床下換気扇の設置メリットとは?シロアリ対策なら効果はなし!

床下換気

 

近頃では、高気密高断熱が着目され、床下と室内の温熱環境に差を作らないような基礎断熱工法を使った住宅が増えています。その結果、床下の自然通風は皆無に等しい状態となり、深刻な湿害が発生しやすくなっているのです。

 

そこで室外に有効なアイテムが「床下換気扇」です。この記事では床下換気扇の効果や選び方、また床下に発生するシロアリについても解説していきます。床下の湿気にお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

床下換気扇をつけるとどんな効果があるの?

目的と効果

住宅の床下の湿害に有効な床下換気扇ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。まずは床下換気扇とはどのようなものかをご紹介します。

 

床下換気扇とは?

住宅の床下に設置される換気扇のことを文字どおり「床下換気扇」といいます。ファンが回ることで床下と外の空気の入れ替えをするものです。

 

床下は湿気だらけ?

  • ・水回り(キッチン・浴室)や地面から発散された水分が停滞しがち
  • ・日光がほとんど射さないため湿気が排除されにくい

その結果……

  • ・屋内の畳や床板がじめじめする
  • ・キッチンや洗面台など部屋の中にカビが発生!

【日本家屋には床下換気扇!】

日本はもともと高温多湿な風土にあります。そこへ現代住宅に設備された断熱材やアルミサッシなどによる高気密高断熱によって、床下や壁の内側は風通しや日当たりが悪い状況になってしまうのです。

 

さらに、結露が発生しやすい状況が整って、住宅はとても湿気にさらされやすくなっています。そこで、床下に溜まった湿気を外に放出して湿度を調節するために役立つのが床下換気扇なのです

床下換気扇があるメリット・デメリット

床下換気扇がどういったものかわかったところで、次に「良い点」「悪い点」をまとめてみました。

 

メリット
  • ・床下の風通しがよくなって結露やカビを防ぐことができる
  • ・畳やフローリングがジメジメするのを防ぐことができる
  • ・木材の劣化による床の浮き沈みを防ぎ室内環境が改善できる
デメリット
  • ・換気扇を稼働させるための電気料金がかかる

こうしてみると、メリットのほうが多いようですね。

 

床下換気扇を設置したほうがよい家とは?

床下に湿気が溜まる理由は、地面から自然に放出される水分やキッチン、浴室などの水回り設備によるものだけではなく、以下のように土地の環境に影響されていることもあります。

 

【まわりより低い土地に建っている家】

住宅が坂の下などの低い位置にある場所は雨水が溜まりやすくなってしまいます。水はけが悪いと床下で湿度が高い状態が続いてしまうのです。

【沼地や畑だった土地】

そもそも湿度が高い土壌である可能性があります。住宅を建てるまえに土壌の処理がおこなわれていないと床下に湿気が溜まりやすくなってしまうのです。

【床下のスペースが狭い】

施工不良で床下のスペースが十分にとられていない場合、空気の循環がうまくいかずに湿気が溜まってしまうおそれがあります。

このような条件が当てはまる家は、日常的に床下の湿度が高い状態であると考えられるため、床下換気扇を設置して湿気を取り除く必要があるでしょう。

 

取り付けのコツ!

家の北側に換気扇を取り付ける

 
すると……

床下の湿った空気を北へと排出し、南側の取り入れ口から乾燥した外気を取り込んで換気をすると、いっそう効果的に!

床下換気扇の選び方とそのほかの湿気対策

取り入れるメリット

床下換気扇は、取り付けるダクトの大きさなどによっても威力が変わるようです。床下の換気扇には大きくわけて2種類のタイプがあります。また、換気扇設置以外の湿度対策についても見ていきましょう。

 

1.床下全体の対策をしたいときは給排気型

給排気型の換気扇は、床下の排気口に直接取り付けることで湿った空気を外へ送り出し、外からの風を送り込みます。床下の木材の含水率を下げ、カビや腐朽害虫の発生を抑えることができるのです。

 

2.気になる箇所の対策をしたいときは拡散型

拡散型の換気扇は給排気型と違って、床下の奥側に取り付けます。風通しが悪い場所へ空気を送ることによって換気され床下の空気が活発に動くので、結露しにくい環境が整います

 

電気代を節約できるソーラーファン

太陽光発電で換気することができる床下換気扇で、電気代がかかりません。また、晴れた日のみ換気扇が作動するため雨が降ったときの湿気を床下に侵入させないのです。

 

