ベタ基礎と布基礎で悩む方へ…2種の基礎構造の違いとシロアリ被害の関係性を知りましょう

シロアリ被害

住宅に被害を及ぼす害虫の中で最も危険なのはシロアリによる被害でしょう。シロアリはどこから住宅へ侵入するかご存知ですか?地中にいるシロアリは蟻道と呼ばれる土のトンネルを作り、基礎部分から家屋へ侵入します。日本で被害の多いシロアリの種類はヤマトシロアリとイエシロアリですが、侵入経路は変わらないようです。厳しい自然環境の中ではシロアリ対策を施していない住宅の基礎部分は、シロアリにとって餌までの安全な玄関も同然です。シロアリを住宅へ侵入させないためには、基礎部分への正しい対策を行うことが重要です。今回はベタ基礎と布基礎を比較しながら構造について説明していきます。基礎構造とシロアリ被害の関連性を正しく理解して適切な対策をしていきましょう。

ベタ基礎の構造とシロアリ被害

基礎部分はベタ基礎が選ばれることが多いです。強度があり軟弱地盤でも建てることができることが大きな理由のようです。

ベタ基礎の特徴

ベタ基礎とは、建物を支える基礎の内部一面が鉄筋コンクリートで覆われている基礎のことです。

メリット

建物の重さを鉄筋コンクリートの面ですべて受けるため、建物が傾きにくく不同沈下に強い耐震性や強度が大変優れた基礎です。
そのため、重い建物を建てる場合や地盤が弱い場所ではベタ基礎が採用されることが多いです。 その他にも地面からの湿気や熱を全面的にカットする効果があり、カビや余分な熱の発生を防ぎます。ベタ基礎は、過ごしやすく寿命の長い建築物を建てられると言われています。

デメリット

地面と完全に遮断されているわけではないのでシロアリによる被害が発生する可能性があります。クラック、配管や配線部分、水抜き穴、セパレータなどの隙間からシロアリは侵入します。また、羽アリが基礎を伝って侵入する可能性も考えられます。
そのため、定期的に床下空間部分のコンクリートや床下の木材などに薬剤処理をする必要があります。無理に隙間を塞ぐと湿気を溜めることになり逆にシロアリを呼び寄せてしまう危険性があるので注意です。

ベタ基礎の構造と材質

ベタ基礎は一般的に、シロアリなどの害虫に強いと言われています。その理由は構造にあります。ベタ基礎は、地面の上へ砕石を敷き、防湿シートで覆ってその上へ生コンクリートと鉄筋を施工していきます。地面と建物をコンクリートで遮断するため、シロアリなどの害虫の侵入を防ぎやすいと言われております。
しかし、地面と建物が完全に遮断されているわけではありません。クラックや水抜き穴、基礎の枠組みを設置する際に用いられるセパレータと呼ばれる継ぎ目の部分のわずかな隙間からもシロアリは侵入してきます。ベタ基礎だからと言ってシロアリが来ない保証はありません。

POINT

シロアリには硬い物にぶつかると上へ向かう習性があります。ベタ基礎内部の床下空間へ侵入したシロアリは上へ上へと進み、土台などの木材部分から柱を通って最悪の場合天井まで食害を引き起こします。

基礎断熱材には要注意

基礎断熱とは、基礎の立ち上がりに板状の断熱材を施工する工法です。配管が凍結しないことや、床下エアコンを設置できる、床下の気密性能を密性能を 確保できるなどの利点から主に寒冷地で使用される技術ですが、その効果の高さから暖かい地域でも使われることがあります。
基礎断熱は快適な住居を作ることができますが、実はシロアリにとっても快適な営巣場所になってしまう可能性があります。シロアリは湿気があり温かく密閉された空間を好むため、断熱材はシロアリにとって絶好の環境であると言えます。
基礎断熱材へのシロアリ被害は発見が難しく、気づいた時にはすでに羽アリが発生し駆除が困難な状態になってしまうこともあります。

POINT

基礎断熱を採用する場合には、防蟻処理の施された断熱材を使う、定期的な調査などの対策が必要です。調査の際には施工直後の写真を用意すると見逃しが少なくなりますのでおすすめです。

