シロアリ駆除

白蟻(しろあり)駆除の種類

白アリの駆除方法は大きく分けて2種類の方法があります。一つはベイト工法、もう一つは薬剤散布です。
それぞれの効果は全く違うので、被害状況やお客様のご希望等を考慮し、使い分けます。

薬剤散布による白蟻(しろあり)駆除方法

床下等に薬剤を散布し、家屋に浸入しないようにします。薬剤を被害の有る箇所に散布または塗布・注入する事で白アリの侵入を防ぎます。

ベイト工法による白蟻(しろあり)駆除方法

白アリには仲間に餌を分け与える性質と脱皮をしないと死んでしまう性質があります。 ベイト工法は家の周りに脱皮を止める成分を含ませた餌となる薬剤を設置し、この薬剤を白アリが巣に持ち帰り仲間と分け食べる事で根絶します。

白蟻(しろあり)駆除の効果を発揮するまでの時間

薬剤散布:効果の即効性があります
ベイト工法:根絶が目的なので、効果が浸透するまで時間がかかります

それぞれの白蟻(しろあり)駆除の効果

薬剤散布:一般的に効果は5年程度
ベイト工法:白アリが巣に運びこむ餌が無くなるまでは効果が発揮される

このように、お互いに一長一短があるので、お客様の被害状況などを考え最善の施工を施していきます。

  • 0120-949-952
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼
  • パンフレットのお申込み