耐用年数

床下換気扇はおよそ10年が耐用年数の目安です。床下換気扇は空気が乾燥している時間帯に使用することで除湿効果を発揮します。日中4~6時間程度使用されるのが一般的です

 

床下換気扇の設置工事の費用相場

リフォーム会社や業者に床下換気扇の設置を依頼したときの費用の内訳は以下のとおりです。

 

  • ・換気扇本体 約50,000~80,000円
  • ・施工(電気工事込) 約80,000~140,000円

 

換気扇の種類や工事内容によって金額は異なります。床下換気扇は3台で1セットになっていることが多いです。

 

Check!
  • ・正確な金額は業者で見積りをとって確認すること
  • ・適正な換気扇の数と価格、設置場所の提案をしてくれるかどうかに注意する

床下換気扇以外の床下湿気対策

換気扇以外にも床下の湿気を除去する方法があります。

 

【防湿シート】

防湿シートは地面から発生する湿気を床に入り込ませないために設置するものです。床下全体を防湿することができます。ただし部分的な施工はできず、一度床下をはがしてから全体的に取り付けるため、設置面積が広いと大掛かりな工事になります
 
床下の防湿シートについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

【床下調質剤】

湿度が高いときには水分を吸収して、湿度が低く乾燥したときには水分を放出します。キッチンや浴室の下など湿気が多いところに部分的に使用することができて便利です。

【シロアリ対策】床下換気扇は有効ではない?

選び方と注意点

先述のとおり、シロアリは湿度が高い場所を好みます。では、床下換気扇を設置して湿気をなくせばシロアリを撃退することができるのでしょうか。

 

いいえ、できません。

 

かならずしもシロアリは湿度が高いところに発生するわけではないからです

 

シロアリが住宅に侵入するのは土の中からで、土に含まれる水分とともに移動します。いくら床下換気扇で床下の湿気を取り除いていても、シロアリが侵入できなくなるわけではないのです。つまり、床下換気扇でシロアリ対策をおこなうのは、効果が薄いと考えられます。

 

シロアリ対策はプロに任せよう

床下にシロアリがすでに発生している場合や、心配だから予防しておきたいというときには、プロに任せるのが安心です

 

シロアリ駆除の知識や経験がある業者なら、スムーズに対処してくれることでしょう。また、シロアリがいるかどうか自分で探すのは難しいですが、業者に依頼して調査してもらうこともできます。

 

業者によるシロアリ対策を検討されている方は、ぜひ弊社をご利用ください。ご要望にあったシロアリ駆除業者をお探しいたします。また、加盟店による無料調査をおこなっており、見積り後の追加料金はかかりませんので安心してご利用いただけます。お電話窓口は24時間受け付けておりますのでいつでもご相談ください。

 

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前に了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合があります。

 

シロアリ予防・対策なら専用薬剤が一番効く!

シロアリ予防や対策に有効なのは、薬剤を使用することです。シロアリ対策に有効な薬剤はおもに2種類あります。ひとつはシロアリが発生した土壌や木材に使用するバリア工法というものです。

 

もうひとつは家屋のまわりにシロアリのエサ(薬剤)を仕込んで、巣に持ち帰らせるベイト工法という方法です。持ち帰られた薬剤がシロアリの巣の中で作用することで、巣も一緒に駆除することができます。

 

シロアリを予防、対策するためには床下換気扇を設置しても万全ではないため、シロアリに直接作用する薬剤を使用することをおすすめします。しかし、薬剤を扱うとなると安全面にも十分注意しなくてはなりません。安全で効果的にシロアリ対策をおこなうためには、プロに任せたほうが安心でしょう。

 

費用について

シロアリ予防や対策を業者に依頼した場合、費用相場は1坪あたり約10,000円です。正確な費用を知るためには、一度業者で見積りをとってみることをおすすめします。また、作業内容に対する適正な費用を知るためには複数の業者の見積りを比較するとよいでしょう。

 

弊社にご依頼いただきましたら、無料で見積りをおこなう業者をご紹介いたします。また、シロアリ予防や駆除の施工後に被害が再発した場合、基本的に5年以内はアフターフォローがありますのでご安心ください。

 

シロアリ対策や予防についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■シロアリ対策の必要性を解説!マイホームを守る予防法と費用について

■知っておきたいシロアリ予防5つの知識