ベタ基礎のシロアリ侵入経路と防蟻処理

シロアリはベタ基礎へクラックやセパレータなどの繋ぎ目部分の隙間から侵入します。この隙間はなぜ発生してしまうのでしょうか。
ベタ基礎の一般的な施工法である二段打ちは基礎部分と立ち上がり部分で分けてコンクリートを施工するため、隙間が発生しやすく様々な問題を引き起こす可能性があります。そのため、最近ではコンクリートを一度に流し込んで基礎を作る一体打ちという施工法が注目されているようです。ただし、それぞれにメリットやデメリットが存在するのでよく検討する必要がありそうです。

二段打ち施工法の特徴
・シロアリなどの害虫が侵入しやすい
・浸水の危険性がある
・仕上がりの見た目が悪い
・施工が簡単
一体打ち施工法の特徴
・シロアリなどの害虫が侵入しにくい
・浸水が起きにくい
・仕上がりの見た目がきれい
・施工が難しい

2つの基礎構造の違いを理解して正しいシロアリ対策を
しましょう

シロアリ対策

基礎にはベタ基礎だけでなく布基礎と呼ばれるものもあります。どのような違いがあるのでしょうか。二つの基礎を様々な観点から比較したいと思います。広い視野で基礎を選定し、後悔のない選択をしましょう。また、比較することによって基礎の構造も理解しやすくなります。シロアリが侵入する原因を構造から理解して正しい対策を行いましょう。

布基礎とは

布基礎は立ち上がり部分だけで住宅を支える基礎です。ベタ基礎が面で建物を支えるのに対し、布基礎は線で建物を支えます。立ち上がり部分には強度が求められるため鉄筋コンクリートが使われます。
床下部分へもコンクリートを施工しますが、中には鉄筋が入っておらず、厚さも数センチ程度で強度はあまりありません。どちらかというと、布基礎のコンクリート部分は支えることよりも下に敷く防湿シートを抑える役割の方が大きいです。地面からの湿気の影響を受けやすいため、床下防湿コンクリートが使われることがあります。
布基礎は立ち上がり部分と床下部分へ継ぎ目ができてしまう上、地面に面している基礎の厚さが薄いためシロアリが侵入しやすいと言われています。定期的に薬剤を散布し、シロアリ予防をする必要があります。

ベタ基礎と布基礎の比較

ベタ基礎と布基礎を比較してメリット・デメリットをしっかりと理解しましょう。

・費用
ベタ基礎と布基礎を費用面で比較した場合、掛かる費用はベタ基礎>布基礎となります。
コンクリートの使用量が少なく資材費を少なくすることができるため、費用を抑えたい場合は布基礎を選ぶと良いでしょう。

・強度
ベタ基礎と布基礎を強度で比較した場合、基本的にはベタ基礎>布基礎となります。
しかし、建物の特徴や地盤によって必要な強度が変わるため、条件によって適する基礎は異なります。全体的に重たい建物や地盤が弱い場合はベタ基礎が適していますが、局所的に重たい部分がある建物では、縦に支えることのできる布基礎の方が適していることもあるようです。

・シロアリ対策効果
ベタ基礎と布基礎をシロアリ対策効果で比較した場合は、ベタ基礎>布基礎となります。
コンクリートが薄い布基礎はベタ基礎と比べると隙間ができやすくシロアリが侵入しやすい基礎と言えそうです。また、布基礎にはシロアリが好む湿気が溜まりやすいという特徴もあります。ただし、湿気対策は様々な方法があります。施工業者へ質問をしてみましょう。住宅環境に適した良い回答をもらえるでしょう。

まとめ:正しい対策でシロアリ被害を受けない基礎へ

どの基礎方法でも、正しい対策を行えばシロアリ被害のリスクを減らすことができます。
基本的には
・シロアリを基礎部分に近づかせない
・防蟻処理された資材を使う
・定期な点検や調査
などを心がけましょう。

素人では判断が付かない専門的なことに関してはシロアリ駆除の業者と相談すると良いでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み