鹿児島市対応の弊社加盟店のご紹介

エクスターミネーター
エクスターミネーターは鹿児島県でシロアリに関する問題を解決している会社です。シロアリは私たちの住んでいる家などに大きな被害をもたらす昆虫として知られています。シロアリの中でも最近はアメリカカンザイシロアリが増加傾向にあると言われています。そんなアメリカカンザイシロアリの特徴は、乾いた木材の中でわずかな水だけで生きていくことができるシロアリです。もともと日本には生息していなかった種類なのですが、輸入によって入ってくる木材や家具によって運び込まれたとされています。アメリカカンザイシロアリは建物の下部材だけでなく小屋組材まで及ぶので建物の全体がダメージをうけます。また、巣の周辺は空洞になっているので被害箇所によっては耐震強度が低下する可能性もあります。実際に米国・カリフォルニア州ではアメリカカンザイシロアリの被害によって倒壊した建物もあったようです。このようなことからも、早めに対処することが大切だということが分かります。エクスターミネーターでは、このような案件にも対応することが可能です。
ひまわり工房鹿児島
ひまわり工房鹿児島は、鹿児島県でシロアリに関するお悩みを解決している会社です。建物を食い荒らしてしまうことで有名なシロアリ。たかがシロアリと油断していてはいけません。シロアリをそのままにしておくと大変なことになってしまう可能性もあります。最近の建物は洋風な造りが多く柱の部分が露出していないことが多く見られます。しかし、壁を壊したり穴を開けたりして中の柱のシロアリを調査することは稀です。そのため気がつくのが遅くなってしまい思わぬところまで被害が及んでいることもあります。次に床束への被害です。最近の建物には床束そのものがなかったり、あったとしても金属製やプラスチック製のものが多く使用されています。これらの建物なら被害をうけないのでは?と思うかもしれませんがそれは違います。金属製のものでも表面に蟻道を作り木の部分まで辿り着き被害が発生しています。そのまま放置しておくよりもすぐに対処することが大切です。ひまわり工房鹿児島ではこれらのケースにも対応している会社です。
便利屋ハッピー社
便利屋ハッピー社は鹿児島県で、シロアリ駆除などのシロアリの関する問題を解決している会社です。住宅の天敵といえばシロアリがすぐに思いつくのではないでしょうか。シロアリは土の中や枯れ木などに巣を作りそこから地中を通って住宅などに侵入し、土台や柱などを食べていく昆虫です。シロアリは基本的に一年中活動しているので一度侵入すると土台や柱などを食い荒らし続けるのです。シロアリの被害が大きなものになってしまうと、最悪の場合住宅が倒壊する恐れもありとても危険です。そうならないためにも日頃からあらゆることに注意しながら生活していくことがいいとされています。住宅の周囲にシロアリの巣となる枯れ木や木材を放置しないようにすることやシロアリが好む湿気などが床下にこもらないように換気口の周辺にはモノを置かないなど、事前に対策できることはたくさんあります。万が一シロアリの被害に遭ってしまった場合には早めの対応が必要となります。
について

鹿児島市の木造住宅の件数は?鹿児島市にはどんなシロアリがいる?シロアリ調査の重要性。害を与えるシロアリの種類や発生時期について

鹿児島市には平成20年の時点で、木造住宅が約14万棟あります。このうち4分の1ほどは、老朽化などにより地震に弱いと考えられています。耐震性があるとされる住宅でも、シロアリの食害を受けて強度が低くなっている可能性があります。近い将来に予想される南海地震に備える意味でも、床下の点検は欠かせません。日本で建物に被害を与える害虫のうち、鹿児島市で主に見られるのはヤマトシロアリとイエシロアリです。ヤマトシロアリは湿った木材を好み、乾燥には弱いという特徴があります。床下の換気が悪く水が溜まっているような場合は、特に注意しなければなりません。被害は急激には拡大しませんが、長い間かけて建物の強度を弱めていきます。4~5月頃に羽アリが飛ぶのを見かけたら、巣ができているおそれがあります。イエシロアリは自分で水を運ぶことができ、乾燥した木材でも巣を作れるのが特徴です。またひとつの巣あたりに数十万匹から百万匹もの個体がいて、被害も甚大なものになりがちです。温暖な地域にしか生息しませんが、鹿児島市の気候条件は繁殖に適しているので要注意です。羽アリは6~7月に群れ飛び、電灯などの明かりに集まる習性があります。一度被害が発生すると、建物の土台や根太など重要な部分がダメージを受けますから、地震や台風の際には損害が大きくなりがちですし、不動産全体の評価価値が下がってしまいます。被害の規模にもよりますが、修理するには数十万円単位の費用が必要です。こうならないためには、発生した後の駆除は当然ですが、発生する前に調査して未然に防ぐことが重要です。シロアリが住みやすい高温・多湿の環境は、木造住宅そのものを劣化させる要因でもあります。また駆除したつもりでも生き残りがいると、再発する可能性があります。環境に優しい薬剤を用いた駆除だけでなく、早期発見と予防に力を入れてくれる駆除業者を選ぶことが大切です。

鹿児島市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016/11/05
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    106,482円

    タンスを始め柱など既に数か所を食害しているシロアリを駆除したいと見積り依頼をいただきました。ご自宅は築20年の木造2階建て住宅で、床下収納の中に点検口があるそうです。見積り調査の日取りについて改めてご相談させていただくこととなりました。

  • 受付日
    2016/11/01
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    82,407円

    シロアリ対策をしたいと相談がありました。築年数13年で建坪38坪の木造2階建ての戸建で床下点検口はありとのことでした。シロアリは確認できていませんがシロアリの予防のために概算の見積りと相談を希望されました。

  • 受付日
    2016/09/28
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    100,000円

    築28年の木造2階建て住宅においてシロアリ予防の見積り相談をいただきました。広さは27坪程度で、床下点検口はあるそうです。見積りの希望日についてはあらためてご相談いただくことになりました。

  • 受付日
    2016/09/12
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    113,889円

    平成16年に一度予防をしたが、シロアリが発生しているため駆除をしてほしいとご相談をいただきました。築22年の建物は軽量鉄骨2階建てで、95坪とのこと。玄関ポーチと押入れからシロアリが発生したとおっしゃっていました。見積り日については相談して決めたいとのことでした。

  • 受付日
    2016/07/29
    エリア
    鹿児島県鹿児島市
    参考金額
    100,000円

    賃貸の大家様より駆除依頼のご連絡がありました。40坪くらいの木造住宅で築30年とのことでした。発生場所は柱とおっしゃっておりました。見積り日時は相談してから決めるとのことでした。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み