法です。
コロニーの根絶を目的としているため、すぐにすべてのシロアリが死滅し、コロニーがなくなるわけではありません。
毒剤ではなく、脱皮を抑制することにより死に至らしめるものであるのは、シロアリがベイト剤を仲間のいるコロニーまで届ける前に死んでしまうことのないようにという意味もあります。
そのため、即効性については期待することろではなく、すぐにシロアリがいなくなるというわけではありません。
また、ベイト剤は管理型であり、定期的に点検を行いベイト剤を投与するので効果期間などは特に明言できません。
バリア工法は、薬剤を撒いてすぐシロアリを駆除することができ即効性は抜群です。
駆除をするだけではなく、地面のかなり深い場所まで浸透することができますので、建物のバリアとなって働き、シロアリの侵入を防ぐことができます。
しかし、シロアリの種類がヤマトシロアリだった場合、離れたところに巣を作っていることもあり、完全な巣の根絶はほとんど不可能といえます。また、人の手によって手作業で薬剤散布を行うので、ヒューマンエラーがないとも言えません。
薬剤の効果期間はおおよそ5年。多くの業者がバリア工法で5年の保証を設けているのはこのためです。
費用 バリア工法よりも手間がかかることと、定期的な点検・管理を必要とするためバリア工法よりも料金は高いです。 ベイト工法に比べ、薬剤を1度撒いたあとは定期的なメンテナンスは必要ありませんので、見積りや相場も予測しやすく、価格もかなり抑えられます。

ベイト工法・バリア工法の選び方

ベイト工法とバリア工法の違いはわかるけど、実際どっちを選べばいいのかわからないという方は、下記のパターンを参考に選ばれるとよいでしょう。

シロアリ駆除

ベイト工法はこんなときにおすすめ

人や動物だけではなく、植物や環境にも配慮したベイト工法は、小さなお子さんのいるご家庭や大切なペットを飼われているご家庭におすすめです。ペットなどが掘り返した場合も、ベイト剤は専用のケースに入れられているため、直接触れることはできません。

また、薬剤に使用されている化学物質に敏感な方や、アレルギー体質の方にはベイト工法の選択を推奨します。

自分でベイト工法を実施するときは

ホームセンターや薬局、インターネットなどでもシロアリ駆除に使用するベイト剤商品が販売されています。
自分で行う場合は以下の手順で行います。

  • ①建物周りや、基礎周辺にエサの入ったベイトステーションと呼ばれる専用容器を設置します。
    →目視でシロアリの食害部分が確認できるならば、そこへ直接ベイト剤と取り付けましょう。
  • ②ひとつひとつ確認し、シロアリが集まってきた場所へベイト剤を仕込みます。
  • ③シロアリの活動や気配がなくなるまで定期的に点検を行い、ベイト剤が食べられ、減っていた場合は追加で投入します。

①~③までを定期的に行います。シロアリの気配や活動がなくなっても、ベイトステーションを設置し、シロアリの監視を行いましょう。

ベイト工法は、しっかりと点検・監視し、ベイト剤のメンテナンスを繰り返すことが大切です。
また、シロアリは土壌性で、目がないため匂いなどのフェロモンに引き寄せられるため、たばこのニコチンはベイト剤にシロアリを引き寄せるうえで邪魔となる場合があります。ご家庭やご自分で行う場合は非喫煙者が行うようにしてください。

バリア工法はこんなときにおすすめ

即効性を期待したい方や、駆除費用をなるべく抑えたい方、予防を同時に行いたい方には、バリア工法を推奨します。ベイト工法は、駆除は行えても予防には向かない部分もあります。そのため新築住宅などで基礎からシロアリ予防を行いたいというご家庭は、バリア工法を選択することが多くなります。

すぐにシロアリ被害を解決するならプロの業者によるシロアリ駆除がオススメ

  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み